【全日本2歳優駿 2017】枠順・予想オッズ/砂の若き王は

全日本2歳優駿 2016 リエノテソーロ

「全日本2歳優駿 2017」の枠順・予想オッズ・出走予定馬の情報です。2017年の全日本2歳優駿にはルヴァンスレーヴやドンフォルティスなどが出走を予定しています。底知れない魅力にあふれるダートの強者が揃った。ここをステップに来年のダート界を牛耳るのは誰だ。

2017年12月13日(水)川崎競馬場 ダート左回り 1,600m
第68回 全日本2歳優駿(Zen-Nippon Nisai Yushun)JpnI

スポンサーリンク

枠順

2017年・全日本2歳優駿の枠順が発表されました。

1枠1番 ドンビー(牡2、和田譲治)
2枠2番 ハヤブサマカオー(牡2、C.ルメール)
3枠3番 ダークリパルサー(牡2、戸崎圭太)
3枠4番 ハッピーグリン(牡2、服部茂史)
4枠5番 トーセンブル(牡2、中野省吾)
4枠6番 ソイカウボーイ(牡2、御神本訓史)
5枠7番 リコーワルサー(牡2、森泰斗)
5枠8番 ドンフォルティス(牡2、武豊)
6枠9番 ルヴァンスレーヴ(牡2、M.デムーロ)
6枠10番 ダモンデ(牡2、高松亮)
7枠11番 ハセノパイロ(牡2、本田正重)
7枠12番 サザンヴィグラス(牡2、吉原寛人)
8枠13番 ミスターバッハ(牡2、石崎駿)
8枠14番 ビッグスモーキー(牡2、浜中俊)

無傷の2連勝でいずれも圧勝しているルヴァンスレーヴは6枠9番、武豊騎手が騎乗する北海道2歳優駿の勝ち馬ドンフォルティスは5枠8番、3戦3勝で兵庫ジュニアグランプリを制したハヤブサマカオーは2枠2番に入った。
全日本2歳優駿は2017年12月13日(水)の20時10分発走予定です。

出走予定馬・ピックアップ

川崎競馬場で行われるダートJpn1「全日本2歳優駿」。
今年は14頭が出走する。出走馬から注目したい馬をピックアップした。

・ルヴァンスレーヴ(Le Vent Se Leve)

【プラタナス賞 2017】動画・結果/ルヴァンスレーヴがレコードV

ルヴァンスレーヴ・2歳牡馬
2戦2勝 [2-0-0-0]
父:シンボリクリスエス
母:マエストラーレ
母父:ネオユニヴァース
馬名の由来:風立ちぬ(仏)
前走:プラタナス賞・1着(1番人気)
(鞍上:M.デムーロ)

ここまでの2戦はいづれも後続を突き放して勝ってきた「ルヴァンスレーヴ」。
デビュー戦はこのレースにも出てきているビッグスモーキー相手に7馬身差、前走のプラタナス賞でも2着馬に2馬身半の差をつけ圧勝している。
どちらも目いっぱいのレースではなく、さらに上のパフォーマンスを見せてくれそうな気配十分。
初の重賞戦になるがあっさり突破しても驚かない。

・ドンフォルティス(Don Fortis)

ドンフォルティス

ドンフォルティス・2歳牡馬
4戦3勝 [3-0-1-0]
父:ヘニーヒューズ
母:グロッタアズーラ
母父:フジキセキ
馬名の由来:冠名+勇敢な(ラテン語)
前走:北海道2歳優駿・1着(1番人気)
(鞍上:武豊)

もっとも重要な前哨戦・北海道2歳優駿を制した「ドンフォルティス」。
デビュー戦こそ3着に敗れたもののその後は3連勝。いづれのレースでも上り最速タイムを計測しており末脚には自信がある。
地方競馬も経験しており、引き出しの多さは武器になる。
馬名のように「勇敢な」走りで2歳王者へ駆けあがる。

・ハヤブサマカオー(Hayabusa Maca O)

ハヤブサマカオー

ハヤブサマカオー・2歳牡馬
3戦3勝 [3-0-0-0]
父:シニスターミニスター
母:ハヤブサエミネンス
母父:Medaglia d’Oro
馬名の由来:冠名+マカ(生命力が強い植物)+王
前走:兵庫ジュニアグランプリ・1着(1番人気)
(鞍上:C.ルメール)

デビューから無傷の3連勝を達成している「ハヤブサマカオー」にも注目したい。
これまでの3戦はすべて逃げ切り勝ち。今年の全日本2歳優駿でもペースを握る可能性が高い馬だ。
JRAでの2戦はどちらも圧勝だったが、前走の兵庫ジュニアグランプリではクビ差の辛勝とやや期待外れの走りだった。
うまく自分のペースに持ち込めるかがポイントとなりそうだ。

・ダークリパルサー(Dark Repulser)

ダークリパルサー

ダークリパルサー・2歳牡馬
2戦2勝 [2-0-0-0]
父:ハードスパン
母:エミネントシチー
母父:ブライアンズタイム
馬名の由来:闇を祓うもの
前走:オキザリス賞・1着(2番人気)
(鞍上:戸崎圭太)

こちらも2戦2勝の「ダークリパルサー」。
着差こそ少ないもののきっちり勝ち上がってきた。鞍上の戸崎騎手は南関出身騎手。知り尽くしたコースでうまくエスコートできれば。

・ソイカウボーイ(Soy Cowboy)

ソイカウボーイ

ソイカウボーイ・2歳牡馬
5戦3勝 [3-0-1-1]
父:トビーズコーナー
母:シャイニングサヤカ
母父:キングヘイロー
馬名の由来:大豆+カウボーイ
前走:兵庫ジュニアグランプリ・3着(2番人気)
(鞍上:御神本訓史)

地方馬で注目したいのは「ソイカウボーイ」。
門別では3戦3勝。鞍上に御神本騎手を迎えどんな競馬を見せてくれるか。

他にはもちの木賞を勝ち上がってきた「ビッグスモーキー」や3連勝でハイセイコー記念を勝った「ハセノパイロ」なども出走予定となっています。

予想オッズ

2017年・全日本2歳優駿の予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. ルヴァンスレーヴ(1.5)
  2. ドンフォルティス(2.0)
  3. ハヤブサマカオー(3.0)
  4. ダークリパルサー(5.0)
  5. ビッグスモーキー(6.0)
  6. ソイカウボーイ(13.0)
  7. ハセノパイロ(20.0)
  8. ドンビー(40.0)
  9. サザンヴィグラス(☆)
  10. リコーワルサー(☆)
  11. ミスターバッハ(☆)
  12. トーセンブル(☆)
  13. ハッピーグリン(☆)
  14. ダモンデ(☆)

☆印は50倍以上と予想

日程・賞金

日程・発走時刻
2017年12月13日(水)20時10分発走予定

場所・距離
川崎競馬場・ダート・1600m


Jpn1

1着賞金
3,500万円

出走条件
2歳

プレイバック

牝馬のリエノテソーロが牡馬相手に3馬身の差をつけ2歳女王に

2016年12月14日(水)川崎
第67回 全日本2歳優駿(Zen-Nippon Nisai Yushun)JpnI

1着:リエノテソーロ
2着:シゲルコング(3馬身)
3着:ローズジュレップ(1-1/2馬身)
4着:ヒガシウィルウィン(4馬身)
5着:メイソンジュニア(1馬身)

勝ちタイム:1.42.8
勝利騎手:吉田 隼人
馬場:不良

2016年・全日本2歳優駿

全日本2歳優駿 2016 リエノテソーロ

【全日本2歳優駿 2016】動画・結果/リエノテソーロが圧勝で2歳女王に

「全日本2歳優駿 2016」の動画・結果です。全日本2歳優駿の結果は1着:リエノテソーロ、2着:シゲルコング、3着:ローズジュレップ。「リエノテソーロ」が勝利した全日本2歳優駿の詳しい結果、動画をご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする