【毎日王冠2021】出走予定馬・予想オッズ・騎手/東京に秋を告げる

毎日王冠2020 サリオス

毎日王冠は2021年10月10日に東京競馬場で行われる秋競馬の始まりを告げる一戦。毎日王冠は2021年で第72回を迎え、昨年はサリオスが制した。毎日王冠の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

東京に秋を告げる
スポンサーリンク

2021年・毎日王冠の出走予定馬をチェック

毎日王冠の枠順決定!(10月8日)

毎日王冠2021 枠順

2021年・毎日王冠の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではシュネルマイスターが1枠1番、ダノンキングリーは5枠7番、ポタジェは4枠5番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2021年・毎日王冠の追い切り・コメントをチェック!
毎日王冠2021の追い切り・コメントの記事です。毎日王冠の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(10月6日)

2021年の毎日王冠の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

  • ヴァンドギャルド(福永祐一)
  • ヴェロックス(浜中俊)
  • カイザーミノル(横山典弘)
  • カデナ(田辺裕信)
  • ケイデンスコール(岩田康誠)
  • サンレイポケット(鮫島克駿)
  • シュネルマイスター(C.ルメール
  • ダイワキャグニー(石橋脩)
  • ダノンキングリー(川田将雅
  • トーラスジェミニ(丸山元気)
  • ポタジェ(吉田隼人)
  • マイネルファンロン(横山武史)
  • ラストドラフト(三浦皇成)
毎日王冠・注目馬ピックアップ

2021年・毎日王冠の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ダノンキングリー(Danon Kingly)

ダノンキングリー・5歳牡馬
父:ディープインパクト
母:マイグッドネス
母父:Storm Cat
主な勝鞍:2021年・安田記念
馬名の由来:冠名+王にふさわしい。王位に君臨することを願って

ついに掴んだマイル王の称号。
簡単に王位の座を譲れない。

シュネルマイスター(Schnell Meister)

シュネルマイスター・3歳牡馬
父:Kingman
母:セリエンホルデ
母父:Soldier Hollow
主な勝鞍:2021年・NHKマイルカップ
馬名の由来:スピードの名人(独)

今年の3歳マイル王が秋初戦に毎日王冠を選択した。
弥生賞で2着の実績があり距離に不安なし。

ヴァンドギャルド(Vin de Garde)

ヴァンドギャルド・5歳牡馬
父:ディープインパクト
母:スキア
母父:Motivator
主な勝鞍:2020年・富士ステークス
馬名の由来:長期熟成しておいしくなるワイン(仏)

ドバイターフ(2着)以来の実戦を迎える。
実績ある東京コースで復帰戦を飾れるか。

ケイデンスコール(Cadence Call)

ケイデンスコール・5歳牡馬
父:ロードカナロア
母:インダクティ
母父:ハーツクライ
主な勝鞍:2021年・マイラーズカップ
馬名の由来:軍隊で訓練時に唱和される行進曲、訓練歌

春はマイラーズカップ、京都金杯を制し復活をアピールした。
勢い止めずにさらなる行進を。

ポタジェ(Potager)

ポタジェ・4歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ジンジャーパンチ
母父:Awesome Again
主な勝鞍:2021年・白富士ステークス
馬名の由来:家庭菜園(仏)

新潟大賞典2着、金鯱賞3着と重賞まであと一歩のところまで来ている。
ここで賞金を加算し大きな舞台へ進みたい。

ヴェロックス(Velox)

ヴェロックス・5歳牡馬
父:ジャスタウェイ
母:セルキス
母父:Monsun
主な勝鞍:2019年・若葉ステークス
馬名の由来:素早い(ラテン語)

2年前のクラシックをにぎわせたヴェロックスも近走は不振が続く。
復活のきっかけをつかめるか。

マイネルファンロン(Meiner Fanrong)

マイネルファンロン・6歳牡馬
父:ステイゴールド
母:マイネテレジア
母父:ロージズインメイ
主な勝鞍:2021年・新潟記念
馬名の由来:冠名+繁栄(中国語)

12番人気で新潟記念を制しファンを驚かせた。
前走はフロックか本物か。

サンレイポケット(Sanrei Pocket)

サンレイポケット・6歳牡馬
父:ジャングルポケット
母:アドマイヤパンチ
母父:ワイルドラッシュ
主な勝鞍:2021年・新潟大賞典
馬名の由来:冠名+父名の一部

昨年の3着馬。
今年に入り新潟大賞典で重賞初制覇を果たすなど、昨年より力をつけてきている印象あり。

ダイワキャグニー(Daiwa Cagney)

ダイワキャグニー・7歳せん馬
父:キングカメハメハ
母:トリプレックス
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2020年・エプソムカップ
馬名の由来:冠名+人名より

昨年の2着馬。
東京1800mは大得意。

カデナ(Cadenas)

カデナ・7歳牡馬
父:ディープインパクト
母:フレンチリヴィエラ
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2017年・弥生賞
馬名の由来:南京錠(仏)

1年以上勝ち星から遠ざかってはいるが、この春は安田記念で0.5秒差の6着などまだまだやれるところを見せている。

ラストドラフト(Last Draft)

ラストドラフト・5歳牡馬
父:ノヴェリスト
母:マルセリーナ
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2019年・京成杯
馬名の由来:小説の最終草稿。完成版

主な回避馬

グレートマジシャン(Great Magician)

グレートマジシャン・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ナイトマジック
母父:Sholokhov
主な勝鞍:2021年・セントポーリア賞
馬名の由来:偉大な奇術師

毎日王冠に参戦予定だったグレートマジシャンは、右前脚の種子骨靭帯の炎症を発症していることが判明したため回避。
年内休養することのこと。

毎日王冠2021の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2021年・毎日王冠の予想オッズはこのように予想しています。
3歳マイル王で安田記念でも僅差の3着に入ったシュネルマイスターが1番人気に支持されると予想します。
上位3頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. シュネルマイスター(2.0)
  2. ダノンキングリー(2.5)
  3. ヴァンドギャルド(8.5)
  4. ポタジェ(10.5)
  5. ケイデンスコール(15.0)
  6. トーラスジェミニ(28.5)
  7. ヴェロックス(35.0)
  8. マイネルファンロン(40.0)
  9. サンレイポケット(45.0)
  10. ダイワキャグニー(48.0)
  11. カデナ(☆)
  12. ラストドラフト(☆)
  13. カイザーミノル(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

毎日王冠の日程・賞金

第72回 毎日王冠(Mainichi Okan)

毎日王冠2019 ダノンキングリー

2021年10月10日(日)東京競馬場
格:G2 1着本賞金:6,700万円
年齢:3歳以上 距離:1,800m(芝・左)

毎日王冠はマイラーや中距離が得意な馬が集まるためG2以上の好メンバーが例年集結する。
なお、1着馬には天皇賞秋への優先出走権が与えられる。

天皇賞秋
天皇賞秋は2021年10月31日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦。天皇賞秋は2021年で第164回を迎え、昨年はアーモンドアイが制した。天皇賞秋の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

毎日王冠・プレイバック

毎日王冠2015 エイシンヒカリ 動画・結果

2015年の毎日王冠を制したのは『エイシンヒカリ(A Shin Hikari)』。持ち前のスピードを武器に先手を奪うとゴールまで1番のポジションを譲ることなく逃げ切りV。その後、香港カップやイスパーン賞といった海外のG1を制す国際派へと成長していく。

毎日王冠(GII)

1着:エイシンヒカリ
2着:ディサイファ(1-1/4馬身)
3着:イスラボニータ(クビ)
4着:ダノンシャーク(3/4馬身)
5着:トーセンスターダム(1/2馬身)

勝ちタイム:1.45.6
勝利騎手:武 豊
馬場:良

2015年・毎日王冠の全着順・動画をチェック!
毎日王冠2015の動画・結果です。2015年の毎日王冠の結果は1着:エイシンヒカリ、2着:ディサイファ、3着:イスラボニータとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする