にほんブログ村 競馬ブログへ

【ラジオNIKKEI賞 2016】動画・結果/ゼーヴィントが馬場の真ん中から差し切る

「七夕賞 2017」のデータ・追い切り・コメントの情報です。七夕賞のデータは枠順別や脚質別、種牡馬別成績のものなどを掲載。さまざまな情報から激走馬を導き出す!

データから浮上した注目の三頭は

2017年7月9日(日) | 2回福島4日 | 15:45 発走
第53回 七夕賞(GIII)芝・右 2000m
Tanabata Sho (G3)

出走予定馬・想定騎手

2017年・七夕賞の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

【七夕賞 2016】動画・結果/アルバートドックが差し切り重賞2勝目を挙げる

【七夕賞 2017】出走予定馬・予想オッズ/夏の福島の名物レース

「七夕賞 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。七夕賞の出走登録は14頭。マルターズアポジーやゼーヴィントなどが出走予定です。福島の名物レースで願いを叶える馬は?

枠順

七夕賞 2017 枠順

七夕賞の枠順が発表されました。
人気が予想されるゼーヴィントは6枠8番、トップハンデの57.5kgを背負うマルターズアポジーは7枠9番、福島コース2戦2勝のタツゴウゲキは6枠7番に入った。

七夕賞の気になるデータ

2017年・七夕賞のデータです。
青字はいいデータ、赤字は悪いデータに該当する馬名となっております。

枠順別データ

七夕賞 2017 枠順別データ

(過去10回)

好成績を収めているのは「4枠」と「5枠」。中でも4枠は複勝率4割と素晴らしい成績を収めている。その中には2015年のマデイラ(3着・213.4倍)や2010年のドモナラズ(1着・19.8倍)といった穴馬も含まれている。

成績が悪いのは大外の「8枠」。21頭が8枠から挑戦し、2011年に優勝したイタリアンレッドしか馬券に絡めていない。昨年の1番人気シャイニープリンスも8枠で9着に沈んだ。

〇・4枠&5枠

  • フェイマスエンド
  • バーディーイーグル
  • ヴォージュ

×・8枠

  • マイネルフロスト
  • ソールインパクト

脚質別データ

七夕賞 2017 脚質別データ

(過去10年)
パッと見では逃げ馬の成績がよく見えるが、実際は差し・追い込み馬が良く絡んでいる。
前々の馬での決着はまずなく、一頭以上は差し・追い込み馬が馬券になっている。

種牡馬別データ

七夕賞 2017 種牡馬別データ

(2012年以降に行われた福島芝2000m戦)

福島芝2000m戦を特に得意としている種牡馬は見当たらない。
勝ち数1位~3位の種牡馬の産駒も今年は出走していない。

騎手別データ

七夕賞 2017 騎手別データ

(2012年以降に行われた福島芝2000m戦)

福島芝2000m戦を得意としている騎手は吉田隼人騎手だが、今年は参戦なし。
勝ち数上位で参戦しているのは柴田大地騎手。勝ち星2位で複勝率も3割を大きく超える。注目したい。
他には4勝以上していて複勝率が3割近くの騎手や単勝・複勝回収値の高い騎手をピックアップした。

〇・騎手別での好データ馬

  • ヴォージュ(内田博)
  • タツゴウゲキ(北村宏)
  • ゼーヴィント(戸崎)
  • マイネルフロスト(柴田大)
  • ソールインパクト(大野)

馬体重別データ

七夕賞 2017 馬体重別データ

(過去10年)

好成績を残している馬体重は460kg~499kgの馬。この体重の馬たちの成績は【8-7-8-69】と馬券圏内のほとんどを占める。
一頭は少なくとも入れておきたい。

※下に馬名が上がっているのは前走の馬体重の数字で掲載しています。当日の馬体重を見極めてください。

〇・460kg~499kg

  • パドルウィール
  • フェイマスエンド
  • バーディーイーグル
  • タツゴウゲキ
  • ゼーヴィント
  • マイネルフロスト
  • ソールインパクト

年齢別データ

七夕賞 2017 年齢別データ

(過去10年)
馬券の中心は4歳から6歳馬。勝ち馬はこの3世代からしか出ていない。
7歳以上の馬は勝ち馬を輩出できておらず、買っても紐までか。

×・7歳以上

  • バーディーイーグル

斤量別データ

七夕賞 2017 斤量別データ

(過去10年)
ハンデ戦となる七夕賞で気になるのは斤量。
傾向としては57kg以上背負う馬たちがよく活躍している。
実績のある馬たちがきっちり成績を残している。

〇・57.0kg~

  • ゼーヴィント
  • マルターズアポジー
  • マイネルフロスト

前走のクラス別データ

七夕賞 2017 前走のクラス別データ

(過去10年)
成績を残しているのは前走で「重賞」か「オープン特別」を使ってきた馬たち。
「条件戦」クラスで走ってきた馬には厳しいデータとなっている。

×・前走条件戦

  • ヴォージュ
  • タツゴウゲキ
  • ソールインパクト

人気別データ

七夕賞 2017 オッズデータ

(過去10年)
過去10年、1番人気は【2-1-2-5】と一時の連敗続きは脱したものの、連対率は2番人気ともども30.0%止まり。
7番人気まですべて複数の好走馬を出す上、2桁人気の好走馬も多い。
十分に高配当を狙える。

追い切りタイム

七夕賞 2017 追い切り

七夕賞に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイムなどです。

・ウインインスパイア

最終追い切り
7月5日・美浦・南W・不良
6F 81.1-65.3-50.4-37.1-12.4

高橋祥調教師
「重い馬場を苦にせず動きは良かった。」

・ヴォージュ

最終追い切り
7月5日・栗東・坂路・不良
800m 55.5-40.7-26.6-13.2

西村調教師
「もう少し時計は遅くても良かったが、馬は元気ですね。前走後は小倉記念も考えたけどレースまで間隔もあるので、いい状態の時に使った方がいいかなと」

・スズカデヴィアス

前走時追い切り・鳴尾記念(4着)
5月31日・栗東・CW・良
5F 69.9-53.1-38.1-11.6

最終追い切り
7月5日・栗東・坂路・不良
800m 54.1-39.4-25.6-12.4

橋田調教師
「予定通り。暑さもまだマシだし、我慢してくれたら。」

・ゼーヴィント

前走時追い切り・AJCC(2着)
1月18日・美浦・南W・良
4F 52.8-38.4-12.7

最終追い切り
7月5日・美浦・南W・不良
6F 83.6-68.8-54.0-39.4-11.9

木村調教師
「間隔が空いて体に余裕があるので、しっかり動かしていく形。まだ少し重さを感じるが、先週より仕上がりは進んでいる」

・ソールインパクト

最終追い切り
7月5日・美浦・南W・不良
5F 68.2-53.6-39.6-13.0

大野騎手
「馬場の悪い時間帯だったが、のめることなく最後までリズム良く走っていた。調子の良さは伝わってきた」

・タツゴウゲキ

最終追い切り
7月5日・栗東・CW・不良
4F 52.4-38.1-12.0

梛木助手
「中1週でも、これだけ動かせるぐらい体を保てている。52キロの軽量なら」

・バーディーイーグル

前走時追い切り・エプソムC(5着)
6月7日・美浦・坂路・良
800m 52.1-38.2-25.1-12.7

最終追い切り
7月5日・美浦・坂路・稍重
800m 53.4-38.7-25.1-12.8

佐藤勝助手
「かわすときのスピード感が良かった。2走前くらいからいい状態でそれを保っている。」

・パドルウィール

前走時追い切り・エプソムC(18着)
6月7日・栗東・CW・良
6F 82.5-66.6-51.8-38.5-11.6

最終追い切り
7月5日・栗東・CW・不良
6F 85.5-69.0-54.0-39.7-11.5

中尾調教師
「しまいはよく伸びていた。」

・フェイマスエンド

最終追い切り
7月5日・栗東・坂路・不良
800m 53.5-39.4-25.5-12.3

梛木助手
「時計も良かったし、力強く伸びてくれた。半年ぶりだけど、追うごとに良くなってきた」

・フェルメッツァ

最終追い切り
7月5日・栗東・坂路・不良
800m 54.7-39.3-25.5-12.7

松永幹調教師
「順調。そんなに稽古は動く方じゃないし、馬場を考えたら良かった。」

・マイネルフロスト

前走時追い切り・鳴尾記念(3着)
5月31日・美浦・南W・良
5F 68.4-53.2-38.4-13.1

最終追い切り
7月5日・美浦・南W・不良
5F 69.5-53.9-38.5-12.4

高木調教師
「時計うんぬんより最後まで集中して走れていたのが良かった。調子が悪い時は、走るのをやめてしまう馬だから」

・マルターズアポジー

前走時追い切り・大阪杯(12着)
3月29日・美浦・南W・稍重
5F 68.4-52.5-38.3-12.5

最終追い切り
7月5日・美浦・南W・不良
5F 67.3-51.4-37.5-12.4

武士沢騎手
「先週ある程度やったので(レース週は)今までと同じように上がり重点。逃げ馬なので、最後まで踏ん張りを利かせるイメージで…。順調です」

堀井調教師
「前走(大阪杯12着)から間隔も空いているし、きっちりやった。これで完璧に仕上がると思う」

データから導かれる注目馬

上記のデータから注目したい三頭はこちらだ。

・ゼーヴィント(Seewind)

【ラジオNIKKEI賞 2016】動画・結果/ゼーヴィントが馬場の真ん中から差し切る

ゼーヴィント・4歳牡馬
9戦3勝 [3-3-1-2]
父:ディープインパクト
母:シルキーラグーン
母父:ブライアンズタイム
馬名の由来:潮風(独)
前走:AJCC・2着(1番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

最初にピックアップしたいのはゼーヴィント。
鞍上、馬格、斤量などで好データを獲得した。
現在重賞3戦連続で2着中。そろそろ2つ目の重賞タイトルを取りたいところ。

・マイネルフロスト(Meiner Frost)

マイネルフロスト

マイネルフロスト・6歳牡馬
31戦4勝 [4-2-3-22]
父:ブラックタイド
母:スリースノーグラス
母父:グラスワンダー
馬名の由来:冠名+氷結、霜
前走:鳴尾記念・3着(7番人気)
(鞍上予定:柴田大知)

こちらも多くのデータがあてはまったマイネルフロスト。
枠番こそよくないところに入ったが、鞍上、年齢・馬格など加点が多かった。
このコースを特に得意としている柴田大知騎手のエスコートで久々の勝利を狙う。

・バーディーイーグル(Birdie Eagle)

【むらさき賞 2016】動画・結果/バーディーイーグルが外から一気に前を捕らえ快勝

バーディーイーグル・7歳牡馬
35戦5勝 [5-2-8-20]
父:ブライアンズタイム
母:ホームスイートホーム
母父:Seeking the Gold
馬名の由来:ゴルフ用語より
前走:エプソムC・5着(17番人気)
(鞍上予定:吉田豊)

穴っぽいところではバーディーイーグルを抑えておきたい。
年齢こそマイナスポイントだが、好枠に入り馬格や前走のレースではプラスのデータとなっている。
差し馬の展開になれば面白い。

予想

管理人が独断と偏見で予想した「七夕賞」!
◎・[最強]競馬ブログランキングへ
(競馬の魅力・ブログ紹介文に記載しています。)
〇・マイネルフロスト
▲・ゼーヴィント
★・フェルメッツァ
△・スズカデヴィアス・バーディーイーグル・ウインインスパイア

本命は[最強]競馬ブログランキングに書かせていただきました。
小回りコースを得意としており、福島コースも相性抜群。G3戦なら堂々主役を張れる。

対抗はマイネルフロスト。ここのところの好走や鞍上の相性の良さを信頼。
他には人気になりそうなゼーヴィントや、前走の福島民報杯で2着に入ったフェルメッツァなどを選出した。

関連記事

・今週は他にG3・プロキオンステークスが行われる。

【プロキオンステークス 2016】動画・結果/ノボバカラが人気に答え快勝

【プロキオンステークス 2017】出走予定馬・予想オッズ/実績か勢いか

「プロキオンステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。プロキオンSの出走登録は19頭。カフジテイクやエイシンバッケンなどが出走予定です。秋のJBCスプリントなどにつながる一戦。スピードを生かして勝負。

・8月20日には豪華メンバーが予想される札幌記念が開催される。

【札幌記念 2016】動画・結果/ペースを握ったネオリアリズムが金星を挙げる

【札幌記念 2017】出走予定馬・日程・賞金/北の大地が熱狂する

2017年8月20日に札幌競馬場で行われる夏のビッグレース「札幌記念」。2017年で第53回を迎え、豪華メンバーが予想される。昨年はネオリアリズムが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。