【ヴィクトリアマイル2018】データ・枠順/驚くほどデータは正直

京都牝馬ステークス 2018 ミスパンテール

ヴィクトリアマイル 2018のデータ・枠順の情報です。2018年・ヴィクトリアマイルのデータは枠順別や脚質別、種牡馬別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報からヴィクトリアマイルでの激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

驚くほどデータは正直

2018年5月13日(日) | 2回東京8日 | 15:40 発走
第13回 ヴィクトリアマイル(GI)芝・左 1600m
Victoria Mile (G1)

枠順

ヴィクトリアマイル 2018 枠順

ヴィクトリアマイル」の枠順が発表されました。
前哨戦の阪神牝馬ステークスを制したミスパンテールは1枠2番、騎乗停止明けとなる武豊騎手が騎乗するリスグラシューは8枠16番、前年のヴィクトリアマイル覇者のアドマイヤリードは6枠11番、戸崎騎手と初コンビを組むG1馬アエロリットは5枠10番に入った。

出走予定馬・予想オッズ

2018年・ヴィクトリアマイルの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

ヴィクトリアマイル 2017 アドマイヤリード

【ヴィクトリアマイル2018】予想オッズ・出走予定馬/女たちの美しき戦い

ヴィクトリアマイル 2018の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。ヴィクトリアマイルの出走登録は18頭。出走予定馬にはリスグラシューやミスパンテールなどが名を連ねています。東京マイルを舞台に女たちの美しき戦いが繰り広げられる。

データ

2018年・ヴィクトリアマイルのデータです。
黄色はいいデータ赤色は悪いデータに該当する馬名となっております。

関連記事
今週は他に京王杯スプリングカップが開催される。
【京王杯スプリングカップ2018】予想オッズ・出走予定馬/速さと持久力を兼ね備え

枠順別データ

ヴィクトリアマイル 2018 枠順別データ

(過去20年)

データから複勝率の良さでみると内枠の馬の成績がいい。
1枠と2枠が複勝率が2割を超えており、1枠に至っては3割越えとかなりの好成績。
押さえておきたい。

成績が良くないのは「4枠」。
勝ち馬が出ておらず、複勝率も唯一1割を切る。
割り引いて考えていきたい。

〇・1枠、2枠

  • レッツゴードンキ
  • ミスパンテール
  • ラビットラン
  • ジュールポレール

×・4枠

  • カワキタエンカ
  • クインズミラーグロ

脚質別データ

ヴィクトリアマイル 2018 脚質別データ

(過去20年)
直線が長い東京コースだがイメージより前の馬が残る印象。
軸馬には、最低でも中団より前のポジションが取れる馬を選ぶようにしたい。

種牡馬別データ

ヴィクトリアマイル 2018 種牡馬別データ

(東京競馬場の芝1600mで行われた過去5年)

東京芝1600mを特に得意としている種牡馬は「ディープインパクト」。
勝率から複勝率まで傑出した成績を残している。
先週のNHKマイルカップでもディープインパクト産駒がワンツーフィニッシュを決めている。
今年は産駒を大挙4頭送り込んでおり、しっかりチェックしておきたい。

他には複勝率や複勝回収率が高い「ダイワメジャー」や回収率の高い「ステイゴールド」や「クロフネ」、「メイショウサムソン」までチェックしておきたい。

〇・種牡馬別での好データ馬

  • ジュールポレール(ディープインパクト)
  • レッドアヴァンセ(ディープインパクト)
  • カワキタエンカ(ディープインパクト)
  • ワントゥワン(ディープインパクト)
  • ミスパンテール(ダイワメジャー)
  • レーヌミノル(ダイワメジャー)
  • アドマイヤリード(ステイゴールド)
  • アエロリット(クロフネ)
  • デンコウアンジュ(メイショウサムソン)

年齢別データ

ヴィクトリアマイル 2018 年齢別データ

(過去10年)

ヴィクトリアマイルでは4歳馬の活躍が目立っている。
出走頭数も多いがそれでも複勝率はトップ。
10年間で馬券になった30頭中半数以上の16頭が4歳馬だった。
そこまで大きな差ではないものの押さえておきたいデータだ。

〇・4歳馬

  • ミスパンテール
  • ラビットラン
  • レーヌミノル
  • カワキタエンカ
  • ソウルスターリング
  • アエロリット
  • リエノテソーロ
  • デアレガーロ
  • リスグラシュー
  • メイズオブオナー

馬体重別データ

ヴィクトリアマイル 2018 馬体重別データ

(過去10年)

馬体重別でみると480kgを超える馬格がある馬たちの複勝率が高い。
軽量馬よりは大型馬の方が成績がいいことを頭に入れておこう。

※下に馬名が上がっているのは前走の馬体重の数字で掲載しています。当日の馬体重を見極めてください。

〇・480kg以上

  • レッツゴードンキ
  • ミスパンテール
  • レーヌミノル
  • アエロリット

調教後の馬体重

ヴィクトリアマイル 2018 調教後の馬体重

JRAが発表したヴィクトリアマイルに出走する馬の調教後に計測した馬体重です。
二桁を超える大きな増減はアエロリット(+10kg)、エテルナミノル(+10kg)、カワキタエンカ(+18kg)、ソウルスターリング(+12kg)、デンコウアンジュ(+18kg)、ミスパンテール(+10kg)、リエノテソーロ(+16kg)、リスグラシュー(+14kg)、レッツゴードンキ(+14kg)、レッドアヴァンセ(+16kg)、レーヌミノル(+10kg)となっています。

調教後の馬体重の時点で前走より馬体重を減らしているのはワントゥワン(-2kg)。
ここからレースまでに変動があると思いますので、当日の馬体重にもご注目ください。

前走の着順別データ

ヴィクトリアマイル 2018 前走の着順別データ

(過去6年)

ここまで前走の着順が本番に直結しないレースもないだろう。
前走で1着をとってきた馬たちがヴィクトリアマイルではことごとく馬券外に飛んでいる。
前哨戦で敗れてもいい形で本番を迎えた馬たちを狙っていきたい。

×・前走1着

  • ミスパンテール
  • メイズオブオナー

所属別データ

ヴィクトリアマイル 2018 所属別データ

(過去10回)

東京で行われるレースだが、関西馬が強い。
ここ2年は関西馬が1着から3着まで独占している。
今年もこの勢いは続くのか。

〇・関西馬

  • レッツゴードンキ
  • ミスパンテール
  • ラビットラン
  • ジュールポレール
  • レーヌミノル
  • レッドアヴァンセ
  • カワキタエンカ
  • クインズミラーグロ
  • アドマイヤリード
  • エテルナミノル
  • ワントゥワン
  • リスグラシュー
  • デンコウアンジュ
  • メイズオブオナー

前走の条件別データ

表1

ヴィクトリアマイル 2018 前走の条件別データ

表2

ヴィクトリアマイル 2018 前走の条件別データ2

表3

ヴィクトリアマイル 2018 前走の条件別データ3

(過去10年)

JRAのサイトに紹介したいデータがあった。
前走のレースから条件別に馬を選別し、そこからさらにデータで好走馬を絞ったものだ。

まず表1は前走の条件別データ。
ここでは前走で国内外のGⅠかGⅡを使ってきた馬たちがヴィクトリアマイルで好走しているのが分かる。

次に表2では表1の「前走が“国内のGⅠかGⅡ”」だった馬の、前走レースでの単勝人気別で成績を分けたデータ。
これで見ると前走のレースである程度上位人気になっていた馬しか馬券になっていないことが分かる。
前走で人気薄だった馬はバッサリ切ってもよさそうだ。

さらに掘り下げるデータが表3だ。
表1の「その他のレース」に当てはまる馬たちを細分化したデータとなる。
このデータからは前走が「国内外のGⅠかGⅡ以外のレース」だった馬の中でも、そのレースで5着以内に入っていないとヴィクトリアマイルでは勝負にならないというのが分かる。
さすがにG3以下のレースで大敗している馬の巻き返しは厳しいようだ。

〇・上記データで好走馬に当てはまる馬

  • レッツゴードンキ
  • ミスパンテール
  • ラビットラン
  • ジュールポレール
  • カワキタエンカ
  • ソウルスターリング
  • アエロリット
  • アドマイヤリード
  • デアレガーロ
  • リスグラシュー
  • デンコウアンジュ
  • メイズオブオナー

出走馬の東京芝コース相性データ

(複勝率5割以上)
東京芝コースで複勝率が5割を超えている相性のいい馬をピックアップした。
特に東京芝コースを得意としているのは3戦2勝・2着1回のアエロリット。
東京マイル戦のNHKマイルカップを制すなどこの舞台は合っている。

東京芝コースが初めてなのはラビットランとカワキタエンカ、メイズオブオナーの3頭となっている。

〇・コース相性

  • ジュールポレール
  • レッドアヴァンセ
  • アエロリット
  • アドマイヤリード
  • エテルナミノル
  • ワントゥワン
  • リエノテソーロ
  • リスグラシュー

人気別データ

ヴィクトリアマイル 2018 オッズデータ

(過去10年)
ヴィクトリアマイルは過去10年、1番人気は【3-3-0-4】とまずまずの成績となっている。
しかし2~10番人気の馬たちは最高でも5番人気、7番人気の連対率20%と、好走馬は分散傾向。
11番人気が【1-2-1-6】、12番人気が【0-2-0-8】と11~12番人気で計5連対を果たしており、下位人気に注意を払いたい。

追い切り・コメント

2018年・ヴィクトリアマイルの追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後のコメントも書いております。

ヴィクトリアマイル 2018 追い切り

【ヴィクトリアマイル2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

ヴィクトリアマイル 2018の追い切り・コメントの情報です。ヴィクトリアマイルに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

関連記事
今週の他のレースの追い切り記事はこちら。
【京王杯スプリングカップ2018】追い切り/各馬の状態を見極めろ

データから導かれる注目馬

上記のデータからヴィクトリアマイルで注目したい三頭はこちらだ。

・ミスパンテール(Miss Panthere)

阪神牝馬ステークス 2018 ミスパンテール

ミスパンテール・4歳牝馬
9戦5勝 [5-1-0-3]
父:ダイワメジャー
母:エールドクラージュ
母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:女性+豹(仏)。女豹
前走:阪神牝馬ステークス・1着(4番人気)
(鞍上予定:横山典弘)

最初に取り上げたいのは「ミスパンテール」。
絶好枠の1枠を引き当てたのは大きい。。
他にも種牡馬や馬体重、年齢などあらゆるデータでミスパンテールの馬名が挙がった。

現在4連勝中と勢い抜群。
5連勝で初G1制覇なるか。

・アエロリット(Aerolithe)

NHKマイルカップ 2017 アエロリット

アエロリット・4歳牝馬
9戦3勝 [3-4-0-2]
父:クロフネ
母:アステリックス
母父:ネオユニヴァース
馬名の由来:隕石(仏)
前走:中山記念・2着(5番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

東京マイルコースとの相性がいい「アエロリット」にも注目したい。
昨年のNHKマイルカップで優勝し、クイーンカップでも2着に入るなど東京コースを得意としている。
他にも種牡馬や年齢、馬格などでも好データに当てはまった。

前走の中山記念でも2着に入るように牡馬とも互角に渡り合っている。
牝馬同士の一戦なら負けられない。

・ジュールポレール(Jour Polaire)

うずしおステークス 2017 ジュールポレール

ジュールポレール・5歳牝馬
13戦5勝 [5-2-2-4]
父:ディープインパクト
母:サマーナイトシティ
母父:エリシオ
馬名の由来:白夜(仏)
前走:阪神牝馬ステークス・5着(5番人気)
(鞍上予定:幸英明)

少し穴っぽいところから「ジュールポレール」をピックアップしたい。
ディープインパクト産駒はこのコースを得意としていて、ヴィクトリアマイルでも多くのディープ産駒が馬券に絡んでいる。
他にも枠順、前走の着順、所属、コース相性などでもジュールポレールの好走を後押しする。

昨年のヴィクトリアマイルでは7番人気で3着だった。
それ以上の着順を目指す。

危険な人気馬

上記のデータから厳しいデータが揃ってしまった人気馬を1頭ピックアップした。

・レッドアヴァンセ(Red Avancer)

レッドアヴァンセ

レッドアヴァンセ・5歳牝馬
17戦4勝 [4-5-0-8]
父:ディープインパクト
母:エリモピクシー
母父:ダンシングブレーヴ
馬名の由来:冠名+前進する(仏)。華やかな舞台を歩み続けるよう
前走:阪神牝馬ステークス・2着(11番人気)
(鞍上予定:北村友一)

前走の阪神牝馬ステークスで2着に激走した「レッドアヴァンセ」に危険信号が灯った。
前走の条件別データによると前走が“国内のGⅠかGⅡ”だった馬の、そのレースでの単勝人気が7番人気以下だった場合はまったくヴィクトリアマイルで馬券に絡めていない。
レッドアヴァンセは前走国内のGⅡ戦で11番人気だったため、この悪いデータに当てはまってしまう。
血統やコース相性などは悪くないので、この嫌なデータを吹き飛ばす走りを再び見せてくれるか。

過去5回の危険な人気馬の成績

  • 桜花賞 レッドレグナント 15着(7番人気)
  • 皐月賞 タイムフライヤー 10着(6番人気)
  • マイラーズカップ ヤングマンパワー 12着(5番人気)
  • 天皇賞春 アルバート 8着(6番人気)
  • NHKマイルカップ レッドヴェイロン 3着(9番人気)
関連記事