スポンサーリンク

にほんブログ村 競馬ブログへKLAN競馬ブログランキング

「ドバイシーマクラシック 2017」の枠順、放送、馬券の情報です。ドバイシーマクラシックには日本からサウンズオブアースが参戦します。ドバイシーマクラシックは2017年3月25日(土)、ドバイ・メイダン競馬場・芝2410mで開催されます。

【ドバイシーマクラシック 2017】枠順・テレビ放送・馬券/サウンズオブアースが世界に挑む

ドバイシーマクラシック(Dubai Sheema Classic)
2017年3月25日、ドバイ・メイダン競馬場
芝2410m、南半球産馬3歳以上、北半球産馬4歳以上
G1、7頭、1着賞金:3,600,000米ドル
日本時間 3月26日 01:05 発走予定

スポンサーリンク

2017年・ドバイシーマクラシック

・枠順について

日本から唯一出走するサウンズオブアースは4ゲート番からの出走となります。連覇を狙うポストポンドは7ゲート番です。
(ドバイ競馬の馬番はゲート番と同じ番号です。)

・出走予定馬・有力馬候補について

ドバイ・メイダン競馬場で行われるG1、ドバイシーマクラシック。
今年は7頭が出走します。出走馬から注目したい馬をピックアップした。

・サウンズオブアース(Sounds of Earth)

サウンズオブアース・6歳牡馬

父:ネオユニヴァース
母:ファーストバイオリン
母父:Dixieland Band
主な勝鞍:2014年・はなみずき賞
馬名の由来:地球のサウンド
(鞍上予定:C.ルメール)

日本から唯一の参戦となったサウンズオブアース。ここまで20戦してわずか2勝しかしておらず、重賞のタイトルすら手にしていない。それでもG1・2着3回を含む重賞で2着7回を記録しており、あと一歩のところまでは来ている。初のビッグタイトルが海外G1なら実にかっこいい。

・ポストポンド(Postponed)

ポストポンド・6歳牡馬

父:Dubawi
母:Ever Rigg
母父:Dubai Destination
主な勝鞍:2016年・英インターナショナルS
(鞍上予定:A.アッゼニ)

昨年のドバイシーマクラシックではドゥラメンテらを相手に優勝したポストポンド。その後もコロネーションカップや英インターナショナルSといったビッグタイトルを手にした。2017年初戦となったドバイシティーオブゴールドこそ直線でうまく抜け出せず2着に敗れたが、スムーズなら勝っていてもおかしくない内容だった。今年も優勝最有力の一頭なのは間違いない。

・ハイランドリール(Highland Reel)

ハイランドリール・5歳牡馬

父:Galileo
母:Hveger
母父:Danehill
主な勝鞍:2016年・BCターフ
(鞍上予定:R.ムーア)

これまで香港ヴァーズやブリーダーズカップなど各国のG1を4勝するハイランドリール。昨年の凱旋門賞でも2着に入り世界でもトップクラスの実力の持ち主。昨年のドバイシーマクラシックでは4着に敗れており、リベンジに燃えているはず。

・プライズマネー(Prize Money)

プライズマネー・4歳せん馬

父:Authorized
母:Dresden Doll
母父:Elusive Quality
主な勝鞍:2017年・ドバイシティーオブゴールド
(鞍上予定:A.デフリース)

前哨戦のドバイシティーオブゴールドを制して本番を迎えたのはプライズマネー。去勢後の成績は安定しており、実績はなくても怖い一頭となりそう。

・ジャックホブス(Jack Hobbs)

ジャックホブス・5歳牡馬

父:Halling
母:Swain’s Gold
母父:Swain
主な勝鞍:2015年・愛ダービー
(鞍上予定:W.ビュイック)

3歳時には愛ダービーを制し、英ダービーでも2着になるなど活躍を見せていたジャックホブス。4歳ではレース中の故障などで不本意なシーズンを過ごしたが、復帰レースの英チャンピオンSでは3着に健闘した。それ以来の休み明けとなるが、勝っても驚かないだけの実績馬だ。

・セブンスヘブン(Seventh Heaven)

セブンスヘブン・4歳牝馬

父:Galileo
母:La Traviata
母父:Johannesburg
主な勝鞍:2016年・ヨークシャーオークス
(鞍上予定:S.ヘファナン)

・主な前哨戦について

2017年3月4日・ドバイシティーオブゴールド(G2)
勝ち馬:プライズマネー

Race 3 Dubai City of Gold

スポンサーリンク

オッズ

・オッズについて

このオッズはブックメーカー「William Hill」のものです。JRAが発売する馬券のオッズとは異なります。
海外の評価と比べながら馬券の参考にしてください。

  • Postponed(2.75)
  • Highland Reel(4.5)
  • Jack Hobbs(5.0)
  • Seventh Heaven(5.5)
  • Prize Money(8.0)
  • Sounds Of Earth(13.0)
  • Earnshaw(34.0)

(William Hill・参照 3月24日現在)

馬券・テレビ放送

・馬券について

今年のドバイシーマクラシックはネット投票のみとなります。

発売時間:3月25日(土曜)19:30~発走予定時刻4分前まで

発売式別:単勝、複勝、馬連、ワイド、馬単、3連複、3連単
※枠連、WIN5の発売はありません。

発売単位:100円

発売方式:JRA独立プール(日本国内のみで発売)
※独立プール方式での発売のため、日本国内独自のオッズとなります。

詳しい馬券の発売のルールに関してはJRAの特設ページをご覧ください。

海外競馬の勝馬投票券 発売のルール 海外競馬発売 JRA

馬齢 JRAでは、生まれた年を0歳と数え、生まれた年の1月1日から年齢を起算します。オーストラリアや香港など南半球産馬主体の競馬を開催しているところでは、年齢起算日が異なる(生まれた年の7月1日、8月1日または9月1日)場合がありますが、JRAが勝馬投票券発売を行う海外レースの出馬表においては、JRA基準による馬齢を用います。

・テレビ放送について

ドバイシーマクラシックを含むドバイワールドカップデーはグリーンチャンネル、フジテレビ系列にてテレビ中継・放送があります。

・グリーンチャンネル「2017ドバイワールドカップデー中継」
当日の放送はノースクランブル(無料)放送です。
放送時間は23:30~26:30と予定されています。

出演者は解説に合田直弘氏、木村拓人氏(馬サブロー)、現地実況に小塚歩氏。
進行は坂田博昭氏、色紙千尋氏です。

・フジテレビ系列「ドバイワールドカップ2017」
放送時間は3月25日(土)25:15~26:15と予定されています。
ただし、番組内にてドバイワールドカップ(G1)を生中継、ドバイターフ(G1)、ドバイシーマクラシック(G1)等を録画放送する予定です。

2016年のシーマクラシックをプレイバック

2016年3月26日 ドバイシーマクラシック(Dubai Sheema Classic)

1着:Postponed(ポストポンド)(2.27.02) 騎手:Andrea Atzeni
2着:Duramente(2馬身)
3着:Last Impact (1-1/2馬身)
4着:Highland Reel(3/4馬身)
5着:One and Only(1馬身)

【ドバイシーマクラシック 2016】動画・結果/ポストポンドが優勝・ドゥラメンテは右前脚の落鉄の影響か2着に敗れる
「ドバイシーマクラシック 2016」の動画・結果です。ドバイシーマクラシックの結果は1着:Postponed(ポストポンド)、2着:Duramente、3着:Last Impact。「ポストポンド」が勝利したドバイシーマクラシックの詳しい結果、動画をご覧ください。【ドバイシーマクラシック 2016】動画・結果/ポストポンドが優勝・ドゥラメン...