にほんブログ村 競馬ブログへ

サトノダイヤモンド

「天皇賞春 2017」の予想オッズ・追い切りタイムの情報です。天皇賞春の予想オッズ・1番人気はサトノダイヤモンド。続く人気はキタサンブラック、シュヴァルグランと予想しています。二強に注目が集まるが、他にも強い馬が!

2017年4月30日(日) | 3回京都4日 | 15:40 発走
第155回 天皇賞春(GI)芝・右・外 3200m
Tenno Sho (SPRING) (G1)

関連記事

2017年・天皇賞春の出走予定馬・想定騎手に関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

【天皇賞春 2016】動画・結果/キタサンブラックが差し返しゴール前の大接戦を制する

【天皇賞春 2017】出走予定馬・想定騎手/二強の意地がぶつかり合う

「天皇賞春 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。天皇賞春の出走登録は19頭。キタサンブラックやサトノダイヤモンドなどが出走予定です。豪華な長距離王決定戦を見逃すな!

予想オッズ

天皇賞春の予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. サトノダイヤモンド(2.0)
  2. キタサンブラック(2.5)
  3. シュヴァルグラン(8.0)
  4. シャケトラ(9.0)
  5. レインボーライン(15.0)
  6. ゴールドアクター(18.0)
  7. アルバート(20.0)
  8. ディーマジェスティ(40.0)
  9. トーセンバジル(☆)
  10. アドマイヤデウス(☆)
  11. ヤマカツライデン(☆)
  12. タマモベストプレイ(☆)
  13. ラブラドライト(☆)
  14. ワンアンドオンリー(☆)
  15. スピリッツミノル(☆)
  16. ファタモルガーナ(☆)
  17. プロレタリアト(☆)

☆印は50倍以上と予想

長距離最強馬決定戦・天皇賞春。
今年の出走馬の中で1番人気はサトノダイヤモンド。勢いのある4歳馬がこのレースでも輝きを見せる。
2番人気は昨年の覇者キタサンブラック、3番人気予想は長距離戦を得意とするシュヴァルグランと予想します。

予想1番人気:サトノダイヤモンド

サトノダイヤモンド・4歳牡馬
9戦7勝 [7-1-1-0]
父:ディープインパクト
母:マルペンサ
母父:Orpen
馬名の由来:冠名+宝石名。流星の形から連想
前走:阪神大賞典・1着(1番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

近5年の1番人気の成績

  • 2012年:オルフェーヴル(1.3倍・11着)
  • 2013年:ゴールドシップ(1.3倍・5着)
  • 2014年:キズナ(1.7倍・4着)
  • 2015年:キズナ(3.3倍・7着)
  • 2016年:ゴールドアクター(3.8倍・12着)

10年間の成績【0-0-1-9】

1番人気がおもしろいほど馬券に絡まない。10年間で馬券に絡んだのは2008年のアサクサキングス(3着)一頭のみと信じられないような成績となっている。最後に勝利したのも産駒が大活躍しているディープインパクト(2006年)まで遡る。
今年は二強のどちらが一番人気なのか分かりづらいが、どちらも馬券外に沈むとは考えづらいのだが…。

予想2番人気:キタサンブラック

キタサンブラック・5歳牡馬
15戦9勝 [9-2-3-1]
父:ブラックタイド
母:シュガーハート
母父:サクラバクシンオー
馬名の由来:冠名+父名の一部
前走:大阪杯・1着(1番人気)
(鞍上予定:武豊)

近5年の2番人気の成績

  • 2012年:ウインバリアシオン(9.8倍・3着)
  • 2013年:フェノーメノ(6.2倍・1着)
  • 2014年:ゴールドシップ(4.3倍・7着)
  • 2015年:ゴールドシップ(4.6倍・1着)
  • 2016年:キタサンブラック(4.5倍・1着)

10年間の成績【5-1-1-3】

2番人気はトップの五勝しており、複勝率も七割とすばらしい成績を残しており、こちらはとても信頼できる数字になっている。ここ2年もゴールドシップ、キタサンブラックが2番人気で勝利している。今年もここを馬券の軸に検討していきたいところだ。

・予想3番人気:シュヴァルグラン

シュヴァルグラン

シュヴァルグラン・5歳牡馬
18戦6勝 [6-4-4-4]
父:ハーツクライ
母:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
馬名の由来:偉大な馬(仏)
前走:阪神大賞典・2着(2番人気)
(鞍上予定:福永祐一)

近5年の3番人気の成績

  • 2012年:トーセンジョーダン(10.2倍・2着)
  • 2013年:トーセンラー(13.6倍・2着)
  • 2014年:ウインバリアシオン(6.5倍・2着)
  • 2015年:アドマイヤデウス(5.4倍・15着)
  • 2016年:シュヴァルグラン(6.4倍・3着)

10年間の成績【1-4-1-4】

3番人気も一勝ながら、複勝率は六割で数多くの馬が馬券に絡んでいる。ここ6年でも【0-4-1-1】と安定感抜群。馬券から外すのは勇気がいる。

10年間の人気別データ

天皇賞春

1番人気の成績こそよくないが、他の上位人気馬がカバーするように好走している。
ただ、二桁人気の激走もたびたび見られるため、上位人気の馬にうまく絡めて馬券的中を狙いたい。

天皇賞春・オッズデータ

・10年間、1番人気薄で勝った馬
2012年・ビートブラック
(単勝15,960円:14番人気)
ダイヤモンドS(東京・芝3400m)・6着⇒阪神大賞典(阪神・芝3000m)・10着からの参戦

・10年間、3着以内に来た馬の中で人気順で1番人気薄だった馬
2012年・ビートブラック
(単勝15,960円:14番人気・1着)

・10年間、最低配当だった3連単
2008年(良馬場)・13,500円(14番人気)
1着:アドマイヤジュピタ(3番人気 5.8倍)
2着:メイショウサムソン(2番人気 4.8倍)
3着:アサクサキングス(1番人気 3.6倍)

・10年間、最高配当だった3連単
2012年(良馬場)・1,452,520円(1023番人気)
1着:ビートブラック(14番人気 159.6倍)
2着:トーセンジョーダン(3番人気 10.2倍)
3着:ウインバリアシオン(2番人気 9.8倍)

上位人気だった1番人気のオルフェーヴルは11着、4番人気のギュスターヴクライは5着だった。

スポンサーリンク

追い切りタイム

天皇賞春に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイムです。

・アドマイヤデウス

最終追い切り
4月26日・栗東・坂路・良

800m 52.6
600m 38.5
400m 25.7
200m 13.1

梅田調教師
「先週、コースでしっかりやっているので、今週はこれで十分。いい状態で出走できる」

・アルバート

最終追い切り
4月26日・美浦・南W・良

5F 69.4
4F 53.7
3F 39.4
1F 13.3

森助手
「先週にしっかり負荷をかけたのでサラッと。輸送(金曜)があるので追い切りは今日行いました」

・キタサンブラック

最終追い切り
4月26日・栗東・CW・良

7F 98.9
6F 82.0
5F 66.4
4F 52.1
3F 39.1
1F 12.1

黒岩騎手
「道中はフワフワしていたけど、長丁場を走るにはこれくらいの雰囲気のほうがいいですね。落ち着いているのもいい」

・ゴールドアクター

最終追い切り
4月26日・美浦・南W・良

5F 67.2
4F 51.6
3F 38.2
1F 12.6

中川調教師
「前2週は横山典騎手を乗せてしっかりやり、ジョッキーも“できている”ということで、今日は馬なり。前走後に体が締まって、皮膚が薄くなったことを考えると、前走はベースの部分で乗り込みが足りなかったかも」

・サトノダイヤモンド

最終追い切り
4月26日・栗東・CW・良

4F 53.2
3F 39.0
1F 12.0

ルメール騎手
「池江厩舎の皆さんが仕上げてくださってトップコンディションになりました」

・シャケトラ

最終追い切り
4月26日・栗東・CW・良

6F 83.3
5F 66.7
4F 51.3
3F 37.1
1F 11.4

辻野助手
「最後は反応を確かめる程度。前走の疲れも見せないし、痛いところもない。何も不安なく調整できているのが一番です」

・シュヴァルグラン

最終追い切り
4月26日・栗東・坂路・良

800m 53.5
600m 39.0
400m 25.7
200m 13.1

友道調教師
「これまで調教は動かないタイプだったが、見た目もシャープになり時計が出るようになってきた。今朝の動きも良かった。最近は切れ味も出せるようになってきたね」

・スピリッツミノル

最終追い切り
4月26日・栗東・CW・良

6F 85.1
5F 67.7
4F 52.2
3F 38.2
1F 12.1

本田調教師
「稽古で動かない馬にしては悪くない走りだった。具合はいいので、気持ち良く走ってくれれば」

・タマモベストプレイ

最終追い切り
4月26日・栗東・CW・良

6F 85.0
5F 69.0
4F 53.6
3F 39.2
1F 11.9

南井助手
「遊ぶところがあって最後は追ったけど、今朝はそんなにやるつもりはなかった。先週ビッシリやっているので。今年は年明けから、ずっといい感じ」

・ディーマジェスティ

最終追い切り
4月26日・美浦・南W・良

5F 65.8
4F 50.7
3F 37.1
1F 12.4

蛯名騎手
「イライラ感がなくなってきた感じ。落ち着いてリラックスしながら走っていた」

・ファタモルガーナ

最終追い切り
4月26日・栗東・CW・良

6F 82.0
5F 66.4
4F 52.1
3F 38.9
1F 12.4

佐藤助手
「せっかくCWで長めからやるんだから、どんな手応えでも最後は追ってこようと思っていた。調子がいいから、これだけやれる。終わった後もケロッとしていた」

・プロレタリアト

最終追い切り
4月26日・美浦・南W・良

5F 69.2
4F 52.4
3F 38.6
1F 12.7

杉原騎手
「前向きで動きもしっかりしていた。馬が出来上がっている感じ。京都の下り坂はスムーズに加速できるし、持ち味が生きるコースだと思うんですけどね」

・ヤマカツライデン

最終追い切り
4月26日・栗東・CW・良

6F 81.0
5F 65.3
4F 51.2
3F 37.5
1F 11.6

松山騎手
「いい反応でした。状態は良さそう」と報告。池添兼師は「今朝はオーバーワークにならないように。具合はいい。自分の競馬をするだけ」

・ラブラドライト

最終追い切り
4月26日・栗東・CW・良

6F 86.9
5F 70.3
4F 54.2
3F 40.3
1F 12.3

斉藤崇調教師
「稽古は動かないタイプだけど、思っていた通りにやれました。おそらく体は10キロくらい増えています。いい状態」

・レインボーライン

最終追い切り
4月26日・栗東・坂路・良

800m 56.6
600m 41.3
400m 26.2
200m 12.8

浅見助手
「今年初戦の日経賞は少し力んで走っていた感じ。1回使った上積みはあるし、レース当日に落ち着きがあればいい。京都は(菊花賞2着など)結果を残している舞台でもあるから。意外性?そうそう。そこにも期待」

・ワンアンドオンリー

最終追い切り
4月26日・栗東・CW・良

6F 81.0
5F 65.0
4F 50.7
3F 37.3
1F 12.1

和田騎手
「今朝は無理せず余裕残しで、ちょうどいい。こちらが求めるものにだいぶ応えてくれている。うまく3200メートルを走り切れたら」

人気競馬Youtuberの動画・天皇賞春編

・キタサンブラック・清水久詞調教師 サトノダイヤモンドへの雪辱に燃える

・サトノダイヤモンド・池江泰寿調教師 ダイヤを磨いていざ春の天皇賞へ

・【2017天皇賞・春】有力馬8頭を一挙解説!〇〇が2強に待った!?

日程・賞金

第155回 天皇賞春(Tenno Sho (SPRING))
2017年4月30日(日)京都競馬場
格:G1 1着本賞金:15,000万円
年齢:4歳以上 距離:3,200m(芝・右)

関連記事

・今週は他にダービートライアル・青葉賞が行われる。

青葉賞

【青葉賞 2017】出走予定馬・想定騎手/晴れ舞台への切符を求め

「青葉賞 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。青葉賞の出走登録は15頭。マイネルスフェーンやアドミラブルなどが出走予定です。ダービー行きの二枚の切符は誰の手に!