スポンサーリンク

にほんブログ村 競馬ブログへKLAN競馬ブログランキング

アウォーディー

「帝王賞 2017」の枠順・予想オッズの情報です。帝王賞にはアウォーディーやゴールドドリームなどが出走を予定しています。ダートの強者が揃った楽しみな一戦が始まる。

豪華絢爛なメンバー集結

2017年6月28日(水)大井競馬場 ダート右回り 2,000m
第40回 帝王賞・Teio Sho(JpnI)

スポンサーリンク

枠順

帝王賞 2017 枠順

帝王賞の枠順が発表されました。
人気が予想されるアウォーディーは1枠2番、M.デムーロ騎手とコンビを組むゴールドドリームは6枠11番、昨年3着のサウンドトゥルーは8枠15番に入った。

出走予定馬・有力馬候補

・アウォーディー(Awardee)

アウォーディー

アウォーディー・7歳牡馬
父:Jungle Pocket
母:Heavenly Romance
母父:Sunday Silence
主な勝鞍:2016年・JBCクラシック
馬名の由来:受賞者
(鞍上予定:武豊)

国内のダート戦に限れば8戦6勝・2着2回とパーフェクト連対のアウォーディー。
前走は初の海外での一戦となったドバイワールドカップ。日本馬の中では最先着の5着に健闘した。
帰国初戦となるが、じっくりここを目標に調整されており、抜かりはない。
2つ目のG1タイトルを狙う。

・アポロケンタッキー(Apollo Kentucky)

東京大賞典 2016 アポロケンタッキー

アポロケンタッキー・5歳牡馬
父:Langfuhr
母:Dixiana Delight
母父:Gone West
主な勝鞍:2016年・東京大賞典
馬名の由来:冠名+アメリカの州名
(鞍上予定:内田博幸)

昨年末の東京大賞典では5番人気と低評価だったが他馬を並ぶ間もなくかわし去りG1タイトルを獲得した。
今回の帝王賞は東京大賞典と同じ舞台。再び内田騎手とのコンビで先輩たちに立ち向かう。

・オールブラッシュ(All Blush)

川崎記念 2017 オールブラッシュ

オールブラッシュ・5歳牡馬
父:ウォーエンブレム
母:ブラッシングプリンセス
母父:Crafty Prospector
主な勝鞍:2017年・川崎記念
馬名の由来:皆が赤面する。他馬が降参するような馬になるように
(鞍上予定:C.ルメール)

条件戦を勝ったばかりの身で挑んだ川崎記念をも制し、一気にスターダムに上り詰めたオールブラッシュ。
その後は名古屋大賞典に挑むも59kgに苦しんだのか5着に沈んだ。斤量差があったとはいえ負けすぎた。
巻き返しは厳しいか。

・クリソライト(Chrysolite)

クリソライト

クリソライト・7歳牡馬
父:ゴールドアリュール
母:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
主な勝鞍:2016年・コリアC
馬名の由来:宝石の一種であるペリドットの別名
(鞍上予定:戸崎圭太)

今年初戦となったダイオライト記念を勝利し、同レース三連覇の偉業を達成。
その後は平安ステークスに挑戦し鋭い追込みで2着に健闘した。
7歳馬になったが衰えは感じさせない。
2年前の帝王賞では2着。久々のコンビとなる戸崎騎手とどんなレースを見せてくれるか。

・ケイティブレイブ(K T Brave)

ケイティブレイブ 白山大賞典 2016

ケイティブレイブ・4歳牡馬
父:アドマイヤマックス
母:ケイティローレル
母父:サクラローレル
主な勝鞍:2016年・兵庫CS
馬名の由来:冠名+勇士
(鞍上予定:福永祐一)

コパノリッキーの故障により繰り上げで出走にこぎつけたケイティブレイブ。
今年もコンスタントに使われており帝王賞で5走目となる。
大井競馬場は昨年のジャパンダートダービー(2着)以来となる。
実績は他馬にかなわないが、若さを武器にどこまでやれるか。

・ゴールドドリーム(Gold Dream)

ゴールドドリーム

ゴールドドリーム・4歳牡馬
父:ゴールドアリュール
母:モンヴェール
母父:フレンチデピュティ
主な勝鞍:2017年・フェブラリーS
馬名の由来:金の夢
(鞍上予定:M.デムーロ)

今年のフェブラリーステークス勝ち馬。ドバイワールドカップでも活躍が期待されたが見せ場なく最下位の14着だった。
チャンピオンズカップで12着、ジャパンダートダービーでも1.2秒差の3着とマイルの距離を超えるとパフォーマンスが落ちる。
2000mをどのように攻略するかがポイントとなりそうだ。

・サウンドトゥルー(Sound True)

サウンドトゥルー

サウンドトゥルー・7歳せん馬
父:フレンチデピュティ
母:キョウエイトルース
母父:フジキセキ
主な勝鞍:2016年・チャンピオンズC
馬名の由来:本当らしい、本物らしい
(鞍上予定:大野拓弥)

どんな条件でも堅実に走るサウンドトゥルー。昨年の帝王賞では前からは大きく離されたが馬券内の3着を死守した。
大井競馬場では2015年の東京大賞典を制すなど4戦して1勝・2着1回・3着2回と大崩れなし。
今年も軽視できない。

スポンサーリンク

予想オッズ

2017年・帝王賞の予想オッズです。

  1. アウォーディー(2.0)
  2. アポロケンタッキー(4.0)
  3. ゴールドドリーム(5.5)
  4. サウンドトゥルー(8.0)
  5. オールブラッシュ(15.0)
  6. クリソライト(20.0)
  7. ケイティブレイブ(35.0)
  8. ウマノジョー(☆)
  9. タマモネイヴィー(☆)
  10. プレティオラス(☆)
  11. サンドプラチナ(☆)
  12. ミッキーヘネシー(☆)
  13. メジャーアスリート(☆)
  14. ヴァーゲンザイル(☆)
  15. グレイスフルデイズ(☆)
  16. メイショウソレイユ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

上位人気はJRA勢が占めるでしょう。なかでもアウォーディーが1番人気と予想します。

主な前哨戦

帝王賞に出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
馬名は今回、帝王賞に出走する馬の中で上位3頭の馬名を掲載しています。

2016年12月29日(木)東京大賞典(GI)

東京大賞典 2016 アポロケンタッキー

1着:アポロケンタッキー
2着:アウォーディー
3着:サウンドトゥルー

タイム:2:05:8 馬場:重

【東京大賞典 2016】動画・結果/アポロケンタッキーが年末の大一番を制する

2017年3月25日(土)ドバイワールドカップ(GI)

ドバイワールドカップ 2017 アロゲート

5着:アウォーディー
9着:アポロケンタッキー
14着:ゴールドドリーム

タイム:2:02:15 馬場:重

【ドバイワールドカップ 2017】動画・結果/アロゲートが圧倒的な強さを披露・日本馬はアウォーディーの5着が最高

2017年3月30日(木)名古屋大賞典(JpnIII)

名古屋大賞典 2017 ケイティブレイブ

1着:ケイティブレイブ
5着:オールブラッシュ

タイム:2:02:5 馬場:良

【名古屋大賞典 2017】動画・結果/ケイティブレイブが逃げ切りV

2017年5月20日(土)平安ステークス(GIII)

平安ステークス 2017 グレイトパール

2着:クリソライト
5着:ケイティブレイブ

タイム:1:55.7 馬場:良

【平安ステークス 2017】動画・結果/グレイトパールがダート戦無傷の5連勝

2017年5月24日(水)大井記念

大井記念 2017 ウマノジョー

1着:ウマノジョー
2着:タマモネイヴィー
13着:ヴァーゲンザイル

タイム:2:07:6 馬場:良

【大井記念 2017】動画・結果/ウマノジョーが外から差し切る

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2017年6月28日(水)20:05発走予定

場所・距離
大井競馬場・ダート・2000m


Jpn1

1着賞金
6,000万円

出走条件
4歳以上

帝王賞・プレイバック

コパノリッキー&武豊のコンビが後続に3馬身半差をつけ圧勝した。

2016年6月29日(水)帝王賞・Teio Sho(JpnI)

1着:コパノリッキー
2着:ノンコノユメ(3-1/2馬身)
3着:サウンドトゥルー(5馬身)
4着:ホッコータルマエ(3-1/2馬身)
5着:ユーロビート(2馬身)

勝ちタイム:2:03:5
勝利騎手:武豊
馬場:不良

2016年・帝王賞

【帝王賞 2016】動画・結果/コパノリッキーが後続に3馬身半差をつける圧勝劇

【帝王賞 2016】動画・結果/コパノリッキーが後続に3馬身半差をつける圧勝劇

「帝王賞 2016」の動画・結果です。帝王賞の結果は1着:コパノリッキー、2着:ノンコノユメ、3着:サウンドトゥルー。「コパノリッキー」が勝利した2016年の帝王賞の詳しい結果、動画をご覧ください。