【帝王賞2021】結果・動画/テーオーケインズが抜け出し圧勝

帝王賞2021 テーオーケインズ

帝王賞2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の帝王賞の着順は1着:テーオーケインズ、2着:ノンコノユメ、3着:クリンチャーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年の帝王賞はテーオーケインズが抜け出し圧勝

2021年6月30日(水) | 大井 | 20:05 発走
第44回 帝王賞(JpnI)ダート・右 2000m
Teio Sho (Jpn1)

スポンサーリンク

2021年・帝王賞の動画

関連記事
昨年の帝王賞はクリソベリルが制していた。
帝王賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の帝王賞の着順は1着:クリソベリル、2着:オメガパフューム、3着:チュウワウィザードとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・帝王賞の結果

スポンサーリンク

1着:テーオーケインズ
2着:ノンコノユメ(3馬身)
3着:クリンチャー(クビ)
4着:ミューチャリー(2馬身)
5着:オメガパフューム(クビ)
6着:チュウワウィザード
7着:オーヴェルニュ
8着:マルシュロレーヌ
9着:ダノンファラオ
10着:カジノフォンテン
11着:ヒカリオーソ
12着:モンゲートラオ
13着:フレアリングダイヤ

勝ちタイム:2.02.7
優勝騎手:松山 弘平
馬場:重

関連記事
JRA・春のダートG1・フェブラリーステークスはカフェファラオが制していた。
フェブラリーステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のフェブラリーステークスの着順は1着:カフェファラオ、2着:エアスピネル、3着:ワンダーリーデルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

レース後のコメント

帝王賞2021 テーオーケインズ

1着 テーオーケインズ(松山弘平騎手)
「うれしい気持ちと、(強い相手にも)やってくれると信じていました。スタートも良かったですし、思っていたポジションで折り合いもつけることができました。理想的な競馬ができたと思います。最後も鋭く伸びてくれて、非常に強い競馬をしてくれました。本当に強い馬で、今後がさらに楽しみです。もっと強い走りを見せられるように頑張ります」

(高柳大輔調教師)
「能力はあると思っていましたし、ここで勝てて、ホッとしています。松山騎手と作戦を練り、いい位置につけていましたから、安心して見ていられました。今回は万全の状態で臨むことができましたから、こういう結果に繋がったのだと思います。まだ4歳、これからもっと良くなると思います。長く活躍することを期待しています」

2着 ノンコノユメ(真島大輔騎手)
「調整がうまくいったのが一番。返し馬から気持ちが乗っていた」

3着 クリンチャー(C.ルメール騎手)
「外枠でずっと外を走っていたけど、いい感じだった。ただ、1、2着馬がストロングフィニッシュだった。次が楽しみ」

4着 ミューチャリー(御神本訓史騎手)
「普通について行けて、この馬の走りはできている。右回りもいい。走りやすい」

5着 オメガパフューム(M.デムーロ騎手)
「3、4コーナーでずぶいのは、いつものこと。長くいい脚を使うから大丈夫だと思ったが、伸びなかった」

10着 カジノフォンテン(張田昂騎手)
「思い通りの競馬だったが…。暑さに弱いので心配していたが、疲れが出た感じ」

勝ち馬プロフィール

帝王賞2021 テーオーケインズ

テーオーケインズ(T O Keynes)牡4/栗毛 高柳 大輔(栗東)
父:シニスターミニスター 母:マキシムカフェ 母父:マンハッタンカフェ
馬名の由来:冠名+人名より

関連記事
テーオーケインズはアンタレスステークスで重賞初制覇を果たしていた。
アンタレスステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のアンタレスステークスの着順は1着:テーオーケインズ、2着:ヒストリーメイカー、3着:ロードブレスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。