【フローラステークス2021】出走予定馬・予想オッズ・賞金/距離適性を見極め

フローラステークス2020 ウインマリリン

フローラステークスは2021年4月25日に東京競馬場で行われるオークスへのステップレース。フローラステークスは2021年で第56回を迎え、昨年はウインマリリンが優勝した。出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・昨年の結果などをチェックしてみよう。

距離適性を見極め
スポンサーリンク

2021年・フローラステークスの出走予定馬をチェック

フローラステークスの枠順決定!(4月23日)

フローラステークス2021 枠順

2021年・フローラステークスの枠順が発表されました。

人気が予想されるところではユーバーレーベンが2枠3番、オヌールは4枠8番、クールキャットは8枠15番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2021年・フローラステークスの追い切り・コメントをチェック!
フローラステークス2021の追い切り・コメントの記事です。フローラステークスの出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(4月21日)

2021年のフローラステークスの出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

  • アンフィニドール(川島信二)
  • ウインアグライア(和田竜二)
  • エトワールマタン(内田博幸)
  • オヌール(川田将雅
  • オメガロマンス(横山武史)
  • グローリアスサルム(吉田豊)
  • クールキャット(C.ルメール
  • ジェニーアムレット(三浦皇成)
  • スノークォーツ(戸崎圭太)
  • スノーハレーション(丸山元気)
  • スライリー(石川裕紀人)
  • パープルレディー(田辺裕信)
  • メイサウザンアワー(石橋脩)
  • ユーバーレーベン(M.デムーロ)
  • ララサンスフル(大野拓弥)
  • ルース(横山典弘)
  • レッジャードロ(柴田善臣)
フローラステークス・注目馬ピックアップ

2021年・フローラステークスの出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ユーバーレーベン(Uberleben)

ユーバーレーベン・3歳牝馬
父:ゴールドシップ
母:マイネテレジア
母父:ロージズインメイ
主な勝鞍:2020年・2歳新馬
馬名の由来:生き残る(独)

札幌2歳ステークス2着や阪神ジュベナイルフィリーズ3着の実績あり。
桜花賞には向かわず、フローラステークスからオークスを目指す。

オヌール(Honneur)

オヌール・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:アヴニールセルタン
母父:Le Havre
主な勝鞍:2021年・アルメリア賞
馬名の由来:名誉、栄光(仏)

鋭い決め手でアルメリア賞を制し2戦2勝とした。
仏オークス馬の母の適性を考えれば2000mも不安なし。

パープルレディー(Purple Lady)

パープルレディー・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:メリッサ
母父:ホワイトマズル
主な勝鞍:2021年・ゆりかもめ賞
馬名の由来:馬主勝負服の紫星より+貴婦人

ゆりかもめ賞で東京2400mを攻略。
オークスを意識したローテーションで挑む。

ウインアグライア(Win Aglaia)

ウインアグライア・3歳牝馬
父:マツリダゴッホ
母:ウインアルテミス
母父:Arch
主な勝鞍:2021年・若駒ステークス
馬名の由来:冠名+ギリシャ神話に登場する光の女神

若駒ステークスでは牡馬相手に激走。
馬場が渋れば魅力アップ。

クールキャット(Cool Cat)

クールキャット・3歳牝馬
父:スクリーンヒーロー
母:メジロトンキニーズ
母父:ダンスインザダーク
主な勝鞍:2020年・2歳新馬
馬名の由来:素敵な人。母名より連想

フラワーカップ5着。

ジェニーアムレット(Genie Amulet)

ジェニーアムレット・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ソーメニーウェイズ
母父:Sightseeing
主な勝鞍:2021年・3歳未勝利
馬名の由来:天才(独)+お守り

東京芝2400mで行われた3歳未勝利戦で初勝利を挙げた。

ララサンスフル(La La Sans Soufre)

ララサンスフル・3歳牝馬
父:ハーツクライ
母:ガーデニア
母父:Galileo
主な勝鞍:2021年・3歳未勝利
馬名の由来:冠名+酸化防止剤を使っていない(ワイン用語)

フローラステークス2021の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2021年・フローラステークスの予想オッズはこのように予想しています。
デムーロ騎手との再コンビで重賞初勝利を狙うユーバーレーベンが1番人気に支持されると予想します。
上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ユーバーレーベン(2.0)
  2. オヌール(2.5)
  3. クールキャット(7.0)
  4. ウインアグライア(9.0)
  5. スノークォーツ(15.0)
  6. パープルレディー(20.0)
  7. オメガロマンス(35.0)
  8. メイサウザンアワー(45.0)
  9. ジェニーアムレット(☆)
  10. アンフィニドール(☆)
  11. スライリー(☆)
  12. ルース(☆)
  13. レッジャードロ(☆)
  14. スノーハレーション(☆)
  15. グローリアスサルム(☆)
  16. ララサンスフル(☆)
  17. エトワールマタン(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

フローラステークスの日程・賞金

第56回 フローラステークス(Flora Stakes)

フローラステークス2019 ウィクトーリア

2021年4月25日(日)東京競馬場
格:G2 1着本賞金:5,200万円
年齢:3歳牝馬 距離:2,000m(芝・左)

フローラステークスは2着までの馬にオークスの優先出走権が付与されるトライアル戦。
本番と同じ東京競馬場で行われるがあまり本番に直結しない。

オークス
オークスは2021年5月23日に東京競馬場で行われる三歳牝馬には過酷な2400m戦。オークスは2021年で第82回を迎え、昨年はデアリングタクトが制した。オークスの出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

フローラステークス・プレイバック

フローラステークス 2017 モズカッチャン2

2017年のフローラステークスを制したのは『モズカッチャン(Mozu Katchan)』。12番人気と決して戦前の評価は高くなかったが上がり最速タイムで駆け抜け優勝。うれしい重賞初制覇を果たした。この後、オークスでも2着と健闘し、秋にはエリザベス女王杯でG1を果たすこととなる。

フローラステークス(GII)

1着:モズカッチャン
2着:ヤマカツグレース(クビ)
3着:フローレスマジック(アタマ)
4着:タガノアスワド(1-3/4馬身)
5着:レッドコルディス(クビ)

勝ちタイム:2.01.3
勝利騎手:和田竜二
馬場:良

2017年・フローラステークスの全着順、動画、コメントもチェック!
フローラステークス2017の動画・結果です。2017年のフローラステークスの結果は1着:モズカッチャン、2着:ヤマカツグレース、3着:フローレスマジックとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする