にほんブログ村 競馬ブログへ

「皐月賞 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。皐月賞の出走登録は19頭。カデナやレイデオロなどが出走予定です。皐月賞は2017年4月16日(日)、中山競馬場・芝2000mで開催されます。

【皐月賞 2017】出走予定馬・想定騎手/混迷の牡馬クラシック

2017年4月16日(日) | 3回中山8日 | 15:40 発走
第77回 皐月賞(GI)芝・右 2000m
Satsuki Sho(Japanese 2000 Guineas) (G1)

皐月賞は芝2000mで行われる定量戦で、1着馬には10,000万円が贈られる。1~4着馬には日本ダービーへの優先出走権が付与される。

2017年で77回目を迎え、今年は楽しみな牝馬の参戦があり、多彩なメンバーが集結した。
過去の勝ち馬には多くの名馬が名を連ねる。トウカイテイオーやミホノブルボン、ナリタブライアン、テイエムオペラオー、ディープインパクト、オルフェーヴルなど競馬ファンなら誰しもが知る馬ばかりだ。

配当的には1番人気が過去10年で連対率6割と上々の成績を残している。勝ったのは2頭。2010年のヴィクトワールピサと2013年のロゴタイプ。

関連記事

・今週の土曜日には春の障害G1・中山グランドジャンプが開催される。

【中山グランドジャンプ 2017】出走予定馬・賞金・日程/連覇か復権か

この記事を詳しく読む

2017年4月15日に中山競馬場で行われる春の障害ビッグレース「中山グランドジャンプ」。2017年で第19回を迎える。昨年はオジュウチョウサンが3馬身半の差をつけ圧勝した。2017年・中山グランドジャンプの出走予定馬・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。

2017年・皐月賞

出走予定馬・想定騎手

2017年の皐月賞に19頭が登録を済ませております。
フルゲートは18頭になります。

優先出走馬

  • アウトライアーズ(田辺)57.0kg
  • アダムバローズ(池添)57.0kg
  • ウインブライト(松岡)57.0kg
  • カデナ(福永)57.0kg
  • ダンビュライト(武豊)57.0kg
  • プラチナヴォイス(和田)57.0kg
  • マイスタイル(横山典)57.0kg

賞金上位馬

  • サトノアレス(戸崎)57.0kg
  • レイデオロ(C.ルメール)57.0kg
  • アメリカズカップ(松若)57.0kg
  • スワーヴリチャード(四位)57.0kg
  • アルアイン(松山)57.0kg
  • ペルシアンナイト(M.デムーロ)57.0kg
  • ファンディーナ(岩田)55.0kg
  • コマノインパルス(江田照)57.0kg
  • トラスト(柴田大)57.0kg
  • クリンチャー(藤岡佑)57.0kg
  • キングズラッシュ(柴田善)57.0kg

除外対象馬

  • スズカメジャー(未定)57.0kg

皐月賞 注目出走予定馬ピックアップ

中山競馬場で行われる芝G1・皐月賞。
今年は19頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・レイデオロ(Rey de Oro)

レイデオロ・3歳牡馬
3戦3勝 [3-0-0-0]
父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:黄金の王(西)。父名、母名より連想
前走:ホープフルS・1着(1番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

ここまで3戦3勝、いずれも断然人気で上り最速の脚を使い勝利を収めてきた。本来なら皐月賞でも断然人気でもおかしくないのだが、トライアル戦をソエの影響で使えなかったのが痛かった。管理する藤沢和調教師は調子は上向いてきたと発言しているが、体調をしっかり見極めたいところだ。

・ファンディーナ(Fan Dii Na)

ファンディーナ・3歳牝馬
3戦3勝 [3-0-0-0]
父:ディープインパクト
母:ドリームオブジェニー
母父:Pivotal
馬名の由来:良い夢を(タイ語)。母名より連想
前走:フラワーC・1着(1番人気)
(鞍上予定:岩田康誠)

注目牝馬が皐月賞に電撃参戦する。ここまで3戦してすべてインパクトある勝利を収めてきた。新馬戦では9馬身の差をつけ、つばき賞では上り33.0の脚で差し切り、初重賞挑戦となったフラワーカップでも楽な手ごたえで後続を5馬身千切った。
相手が一気に強くなるここでどのようなパフォーマンスを見せてくれるか。不安より楽しみのほうが大きい一頭だ。

・カデナ(Cadenas)

カデナ・3歳牡馬
5戦3勝 [3-2-0-0]
父:ディープインパクト
母:フレンチリヴィエラ
母父:フレンチデピュティ
馬名の由来:南京錠(仏)
前走:弥生賞・1着(1番人気)
(鞍上予定:福永祐一)

ここまで重賞2勝しており、5戦すべてで上り最速の脚で駆け抜けてきているカデナ。前走の弥生賞ではスローの先行有利な展開をきっちり差し切った。価値ある勝利となった。
経験値の高さで牡馬クラシックの1つ目制覇を狙う。

・ウインブライト(Win Bright)

ウインブライト・3歳牡馬
6戦3勝 [3-1-0-2]
父:ステイゴールド
母:サマーエタニティ
母父:アドマイヤコジーン
馬名の由来:冠名+輝かしい
前走:スプリングS・1着(5番人気)
(鞍上予定:松岡正海)

デビューからの2戦は6着、5着と敗れたが、その後は安定した結果を残している。ここ3戦は中山競馬場で経験を積んでおり、特に前走のスプリングステークスは2歳王者らを相手に堂々と差し切り勝ちし、クラシック候補に名乗りを挙げた。
いかにも中山競馬場が合う血統にも惹かれる。馬名のようにクラシックの舞台で輝けるか。

他には2歳王者のサトノアレスや、共同通信杯を制したスワーヴリチャードなども出走予定。

皐月賞は2017年4月16日(日)の15時40分発走予定です。

追い切りタイム

皐月賞に出走を予定している馬の追い切りタイムです。

・アウトライアーズ

1週前追い切り
4月5日・美浦・南W・良

5F 68.5
4F 52.1
3F 38.4
1F 12.3

小島茂調教師(1週前追い切りを終えて)
「まだ肩と背中に少し重さを感じる。切れの部分で物足りないが、来週までには調整するイメージはできている。」

最終追い切り
4月12日・美浦・南W・不良

5F 67.3
4F 50.8
3F 37.5
1F 12.6

・アダムバローズ

最終追い切り
4月12日・栗東・CW・不良

6F 86.5
5F 68.9
4F 53.0
3F 38.7
1F 12.2

・アメリカズカップ

最終追い切り
4月12日・栗東・坂路・不良

800m 53.4
600m 39.6
400m 26.4
200m 13.5

松若騎手(最終追い切りを終えて)
「時計の掛かる馬場でもしっかり動いてくれました。間隔は開いてますが、仕上がっています」

・アルアイン

最終追い切り
4月12日・栗東・CW・不良

6F 83.9
5F 68.3
4F 53.2
3F 38.8
1F 12.1

池江調教師(最終追い切りを終えて)
「今朝は軽く促す程度。動きは良かったし、全体的に上積みがあると思う」

・ウインブライト

1週前追い切り
4月5日・美浦・南W・良

5F 67.5
4F 51.7
3F 37.9
1F 12.6

畠山調教師(1週前追い切りを終えて)
「スッと反応して持ったままの手応えで併入。馬が一段とパワーアップしている。」

最終追い切り
4月12日・美浦・南W・不良

5F 69.1
4F 53.4
3F 38.8
1F 12.5

・カデナ

1週前追い切り
4月5日・栗東・坂路・良

800m 51.6
600m 38.0
400m 25.6
200m 13.3

福永騎手(1週前追い切りを終えて)
「馬場が重くて走りにくそうだったけど、いい負荷をかけられた。1回使って変わってきたね」

最終追い切り
4月12日・栗東・坂路・不良

800m 55.3
600m 40.6
400m 26.5
200m 13.0

・キングズラッシュ

最終追い切り
4月12日・美浦・南W・不良

5F 68.1
4F 51.7
3F 37.3
1F 13.2

・クリンチャー

最終追い切り
4月12日・栗東・坂路・不良

800m 56.1
600m 40.6
400m 26.0
200m 12.7

・コマノインパルス

1週前追い切り
4月5日・美浦・南W・良

5F 67.2
4F 52.7
3F 38.4
1F 13.3

菊川調教師(1週前追い切りを終えて)
「しっかり負荷をかけられて感じがいい。カイバも食べているし、いい状態をキープ。」

最終追い切り
4月12日・美浦・南W・不良

5F 70.5
4F 55.0
3F 40.5
1F 13.0

・サトノアレス

1週前追い切り
4月5日・美浦・南W・良

5F 68.1
4F 51.9
3F 38.5
1F 13.4

藤沢和調教師(1週前追い切りを終えて)
「戸崎が1回使って良くなっていると言っていた。順調だね」

最終追い切り
4月13日・美浦・南W・重

5F 68.6
4F 52.5
3F 39.1
1F 12.6

戸崎騎手(最終追い切りを終えて)
「先週に比べても確実に良くなっているし、前向きさも感じる。前走(スプリングS=4着)はスタートでつまずいてリズムを崩した。乗ったイメージでは2000メートルは問題ない」

・スワーヴリチャード

1週前追い切り
4月5日・栗東・CW・良

6F 81.6
5F 65.0
4F 50.1
3F 36.5
1F 11.8

四位騎手(1週前追い切りを終えて)
「ある程度、負荷をかけられた。状態は変わらずいいんじゃないかな」

最終追い切り
4月12日・栗東・CW・不良

6F 81.6
5F 64.7
4F 50.3
3F 37.5
1F 12.3

・ダンビュライト

最終追い切り
4月12日・栗東・坂路・不良

800m 53.5
600m 39.4
400m 26.4
200m 13.4

音無調教師(最終追い切りを終えて)
「見た目はダンビュライトの方が良く見えた。体も前走よりスリムになっている」

・トラスト

最終追い切り
4月12日・栗東・坂路・不良

800m 55.9
600m 40.5
400m 26.3
200m 12.9

・ファンディーナ

1週前追い切り
4月5日・栗東・坂路・良

800m 54.6
600m 39.1
400m 25.1
200m 12.4

高野調教師(1週前追い切りを終えて)
「引っ掛かることが無縁の馬だけど、相手を先行させる形で確認した。1Fだけ強めの指示で、その通りいい動き。順調ですね」

最終追い切り
4月12日・栗東・坂路・不良

800m 54.5
600m 39.5
400m 26.2
200m 13.1

高野調教師(最終追い切りを終えて)
「やりすぎず無理のないようにという指示。中間は馬の調子をキープするように意識してきた」

・プラチナヴォイス

最終追い切り
4月12日・栗東・CW・不良

6F 82.8
5F 66.2
4F 52.0
3F 38.1
1F 11.8

和田騎手(最終追い切りを終えて)
「先週はイライラした感じだったが、今朝は落ち着いていた。リズム良く走れていたし具合はいい」

・ペルシアンナイト

最終追い切り
4月12日・栗東・CW・不良

4F 52.9
3F 38.1
1F 11.8

デムーロ騎手(最終追い切りを終えて)
「今朝は強め程度。いい動きだったね」

・マイスタイル

最終追い切り
4月12日・栗東・CW・不良

6F 84.0
5F 67.6
4F 52.9
3F 39.0
1F 12.2

・レイデオロ

最終追い切り
4月13日・美浦・南W・重

4F 54.4
3F 39.9
1F 12.8

藤沢和調教師(最終追い切りを終えて)
「2歳のうちに2000メートルを何度も使ったので、疲れを取りながら牧場で調整して1か月前に帰厩。最初はおっとりしていたけど、徐々に気合も乗ってきた。今回の最終追い切りにしてもゴールを過ぎた後も1ハロン、2ハロンと流しているし、予定通りの内容だよ」

主な前哨戦

皐月賞に出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
馬名は今回皐月賞に出走する馬の中で上位3頭の馬名を掲載しています。

2016年12月25日(日)ホープフルステークス(GII)

1着:レイデオロ

タイム:2.01.3 馬場:良

【ホープフルステークス 2016】動画・結果/レイデオロが無傷の3連勝を飾る

2017年2月5日(日)きさらぎ賞(GIII)

1着:アメリカズカップ
3着:ダンビュライト
4着:プラチナヴォイス
タイム:1.50.1 馬場:重

【きさらぎ賞 2017】動画・結果/アメリカズカップが抜け出し重賞初制覇

2017年2月12日(日)共同通信杯(GIII)

1着:スワーヴリチャード

タイム:1.47.5 馬場:良

【共同通信杯 2017】動画・結果/スワーヴリチャードが一気に突き抜け優勝

2017年2月25日(土)アーリントンカップ(GIII)

1着:ペルシアンナイト

タイム:1.34.1 馬場:良

【アーリントンカップ 2017】動画・結果/ペルシアンナイトが突き抜け圧勝

2017年2月26日(日)すみれステークス

1着:クリンチャー

タイム:2.14.1 馬場:良

【すみれステークス 2017】動画・結果/クリンチャーが抜け出し圧勝

2017年3月5日(日)弥生賞(GII)

1着:カデナ
2着:マイスタイル
3着:ダンビュライト
タイム:2.03.2 馬場:良

【弥生賞 2017】動画・結果/カデナが差し切り重賞連勝

2017年3月18日(土)若葉ステークス

1着:アダムバローズ

タイム:2.00.3 馬場:良

【若葉ステークス 2017】動画・結果/アダムバローズがハナ差の接戦を制する

2017年3月19日(日)スプリングステークス(GII)

1着:ウインブライト
2着:アウトライアーズ
3着:プラチナヴォイス

タイム:1.48.4 馬場:良

【スプリングステークス 2017】動画・結果/ウインブライトが混戦を抜け出す

2017年3月20日(月)フラワーカップ(GIII)

1着:ファンディーナ

タイム:1.48.7 馬場:良

【フラワーカップ 2017】動画・結果/ファンディーナがモノの違いをみせ圧勝

2017年3月25日(土)毎日杯(GIII)

1着:アルアイン
5着:トラスト

タイム:1.46.5 馬場:良

【毎日杯 2017】動画・結果/アルアインが早め抜け出しで粘り込む

皐月賞・プレイバック

2016年4月17日(日)皐月賞(GI)

1着:ディーマジェスティ 牡3 蛯名 正義 1.57.9
2着:マカヒキ 牡3 川田 将雅 1.58.1 1-1/4馬身
3着:サトノダイヤモンド 牡3 C.ルメール 1.58.3 1-1/4馬身
4着:エアスピネル 牡3 武 豊 1.58.4 1/2馬身
5着:リオンディーズ 牡3 M.デムーロ 1.58.4(4着降着)

2016年・皐月賞

【皐月賞 2016】動画・結果/ディーマジェスティが差しきり一冠目を獲得

この記事を詳しく読む

「皐月賞 2016」の動画・結果です。皐月賞の結果は1着:ディーマジェスティ、2着:マカヒキ、3着:サトノダイヤモンド。「ディーマジェスティ」が勝利した皐月賞の詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年の皐月賞は18頭での争いとなった。
前評判では無傷の3連勝できさらぎ賞を制したサトノダイヤモンドが1番人気に支持された。

レースは、中団後方で進めた8番人気ディーマジェスティが、直線で外から一気に脚を伸ばして突き抜け、後方から追い上げてきた3番人気マカヒキに1-1/4馬身差をつけ優勝。さらに1-1/4馬身差の3着に1番人気サトノダイヤモンドに入った。

勝ったディーマジェスティは、未勝利戦・共同通信杯に続く3連勝で皐月賞制覇を果たした。

関連記事

・今月の30日には注目の長距離G1・天皇賞春が開催される。

【天皇賞春 2017】出走予定馬・日程・賞金/春の盾は誰の手に

この記事を詳しく読む

2017年4月30日に京都競馬場で行われる長距離王決定戦「天皇賞春」。天皇賞春は2017年で第155回を迎え、スタミナ自慢が集う。昨年はキタサンブラックがハナ差の接戦を制した。出走予定馬・賞金・日程・昨年の結果などをチェックしてみよう。