【阪神カップ2019】出走予定馬・日程・賞金/短距離馬たちによる締めのG2戦

【阪神カップ2019】出走予定馬・日程・賞金/短距離馬たちによる締めのG2戦

阪神カップ 2018 ダイアナヘイロー

阪神カップは2019年12月21日に阪神競馬場で行われる年末のスピード馬の闘い。阪神カップは2019年で第14回を迎え、昨年はダイアナヘイローが制した。阪神カップの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

短距離馬たちによる締めのG2戦
スポンサーリンク

2019年・阪神カップの結果は!?

阪神カップ2019 グランアレグリア

2019年の阪神カップを制したのは『グランアレグリア(Gran Alegria)』。NHKマイルカップ以来の実戦となったが直線では他馬と違う切れ味を披露し圧勝で復帰戦を飾って見せた。
2着には5馬身差でフィアーノロマーノ、さらにアタマ差の3着にはメイショウショウブが入った。

阪神カップ(GII)

1着:グランアレグリア
2着:フィアーノロマーノ(5馬身)
3着:メイショウショウブ(アタマ)
4着:レッツゴードンキ(ハナ)
5着:ノーワン(1馬身)

勝ちタイム:1.19.4
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

2019年・阪神カップ
阪神カップ2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の阪神カップの着順は1着:グランアレグリア、2着:フィアーノロマーノ、3着:メイショウショウブとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年・阪神カップの出走予定馬をチェック

スポンサーリンク
阪神カップの枠順決定!(12月20日)

阪神カップ2019 枠順

2019年・阪神カップの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではグランアレグリアが3枠5番、マイスタイルは1枠1番、フィアーノロマーノは5枠10番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2019年・阪神カップの追い切り・コメントをチェック!
阪神カップ2019の追い切り・コメントの記事です。阪神カップの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(12月15日)

2019年の阪神カップの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

  • イベリス(福永祐一)
  • キャプテンペリー(未定)
  • グァンチャーレ(池添謙一)
  • グランアレグリア(C.ルメール
  • グランドボヌール(和田竜二)
  • シヴァージ(未定)
  • シュウジ(未定)
  • ショウナンライズ(未定)
  • ストーミーシー(北村友一)
  • スマートオーディン(武豊
  • タイムトリップ(柴山雄一)
  • ノーワン(坂井瑠星)
  • フィアーノロマーノ(C.スミヨン)
  • マイスタイル(田中勝春)
  • メイショウケイメイ(古川吉洋)
  • メイショウショウブ(松山弘平)
  • レインボーフラッグ(未定)
  • レッツゴードンキ(岩田康誠)
  • ロジクライ(横山典弘)
  • ワンアフター(吉田隼人)
阪神カップ・注目馬ピックアップ

2019年・阪神カップの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

グランアレグリア(Gran Alegria)

グランアレグリア・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:タピッツフライ
母父:Tapit
主な勝鞍:2019年・桜花賞
馬名の由来:大歓声(西)

今年の桜花賞馬・グランアレグリアはNHKマイルカップ以来の実戦を阪神カップで迎える予定。
状態は戻っているか?

レッツゴードンキ(Let’s Go Donki)

レッツゴードンキ・7歳牝馬
父:キングカメハメハ
母:マルトク
母父:マーベラスサンデー
主な勝鞍:2015年・桜花賞
馬名の由来:さあ進もう「ドンキホーテ」のように

7歳でも衰えしらず。
この阪神カップがラストランとなり、レース後には阪神競馬場で17時頃から引退式が開催される。
有終の美を飾ることが出来るか。

スマートオーディン(Smart Odin)

スマートオーディン・6歳牡馬
父:ダノンシャンティ
母:レディアップステージ
母父:Alzao
主な勝鞍:2019年・阪急杯
馬名の由来:冠名+北欧神話の主神

阪神カップと同じ舞台で行われている阪急杯で復活Vを飾った。
決め手勝負になれば。

イベリス(Iberis)

イベリス・3歳牝馬
父:ロードカナロア
母:セレブラール
母父:ボストンハーバー
主な勝鞍:2019年・アーリントンカップ
馬名の由来:花名。花言葉「初恋の思い出」

阪神コースではアーリントンカップを制し、セントウルステークスでも3着と好相性。
軽斤量を生かし上位を狙う。

グァンチャーレ(Guanciale)

グァンチャーレ・7歳牡馬
父:スクリーンヒーロー
母:チュウオーサーヤ
母父:ディアブロ
主な勝鞍:2015年・シンザン記念
馬名の由来:豚のほほ肉の塩漬け

マイラーズカップ2着、安田記念4着と7歳になった今年も重賞で活躍。
まだ衰えは見せていない。

マイスタイル(My Style)

マイスタイル・5歳牡馬
父:ハーツクライ
母:ファーストナイナー
母父:フォーティナイナー
主な勝鞍:2019年・函館記念
馬名の由来:私の生き方

マイルチャンピオンシップでは10番人気ながら4着に入り大健闘。
2000mの函館記念を制しているが1400mも守備範囲。

ロジクライ(Logi Cry)

ロジクライ・6歳牡馬
父:ハーツクライ
母:ドリームモーメント
母父:Machiavellian
主な勝鞍:2018年・富士ステークス
馬名の由来:冠名+父名の一部

今年も阪急杯や京王杯スプリングカップといった1400m戦では馬券圏内の走りを見せている。

ノーワン(No One)

ノーワン・3歳牝馬
父:ハーツクライ
母:プレイガール
母父:Caerleon
主な勝鞍:2019年・フィリーズレビュー
馬名の由来:曲名より。チャンピオンになって欲しい願いを込めて

阪神1400mで行われた今年のフィリーズレビューで重賞初制覇を果たした。

ストーミーシー(Stormy Sea)

ストーミーシー・6歳牡馬
父:アドマイヤムーン
母:リーベストラウム
母父:ゼンノエルシド
主な勝鞍:2019年・朱鷺ステークス
馬名の由来:荒ぶる海

阪神カップ2019の予想オッズ

予想オッズ

2019年・阪神カップの予想オッズはこのように予想しています。
今年の桜花賞馬でNHKマイルカップ以来の実戦を迎えるグランアレグリアが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

予想オッズ
  1. グランアレグリア(2.0)
  2. マイスタイル(5.0)
  3. グァンチャーレ(6.5)
  4. イベリス(8.5)
  5. スマートオーディン(11.0)
  6. レッツゴードンキ(12.5)
  7. フィアーノロマーノ(16.0)
  8. ロジクライ(20.0)
  9. ストーミーシー(45.0)
  10. ノーワン(☆)
  11. メイショウショウブ(☆)
  12. シュウジ(☆)
  13. シヴァージ(☆)
  14. グランドボヌール(☆)
  15. レインボーフラッグ(☆)
  16. メイショウケイメイ(☆)
  17. ショウナンライズ(☆)
  18. ワンアフター(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

阪神カップの日程・賞金

阪神カップ 2017 イスラボニータ

第14回 阪神カップ(GII)
2019年12月21日(土)阪神競馬場
格:G2 1着本賞金:6,700万円
年齢:3歳以上 距離:1,400m(芝・右)

プレイバック

阪神カップ 2018 ダイアナヘイロー

2018年の阪神カップを制したのは「ダイアナヘイロー(Diana Halo)」。11番人気と低評価だったが鮮やかな逃げ切りで3つ目の重賞タイトルを獲得した。

阪神カップ(GII)

1着:ダイアナヘイロー
2着:ミスターメロディ(1/2馬身)
3着:スターオブペルシャ(1-3/4馬身)
4着:ダイメイフジ(1-1/4馬身)
5着:ジュールポレール(ハナ)

勝ちタイム:1.21.1
優勝騎手:菱田 裕二
馬場:稍重

2018年・阪神カップ
阪神カップ2018の結果・動画をまとめた記事です。今年の阪神カップの着順は1着:ダイアナヘイロー、2着:ミスターメロディ、3着:スターオブペルシャとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする