【オールカマー2021】出走予定馬・予想オッズ・騎手/G1制覇の足掛かりに

オールカマー2020 センテリュオ

オールカマーは2021年9月26日に中山競馬場で行われる有力古馬が集まる一戦。オールカマーは2021年で第67回を迎え、昨年はセンテリュオが優勝した。オールカマーの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

G1制覇の足掛かりに
スポンサーリンク

2021年・オールカマーの出走予定馬をチェック

オールカマーの枠順決定!(9月24日)

オールカマー2021 枠順

2021年・オールカマーの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではレイパパレが6枠12番、グローリーヴェイズは6枠11番、ウインマリリンは1枠1番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2021年・オールカマーの追い切り・コメントをチェック!
オールカマー2021の追い切り・コメントの記事です。オールカマーの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(9月18日)

2021年のオールカマーの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは17頭となっています。

  • アドマイヤアルバ(柴田善臣)
  • アールスター(長岡禎仁)
  • ウインキートス(丹内祐次)
  • ウインマリリン(横山武史)
  • キングオブコージ(横山典弘)
  • グローリーヴェイズ(M.デムーロ)
  • ゴールドギア(田辺裕信)
  • サトノソルタス(石橋脩)
  • ステイフーリッシュ(横山和生)
  • セダブリランテス(石川裕紀人)
  • ソッサスブレイ(柴田大知)
  • ブレステイキング(大野拓弥)
  • マウントゴールド(岩田望来)
  • ランブリングアレー(戸崎圭太)
  • レイパパレ(川田将雅
  • ロザムール(三浦皇成)
オールカマー・注目馬ピックアップ

2021年・オールカマーの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

レイパパレ(Lei Papale)

レイパパレ・4歳牝馬
父:ディープインパクト
母:シェルズレイ
母父:クロフネ
主な勝鞍:2021年・大阪杯
馬名の由来:帽子の縁の周りに飾るレイ(ハワイ語)。母名より連想

無傷の6連勝で大阪杯を制すも、前走の宝塚記念では粘り切れず3着と初黒星を喫した。
次走のエリザベス女王杯へ気分良く進むためにもきっちり勝利しておきたい。

グローリーヴェイズ(Glory Vase)

グローリーヴェイズ・6歳牡馬
父:ディープインパクト
母:メジロツボネ
母父:スウェプトオーヴァーボード
主な勝鞍:2019年・香港ヴァーズ
馬名の由来:栄光のつぼ。母名より連想

グローリーヴェイズがクイーンエリザベス2世カップ(2着)以来の実戦を迎える。
デビュー戦以来となる中山コースでどんな走りを見せてくれる?

キングオブコージ(King of Koji)

キングオブコージ・5歳牡馬
父:ロードカナロア
母:ファイノメナ
母父:Galileo
主な勝鞍:2020年・目黒記念
馬名の由来:ナンバーワン+人名より

骨折のため2020年の京都大賞典(3着)以来の実戦を迎える。
どこまで状態が戻っているか。

ランブリングアレー(Rambling Alley)

ランブリングアレー・5歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ブルーミングアレー
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2021年・中山牝馬ステークス
馬名の由来:田園や森林などを散策すること+小径

中山牝馬ステークスで重賞初制覇を果たすと、G1・ヴィクトリアマイルでも2着に入り充実の春シーズンを過ごした。
実績ある中山コースで2つ目の重賞タイトルを狙う。

ウインマリリン(Win Marilyn)

ウインマリリン・4歳牝馬
父:スクリーンヒーロー
母:コスモチェーロ
母父:Fusaichi Pegasus
主な勝鞍:2021年・日経賞
馬名の由来:冠名+女性名

天皇賞春(5着)以来の実戦を迎える。
G2・2勝は誇れる実績。

ウインキートス(Win Kiitos)

ウインキートス・4歳牝馬
父:ゴールドシップ
母:イクスキューズ
母父:ボストンハーバー
主な勝鞍:2021年・目黒記念
馬名の由来:冠名+ありがとう(フィンランド語)

今年の目黒記念勝ち馬。
前走の札幌記念は9着に敗れたが、今回は距離が延びるのでもう少しやれてもいい。

ロザムール(Rose Amour)

ロザムール・5歳牝馬
父:ローズキングダム
母:グレートテン
母父:Caerleon
主な勝鞍:2020年・常総ステークス
馬名の由来:愛のバラ(仏)

今年の中山牝馬ステークスや七夕賞で2着の実績あり。
2200mは初。

ステイフーリッシュ(Stay Foolish)

ステイフーリッシュ・6歳牡馬
父:ステイゴールド
母:カウアイレーン
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2018年・京都新聞杯
馬名の由来:常識に囚われるな。有名なスピーチから。父名より連想

前走の札幌記念は心房細動で競争中止していた。
状態はどこまで戻ってきているか。

セダブリランテス(Seda Brillantes)

セダブリランテス・7歳牡馬
父:ディープブリランテ
母:シルクユニバーサル
母父:ブライアンズタイム
主な勝鞍:2018年・中山金杯
馬名の由来:鮮やかに輝くシルク(西)。父名、母名より連想

中山コースは3戦3勝。
得意な舞台で復活狙う。

ゴールドギア(Gold Gear)

ゴールドギア・6歳牡馬
父:ロードカナロア
母:ギンザボナンザ
母父:ゼンノロブロイ
主な勝鞍:2021年・メトロポリタンステークス
馬名の由来:金+歯車

オールカマー2021の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2021年・オールカマーの予想オッズはこのように予想しています。
今年の大阪杯勝ち馬のレイパパレが1番人気に支持されると予想します。
上位3頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. レイパパレ(1.7)
  2. グローリーヴェイズ(4.5)
  3. ウインマリリン(6.0)
  4. ランブリングアレー(10.0)
  5. ステイフーリッシュ(14.5)
  6. ウインキートス(20.5)
  7. キングオブコージ(30.0)
  8. セダブリランテス(48.0)
  9. ゴールドギア(☆)
  10. ロザムール(☆)
  11. アールスター(☆)
  12. アドマイヤアルバ(☆)
  13. サトノソルタス(☆)
  14. マウントゴールド(☆)
  15. ブレステイキング(☆)
  16. ソッサスブレイ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

オールカマーの日程・賞金

第67回 オールカマー(All Comers)

オールカマー 2018 レイデオロ

2021年9月26日(日)中山競馬場
格:G2 1着本賞金:6,700万円
年齢:3歳以上 距離:2,200m(芝・右)

オールカマーの1着馬には天皇賞秋への優先出走権が与えられる。

天皇賞秋
天皇賞秋は2021年10月31日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2021年で第164回を迎え、昨年はアーモンドアイが制した。天皇賞秋の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

オールカマー・プレイバック

オールカマー2020 センテリュオ

2020年のオールカマーを制したのは『センテリュオ(Centelleo)』。直線は外から追い上げ、ゴール直前で2着馬をハナ差かわしてうれしい重賞初制覇を果たした。

オールカマー(G2)

1着:センテリュオ
2着:カレンブーケドール(ハナ)
3着:ステイフーリッシュ(1-1/4馬身)
4着:クレッシェンドラヴ(1/2馬身)
5着:ミッキースワロー(1馬身)

勝ちタイム:2.15.5
優勝騎手:戸崎 圭太
馬場:稍重

2020年・オールカマーの全着順、動画、コメントもチェック!
オールカマー2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のオールカマーの着順は1着:センテリュオ、2着:カレンブーケドール、3着:ステイフーリッシュとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする