【ホープフルステークス2019】出走予定馬・賞金・日程/ひかり輝く希望の先に

ホープフルステークス2018 サートゥルナーリア

ホープフルステークスは2019年12月28日に中山競馬場で行われる2歳の中距離G1戦。ホープフルステークスは2019年で36回目を迎え、昨年はサートゥルナーリアが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

ひかり輝く希望の先に
スポンサーリンク

2019年・ホープフルステークスの結果は!?

ホープフルステークス2019 コントレイル

2019年のホープフルステークスを制したのは『コントレイル(Contrail)』。直線では楽な手応えで抜け出すと後続を寄せ付けず無傷の三連勝でG1初制覇を果たした。
2着には1-1/2馬身差でヴェルトライゼンデ、さらに2馬身差の3着にはワーケアが入った。

ホープフルステークス(GI)

1着:コントレイル
2着:ヴェルトライゼンデ(1-1/2馬身)
3着:ワーケア(2馬身)
4着:ラインベック(1-3/4馬身)
5着:オーソリティ(クビ)

勝ちタイム:2.01.4
優勝騎手:福永 祐一
馬場:良

2019年・ホープフルステークスの全着順、コメントもチェック!
ホープフルステークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のホープフルステークスの着順は1着:コントレイル、2着:ヴェルトライゼンデ、3着:ワーケアとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2019年・ホープフルステークスの出走予定馬をチェック

スポンサーリンク
ホープフルステークスの枠順決定!(12月26日)

ホープフルステークス2019 枠順

2019年・ホープフルステークスの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではコントレイルが2枠2番、ワーケアは5枠7番、オーソリティは7枠11番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

ガロアクリークに騎乗予定だった野中悠太郎騎手は病気のため丸山元気騎手に変更となりました。(12月26日)

ホープフルステークスの前日最終オッズは?!(12月27日)

ホープフルステークス2019 前日最終オッズ

12月27日にJRAから発表されたホープフルステークスの前日最終オッズです。
1番人気はコントレイルで2.0倍、2番人気はワーケアで4.9倍、2番人気はオーソリティが5.2倍で続いています。
馬券に絡むのは人気馬か、穴馬か。
あなたの決断は?

ホープフルステークス2019・出走馬の調教後の馬体重(12月26日)

ホープフルステークス2019 調教後の馬体重

2019年12月26日にJRAよりホープフルステークス出走馬の調教後における馬体重が発表されました。

輸送などでこの馬体重からさらに増減があることが予想されます。
当日の馬体重もしっかりチェックしてください。

2019年・ホープフルステークスの追い切り・コメントをチェック!
ホープフルステークス2019の追い切り・コメントの記事です。ホープフルステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(12月23日)

2019年のホープフルステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

  • ヴェルトライゼンデ(O.マーフィー)
  • オーソリティ(池添謙一)
  • ガロアクリーク(未定)
  • クリノブレーヴ(斎藤新)
  • コントレイル(福永祐一)
  • ゼノヴァース(未定)
  • ディアセオリー(三浦皇成)
  • ディアマンミノル(横山典弘)
  • ナリノモンターニュ(未定)
  • ハギノエスペラント(未定)
  • パンサラッサ(坂井瑠星)
  • ブラックホール(石川裕紀人)
  • ブルーミングスカイ(田辺裕信)
  • ラインベック(岩田康誠)
  • ラグビーボーイ(北村宏司)
  • ワスカランテソーロ(丸山元気)
  • ワーケア(C.ルメール
ホープフルステークス・注目馬ピックアップ

2019年・ホープフルステークスの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ワーケア(Wakea)

ワーケア・2歳牡馬
父:ハーツクライ
母:チェリーコレクト
母父:Oratorio
主な勝鞍:2019年・アイビーステークス
馬名の由来:空の神(ハワイ神話の父神)

デビューからの2戦はいずれも33秒台の末脚で圧勝。
まだまだ強くなりそうな気配。

コントレイル(Contrail)

コントレイル・2歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ロードクロサイト
母父:Unbridled’s Song
主な勝鞍:2019年・東京スポーツ杯2歳ステークス
馬名の由来:飛行機雲

重賞初挑戦となった東スポ杯2歳ステークスではスピードにものを言わせてレコードタイムで圧勝。
騎乗していたムーア騎手も絶賛の内容での勝ち上がりだった。
今回の鞍上には新馬戦でコンビを組んだ福永騎手が手綱を握る。

ブラックホール(Black Hole)

ブラックホール・2歳牡馬
父:ゴールドシップ
母:ヴィーヴァブーケ
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2019年・札幌2歳ステークス
馬名の由来:非常に強い重量を持った特異点

札幌2歳ステークスで重賞初V。
スタミナ勝負に自信あり。

オーソリティ(Authority)

オーソリティ・2歳牡馬
父:オルフェーヴル
母:ロザリンド
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2019年・芙蓉ステークス
馬名の由来:権威。威信。牡馬三冠を達成した父のような活躍を願って

同距離・同コースで行われた芙蓉ステークスを2馬身半差で圧勝。

ヴェルトライゼンデ(Weltreisende)

ヴェルトライゼンデ・2歳牡馬
父:ドリームジャーニー
母:マンデラ
母父:Acatenango
主な勝鞍:2019年・萩ステークス
馬名の由来:世界旅行者(独)

萩ステークスでは渋った馬場をものともせず、上がり最速タイムで駆け抜け無傷の二連勝。
ホープフルステークスでは新コンビ・O.マーフィー騎手と挑むことが発表された。

ラインベック(Rhinebeck)

ラインベック・2歳牡馬
父:ディープインパクト
母:アパパネ
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2019年・中京2歳ステークス
馬名の由来:ニューヨーク州の田舎町

これまでマイル戦では2戦2勝も、1800m戦だった東京スポーツ杯2歳ステークスでは3着に敗れた。
さらなる距離延長がカギを握りそうだ。

ディアマンミノル(Diamant Minoru)

ディアマンミノル・2歳牡馬
父:オルフェーヴル
母:イソノスワロー
母父:デヒア
主な勝鞍:2019年・2歳新馬
馬名の由来:ダイヤモンド(仏)+冠名

新馬戦で見せた直線の爆発力は一級品。
粗削りな部分があるが、楽しみな逸材だ。

ブルーミングスカイ(Blooming Sky)

ブルーミングスカイ・2歳牡馬
父:ディープインパクト
母:ブルーミンバー
母父:ファルブラヴ
主な勝鞍:2019年・2歳未勝利
馬名の由来:全盛の、花盛りの+空

デビューから2戦目となった未勝利戦で勝ち上がったものの、1勝クラスでは足踏み状態。
勝ち切れないものの大崩れはしていない。

ラグビーボーイ(Rugby Boy)

ラグビーボーイ・2歳牡馬
父:エイシンフラッシュ
母:マチカネセキガハラ
母父:フジキセキ
主な勝鞍:2019年・2歳未勝利
馬名の由来:楕円球に恋した少年

ワンチームが流行語になるなどラグビーに沸いた1年だった。
そんな勢いにラグビーボーイが便乗だ。

主な回避馬

グランデマーレ(Grande Mare)

グランデマーレ・2歳牡馬
父:ロードカナロア
母:グランデアモーレ
母父:ネオユニヴァース
主な勝鞍:2019年・葉牡丹賞
馬名の由来:壮大な海(伊)。父名、母名より連想

葉牡丹賞をレコードタイムで優勝し脚光を浴びたが、レース後に左第3手根骨骨折が判明した。
全治は6か月の見込みで回復次第ではダービーのトライアルに間に合うかもしれないとのこと。

ホープフルステークス2019の予想オッズ

予想オッズ

2019年・ホープフルステークスの予想オッズはこのように予想しています。
東京スポーツ杯2歳ステークスを5馬身差で圧勝したコントレイルが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

予想オッズ
  1. コントレイル(2.0)
  2. ワーケア(3.5)
  3. オーソリティ(5.5)
  4. ヴェルトライゼンデ(8.0)
  5. ラインベック(11.0)
  6. ブラックホール(15.0)
  7. ディアマンミノル(30.0)
  8. ブルーミングスカイ(45.0)
  9. ラグビーボーイ(☆)
  10. ナリノモンターニュ(☆)
  11. パンサラッサ(☆)
  12. ハギノエスペラント(☆)
  13. ワスカランテソーロ(☆)
  14. ガロアクリーク(☆)
  15. クリノブレーヴ(☆)
  16. ディアセオリー(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

ホープフルステークスの日程・賞金

ホープフルステークス 2017 タイムフライヤー

第36回 ホープフルステークス(Hopeful Stakes)

2019年12月28日(土)中山競馬場
格:G1 1着本賞金:7,000万円
年齢:2歳牡・牝 距離:2,000m(芝・右)

プレイバック

ホープフルステークス2018 サートゥルナーリア

2018年のホープフルステークスを制したのは「サートゥルナーリア(Saturnalia)」。直線で狭くなるシーンがありながらも力強く抜け出し無敗でG1制覇を果たした。

2018年・ホープフルステークス(GI)

1着:サートゥルナーリア
2着:アドマイヤジャスタ(1-1/4馬身)
3着:ニシノデイジー(3/4馬身)
4着:コスモカレンドゥラ(1-1/4馬身)
5着:ブレイキングドーン(ハナ)

勝ちタイム:2.01.6
優勝騎手:M.デムーロ
馬場:良

2018年・ホープフルステークス
ホープフルステークス2018の結果・動画をまとめた記事です。2018年のホープフルステークスの着順は1着:サートゥルナーリア、2着:アドマイヤジャスタ、3着:ニシノデイジーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする