【安田記念2018】データ・枠順/データから勝利の方程式を解く

スワーヴリチャード

安田記念 2018のデータ・枠順の情報です。2018年・安田記念のデータは枠順別や脚質別、種牡馬別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報から安田記念での激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

データから勝利の方程式を解く

2018年6月3日(日) | 3回東京2日 | 15:40 発走
第68回 安田記念(GI)芝・左 1600m
Yasuda Kinen (G1)

枠順

安田記念 2018 枠順

安田記念」の枠順が発表されました。
前走大阪杯を制してG1馬の仲間入りを果たしたスワーヴリチャードは1枠1番、前哨戦のマイラーズカップを制し勢いに乗るサングレーザーは8枠15番、昨年秋のマイルG1・マイルチャンピオンシップを制しているペルシアンナイトは3枠5番、ルメール騎手を確保し連闘でG1制覇を狙うモズアスコットは5枠10番に入った。

出走予定馬・予想オッズ

2018年・安田記念の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

安田記念 2017 サトノアラジン

【安田記念2018】予想オッズ・出走予定馬/春のマイル王が決まる

安田記念 2018の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。安田記念の出走登録は19頭。出走予定馬にはスワーヴリチャードやサングレーザーなどが名を連ねています。香港馬が参戦するなど豪華メンバーが東京に集結。春のマイル王は誰だ?

データ

2018年・安田記念のデータです。
黄色はいいデータ赤色は悪いデータに該当する馬名となっております。

関連記事

枠順別データ

安田記念 2018 枠順別データ

(過去20年)

内枠・外枠の差を見てみると外枠の方が多少いい。
1枠から4枠で複勝率が2割を超える枠が1つに対し、5枠から8枠では3つある。
馬券になりやすいのは外枠だ。

中でも好成績を残しているのは「5枠」。
唯一連対率が2割に届いており、単勝・複勝回収率も100を超えている。

他には勝率トップの「2枠」と複勝回収率トップの「6枠」にも注意しておいて損はない。

逆に成績が良くないのは「4枠」。
20年で1勝しかしておらず、2着に至ってはゼロ。
かなり低い連対率となっている。
割り引いて考えていきたい。

他には複勝率&複勝回収率が最低の「3枠」もマイナス評価としておきたい。

〇・2枠、5枠、6枠

  • ダッシングブレイズ
  • アエロリット
  • レッドファルクス
  • モズアスコット
  • リアルスティール
  • ヒーズインラブ

×・3枠、4枠

  • ペルシアンナイト
  • レーヌミノル
  • ウエスタンエクスプレス
  • キャンベルジュニア

脚質別データ

安田記念 2018 脚質別データ

(過去20年)
脚質的には先行から追い込み脚質の馬がほぼ互角。
逃げ以外はどんな脚質でも勝負になっている。
2年連続逃げ脚質で馬券に絡んだロゴタイプがすごかったことがデータを見るとよくわかる。

種牡馬別データ

安田記念 2018 種牡馬別データ

(東京競馬場の芝1600mで行われた過去5年)

東京芝1600mを特に得意としている種牡馬は「ディープインパクト」。
ほとんどの距離でトップに立つディープがこの距離でも勝率から複勝率まで傑出した成績を残している。
先週の日本ダービーではワグネリアンが優勝するなど勢いは抜群。
安田記念には3頭を送り出している。
しっかりチェックしておこう。

他には勝率が二桁を超える「ダイワメジャー」や「ハーツクライ」、「クロフネ」、複勝率が3割を超える「ハービンジャー」までチェックしておきたい。

〇・種牡馬別での好データ馬

  • サトノアレス(ディープインパクト)
  • リアルスティール(ディープインパクト)
  • サングレーザー(ディープインパクト)
  • レーヌミノル(ダイワメジャー)
  • スワーヴリチャード(ハーツクライ)
  • リスグラシュー(ハーツクライ)
  • アエロリット(クロフネ)
  • ペルシアンナイト(ハービンジャー)
  • ヒーズインラブ(ハービンジャー)

年齢別データ

安田記念 2018 年齢別データ

(過去10年)

そこまで大きな偏りはない。
比較的まんべんなくどの世代からも馬券に絡んでいる。

その中でも複勝率が2割を超える6歳馬はしっかりチェックしておいて損はなさそうだ。

〇・6歳馬

  • ダッシングブレイズ
  • ウエスタンエクスプレス
  • キャンベルジュニア
  • リアルスティール
  • ブラックムーン
  • ウインガニオン

馬体重別データ

安田記念 2018 馬体重別データ

(過去10年)

馬体重別でみると480kgから519kgの馬たちの複勝率の高さが目に付く。
馬格がある馬たちをしっかりチェックしておこう。

459kg以下の馬は過去10年連対ゼロ。
割り引きが必要そうだ。

※下に馬名が上がっているのは前走の馬体重の数字で掲載しています。当日の馬体重を見極めてください。

〇・480kgから519kg

  • スワーヴリチャード
  • サトノアレス
  • ダッシングブレイズ
  • アエロリット
  • ペルシアンナイト
  • モズアスコット
  • リアルスティール
  • ブラックムーン
  • サングレーザー
  • ウインガニオン

×・459kg以下

  • リスグラシュー

調教後の馬体重

安田記念 2018 調教後の馬体重

JRAが発表した安田記念に出走する馬の調教後に計測した馬体重です。
二桁を超える大きな増減はサトノアレス(+10kg)、スワーヴリチャード(+10kg)、リスグラシュー(+18kg)、レッドファルクス(+16kg)、レーヌミノル(+16kg)となっています。

調教後の馬体重の時点で前走より馬体重を減らしている馬はキャンベルジュニア(-6kg)、ヒーズインラブ(-2kg)。
ここからレースまでに変動があると思いますので、当日の馬体重にもご注目ください。

前走のレース別データ

安田記念 2018 前走のレース別データ

(過去10年)

主な前哨戦とその他のレースで見比べたデータだが、ほとんど差のない結果となっている。
あまり前走のレース別でこだわる必要はなさそうだ。

“前年以降のJRAの牝馬限定を除くGⅠかGⅡ”において4着以内に入った経験の有無別データ

安田記念 2018 “前年以降のJRAの牝馬限定を除くGⅠかGⅡ”において4着以内に入った経験の有無別データ

(過去10年)

前年以降のJRAの牝馬限定を除くGⅠかGⅡにおいて4着以内に入った経験がない馬はほとんど馬券に絡んでいない。
近年に実績がないと厳しいデータとなっている。

×・上記の条件で4着以内に入っていない馬

  • ダッシングブレイズ
  • ヒーズインラブ
  • ブラックムーン
  • リスグラシュー
  • ウインガニオン

所属別データ

安田記念 2018 所属別データ

(過去10回)

関東馬がわずかにリードしているものの大きな差はなし。
さほど気にする必要はなさそうだ。
海外馬は苦戦傾向にある。

×・海外馬

  • ウエスタンエクスプレス

前走の人気別データ

安田記念 2018 前走の人気別データ

(過去10年)

前走の人気別でみてみるとやはり前走でも人気になっていた馬たちが活躍しているのが分かる。
1番人気から4番人気だった馬がかなり高い確率で馬券に絡んでいる。

〇・前走1番人気から4番人気だった馬

  • スワーヴリチャード
  • サトノアレス
  • アエロリット
  • レッドファルクス
  • モズアスコット
  • リアルスティール
  • ヒーズインラブ
  • リスグラシュー
  • サングレーザー

出走馬の東京芝コース相性データ

(複勝率5割以上)
東京芝コースで複勝率が5割を超えている相性のいい馬をピックアップした。
特に東京芝コースを得意としているのは4戦して2勝・2着2回とパーフェクト連対のスワーヴリチャード。
抜群のコース相性を見せている。

東京芝コースが初めてなのはウエスタンエクスプレスとサングレーザーの2頭となっている。

〇・コース相性

  • スワーヴリチャード
  • サトノアレス
  • アエロリット
  • キャンベルジュニア
  • レッドファルクス
  • モズアスコット
  • ヒーズインラブ
  • リスグラシュー

人気別データ

安田記念 2018 オッズデータ

(過去10年)
安田記念は過去10年、1番人気は【4-1-0-5】と勝率40%は悪くないものの、連対率は50%止まり。
ただ、ここ5年の1番人気は【3-1-0-1】と好成績。
昨年こそイスラボニータが8着も、以前より1番人気の安定感は増している。

一方で、2012年~2015年は2桁人気がよく好走している。
ここ2年も8番人気が連対するなど、人気薄の激走も多い。
うまく人気馬と穴馬を組み合わせて高配当を狙いたい。

追い切り・コメント

2018年・安田記念の追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後のコメントも書いております。

安田記念 2018 追い切り

【安田記念2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

安田記念 2018の追い切り・コメントの情報です。安田記念に出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

関連記事
今週の他のレースの追い切り記事はこちら。
【鳴尾記念2018】追い切り/各馬の状態を見極めろ

データから導かれる注目馬

上記のデータから安田記念で注目したい三頭はこちらだ。

・アエロリット(Aerolithe)

NHKマイルカップ 2017 アエロリット

アエロリット・4歳牝馬
10戦3勝 [3-4-0-3]
父:クロフネ
母:アステリックス
母父:ネオユニヴァース
馬名の由来:隕石(仏)
前走:ヴィクトリアマイル・4着(3番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

今年の安田記念で最初に取り上げたいのは「アエロリット」だ。
クロフネ産駒は東京マイルコースを得意としているのが心強い。
他にも枠順や血統、馬格、コース相性などでも好データを獲得している。

前走のヴィクトリアマイルではレース中に落鉄していた。
万全ならここでも十分にやれるはずだ。

・リアルスティール(Real Steel)

リアルスティール

リアルスティール・6歳牡馬
16戦4勝 [4-5-2-5]
父:ディープインパクト
母:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat
馬名の由来:アメリカのSFアクション映画名
前走:ドバイターフ・3着(1番人気)
(鞍上予定:岩田康誠)

ディープインパクト産駒の「リアルスティール」も楽しみな一頭。
東京マイルコースで抜群の強さを見せるディープ産駒は外せない。
リアルスティールは他にも枠順、年齢、馬格などでも名前が挙がった。

ドバイでG1タイトルを獲得しているものの日本ではG1に手が届いていない。
帰国初戦となるが、世界での経験を武器にタイトル獲得を狙う。

・スワーヴリチャード(Suave Richard)

大阪杯 2018 スワーヴリチャード

スワーヴリチャード・4歳牡馬
10戦5勝 [5-3-0-2]
父:ハーツクライ
母:ピラミマ
母父:Unbridled’s Song
馬名の由来:冠名+人名より
前走:大阪杯・1着(1番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

抜群のコース相性を見せる「スワーヴリチャード」も外せない。
東京コースでは重賞2勝、日本ダービーでも2着に入っている。
他にも血統、馬格、前走の人気などで加点を得た。

初のマイル戦がポイントとなりそうなスワーヴリチャード。
ペースに惑わされなければ得意な左回りで勝利が見えてくる。

危険な人気馬

上記のデータから厳しいデータが揃ってしまった人気馬を1頭ピックアップした。

・リスグラシュー(Lys Gracieux)

【アルテミスステークス 2016】動画・結果/リスグラシューが直線抜け出し重賞初制覇を飾る

リスグラシュー・4歳牝馬
13戦3勝 [3-5-3-2]
父:ハーツクライ
母:リリサイド
母父:American Post
馬名の由来:優美な百合(仏)。母名より連想
前走:ヴィクトリアマイル・2着(1番人気)
(鞍上予定:武豊)

前走ヴィクトリアマイルで2着に入った「リスグラシュー」に危険信号が灯った。
前年以降のJRAの牝馬限定を除くGⅠかGⅡで馬券に絡んだことがないというデータや馬体重の軽さが大きな減点材料となった。
1度しか掲示板を外していない堅実娘だが、強豪牡馬相手にどこまで勝負することができるだろうか。

過去5回の危険な人気馬の成績

  • 天皇賞春 アルバート 8着(6番人気)
  • NHKマイルカップ レッドヴェイロン 3着(9番人気)
  • ヴィクトリアマイル レッドアヴァンセ 3着(7番人気)
  • オークス カンタービレ 13着(7番人気)
  • 日本ダービー ステルヴィオ 8着(6番人気)
関連記事

シェアする

フォローする