【富士ステークス2022】出走予定馬・日程・賞金/秋マイル路線の主役候補たち

富士ステークス2021 ソングライン

富士ステークスは2022年10月22日に東京競馬場で行われる秋のマイル路線を占う一戦。富士ステークスは2022年で第25回を迎え、昨年はソングラインが優勝した。富士ステークスの出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

秋マイル路線の主役候補たち
スポンサーリンク

2022年・富士ステークスの出走予定馬をチェック

富士ステークス・注目馬ピックアップ

2022年・富士ステークスの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ダノンスコーピオン(Danon Scorpion)

ダノンスコーピオン・3歳牡馬
父:ロードカナロア
母:レキシールー
母父:Sligo Bay
主な勝鞍:2022年・NHKマイルカップ
馬名の由来:冠名+サソリ

3歳マイル王が富士ステークスから始動する。
ひと夏越した成長は如何ほどか?

ソウルラッシュ(Soul Rush)

ソウルラッシュ・4歳牡馬
父:ルーラーシップ
母:エターナルブーケ
母父:マンハッタンカフェ
主な勝鞍:2022年・マイラーズカップ
馬名の由来:魂の突進

安田記念では直線で進路がなく13着と大敗した。
本来の走りはこんなものではないはずだ。
鞍上には初コンビとなる松山騎手を迎える予定だ。

イルーシヴパンサー(Elusive Panther)

イルーシヴパンサー・4歳牡馬
父:ハーツクライ
母:イルーシヴキャット
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2022年・東京新聞杯
馬名の由来:母名の一部+豹

4連勝で東京新聞杯を制すが、その後の2戦は少し物足らない結果だった。
実績のある東京コースで2つ目の重賞タイトルを。

ダイワキャグニー(Daiwa Cagney)

ダイワキャグニー・8歳せん馬
父:キングカメハメハ
母:トリプレックス
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2020年・エプソムカップ
馬名の由来:冠名+人名より

8歳になった今年も京都金杯で2着に入りファンを驚かせた。
得意の左回りで一発を狙う。

シュリ(Shuri)

シュリ・6歳牡馬
父:ハーツクライ
母:エーゲリア
母父:Giant’s Causeway
主な勝鞍:2022年・谷川岳ステークス
馬名の由来:琉球王国の都

関屋記念で2着と激走。
その後、京成杯オータムハンデに進む予定だったが左前肢跛行を発症し回避。
軽傷とのことだが状態が気になるところ。

富士ステークスの日程・賞金

スポンサーリンク
第25回 富士ステークス(Fuji Stakes)

富士ステークス 2017 エアスピネル

2022年10月22日(土)東京競馬場
格:G2 1着賞金:5,900万円
年齢:3歳以上 距離:1,600m(芝・左)

富士ステークスは2020年からG2に昇格し、1着馬にはG1・マイルチャンピオンシップへの優先出走権が与えられる。

マイルチャンピオンシップ
マイルチャンピオンシップは2022年11月20日に阪神競馬場で行われる秋のマイル王決定戦。マイルCSは2022年で第39回を迎え、昨年はグランアレグリアが勝利した。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。
スポンサーリンク

富士ステークス・プレイバック

富士ステークス2019 ノームコア

2019年の富士ステークスを制したのは『ノームコア(Normcore)』。休み明けの一戦となったが外から一気にライバルたちを差し切り優勝した。
2着には1/2馬身差でレイエンダ、さらにアタマ差の3着にはレッドオルガが入った。

富士ステークス(GIII)

1着:ノームコア
2着:レイエンダ(1/2馬身)
3着:レッドオルガ(アタマ)
4着:クリノガウディー(1-1/4馬身)
5着:カテドラル(3/4馬身)

勝ちタイム:1.33.0
優勝騎手:C.ルメール
馬場:稍重

2019年・富士ステークスの全着順、コメントもチェック!
富士ステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の富士ステークスの着順は1着:ノームコア、2着:レイエンダ、3着:レッドオルガとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする