【エリザベス女王杯2021】出走予定馬・結果・騎手/主演女優賞を狙う

エリザベス女王杯2020 ラッキーライラック

エリザベス女王杯は2021年11月14日に阪神競馬場で行われる秋の最強牝馬決定戦。エリザベス女王杯は2021年で第46回を迎え、昨年はラッキーライラックが制した。エリザベス女王杯の出走予定馬・予想オッズ・騎手・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

秋の主演女優賞を狙う
スポンサーリンク

2021年・エリザベス女王杯の結果は!?

エリザベス女王杯2021 アカイイト

2021年のエリザベス女王杯を制したのは『アカイイト(Akai Ito)』。残り1ハロンで先頭に立つとそのまま後続を完封。三連単339万円越えの大波乱の一戦はアカイイトが勝利を見事に手繰り寄せた。

エリザベス女王杯(G1)

1着:アカイイト
2着:ステラリア(2馬身)
3着:クラヴェル(クビ)
4着:ソフトフルート(クビ)
5着:イズジョーノキセキ(ハナ)

勝ちタイム:2.12.1
優勝騎手:幸 英明
馬場:良

2021年・エリザベス女王杯の全着順、動画、コメントもチェック!
エリザベス女王杯2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のエリザベス女王杯の着順は1着:アカイイト、2着:ステラリア、3着:クラヴェルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2021年・エリザベス女王杯の出走予定馬をチェック

スポンサーリンク
エリザベス女王杯の枠順決定!(11月12日)

エリザベス女王杯2021 枠順

2021年・エリザベス女王杯の枠順が発表されました。

人気が予想されるところではアカイトリノムスメが2枠3番、レイパパレは1枠1番、ウインマリリンは5枠9番に入りました。
果たしてどんな結末が待っているのか!?

エリザベス女王杯の前日最終オッズは?!(11月13日)

エリザベス女王杯2021 前日最終オッズ

11月13日にJRAから発表されたエリザベス女王杯の前日最終オッズです。
1番人気はレイパパレで2.9倍、2番人気はアカイトリノムスメが3.6倍、3番人気にはウインマリリンが5.4倍で続いています。
馬券に絡むのは人気馬か、穴馬か。
あなたの決断は?

エリザベス女王杯2021・出走馬の調教後の馬体重(11月11日)

エリザベス女王杯2021 追い切り後の馬体重

2021年11月11日にJRAより発表されたエリザベス女王杯に出走する馬の調教後に計測された馬体重一覧です。

輸送などでこの馬体重からさらに増減があることが予想されます。
当日の馬体重もしっかりチェックしてください。

2021年・エリザベス女王杯の追い切り・コメントをチェック!
エリザベス女王杯2021の追い切り・コメントの記事です。エリザベス女王杯の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!
出走予定馬(10月31日)

2021年のエリザベス女王杯の出走予定馬を掲載しています(カッコの中は想定騎手)。
フルゲートは18頭となっています。

  • アカイイト(幸英明)
  • アカイトリノムスメ(戸崎圭太)
  • イズジョーノキセキ(和田竜二)
  • ウインキートス(丹内祐次)
  • ウインマリリン(横山武史)
  • エアジーン(藤岡佑介)
  • クラヴェル(横山典弘)
  • コトブキテティス(柴田善臣)
  • シャムロックヒル(団野大成)
  • ステラリア(松山弘平)
  • ソフトフルート(岩田望来)
  • デゼル(武豊
  • テルツェット(M.デムーロ)
  • ムジカ(秋山真一郎)
  • ランブリングアレー(吉田隼人)
  • リュヌルージュ(富田暁)
  • レイパパレ(C.ルメール
  • ロザムール(池添謙一)
エリザベス女王杯・注目馬ピックアップ

2021年・エリザベス女王杯の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

レイパパレ(Lei Papale)

レイパパレ・4歳牝馬
父:ディープインパクト
母:シェルズレイ
母父:クロフネ
主な勝鞍:2021年・大阪杯
馬名の由来:帽子の縁の周りに飾るレイ(ハワイ語)。母名より連想

春は大阪杯でG1初制覇を果たし、宝塚記念でも3着とG1路線を大いににぎわせた。
牝馬同士なら2200mでもこなしてくれるはず。

アカイトリノムスメ(Akaitorino Musume)

アカイトリノムスメ・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:アパパネ
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2021年・秋華賞
馬名の由来:赤い鳥(アパパネ)の娘

秋華賞馬・アカイトリノムスメが初の古馬と対峙する。
母のアパパネはエリザベス女王杯に2度挑戦しいずれも3着。
引き続き戸崎騎手とのコンビでG1連勝を狙う。

ウインマリリン(Win Marilyn)

ウインマリリン・4歳牝馬
父:スクリーンヒーロー
母:コスモチェーロ
母父:Fusaichi Pegasus
主な勝鞍:2021年・オールカマー
馬名の由来:冠名+女性名

オールカマーを制し3つ目の重賞タイトルを手にした。
天皇賞春でも5着と健闘しており充実著しい。
中間の追い切り後に右肘の腫れるアクシデントがあったことが気がかりだが…。

ウインキートス(Win Kiitos)

ウインキートス・4歳牝馬
父:ゴールドシップ
母:イクスキューズ
母父:ボストンハーバー
主な勝鞍:2021年・目黒記念
馬名の由来:冠名+ありがとう(フィンランド語)

目黒記念を制し重賞初制覇。
距離に不安なし。

ランブリングアレー(Rambling Alley)

ランブリングアレー・5歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ブルーミングアレー
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2021年・中山牝馬ステークス
馬名の由来:田園や森林などを散策すること+小径

ヴィクトリアマイルでは10番人気ながら2着に入りファンを驚かせた。
距離はこなせそう。

テルツェット(Terzetto)

テルツェット・4歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ラッドルチェンド
母父:Danehill Dancer
主な勝鞍:2021年・クイーンステークス
馬名の由来:三重奏、三重唱(音楽用語)。本馬が母の3番仔より連想

今年の春にダービー卿チャレンジトロフィーで重賞初制覇を果たし、夏にはクイーンステークスも制した。
距離はこれまで2000m(3着)までしか走っておらず、距離に対応できるかが見所。

デゼル(Des Ailes)

デゼル・4歳牝馬
父:ディープインパクト
母:アヴニールセルタン
母父:Le Havre
主な勝鞍:2021年・阪神牝馬ステークス
馬名の由来:翼(仏)

ここ2走は東京コースで大敗。
重賞を制した阪神コースで大駆け狙う。

ステラリア(Stellaria)

ステラリア・3歳牝馬
父:キズナ
母:ポリネイター
母父:Motivator
主な勝鞍:2021年・忘れな草賞
馬名の由来:ハコベの学名

休み明けだった秋華賞は0.5秒差の6着とまずまずの結果。
勢いある三歳勢に要注意。

クラヴェル(Clavel)

クラヴェル・4歳牝馬
父:エピファネイア
母:ディアデラマドレ
母父:キングカメハメハ
主な勝鞍:2020年・三面川特別
馬名の由来:カーネーション(西)。母名より連想

近三走は重賞でいずれも3着以内と安定した走り。
このところ増えてる馬体重は成長の証。

主な回避馬

シャドウディーヴァ(Shadow Diva)

シャドウディーヴァ・5歳牝馬
父:ハーツクライ
母:ダイヤモンドディーバ
母父:Dansili
主な勝鞍:2021年・府中牝馬ステークス
馬名の由来:影+神がかり的(ラテン語)

府中牝馬ステークス勝ち馬のシャドウディーヴァは左回りを求めてジャパンカップ参戦を表明。

マジックキャッスル(Magic Castle)

マジックキャッスル・4歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ソーマジック
母父:シンボリクリスエス
主な勝鞍:2021年・愛知杯
馬名の由来:魔法の城

前走後、覇気が感じられないため無理せず回避。
回復具合を見て今後を検討とのこと。

スポンサーリンク

前哨戦

クイーンステークス

1着:テルツェット
2着:マジックキャッスル(クビ)
3着:サトノセシル(クビ)

勝ちタイム:1.47.8
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

クイーンステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のクイーンステークスの着順は1着:テルツェット、2着:マジックキャッスル、3着:サトノセシルとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
オールカマー

1着:ウインマリリン
2着:ウインキートス(1-1/2馬身)
3着:グローリーヴェイズ(クビ)

勝ちタイム:2.11.9
優勝騎手:横山 武史
馬場:良

オールカマー2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のオールカマーの着順は1着:ウインマリリン、2着:ウインキートス、3着:グローリーヴェイズとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
府中牝馬ステークス

1着:シャドウディーヴァ
2着:アンドラステ(クビ)
3着:マルターズディオサ(1-1/4馬身)

勝ちタイム:1.45.6
優勝騎手:福永 祐一
馬場:良

府中牝馬ステークス2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の府中牝馬ステークスの着順は1着:シャドウディーヴァ、2着:アンドラステ、3着:マルターズディオサとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。
秋華賞

1着:アカイトリノムスメ
2着:ファインルージュ(1/2馬身)
3着:アンドヴァラナウト(1/2馬身)

勝ちタイム:2.01.2
優勝騎手:戸崎 圭太
馬場:良

秋華賞2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年の秋華賞の着順は1着:アカイトリノムスメ、2着:ファインルージュ、3着:アンドヴァラナウトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

エリザベス女王杯2021の予想オッズ

予想オッズ

予想オッズ

2021年・エリザベス女王杯の予想オッズはこのように予想しています。
秋華賞馬のアカイトリノムスメが1番人気に支持されると予想します。
上位〇頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。

カッコ内はオッズとなっています。

  1. アカイトリノムスメ(2.3)
  2. レイパパレ(2.5)
  3. ウインマリリン(4.5)
  4. ウインキートス(11.0)
  5. テルツェット(19.0)
  6. ステラリア(28.0)
  7. デゼル(31.0)
  8. ランブリングアレー(33.5)
  9. クラヴェル(45.0)
  10. ソフトフルート(☆)
  11. シャムロックヒル(☆)
  12. アカイイト(☆)
  13. コトブキテティス(☆)
  14. エアジーン(☆)
  15. ロザムール(☆)
  16. イズジョーノキセキ(☆)
  17. ムジカ(☆)
  18. リュヌルージュ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

エリザベス女王杯の日程・賞金

第46回 エリザベス女王杯(Queen Elizabeth II Cup)

エリザベス女王杯 2018 リスグラシュー

2021年11月14日(日)阪神競馬場
格:G1 1着本賞金:9,300万円
年齢:3歳以上牝馬 距離:2,200m(芝・右)

エリザベス女王杯・プレイバック

エリザベス女王杯2020 ラッキーライラック

2020年のエリザベス女王杯を制したのは『ラッキーライラック(Lucky Lilac)』。早め先頭から押し切り後続を完封。人気に応える走りで連覇達成を果たした。

エリザベス女王杯(G1)

1着:ラッキーライラック
2着:サラキア(クビ)
3着:ラヴズオンリーユー(クビ)
4着:ウインマリリン(1-3/4馬身)
5着:センテリュオ(3/4馬身)

勝ちタイム:2.10.3
優勝騎手:C.ルメール
馬場:良

2020年・エリザベス女王杯の全着順、動画、コメントもチェック!
エリザベス女王杯2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のエリザベス女王杯の着順は1着:ラッキーライラック、2着:サラキア、3着:ラヴズオンリーユーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする