【シンザン記念2022】出走予定馬・予想オッズ・騎手/羽ばたくきっかけに

シンザン記念2021ピクシーナイト

シンザン記念は2022年1月9日に中京競馬場で行われる3歳限定のマイル重賞。シンザン記念は2022年で第56回を迎え、昨年はピクシーナイトが優勝した。シンザン記念の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

羽ばたくきっかけに
スポンサーリンク

2022年・シンザン記念の出走予定馬をチェック

シンザン記念の枠順決定!(1月7日)

シンザン記念2022 枠順

2022年・シンザン記念の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではラスールが2枠2番、レッドベルアームは5枠9番、ソリタリオは2枠3番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

2022年・シンザン記念の追い切り・コメントをチェック!
シンザン記念2022の追い切り・コメントの記事です。シンザン記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(1月6日)

2022年のシンザン記念の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

出走馬
  • アールチャレンジ(団野大成)
  • ウナギノボリ(吉田隼人)
  • カワキタレブリー(松山弘平)
  • ジャカランダ(幸英明)
  • ジャスティンヴェル(西村淳也)
  • ショウナンアメリア(池添謙一)
  • シーズザデイ(鮫島克駿)
  • セルバーグ(和田竜)
  • ソリタリオ(C.デムーロ)
  • デルマグレムリン(武豊
  • ビーアストニッシド(岩田康誠)
  • マテンロウオリオン(横山典弘)
  • モズゴールドバレル(坂井瑠星)
  • ラスール(C.ルメール
  • レッドベルアーム(川田将雅
回避馬
  • アバンチュリエ(未定)
  • サウンドビバーチェ(岩田望来)
  • スプリットザシー(未定)
  • ベルウッドブラボー(未定)
  • ロードカテドラル(未定)
シンザン記念・注目馬ピックアップ

2022年・シンザン記念の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ラスール(La Seule)

ラスール・3歳牝馬
父:キタサンブラック
母:サマーハ
母父:Singspiel
主な勝鞍:2021年・2歳新馬
馬名の由来:唯一無二(仏)。母名より連想

新馬戦を3馬身半差で制した注目のキタサンブラック産駒のラスール。
今回も早くからルメール騎手を手配しているほど陣営の期待は高い。
勝ってクラシック候補に名乗りを上げよ。

レッドベルアーム(Red Belle Ame)

レッドベルアーム・3歳牡馬
父:ハーツクライ
母:レッドファンタジア
母父:Unbridled’s Song
主な勝鞍:2021年・2歳新馬
馬名の由来:冠名+美しい魂(仏)

新馬戦快勝後に挑んだ前走の東京スポーツ杯2歳ステークスでは勝負どころで伸び切れず5着に沈んだ。
距離短縮で新たな面が見られそう。
鞍上は川田騎手に乗り替わる。

ソリタリオ(Solitario)

ソリタリオ・3歳牡馬
父:モーリス
母:サブトゥエンティ
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2021年・こうやまき賞
馬名の由来:孤高(西)

デビューからの4戦はいずれもマイル戦で【2-2-0-0】と安定した成績。
中京コースでも勝利を挙げている点は心強い。

ウナギノボリ(Unaginobori)

ウナギノボリ・3歳牡馬
父:ドレフォン
母:ノンキ
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:2021年・2歳新馬
馬名の由来:鰻登り

サウジアラビアロイヤルカップでは0.3秒差の4着と健闘。
スタートが決まれば。

アバンチュリエ(Aventurier)

アバンチュリエ・3歳牡馬
父:モーリス
母:パンデイア
母父:ディープインパクト
主な勝鞍:2021年・2歳新馬
馬名の由来:冒険者(仏)。モーリスが生んだ怪盗「ルパン」の自称

ベゴニア賞では0.1秒差の3着。
デビュー戦では人気の一角ソリタリオを下しての勝利だった。

ビーアストニッシド(Be Astonished)

ビーアストニッシド・3歳牡馬
父:アメリカンペイトリオット
母:マオリオ
母父:ネオユニヴァース
主な勝鞍:2021年・2歳未勝利
馬名の由来:驚かされる

京都2歳ステークスでは9番人気ながら2着に入りファンを驚かせた。
マイル戦は【1-0-1-0】と実績十分。
鞍上は引き続き岩田康誠騎手。

ショウナンアメリア(Shonan Amelia)

ショウナンアメリア・3歳牝馬
父:ロードカナロア
母:ランスタン
母父:ダイワメジャー
主な勝鞍:2021年・2歳未勝利
馬名の由来:冠名+人名より

シンザン記念2022の予想オッズ

スポンサーリンク
予想オッズ

予想オッズ

2022年・シンザン記念の予想オッズはこのように予想しています。
ルメール騎手が信頼を寄せる良血馬ラスールが1番人気に支持されると予想します。
上位3頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. ラスール(1.8)
  2. レッドベルアーム(4.0)
  3. ソリタリオ(4.5)
  4. ウナギノボリ(12.0)
  5. ビーアストニッシド(17.0)
  6. カワキタレブリー(19.0)
  7. マテンロウオリオン(21.5)
  8. ショウナンアメリア(36.5)
  9. モズゴールドバレル(46.0)
  10. セルバーグ(☆)
  11. デルマグレムリン(☆)
  12. シーズザデイ(☆)
  13. ジャカランダ(☆)
  14. アールチャレンジ(☆)
  15. ジャスティンヴェル(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

スポンサーリンク

シンザン記念の日程・賞金

第56回 シンザン記念(Shinzan Kinen)

シンザン記念2020 サンクテュエール

2022年1月9日(日)中京競馬場
格:G3 1着本賞金:4,000万円
年齢:3歳 距離:1,600m(芝・左)

シンザン記念・プレイバック

シンザン記念 2018 アーモンドアイ

2018年のシンザン記念を制したのは『アーモンドアイ(Almond Eye)』。重い馬場に苦しむライバルたちを尻目に一頭別次元の決め手で差し切り優勝。その後の大活躍へとつなげる貴重な重賞制覇となった。
2着には1-3/4馬身差でツヅミモン、さらにクビ差の3着にはカシアスが入った。

シンザン記念(GIII)

1着:アーモンドアイ
2着:ツヅミモン(1-3/4馬身)
3着:カシアス(クビ)
4着:ファストアプローチ(2-1/2馬身)
5着:カフジバンガード(1/2馬身)

勝ちタイム:1.37.1
優勝騎手:戸崎 圭太
馬場:稍重

2018年・シンザン記念の全着順・動画・コメントをチェック!
シンザン記念2018の動画・結果です。シンザン記念の結果は1着:アーモンドアイ、2着:ツヅミモン、3着:カシアスとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする