【セントライト記念2020】出走予定馬・予想オッズ・賞金/関東から菊の舞台へ

セントライト記念2019 リオンリオン

セントライト記念は2020年9月21日に中山競馬場で行われる菊花賞へつながる一戦。2020年で第74回を迎え、昨年はリオンリオンが制した。セントライト記念の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

関東から菊の舞台へ
スポンサーリンク

2020年・セントライト記念の結果は!?

セントライト記念2020 バビット

2020年のセントライト記念を制したのは『バビット(Babbitt)』。無理なく先手を奪うと直線でも後続の馬を寄せ付けず逃げ切りV。前走のラジオNIKKEI賞に続く重賞連勝で菊花賞に名乗りを上げた。

セントライト記念(G2)

1着:バビット
2着:サトノフラッグ(1-1/2馬身)
3着:ガロアクリーク(1/2馬身)
4着:ラインハイト(1-1/4馬身)
5着:ヴァルコス(アタマ)

勝ちタイム:2.15.0
優勝騎手:内田 博幸
馬場:良

2020年・セントライト記念の全着順、動画、コメントもチェック!
セントライト記念2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のセントライト記念の着順は1着:バビット、2着:サトノフラッグ、3着:ガロアクリークとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年・セントライト記念の出走予定馬をチェック

スポンサーリンク
セントライト記念の枠順決定!(9月19日)

セントライト記念2020 枠順

2020年・セントライト記念の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではサトノフラッグが7枠9番、ガロアクリークは6枠7番、ヴァルコスは7枠10番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2020年・セントライト記念の追い切り・コメントをチェック!
セントライト記念2020の追い切り・コメントの記事です。セントライト記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
セントライト記念の前日最終オッズは?!(9月20日)

セントライト記念2020 前日最終オッズ

9月20日にJRAから発表されたセントライト記念の前日最終オッズです。
1番人気はサトノフラッグで4.0倍、2番人気はガロアクリークが4.4倍、3番人気にはバビットが4.9倍で続いています。
馬券に絡むのは人気馬か、穴馬か。
あなたの決断は?

出走予定馬(9月13日)

2020年のセントライト記念の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

  • アイブランコ(未定)
  • ヴァルコス(三浦皇成)
  • エクセレントラン(柴田善臣)
  • エヒト(未定)
  • ガロアクリーク (川田将雅
  • ココロノトウダイ(丸山元気)
  • サトノフラッグ(戸崎圭太)
  • サペラヴィ(石橋脩)
  • ダノンファスト(横山典弘)
  • バビット(団野大成)
  • ピースディオン(田辺裕信)
  • フィリオアレグロ(M.デムーロ)
  • (未定)
  • マイネルソラス(丹内祐次)
  • ラインハイト(北村友一)
  • リスペクト(C.ルメール
セントライト記念・注目馬ピックアップ

2020年・セントライト記念の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

サトノフラッグ(Satono Flag)

サトノフラッグ・3歳牡馬
父:ディープインパクト
母:バラダセール
母父:Not For Sale
主な勝鞍:2020年・弥生賞
馬名の由来:冠名+旗

弥生賞を制し、G1でも人気を背負ったが結果は今一つに終わった。
仕切り直しの秋に。

ガロアクリーク(Galore Creek)

ガロアクリーク・3歳牡馬
父:キンシャサノキセキ
母:ゴールドレリック
母父:Kingmambo
主な勝鞍:2020年・スプリングステークス
馬名の由来:カナダの金鉱山より

キンシャサノキセキ産駒ということもあり距離が不安視されたが皐月賞3着、ダービー6着とG1でも上位争いを演じた。
今度は人気を背負う立場でどんな競馬を見せてくれるか。

バビット(Babbitt)

バビット・3歳牡馬
父:ナカヤマフェスタ
母:アートリョウコ
母父:タイキシャトル
主な勝鞍:2020年・ラジオNIKKEI賞
馬名の由来:人名より。合金名

3連勝でラジオNIKKEI賞を制し重賞馬の仲間入りを果たした。
どこまで連勝記録を伸ばせるか。

ヴァルコス(Valcos)

ヴァルコス・3歳牡馬
父:ノヴェリスト
母:ランズエッジ
母父:ダンスインザダーク
主な勝鞍:2020年・ゆきやなぎ賞
馬名の由来:価値のある(ラテン語)

青葉賞2着でダービーの切符を手にするも、本番では14着と壁は高かった。
ひと夏越して成長が見られれば。

ココロノトウダイ(Kokorono Todai)

ココロノトウダイ・3歳牡馬
父:エイシンフラッシュ
母:フェアリーダンス
母父:アグネスタキオン
主な勝鞍:2020年・猪苗代特別
馬名の由来:心の灯台

古馬相手となった猪苗代特別を勝利し2勝クラスを突破。
距離も合いそう。

リスペクト(Respect)

リスペクト・3歳牡馬
父:エピファネイア
母:ラヴィアンフルール
母父:ステイゴールド
主な勝鞍:2020年・開成山特別
馬名の由来:敬意、尊敬

2600m戦の開成山特別を制して長距離適性を示した。
菊花賞へ向かうためにも結果が欲しい。

ダノンファスト(Danon Fast)

ダノンファスト・3歳牡馬
父:キングカメハメハ
母:ダンスファンタジア
母父:ファルブラヴ
主な勝鞍:2020年・天の川賞
馬名の由来:冠名+最速の走りを期待して

ダートで3勝のダノンファストが芝に再挑戦。

サペラヴィ(Saperavi)

サペラヴィ・3歳牡馬
父:ローズキングダム
母:セミニョン
母父:マンハッタンカフェ
主な勝鞍:2020年・3歳以上1勝クラス
馬名の由来:色をつける(ジョージア語)

主な回避馬

ヴェルトライゼンデ(Weltreisende)

ヴェルトライゼンデ・3歳牡馬
父:ドリームジャーニー
母:マンデラ
母父:Acatenango
主な勝鞍:2019年・萩ステークス
馬名の由来:世界旅行者(独)

中間の追い切り後に熱発し、予定の調整過程を消化できなかったため回避。
今後は神戸新聞杯に目標を切り替えるとのこと。

セントライト記念2020の予想オッズ

予想オッズ

予想オッズ

2020年・セントライト記念の予想オッズはこのように予想しています。
デビュー戦以来となる戸崎騎手が跨る弥生賞馬サトノフラッグが1番人気に支持されると予想します。
上位5頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. サトノフラッグ(2.5)
  2. ガロアクリーク(3.0)
  3. フィリオアレグロ(5.5)
  4. ヴァルコス(7.0)
  5. バビット(9.0)
  6. リスペクト(14.0)
  7. ダノンファスト(20.0)
  8. ラインハイト(35.0)
  9. ココロノトウダイ(45.0)
  10. マイネルソラス(☆)
  11. ピースディオン(☆)
  12. エクセレントラン(☆)
  13. エヒト(☆)
  14. サペラヴィ(☆)
  15. フォワードアゲン(☆)
  16. アイブランコ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

セントライト記念の日程・賞金

第74回 セントライト記念(St. Lite Kinen)

セントライト記念 2018 ジェネラーレウーノ

2020年9月21日(祝・月)中山競馬場
格:G2 1着本賞金:5,400万円
年齢:3歳 距離:2,200m(芝・右)

セントライト記念の1着馬から3着馬には菊花賞への優先出走権が与えられる。

菊花賞
菊花賞は2020年10月25日に京都競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2020年で第81回を迎え、昨年はワールドプレミアが優勝した。菊花賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

セントライト記念・プレイバック

セントライト記念2019 リオンリオン

2019年のセントライト記念を制したのは「リオンリオン(Lion Lion)」。直線でうまく進路を確保すると鋭く抜け出し快勝。青葉賞以来の重賞2勝目を挙げた。

セントライト記念(GII)

1着:リオンリオン
2着:サトノルークス(2馬身)
3着:ザダル(クビ)
4着:ルヴォルグ(3/4馬身)
5着:ニシノデイジー(3/4馬身)

勝ちタイム:2.11.5
優勝騎手:横山 典弘
馬場:重

2019年・セントライト記念
セントライト記念2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年のセントライト記念の着順は1着:リオンリオン、2着:サトノルークス、3着:ザダルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする