【オールカマー2020】出走予定馬・日程・賞金/G1制覇の足掛かりに

【オールカマー2020】出走予定馬・日程・賞金/G1制覇の足掛かりに

オールカマー2019 スティッフェリオ

オールカマーは2020年9月27日に中山競馬場で行われる有力古馬が集まる一戦。オールカマーは2020年で第66回を迎え、昨年はスティッフェリオが優勝した。オールカマーの出走予定馬・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。

G1制覇の足掛かりに
スポンサーリンク

2020年・オールカマーの出走予定馬をチェック

出走予定馬(9月21日)

2020年のオールカマーの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは17頭となっています。

  • アウトライアーズ(丸田恭介)
  • オウケンムーン(北村宏司)
  • カレンブーケドール(津村明秀)
  • クレッシェンドラヴ(内田博幸)
  • サンアップルトン(柴田善臣)
  • ジェネラーレウーノ(三浦皇成)
  • ステイフーリッシュ(田辺裕信)
  • センテリュオ(戸崎圭太)
  • フィエールマン(C.ルメール
  • ミッキースワロー(横山典弘)
オールカマー・注目馬ピックアップ

2020年・オールカマーの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

フィエールマン(Fierement)

フィエールマン・5歳牡馬
父:ディープインパクト
母:リュヌドール
母父:Green Tune
主な勝鞍:2020年・天皇賞春
馬名の由来:気高く、勇ましく(音楽用語)

G1・3勝しているトップホースが参戦表明。
秋の最大目標はジャパンカップとのことだが、休み明けを苦にしないタイプなだけにいきなり走ってくれそうだ。

カレンブーケドール(Curren Bouquetd’or)

カレンブーケドール・4歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ソラリア
母父:Scat Daddy
主な勝鞍:2019年・スイートピーステークス
馬名の由来:冠名+黄金の花束(仏)。勝利の大輪を咲かせてほしい

ドバイ中止の影響もあり、ここが今年2戦目となる。
ここらで惜敗続きにピリオドを打ちたい。

ミッキースワロー(Mikki Swallow)

ミッキースワロー・6歳牡馬
父:トーセンホマレボシ
母:マドレボニータ
母父:ジャングルポケット
主な勝鞍:2020年・日経賞
馬名の由来:冠名+ツバメ

今年の春は日経賞を制し、天皇賞春でも3着と安定感が増してきた。
得意の中山で4つ目の重賞タイトルを狙う。

ステイフーリッシュ(Stay Foolish)

ステイフーリッシュ・5歳牡馬
父:ステイゴールド
母:カウアイレーン
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2018年・京都新聞杯
馬名の由来:常識に囚われるな。有名なスピーチから。父名より連想

今年はG2で3度の馬券圏内の走りを見せるなど惜しい競馬が続いている。
常識に囚われず、勝利の美酒を。

ジェネラーレウーノ(Generale Uno)

ジェネラーレウーノ・5歳牡馬
父:スクリーンヒーロー
母:シャンハイロック
母父:ロックオブジブラルタル
主な勝鞍:2018年・セントライト記念
馬名の由来:一番の将軍(伊)

中山で重賞を2つ勝っている中山巧者がターフに帰ってくる。
一番の将軍へ向け再始動だ。

クレッシェンドラヴ(Crescendo Love)

クレッシェンドラヴ・6歳牡馬
父:ステイゴールド
母:ハイアーラヴ
母父:Sadler’s Wells
主な勝鞍:2019年・福島記念
馬名の由来:だんだん強く(音楽用語)+母名の一部

主な回避馬

スティッフェリオ(Stiffelio)

スティッフェリオ・6歳牡馬
父:ステイゴールド
母:シリアスアティテュード
母父:Mtoto
主な勝鞍:2019年・オールカマー
馬名の由来:オペラ作品名。近年発見され蘇った名作でシリアスな内容

昨年の覇者は屈腱炎を発症。
復帰が極めて困難なほどダメージが広範囲に渡っていると診断を受けた為、現役続行を断念する判断に至った。

オールカマーの日程・賞金

スポンサーリンク
第66回 オールカマー(All Comers)

オールカマー 2018 レイデオロ

2020年9月27日(日)中山競馬場
格:G2 1着本賞金:6,700万円
年齢:3歳以上 距離:2,200m(芝・右)

オールカマーの1着馬には天皇賞秋への優先出走権が与えられる。

天皇賞秋
天皇賞秋は2020年11月1日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2020年で第162回を迎え、昨年はアーモンドアイが制した。天皇賞秋の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

オールカマー・プレイバック

オールカマー2019 スティッフェリオ

2019年のオールカマーを制したのは「スティッフェリオ(Stiffelio)」。道中はリズム良く逃げ、直線でも後続を寄せ付けず完封。ビッグレースへ向け弾みをつける勝利となった。

2019年・オールカマー(GII)

1着:スティッフェリオ
2着:ミッキースワロー(1-3/4馬身)
3着:グレイル(1/2馬身)
4着:レイデオロ(ハナ)
5着:クレッシェンドラヴ(3/4馬身)

勝ちタイム:2.12.0
優勝騎手:丸山 元気
馬場:良

2019年・オールカマー
オールカマー2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のオールカマーの着順は1着:スティッフェリオ、2着:ミッキースワロー、3着:グレイルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする