にほんブログ村 競馬ブログへ

【スプリンターズステークス 2016】動画・結果/レッドファルクスがゴール直前で差し切り優勝

「スプリンターズステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。スプリンターズSの出走登録は23頭。レッドファルクスやビッグアーサーなどが出走予定です。秋G1の幕開けを告げる一戦。速さだけでは勝てないぞ!

2017年10月1日(日) | 4回中山9日 | 15:40 発走
第51回 スプリンターズステークス(GI)芝・右・外 1200m
Sprinters Stakes (G1)

「スプリンターズステークス」は芝1200mで行われる定量戦で、1着馬には9,800万円が贈られる。

配当的には1番人気は3勝・2着2回・3着0回と複勝率は5割。半数しか馬券になっておらず、そこまで信頼を置けない。
二桁人気の馬は10年間で70頭が出走して馬券圏内は4頭と微妙な数字。ただ、9番人気以下と幅を広げると7年連続で馬券圏内に来ている。

三連単が10万円以上の高配当を出したのは10年で5度と多い。ここ3年連続で10万を超えてきており、近年は波乱傾向にある。

先週の注目レース

オールカマー 2017 ルージュバック

【オールカマー 2017】動画・結果/ルージュバックが牡馬を蹴散らす

「オールカマー 2017」の動画・結果です。オールカマーの結果は1着:ルージュバック、2着:ステファノス、3着:タンタアレグリア。「ルージュバック」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

出走予定馬・想定騎手

2017年のスプリンターズステークスに23頭が登録を済ませております。
フルゲートは16頭です。

外国馬

  • ブリザード(G.モッセ)57.0kg

優先出走馬

  • ファインニードル(内田)57.0kg

賞金上位馬

  • レッドファルクス(M.デムーロ)57.0kg
  • ビッグアーサー(福永)57.0kg
  • セイウンコウセイ(幸)57.0kg
  • レッツゴードンキ(岩田)55.0kg
  • スノードラゴン(大野)57.0kg
  • ネロ(未定)57.0kg
  • ダンスディレクター(浜中)57.0kg
  • フィドゥーシア(三浦)55.0kg
  • モンドキャンノ(池添)55.0kg
  • メラグラーナ(戸崎)55.0kg
  • ラインミーティア(西田)57.0kg
  • ダイアナヘイロー(武豊)55.0kg
  • ワンスインナムーン(石橋)55.0kg
  • ノボバカラ(蛯名)57.0kg

除外対象馬

  • ※シュウジ(未定)57.0kg
  • トーキングドラム(内田)57.0kg
  • キングハート(横山典)57.0kg
  • ナックビーナス(未定)55.0kg
  • フミノムーン(未定)57.0kg
  • ティーハーフ(未定)57.0kg
  • ソルヴェイグ(田辺)55.0kg

※シュウジは出馬投票を行った馬のうち、レーティング順位の上位5頭に入っているため優先して出走できます。
よって、ノボバカラが登録時点での除外対象馬1番手となります。

注目出走予定馬ピックアップ

中山競馬場で行われる芝G1・スプリンターズステークス。
今年は23頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・レッドファルクス(Red Falx)

スプリンターズステークス 2016 レッドファルクス

レッドファルクス・6歳牡馬
22戦9勝 [9-2-3-8]
父:スウェプトオーヴァーボード
母:ベルモット
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:冠名+ラテン語で「鎌」の意味を持つ両手剣
前走:安田記念・3着(3番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

前年度覇者のレッドファルクスが連覇を目指して今年も参戦。
春の三戦は京王杯スプリングカップを制したものの、G1では3着2回と惜しい結果に終わった。
他の実績馬が順調さを欠く中、レッドファルクスは予定通りの休み明けでの参戦となる。
昨年も休み明けでの勝利だけに、このローテーションはマイナスにならないはず。
混戦のスプリント界ではない。ファルクスが堂々と主役を張る。

・セイウンコウセイ(Seiun Kosei)

2017 高松宮記念 セイウンコウセイ

セイウンコウセイ・4歳牡馬
16戦6勝 [6-5-0-5]
父:アドマイヤムーン
母:オブザーヴァント
母父:Capote
馬名の由来:冠名+恒星
前走:函館スプリントS・4着(1番人気)
(鞍上予定:幸英明)

今年春のスプリント王に君臨したセイウンコウセイが春秋制覇を目指す。
高松宮記念の時は5番人気と伏兵的な存在だったが、レース内容は前目から押し切る横綱相撲だった。
夏の函館スプリントステークスでは高速馬場に泣き4着だったもののそこまで悲観する内容ではなかった。
今週で中山開催も最終週。少しでも馬場が渋るようなら一気に本命候補に名乗りを上げる。

・ビッグアーサー(Big Arthur)

【高松宮記念 2016】動画・結果/ビッグアーサーが勝利し悲願のビッグタイトルを獲得

ビッグアーサー・6歳牡馬
14戦8勝 [8-2-1-3]
父:サクラバクシンオー
母:シヤボナ
母父:Kingmambo
馬名の由来:大きな+人名より
前走:香港スプリント・10着(1番人気)
(鞍上予定:福永祐一)

昨年のスプリンターズステークスでは1.8倍の支持を受けていたビッグアーサー。レースでは前が詰まり不完全燃焼の12着に沈んだ。その後の香港スプリントでも大敗を喫した。
今年の春はレースを使えず、秋初戦に予定していたセントウルステークスでも脚部不安で回避。もどかしい日々を過ごした。
最後の勝利から1年以上。これで終わる馬ではないはず。アーサー王の復活が待たれる。

・ファインニードル(Fine Needle)

セントウルステークス 2017 ファインニードル

ファインニードル・4歳牡馬
21戦6勝 [6-2-2-11]
父:アドマイヤムーン
母:ニードルクラフト
母父:Mark of Esteem
馬名の由来:細針
前走:セントウルステークス・1着(1番人気)
(鞍上予定:内田博幸)

今年の重要なトライアル・セントウルステークスを制したのは4歳馬ファインニードル。
3番手から危なげなく抜け出し重賞初制覇を果たした。
今回はデムーロ騎手がレッドファルクスに騎乗するため内田騎手に乗り替わる。
順調さを武器に先輩スプリンターたちに挑む

・ダイアナヘイロー(Diana Halo)

北九州記念 2017 ダイアナヘイロー

ダイアナヘイロー・4歳牝馬
16戦6勝 [6-4-1-5]
父:キングヘイロー
母:ヤマカツセイレーン
母父:グラスワンダー
馬名の由来:曲名+父名の一部
前走:北九州記念・1着(3番人気)
(鞍上予定:武豊)

今年のメンバーの中で一番の上り馬はダイアナヘイロー。
阪神での条件戦から4連勝中で、前走の北九州記念ではあっさり好位から抜け出し重賞制覇を果たした。
トップスプリンターとの戦いは初めてとなるが、勢いでライバルを蹴散らすことができるか。

他には桜花賞馬で今年の高松宮記念で2着に入ったレッツゴードンキや休み明けのスプリンターズステークスで3着に入った重賞2勝馬・ダンスディレクター、海外から唯一参戦する香港馬・ブリザードなども出走予定。

スプリンターズステークスは2017年10月1日(日)の15時40分発走予定です。

2017年・高松宮記念

・春の電撃王決定戦・高松宮記念はセイウンコウセイが制していた。

高松宮記念 2017 セイウンコウセイ

【高松宮記念 2017】動画・結果/セイウンコウセイが抜け出しG1初制覇

「高松宮記念 2017」の動画・結果です。高松宮記念の結果は1着:セイウンコウセイ、2着:レッツゴードンキ、3着:レッドファルクス。「セイウンコウセイ」が勝利した2017年の高松宮記念の詳しい結果、動画をご覧ください。

スポンサーリンク

予想オッズ

2017年・スプリンターズステークスの予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. レッドファルクス(3.0)
  2. セイウンコウセイ(5.0)
  3. メラグラーナ(6.0)
  4. ビッグアーサー(6.5)
  5. ダイアナヘイロー(8.0)
  6. ダンスディレクター(10.0)
  7. レッツゴードンキ(12.0)
  8. ファインニードル(15.0)
  9. フィドゥーシア(25.0)
  10. ラインミーティア(30.0)
  11. ソルヴェイグ(35.0)
  12. モンドキャンノ(40.0)
  13. ワンスインナムーン(45.0)
  14. シュウジ(☆)
  15. キングハート(☆)
  16. スノードラゴン(☆)
  17. ブリザード(☆)
  18. ナックビーナス(☆)
  19. ネロ(☆)
  20. ティーハーフ(☆)
  21. ノボバカラ(☆)
  22. フミノムーン(☆)
  23. トーキングドラム(☆)

☆印は50倍以上と予想

10年間の人気別データ

スプリンターズステークス 2017 オッズデータ

過去10年、1~3番人気はいずれも連対率40~60%と上々の成績。ただ、その下の4~8番人気はなかなか連対に届かず、2009年の優勝馬・ローレルゲレイロ以外はすべて3着以下に敗退している。
9番人気以下の馬たちはそこそこ走っているため、中途半端な穴馬より大穴をうまく馬券に絡めて高配当を狙いたい。

主な前哨戦

スプリンターズステークスに出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
馬名は今回、スプリンターズステークスに出走する馬の中で上位3頭の馬名を掲載しています。

2017年6月18日(日)函館スプリントS(GIII)

2着:キングハート
4着:セイウンコウセイ
7着:ノボバカラ

タイム:1.06.8 馬場:良

【函館スプリントステークス 2017】動画・結果/ジューヌエコールがレコードV

2017年7月2日(日)CBC賞(GIII)

4着:ティーハーフ
7着:ラヴァーズポイント
10着:メラグラーナ

タイム:1.08.0 馬場:良

【CBC賞 2017】動画・結果/シャイニングレイが接戦を制する

2017年7月30日(日)アイビスサマーD(GIII)

1着:ラインミーティア
2着:フィドゥーシア
10着:ネロ

タイム:54.2 馬場:良

【アイビスサマーダッシュ 2017】動画・結果/ラインミーティアが鋭く差し切る

2017年8月20日(日)北九州記念(GIII)

1着:ダイアナヘイロー
4着:キングハート
5着:ファインニードル

タイム:1.07.5 馬場:良

【北九州記念 2017】動画・結果/ダイアナヘイローが鮮やかに抜け出す

2017年8月27日(日)キーンランドカップ(GIII)

2着:ソルヴェイグ
3着:ナックビーナス
4着:フミノムーン

タイム:1.09.0 馬場:良

【キーンランドカップ 2017】動画・結果/エポワスが馬群を捌いて差し切る

2017年9月10日(日)セントウルステークス(GII)

1着:ファインニードル
2着:ラインミーティア
3着:ダンスディレクター

勝ちタイム:1.07.5 馬場:良

【セントウルステークス 2017】動画・結果/ファインニードルが抜け出し重賞初制覇

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2017年10月1日(日)15時40分発走予定

場所・距離
中山競馬場・芝・1200m


G1

1着賞金
9,800万円

スプリンターズステークス・プレイバック

2016年10月2日(日)スプリンターズステークス(GI)

1着:レッドファルクス
2着:ミッキーアイル(アタマ)
3着:ソルヴェイグ(クビ)
4着:シュウジ(クビ)
5着:スノードラゴン(ハナ)

勝ちタイム:1.07.6
勝利騎手:M.デムーロ
馬場:良

2016年・スプリンターズステークス

【スプリンターズステークス 2016】動画・結果/レッドファルクスがゴール直前で差し切り優勝

【スプリンターズステークス 2016】動画・結果/レッドファルクスがゴール直前で差し切り優勝

「スプリンターズステークス 2016」の動画・結果です。スプリンターズステークスの結果は1着:レッドファルクス、2着:ミッキーアイル、3着:ソルヴェイグ。「レッドファルクス」が勝利したスプリンターズステークスの詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年のスプリンターズステークスは16頭での争いとなった。
前評判では春のG1高松宮記念を制し、前哨戦のセントウルステークスも制したビッグアーサーが1番人気に支持された。

レースは、中団で進めた3番人気レッドファルクスが、直線で外から脚を伸ばして、逃げ粘る2番人気ミッキーアイルを捕らえ、これにアタマ差をつけ優勝。さらにクビ差の3着に9番人気ソルヴェイグが入った。

勝ったレッドファルクスは重賞初制覇を果たしたCBC賞に続く連勝で、見事スプリント界の頂点に立った。

関連記事

・今週は他にシリウスステークスが開催される。

【シリウスステークス 2016】動画・結果/マスクゾロが逃げ切り重賞初制覇

【シリウスステークス 2017】出走予定馬・予想オッズ/秋の飛躍に思いを馳せる

「シリウスステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。シリウスSの出走登録は19頭。ミツバやモルトベーネなどが出走予定です。ハンデ戦ながら波乱は少ない。穴党には厳しいレース?

・10月1日にはヨーロッパの芝・最強馬決定戦「凱旋門賞」が開催される。

【凱旋門賞 2016】動画・結果/ファウンドが優勝・マカヒキは馬群に沈む

【凱旋門賞 2017】出走予定馬・オッズ・賞金/サトノダイヤモンドが挑戦

2017年10月1日にフランス・シャンティイ競馬場で行われるヨーロッパの芝・最強馬決定戦「凱旋門賞」。2017年で第96回を迎える。昨年はファウンドが制した。今年は日本馬ではサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定。出走予定馬・オッズ・賞金・日程などをチェックしてみよう。

・10月29日の天皇賞秋には楽しみなメンバーがズラリ!大注目の一戦となる。

【天皇賞秋 2016】動画・結果/モーリスが名手に導かれG1・5勝目を挙げる

【天皇賞秋 2017】出走予定馬・日程・賞金/この秋最大のビックマッチ

2017年10月29日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦となる「天皇賞秋」。天皇賞秋は2017年で第156回を迎え、毎年熾烈な戦いが繰り広げられる。昨年はモーリスが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。