【セントライト記念2021】出走予定馬・日程・賞金/関東から菊の舞台へ

セントライト記念2020 バビット

セントライト記念は2021年9月20日に中山競馬場で行われる菊花賞へつながる一戦。2021年で第75回を迎え、昨年はバビットが制した。セントライト記念の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

関東から菊の舞台へ
スポンサーリンク

2021年・セントライト記念の出走予定馬をチェック

セントライト記念・注目馬ピックアップ

2021年・セントライト記念の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ノースブリッジ(North Bridge)

ノースブリッジ・3歳牡馬
父:モーリス
母:アメージングムーン
母父:アドマイヤムーン
主な勝鞍:2020年・葉牡丹賞
馬名の由来:北+橋。人名より

ラジオNIKKEI賞3着。
距離延長をこなせるか。

エクセレントタイム(Excellent Time)

エクセレントタイム・3歳牡馬
父:ハーツクライ
母:タイムウィルテル
母父:ブライアンズタイム
主な勝鞍:2021年・3歳以上1勝クラス
馬名の由来:素晴らしい時間

未勝利、1勝クラスを連勝。
血統的にもまだまだ成長しそう。

セントライト記念の日程・賞金

スポンサーリンク
第75回 セントライト記念(St. Lite Kinen)

セントライト記念 2018 ジェネラーレウーノ

2021年9月20日(祝・月)中山競馬場
格:G2 1着本賞金:5,400万円
年齢:3歳 距離:2,200m(芝・右)

セントライト記念の1着馬から3着馬には菊花賞への優先出走権が与えられる。

菊花賞
菊花賞は2021年10月24日に阪神競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2021年で第82回を迎え、昨年はコントレイルが優勝した。菊花賞の出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

セントライト記念・プレイバック

セントライト記念2015 キタサンブラック

2015年のセントライト記念を制したのは「リオンリオン(Lion Lion)」。番手からレースを進め、直線では早め先頭から押し切り2つ目の重賞タイトルを獲得。その後は菊花賞を制し、古馬になると2度の年度代表馬を獲得するなど日本を代表する名馬に成長していく。

セントライト記念(GII)

1着:キタサンブラック
2着:ミュゼエイリアン(3/4馬身)
3着:ジュンツバサ(アタマ)
4着:ウイングチップ(ハナ)
5着:ベルーフ(クビ)

勝ちタイム:2.13.8
勝利騎手:北村 宏司
馬場:良

2015年・セントライト記念の全着順・動画・コメントもチェック!
セントライト記念2015の動画・結果です。2015年のセントライト記念の結果は1着:キタサンブラック、2着:ミュゼエイリアン、3着:ジュンツバサとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする