【ヴィクトリアマイル2018】予想オッズ・出走予定馬/女たちの美しき戦い

ヴィクトリアマイル 2017 アドマイヤリード

ヴィクトリアマイル 2018の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。ヴィクトリアマイルの出走登録は18頭。出走予定馬にはリスグラシューやミスパンテールなどが名を連ねています。東京マイルを舞台に女たちの美しき戦いが繰り広げられる。

女たちの美しき戦い

2018年5月13日(日) | 2回東京8日 | 15:40 発走
第13回 ヴィクトリアマイル(GI)芝・左 1600m
Victoria Mile (G1)

過去の傾向

ヴィクトリアマイル」は芝1600mで行われる定量戦で、1着馬には1億500万円が贈られる。

配当的には1番人気は3勝・2着3回・3着0回と複勝率は6割。
2008年から2012年までの5年間は【2-2-0-1】と安定していたが、2013年から2017年と最近の5年間は【1-1-0-3】と成績は下降気味。
昨年もミッキークイーンが1.9倍と断然の支持を得ていたが7着に沈んでいる。

二桁人気の馬は10年間で88頭が出走して馬券圏内は1勝を含む7頭。
多くの二桁人気の穴馬が馬券に絡んでいる。
もっとも人気薄で優勝したのは2014年のヴィルシーナ。
11番人気(28.3倍)での激走だった。

三連単が10万円以上の高配当を出したのは10年で4度。
2015年には2000万馬券が飛び出し、競馬界を飛び出し大きなニュースとなった。

先週の注目レース

出走予定馬

2018年のヴィクトリアマイルに18頭が登録を済ませております。
フルゲートは18頭となっています。

優先出走馬
  • ミスパンテール(横山典弘)55.0kg
賞金上位馬
  • ソウルスターリング(C.ルメール)55.0kg
  • レッツゴードンキ(岩田康誠)55.0kg
  • リスグラシュー(武豊)55.0kg
  • アエロリット(戸崎圭太)55.0kg
  • アドマイヤリード(M.デムーロ)55.0kg
  • レーヌミノル(和田竜二)55.0kg
  • リエノテソーロ(吉田隼人)55.0kg
  • カワキタエンカ(大野拓弥)55.0kg
  • エテルナミノル(四位洋文)55.0kg
  • ラビットラン(川田将雅)55.0kg
  • レッドアヴァンセ(北村友一)55.0kg
  • デンコウアンジュ(蛯名正義)55.0kg
  • クインズミラーグロ(藤岡康太)55.0kg
  • デアレガーロ(池添謙一)55.0kg
  • メイズオブオナー(福永祐一)55.0kg
  • ジュールポレール(幸英明)55.0kg
  • ワントゥワン(藤岡佑介)55.0kg
関連記事
今週は他に京王杯スプリングカップが開催される。
【京王杯スプリングカップ2018】予想オッズ・出走予定馬/速さと持久力を兼ね備え

出走予定馬・ピックアップ

東京競馬場で行われる芝G1「ヴィクトリアマイル」。
今年は18頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・リスグラシュー(Lys Gracieux)

【アルテミスステークス 2016】動画・結果/リスグラシューが直線抜け出し重賞初制覇を飾る

リスグラシュー・4歳牝馬
12戦3勝 [3-4-3-2]
父:ハーツクライ
母:リリサイド
母父:American Post
馬名の由来:優美な百合(仏)。母名より連想
前走:阪神牝馬ステークス・3着(1番人気)
(鞍上予定:武豊)

悲願のG1タイトル獲得に近づきつつあるのは「リスグラシュー」。
3歳クラシック路線では2着、5着、2着とあと一歩のところで手が届かず涙をのんだ。

4歳春はヴィクトリアマイルを目標にマイル戦に絞ってレースを使ってきた。
初戦となった東京新聞杯では牡馬相手だったが余裕をもって抜け出す内容で完勝。
前走の阪神牝馬ステークスではスローペースに泣いて3着だったものの、無理をしないトライアルらしい競馬で悲観する内容ではなかった。

1週前の追い切りでは坂路で800mを49.9-12.4と抜群の動きを披露。文句なしの内容だ。

機は熟した。
2戦2勝と得意の東京マイルの舞台で優美な走りを見せてほしい。

関連記事
・アエロリット(Aerolithe)

NHKマイルカップ 2017 アエロリット

アエロリット・4歳牝馬
9戦3勝 [3-4-0-2]
父:クロフネ
母:アステリックス
母父:ネオユニヴァース
馬名の由来:隕石(仏)
前走:中山記念・2着(5番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

東京マイルコースで2つ目のG1タイトルを狙う「アエロリット」。
昨年はNHKマイルカップを制し3歳マイル女王に輝いた。
その後もクイーンカップを制し、前走の中山記念でペルシアンナイトやヴィブロスに先着するなど成長著しい。

今回はこれまですべてのレースで手綱を取ってきた横山典弘騎手がミスパンテールに騎乗するため戸崎騎手と初コンビを組む。
1週前の追い切りで戸崎騎手はアエロリットと初コンタクトを取って、馬の気配はつかんでいる。

左回りに不安はなく、大事に使われておりまだまだ伸びしろを感じさせる。
牝馬同士なら負けられない。

関連記事
・ミスパンテール(Miss Panthere)

京都牝馬ステークス 2018 ミスパンテール

ミスパンテール・4歳牝馬
9戦5勝 [5-1-0-3]
父:ダイワメジャー
母:エールドクラージュ
母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:女性+豹(仏)。女豹
前走:阪神牝馬ステークス・1着(4番人気)
(鞍上予定:横山典弘)

目下4連勝中と勢いに乗るのは「ミスパンテール」。
昨年10月の清水ステークス(1600万下)を勝利し、そこから重賞を3連勝。
逃げてよし、差してよしと変幻自在の脚質も魅力の一つだ。
レースでテンションが高くなってしまうところがあるが、重賞3連勝に導いた横山騎手が引き続き手綱を取るのは頼もしい。

1週前の追い切りでもCWコースでいっぱいに追われて、6F・80.7-12.0の好時計をマーク。
状態に不安はない。

今回はどんなプランでレースに挑むのか。
ゲートが開いた後を楽しみにしたい。

関連記事
・アドマイヤリード(Admire Lead)

ヴィクトリアマイル 2017 アドマイヤリード

アドマイヤリード・5歳牝馬
18戦5勝 [5-3-1-9]
父:ステイゴールド
母:ベルアリュールII
母父:Numerous
馬名の由来:冠名+先頭
前走:阪神牝馬ステークス・4着(3番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

4歳馬の勢いに目が奪われがちだが、昨年のヒロイン「アドマイヤリード」も忘れてはいけない。
昨年は6番人気で栄冠を手にした。
ヴィクトリアマイル後は勝利から遠ざかっているものの最後の決め手は鈍っていない。
前走も他馬より2kg重い斤量で0.1秒差なら全然悪くない。

リピーターがよく来ることで知られるヴィクトリアマイル。
昨年のように今年も先頭でゴール板を駆け抜ける。

関連記事
・ソウルスターリング(Soul Stirring)

オークス 2017 ソウルスターリング

ソウルスターリング・4歳牝馬
10戦5勝 [5-0-1-4]
父:Frankel
母:スタセリタ
母父:Monsun
馬名の由来:魂を揺すぶる様な。そんな走りに期待して
前走:阪神牝馬ステークス・10着(2番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

最優秀2歳、3歳牝馬のタイトルを手にしている「ソウルスターリング」の状態が気がかり。
昨年の秋は歴戦の牡馬相手に跳ね返されたのは致し方ないものの、前走の10着はいただけない。
スローペースで行きたがるところを見せたため無理に抑え込まず3コーナー付近で3番手に行ったが、直線では脚が残っておらずジョッキーのアクションに反応することができなかった。

今回は叩き2走目。
前走がうまくガス抜きになっていれば、本来の走りを取り戻せるはず。
G1を制した府中の舞台で再びファンの魂を揺さぶってほしい。

関連記事
・カワキタエンカ(Kawakita Enka)

君子蘭賞 2017 カワキタエンカ

カワキタエンカ・4歳牝馬
11戦3勝 [3-3-1-4]
父:ディープインパクト
母:カワキタラブポップ
母父:クロフネ
馬名の由来:冠名+演歌
前走:福島牝馬ステークス・2着(1番人気)
(鞍上予定:大野拓弥)

ペースをつかめればしぶとい「カワキタエンカ」。
前走の福島牝馬ステークスでは早めに捕まりそうになりながらも2着に粘りこんで見せた。

多少ローテーションが詰まっており疲労面が心配で、マイル実績も乏しく何かと課題が多い。

どれだけ楽にハナに立てるかがポイントとなりそう。

関連記事
・レッツゴードンキ(Let’s Go Donki)

京都牝馬ステークス 2017 レッツゴードンキ

レッツゴードンキ・6歳牝馬
26戦3勝 [3-7-5-11]
父:キングカメハメハ
母:マルトク
母父:マーベラスサンデー
馬名の由来:さあ進もう「ドンキホーテ」のように
前走:高松宮記念・2着(3番人気)
(鞍上予定:岩田康誠)

3年連続のヴィクトリアマイル参戦となる「レッツゴードンキ」。
過去の2度は10着、11着と大敗している。
どちらも折り合いに苦労してまともに走れなかった。

近走はスプリント路線での活躍が目立っており、どれだけマイルに適応できるかがポイントとなりそうだ。

繊細な気性の持ち主。
レースまでテンションを上げずにコントロールできるか。

関連記事

他には昨年の桜花賞馬「レーヌミノル」や阪神牝馬ステークスで2着に入り波乱を演出した「レッドアヴァンセ」、昨年のヴィクトリアマイル2着のリベンジに燃える「デンコウアンジュ」なども出走予定馬に名を連ねています。

ヴィクトリアマイルは2018年5月13日(日)の15時40分発走予定です。

予想オッズ

2018年・ヴィクトリアマイルの予想オッズです。
カッコ内はオッズとなっています。

  1. リスグラシュー(3.0)
  2. アエロリット(4.0)
  3. ミスパンテール(5.0)
  4. アドマイヤリード(6.5)
  5. ソウルスターリング(8.0)
  6. レッツゴードンキ(12.0)
  7. レッドアヴァンセ(19.0)
  8. カワキタエンカ(22.0)
  9. デンコウアンジュ(31.0)
  10. レーヌミノル(40.0)
  11. ラビットラン(45.0)
  12. ジュールポレール(☆)
  13. デアレガーロ(☆)
  14. ワントゥワン(☆)
  15. メイズオブオナー(☆)
  16. リエノテソーロ(☆)
  17. エテルナミノル(☆)
  18. クインズミラーグロ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

10年間の人気別データ

ヴィクトリアマイル 2018 オッズデータ

日程・賞金

【ヴィクトリアマイル 2016】動画・結果/ストレイトガールが驚愕タイムで連覇達成

日程・発走予定時刻
2018年5月13日(日)15時40分発走予定

場所・距離
東京競馬場・芝・1600m


G1

1着賞金
1億500万円

プレイバック

2017年5月14日(日)ヴィクトリアマイル(GI)

1着:アドマイヤリード
2着:デンコウアンジュ(1-1/4馬身)
3着:ジュールポレール(クビ)
4着:スマートレイアー(アタマ)
5着:ソルヴェイグ(クビ)

勝ちタイム:1.33.9
勝利騎手:C.ルメール
馬場:稍重

2017年・ヴィクトリアマイル

ヴィクトリアマイル 2017 アドマイヤリード

【ヴィクトリアマイル 2017】動画・結果/アドマイヤリードが差し切りG1初制覇

ヴィクトリアマイル 2017の動画・結果です。ヴィクトリアマイルの結果は1着:アドマイヤリード、2着:デンコウアンジュ、3着:ジュールポレール。「アドマイヤリード」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

2017年のヴィクトリアマイルは17頭での争いとなった。
前評判では前年のヴィクトリアマイルで2着に入っていて、前走の阪神牝馬ステークスを勝ったミッキークイーンが1番人気に支持された。

レースは、中団で進めた6番人気アドマイヤリードが、直線で横に広がった馬群の間を割って抜け出し、外から脚を伸ばした11番人気デンコウアンジュに1-1/4馬身差をつけ優勝。さらにクビ差の3着に7番人気ジュールポレールが入った。

勝ったアドマイヤリードは前哨戦の阪神牝馬ステークスでは2着だったが、この大舞台で見事勝利を掴み、初の重賞&GI制覇を果たした。

レース後のコメント
1着 アドマイヤリード(C.ルメール騎手)
「自信はありました。この馬場も上手です。スタートでいい位置が取れてペースも速くなかったです。速い脚が短い馬なので、直線まで我慢していました。前走と近い馬場状態でしたし、小さな馬なので、こういうコンディションはいい走りをします。馬場の外のいいところを走れました。嬉しいです」

関連記事

シェアする

フォローする