【新種牡馬2019年デビュー】種付け料や産駒数などチェック!

キズナ

2019年に産駒がデビューする新種牡馬を紹介するページです。新種牡馬にはキズナやエピファネイアなどG1で活躍した馬がズラリと並ぶ。種付け料や産駒数などいろいろチェックしてください!

種付け料や産駒数などチェック!

2019年産駒デビューの注目新種牡馬をチェック!

ここでは2019年産駒デビューの新種牡馬の種付け料や産駒数などを紹介します。
注目の馬ぞろい。あなたの気になる種牡馬をチェックしてください♪

キズナ(Kizuna)

キズナ・青鹿毛
父:ディープインパクト
母:キャットクイル
母父:Storm Cat
馬名の由来:絆

2016年度種付け料:250万円
初年度産駒数:182頭

主な勝鞍
日本ダービー(G1・2013年)など重賞5勝

キズナ産駒初勝利

ルーチェデラヴィタ・牝馬
父:キズナ
母:トウカイライフ
母父:トウカイテイオー
馬名の由来:人生の光(伊)

エピファネイア(Epiphaneia)

エピファネイア・鹿毛
父:シンボリクリスエス
母:シーザリオ
母父:スペシャルウィーク
馬名の由来:クリスマスから12日目にあたる1月6日「公現祭」(ギリシャ語)

2016年度種付け料:250万円
初年度産駒数:157頭

主な勝鞍
ジャパンカップ(G1・2014年)や菊花賞(G1・2013年)など重賞4勝

エピファネイア産駒初勝利

スマートカーリー・牝馬
父:エピファネイア
母:レティセントガール
母父:フォーティナイナー
馬名の由来:冠名+ヒンドゥー教の女神

ゴールドシップ(Gold Ship)

ゴールドシップ・芦毛
父:ステイゴールド
母:ポイントフラッグ
母父:メジロマックイーン
馬名の由来:黄金の船。父名より連想

2016年度種付け料:300万円
初年度産駒数:78頭

主な勝鞍
宝塚記念(G1・2013年&2014年)や有馬記念(G1・2012年)など重賞11勝

ゴールドシップ産駒初勝利

サトノゴールド・牡馬
父:ゴールドシップ
母:マイジェン
母父:Fusaichi Pegasus
馬名の由来:冠名+黄金

フェノーメノ(Fenomeno)

フェノーメノ・青鹿毛
父:ステイゴールド
母:ディラローシェ
母父:Danehill
馬名の由来:超常現象、怪物(ポルトガル語)

2016年度種付け料:80万円
初年度産駒数:90頭

主な勝鞍
天皇賞春(G1・2013年&2014年)など重賞5勝

フェノーメノ産駒初勝利

スリリングドリーム・牝馬
父:フェノーメノ
母:ドリームレディ
母父:ロージズインメイ
馬名の由来:スリルのある夢

リアルインパクト(Real Impact)

リアルインパクト・鹿毛
父:ディープインパクト
母:トキオリアリティー
母父:Meadowlake
馬名の由来:本物の衝撃。両親名より連想

2016年度種付け料:80万円
初年度産駒数:93頭

主な勝鞍
安田記念(G1・2011年)やジョージライダーステークス(豪G1・2015年)など重賞4勝

リアルインパクト産駒初勝利

トライフォーリアル・牡馬
父:リアルインパクト
母:エンプレスティアラ
母父:クロフネ
馬名の由来:本気で挑む。父名より連想

トゥザワールド(To the World)

トゥザワールド・鹿毛
父:キングカメハメハ
母:トゥザヴィクトリー
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:世界へ向かって。母名より連想

2016年度種付け料:30万円
初年度産駒数:86頭

主な勝鞍
弥生賞(G2・2014年)

トゥザワールド産駒初勝利

メイショウナパワン・牡馬
父:トゥザワールド
母:カクテルローズ
母父:タニノギムレット
馬名の由来:冠名+ナパバレーワインの一番

ワールドエース(World Ace)

ワールドエース・鹿毛
父:ディープインパクト
母:マンデラ
母父:Acatenango
馬名の由来:世界のエース

2016年度種付け料:50万円
初年度産駒数:86頭

主な勝鞍
マイラーズカップ(G2・2014年)など重賞2勝

ワールドエース産駒初勝利

オータムレッド・牝馬
父:ワールドエース
母:ティッカーコード
母父:Giant’s Causeway
馬名の由来:秋の赤

スピルバーグ(Spielberg)

スピルバーグ・鹿毛
父:ディープインパクト
母:プリンセスオリビア
母父:Lycius
馬名の由来:人名

2016年度種付け料:150万円
初年度産駒数:69頭

主な勝鞍
天皇賞秋(G1・2014年)

カレンブラックヒル(Curren Black Hill)

カレンブラックヒル・黒鹿毛
父:ダイワメジャー
母:チャールストンハーバー
母父:Grindstone
馬名の由来:冠名+ネパール原産の知的で勇敢な猟犬種より

2016年度種付け料:70万円(受胎条件)、100万円(出生条件)
初年度産駒数:64頭

主な勝鞍
NHKマイルカップ(G1・2012年)など重賞5勝

2020年産駒デビューの注目新種牡馬もご紹介

ここでは2020年産駒デビューの新種牡馬の種付け料や産駒数などを紹介します。
産駒のデビューは来年ですが楽しみな新種牡馬がズラリ。
早くもワクワクが止まらない!?

ドゥラメンテ(Duramente)

ドゥラメンテ・鹿毛
父:キングカメハメハ
母:アドマイヤグルーヴ
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:荒々しく、はっきりと(音楽用語)

2017年度種付け料:400万円
初年度産駒数:187頭

主な勝鞍
日本ダービー(G1・2015年)皐月賞(G1・2015年)など重賞3勝

モーリス(Maurice)

モーリス・鹿毛
父:スクリーンヒーロー
母:メジロフランシス
母父:カーネギー
馬名の由来:人名より

2017年度種付け料:400万円
初年度産駒数:176頭

主な勝鞍
安田記念(G1・2015年)や香港カップ(G1・2016年)など重賞7勝

リオンディーズ(Leontes)

リオンディーズ・黒鹿毛
父:キングカメハメハ
母:シーザリオ
母父:スペシャルウィーク
馬名の由来:シェイクスピア「冬物語」に登場する王の名。父名、母名より連想

2017年度種付け料:100万円
初年度産駒数:132頭

主な勝鞍
朝日杯フューチュリティステークス(G1・2015年)

ホッコータルマエ(Hokko Tarumae)

ホッコータルマエ・鹿毛
父:キングカメハメハ
母:マダムチェロキー
母父:Cherokee Run
馬名の由来:冠名+樽前山より

2017年度種付け料:80万円(受胎条件)、120万円(出生条件)
初年度産駒数:110頭

主な勝鞍
チャンピオンズカップ(G1・2014年)や帝王賞(G1・2013年&2015年)など重賞14勝

ラブリーデイ(Lovely Day)

ラブリーデイ・黒鹿毛
父:キングカメハメハ
母:ポップコーンジャズ
母父:ダンスインザダーク
馬名の由来:すばらしいお天気の一日

2017年度種付け料:100万円(受胎条件)、150万円(出生条件)
初年度産駒数:99頭

主な勝鞍
宝塚記念(G1・2015年)や天皇賞秋(G1・2015年)など重賞6勝

ミッキーアイル(Mikki Isle)

ミッキーアイル・鹿毛
父:ディープインパクト
母:スターアイル
母父:Rock of Gibraltar
馬名の由来:冠名+母名の一部

2017年度種付け料:150万円
初年度産駒数:70頭

主な勝鞍
NHKマイルカップ(G1・2014年)やマイルチャンピオンシップ(G1・2016年)など重賞6勝

シェアする