【アルデバランステークス2020】結果・動画/ロードレガリスが六連勝でオープンクラス突破

アルデバランステークス2020 ロードレガリス

アルデバランステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のアルデバランステークスの着順は1着:ロードレガリス、2着:スワーヴアラミス、3着:ブレスジャーニーとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。

2020年のアルデバランステークスはロードレガリスが六連勝でオープンクラス突破

2020年2月8日(土) | 2回京都3日 | 15:35発走
アルデバランステークス ダート・右 1900m
Aldebaran Stakes

スポンサーリンク

2020年・アルデバランステークスの動画

2020年・アルデバランステークスの結果

1着:ロードレガリス
2着:スワーヴアラミス(1/2馬身)
3着:ブレスジャーニー(5馬身)
4着:アポロテネシー(1-1/4馬身)
5着:ジョーダンキング(1/2馬身)
6着:エルデュクラージュ
7着:タムロミラクル
8着:ビルジキール
9着:ローズプリンスダム
10着:ハヤヤッコ
11着:マイネルクラース
12着:サトノプライム
13着:サンデーウィザード
14着:ヒーズインラブ
15着:エアアンセム
16着:カフェリュウジン

勝ちタイム:1.57.3
優勝騎手:武豊
馬場:良

レース後のコメント

1着 ロードレガリス(武豊騎手)
「先頭に立ってから耳を伏せるところがありました。それでブレーキを掛けた分、引き離せなかったですが、本当に馬は良くなっていますし、今後の活躍が楽しみです」

(野中賢二調教師)
「この後は一休みさせます。馬の様子を見ながらになりますが、この後は5月の平安Sあたりでしょうか。まだムラな面があります。右にモタれていて、耳を絞ったりしていました。2着馬も強い馬ですし、1キロの斤量差はありましたが、正攻法で勝てましたし、オープンまで来てくれたことを評価したいです」

2着 スワーヴアラミス(藤岡康太騎手)
「スタートを出た後、促しながら良いポジションを取れました。4コーナーで反応してくれて、食い下がっていましたが、相手が強かったです」

3着 ブレスジャーニー(A.シュタルケ騎手)
「砂を被っても気にせず、リズム良く行けました。馬の間に入っても怯まず、気持ちを切らさずに走ってくれました。ダートは合っていると思います」

勝ち馬プロフィール

アルデバランステークス2020 ロードレガリス

ロードレガリス(Lord Regalis)牡5/黒鹿毛 野中 賢二(栗東)
父:ハーツクライ 母:レディマーメイド 母父:Fusaichi Pegasus
馬名の由来:冠名+王者の(ラテン語)