【函館スプリントステークス2024】出走予定馬・騎手・賞金/適性がカギ

函館スプリントステークス2023 キミワクイーン

函館スプリントステークスは2024年6月9日に函館競馬場で行われるサマースプリントシリーズ初戦。函館SSは2024年で第31回を迎え、昨年はキミワクイーンが優勝した。函館スプリントSの出走予定馬・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

適性がカギ

2024年・函館スプリントステークスの出走予定馬をチェック

出走予定馬(5月21日)

2024年の函館スプリントステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは16頭となっています。

  • アサカラキング()
  • ウイングレイテスト(松岡正海)
  • オタルエバー()
  • カルネアサーダ(鮫島克駿)
  • カルロヴェローチェ()
  • キミワクイーン()
  • グレイトゲイナー()
  • サウザンサニー()
  • シナモンスティック()
  • ジャスティンスカイ(池添謙一)
  • シュバルツカイザー()
  • ジュビリーヘッド()
  • セッション(藤岡佑介)
  • ゾンニッヒ(武豊
  • ビッグシーザー(坂井瑠星)
  • プルパレイ()
  • マテンロウオリオン(横山和生)
  • レイベリング()
函館スプリントステークス・注目馬ピックアップ

2024年・函館スプリントステークスの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

アサカラキング(Asakara King)

アサカラキング・4歳牡馬
父:キズナ
母:アサカラヴァーズ
母父:キングヘイロー
主な勝鞍:2024年・モルガナイトステークス
馬名の由来:母名より+王様

高松宮記念は無念の除外となったが、前走のモルガナイトステークスでは鬱憤を晴らす快勝でオープンクラス初勝利を挙げた。
今後のためにもきっちり賞金を加算しておきたい。

ビッグシーザー(Big Caesar)

ビッグシーザー・4歳牡馬
父:ビッグアーサー
母:アンナペレンナ
母父:Tale of Ekati
主な勝鞍:2024年・淀短距離ステークス
馬名の由来:偉大なシーザー。英雄

重賞勝ちこそ無いものの、オーシャンステークス2着や葵ステークス3着など重賞級の実力は十分に見せている。
初の洋芝戦となるが、血統的に十分にこなせそう。

ウイングレイテスト(Win Greatest)

ウイングレイテスト・7歳牡馬
父:スクリーンヒーロー
母:グレートキャティ
母父:サクラユタカオー
主な勝鞍:2023年・スワンステークス
馬名の由来:冠名+最大の

京王杯スプリングカップに参戦予定だったが、仕上がり状況を考慮し函館スプリントステークス参戦を決めた。
初の1200m戦でどんな走りを見せられるか。

キミワクイーン(Kimiwa Queen)

キミワクイーン・5歳牝馬
父:ロードカナロア
母:チェリーペトルズ
母父:ダイワメジャー
主な勝鞍:2023年・函館スプリントステークス
馬名の由来:屋号+女王

昨年の函館スプリントステークスでは上がり最速タイムで差し切り重賞初勝利を収めた。
2004年、2005年を制したシーイズトウショウ以来の連覇なるか。

ジャスティンスカイ(Justin Sky)

ジャスティンスカイ・5歳牡馬
父:キタサンブラック
母:リアリサトリス
母父:Numerous
主な勝鞍:2024年・鞍馬ステークス
馬名の由来:冠名+空

初の1200m戦となった前走の鞍馬ステークスを好タイムで快勝。
勢いに乗って重賞初制覇なるか。

ゾンニッヒ(Sonnig)

ゾンニッヒ・6歳牡馬
父:ラブリーデイ
母:エンドレスノット
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2023年・青函ステークス
馬名の由来:快晴(独)

函館芝1200m戦は青函ステークスでオープンクラス初勝利を挙げた舞台。
3戦ぶりとなる武豊騎手とのコンビで復活Vを狙う。

函館スプリントステークスの日程・賞金

スポンサーリンク

函館スプリントステークス2022 ナムラクレア

第31回 函館スプリントステークス(Hakodate Sprint Stakes)

2024年6月9日(日)函館競馬場
格:G3 1着本賞金:4,100万円
年齢:3歳以上 距離:1,200m(芝・右)

スポンサーリンク

函館スプリントステークス・プレイバック

函館スプリントステークス2020 ダイアトニック

2020年の函館スプリントステークスを制したのは『ダイアトニック(Diatonic)』。断然人気&58kgのプレッシャーをものともせず、後続に2馬身の差をつけ快勝。2つ目の重賞タイトルを手にした。

函館スプリントステークス(G3)

1着:ダイアトニック
2着:ダイメイフジ(2馬身)
3着:ジョーマンデリン(1/2馬身)
4着:フィアーノロマーノ(アタマ)
5着:シヴァージ(クビ)

勝ちタイム:1.07.5
優勝騎手:武 豊
馬場:良

2020年・函館スプリントステークスの全着順、コメントもチェック!
函館スプリントステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の函館スプリントステークスの着順は1着:ダイアトニック、2着:ダイメイフジ、3着:ジョーマンデリンとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする