【毎日王冠2018】出走予定馬・日程・賞金/東京に秋を告げる

【毎日王冠 2016】動画・結果/ルージュバックが見ごたえある競り合いを制する

毎日王冠は2018年10月7日に東京競馬場で行われる秋競馬の始まりを告げる一戦。今年で第69回を迎え、毎年豪華メンバーが集まる魅力的な一戦。昨年はリアルスティールが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

東京に秋を告げる

出走予定馬

予想オッズ

2018年・毎日王冠の予想オッズに関する記事を公開しました。記事には出走予定馬の中からピックアップした注目馬も書いております。

NHKマイルカップ 2017 アエロリット

【毎日王冠2018】予想オッズ/アエロリット&モレイラ騎手が人気の中心

今回は毎日王冠2018の予想オッズをまとめた記事です。上位人気予想はアエロリット、ステルヴィオ、サトノアーサーの3頭と考えています。G1につながる重要な一戦の予想オッズはこれだ!

2018年・毎日王冠の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

アエロリット(Aerolithe)

NHKマイルカップ 2017 アエロリット

アエロリット・4歳牝馬
父:クロフネ
母:アステリックス
母父:ネオユニヴァース
主な勝鞍:2017年・NHKマイルカップ
馬名の由来:隕石(仏)

NHKマイルカップ1着やヴィクトリアマイル2着など東京コースとの相性は抜群。
鞍上にモレイラ騎手を迎え、さらなる進化が求められる。

ケイアイノーテック(Keiai Nautique)

NHKマイルカップ 2018 ケイアイノーテック

ケイアイノーテック・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ケイアイガーベラ
母父:Smarty Jones
主な勝鞍:2018年・NHKマイルカップ
馬名の由来:冠名+水上の(仏)

3歳マイル王が秋初戦に挑む。
古馬とどこまで渡り合えるか。

サトノアーサー(Satono Arthur)

【2歳新馬戦】動画・結果/スズカフロンティアとサトノアーサーが同着で優勝

サトノアーサー・4歳牡馬
父:ディープインパクト
母:キングスローズ
母父:Redoute’s Choice
主な勝鞍:2018年・エプソムカップ
馬名の由来:冠名+人名より

エプソムカップで重賞初制覇を果たしたサトノアーサー。
再び東京1800mで末脚を炸裂させる。

キセキ(Kiseki)

菊花賞 2017 キセキ

キセキ・4歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:ブリッツフィナーレ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2017年・菊花賞
馬名の由来:奇跡

春は日経賞9着、宝塚記念8着と精彩を欠いた。
距離短縮で復活を目指す。
鞍上はM.デムーロ騎手を予定していたが騎乗停止処分を受けたため、川田騎手が騎乗予定。

ステファノス(Staphanos)

ステファノス

ステファノス・7歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ココシュニック
母父:クロフネ
主な勝鞍:2014年・富士ステークス
馬名の由来:冠(ギリシャ語)。母母名より連想

2014年の富士ステークス以降勝利から遠ざかっている。
なにかきっかけをつかめれば…。

ステルヴィオ(Stelvio)

ステルヴィオ

ステルヴィオ・3歳牡馬
父:ロードカナロア
母:ラルケット
母父:ファルブラヴ
主な勝鞍:2018年・スプリングステークス
馬名の由来:イタリア北部にある国立公園

春のクラシック2戦は4着、8着と苦戦したが、敗因は距離が長かったことだろう。
重賞を制している適距離に戻れば。

ダイワキャグニー(Daiwa Cagney)

セントポーリア賞 2017 ダイワキャグニー

ダイワキャグニー・4歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:トリプレックス
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2018年・メイステークス
馬名の由来:冠名+人名より

昨年の毎日王冠では強豪相手に4着と善戦。
良馬場なら巻き返し必死。

スズカデヴィアス(Suzuka Devious)

新潟大賞典 2018 スズカデヴィアス

スズカデヴィアス・7歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:スズカローラン
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2018年・新潟大賞典
馬名の由来:冠名+近親馬ドクターデヴィアスより

今年の新潟大賞典でうれしい重賞初制覇を果たした。
得意の左回りなら。

カツジ(Katsuji)

カツジ

カツジ・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:メリッサ
母父:ホワイトマズル
主な勝鞍:2018年・ニュージーランドトロフィー
馬名の由来:人名より

きさらぎ賞(5着)以来の1800m戦。
強敵相手にどこまで。

追い切り・コメント

2018年・毎日王冠の追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後の関係者のコメントを書いております。

毎日王冠 2018 追い切り

【毎日王冠2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

今回は毎日王冠2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

主な回避馬

エアスピネル(Air Spinel)

富士ステークス 2017 エアスピネル

エアスピネル・5歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:エアメサイア
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2015年・デイリー杯2歳ステークス
馬名の由来:冠名+タイに伝わる伝説の竜の形をした馬

毎日王冠と富士ステークスの両にらみだったが富士ステークスへ向かうことが発表された。
鞍上には福永騎手を迎える予定。

日程・賞金

毎日王冠2015 エイシンヒカリ 動画・結果

第69回 毎日王冠(Mainichi Okan)
2018年10月7日(日)東京競馬場
格:G2 1着本賞金:6,700万円
年齢:3歳以上 距離:1,800m(芝・左)

プレイバック

2017年の毎日王冠を制したのは「リアルスティール(Real Steel)」。上り32秒台の鋭い決め手勝負を制し、国内では2015年の共同通信杯以来の勝利を挙げた。

2017年10月8日(日)毎日王冠(GII)

1着:リアルスティール
2着:サトノアラジン(クビ)
3着:グレーターロンドン(1-1/2馬身)
4着:ダイワキャグニー(ハナ)
5着:ヤングマンパワー(クビ)

勝ちタイム:1.45.6
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:良

2017年・毎日王冠

毎日王冠 2017 リアルスティール

【毎日王冠 2017】動画・結果/リアルスティールが復活の差し切りV

「毎日王冠 2017」の動画・結果です。毎日王冠の結果は1着:リアルスティール、2着:サトノアラジン、3着:グレーターロンドン。「リアルスティール」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

シェアする