【エンプレス杯2022】出走予定馬・日程・賞金/ここが私の生きる道

エンプレス杯2021 マルシュロレーヌ

エンプレス杯は2022年3月2日に川崎競馬場で行われる牝馬限定の長距離ダート重賞戦。エンプレス杯は2022年で第68回を迎え、昨年はマルシュロレーヌが勝利を収めた。出走予定馬・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。

ここが私の生きる道
スポンサーリンク

2022年・エンプレス杯の出走予定馬をチェック

エンプレス杯・注目馬ピックアップ

2022年・エンプレス杯の出走予定馬をピックアップしました。注目馬は随時追加していく予定です。

ウェルドーン(Well Done)

ウェルドーン・4歳牝馬
父:ヘニーヒューズ
母:ツルマルオジョウ
母父:ダンスインザダーク
主な勝鞍:2021年・関東オークス
馬名の由来:あっぱれ

同条件の関東オークスを制しており、舞台に不足なし。
スタミナ勝負はどんと来い。

マドラスチェック(Madras Check)

マドラスチェック・6歳牝馬
父:Malibu Moon
母:Gloat
母父:Mr. Greeley
主な勝鞍:2020年・TCK女王盃
馬名の由来:インド、マドラス地方発祥のチェック柄の名前

サルサディオーネ(Salsa Dione)

サルサディオーネ・8歳牝馬
父:ゴールドアリュール
母:サルサクイーン
母父:リンドシェーバー
主な勝鞍:2021年・日本テレビ盃
馬名の由来:母名の一部+ギリシャ神話の天空の女神

昨年の2着馬。

エンプレス杯の日程・賞金

スポンサーリンク
第69回 エンプレス杯(Empress Hai)

エンプレス杯2021 マルシュロレーヌ

2022年3月2日(水)川崎競馬場
格:Jpn2 1着本賞金:3,500万円
年齢:4歳以上牝馬 距離:2,100m(ダート・左)

エンプレス杯は牝馬限定のダート重賞戦としては最長タイの距離設定となっている(関東オークスと同距離)。
近年はJRA勢の活躍が特に目立ち、地方馬の勝利は2007年のトーセンジョウオーまでさかのぼらなければならない。

スポンサーリンク

エンプレス杯・プレイバック

エンプレス杯2021 マルシュロレーヌ

2021年のエンプレス杯を制したのは『マルシュロレーヌ(Marche Lorraine)』。直線では一頭違う脚で差し切り3つ目の重賞タイトルを手にした。
その後、ブリーダーズカップディスタフを制し日本調教馬初のアメリカダートG1を制す大偉業を達成することになる。

エンプレス杯(Jpn2)

1着:マルシュロレーヌ
2着:サルサディオーネ(3/4馬身)
3着:マドラスチェック(6馬身)
4着:ダノンレジーナ(クビ)
5着:レーヌブランシュ(1-1/2馬身)

勝ちタイム:2.14.1
優勝騎手:川田 将雅
馬場:良

2021年・エンプレス杯の全着順、動画、コメントもチェック!
エンプレス杯2021の結果・動画をまとめた記事です。2021年のエンプレス杯の着順は1着:マルシュロレーヌ、2着:サルサディオーネ、3着:マドラスチェックとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

シェアする