にほんブログ村 競馬ブログへ

【ローズステークス 2016】動画・結果/シンハライトが外からまとめて差し切る

「ローズステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。ローズSの出走登録は23頭。レーヌミノルやモズカッチャンなどが出走予定です。三歳牝馬の秋路線を占う重要な一戦。美しいバラにはトゲがある。

2017年9月17日(日) | 4回阪神4日 | 15:35 発走
第35回 ローズステークス(GII)芝・右・外 1800m
Rose Stakes (Shuka Sho Trial) (G2)

「ローズステークス」は芝1800mで行われる馬齢戦で、1着馬には5,200万円が贈られる。

配当的には1番人気は5勝・2着2回・3着1回と複勝率は8割。半数が優勝しており、多くは期待に応えている。
二桁人気の馬は10年間で63頭中5頭が馬券に絡んでいる。勝ってはいないので紐に入れる程度にしておきたい。

三連単が10万円以上の高配当を出したのは10年で6度。人気馬と穴馬の組み合わせで波乱になるケースが目立つ。

先週の注目レース

紫苑ステークス 2017 ディアドラ

【紫苑ステークス 2017】動画・結果/ディアドラがハナ差の接戦を制す

「紫苑ステークス 2017」の動画・結果です。紫苑Sの結果は1着:ディアドラ、2着:カリビアンゴールド、3着:ポールヴァンドル。「ディアドラ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

出走予定馬・想定騎手

2017年のローズステークスに23頭が登録を済ませております。
フルゲートは18頭になっています。

賞金上位馬

レーヌミノル(池添)54.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2014105043/

モズカッチャン(M.デムーロ)54.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2014102565/

リスグラシュー(武豊)54.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2014106220/

カラクレナイ(川田)54.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2014105621/

クイーンマンボ(秋山)54.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2014104424/

アドマイヤミヤビ(C.ルメール)54.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2014106242/

ファンディーナ(岩田)54.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2014103309/

ハローユニコーン(田辺)54.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2014104031/

ミリッサ(福永)54.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2014105951/

メイショウオワラ(小牧)54.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2014103580/

ヤマカツグレース(松山)54.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2014104351/

アロンザモナ(幸)54.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2014101289/

ブラックスビーチ(浜中)54.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2014105627/

サトノアリシア(未定)54.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2014106205/

ミスパンテール(四位)54.0kg
http://db.netkeiba.com/horse/2014101898/

抽選対象馬
(5頭中3頭が出走可能)

カワキタエンカ(横山典)54.0kg
ブライトムーン(藤岡佑)54.0kg
ベルカプリ(藤岡康)54.0kg
メイズオブオナー(吉田隼)54.0kg
ラビットラン(和田)54.0kg

除外対象馬
アロマドゥルセ(松若)54.0kg
ディメンシオン(未定)54.0kg
レッドコルディス(未定)54.0kg

※13日に有力候補だったアドマイヤミヤビが左前脚屈けん炎のため回避することが表明されました。

ローズステークス 注目出走予定馬ピックアップ

阪神競馬場で行われる芝G2・ローズステークス。
今年は23頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・レーヌミノル(Reine Minoru)

桜花賞 2017 レーヌミノル

レーヌミノル・3歳牝馬
8戦3勝 [3-2-1-2]
父:ダイワメジャー
母:ダイワエンジェル
母父:タイキシャトル
馬名の由来:女王(仏)+冠名
前走:オークス・13着(4番人気)
(鞍上予定:池添謙一)

桜の女王は始動戦にローズステークスを選択した。
桜花賞では大輪を咲かせたが、前走のオークスでは距離の壁にぶつかり13着と大敗。
ローズステークスの結果次第で秋華賞か距離短縮化を決定するとのこと。
阪神コースはG1を制した舞台。桜の次は薔薇の花を咲かせて見せる。

・モズカッチャン(Mozu Katchan)

フローラステークス 2017 モズカッチャン2

モズカッチャン・3歳牝馬
6戦3勝 [3-1-1-1]
父:ハービンジャー
母:サイトディーラー
母父:キングカメハメハ
馬名の由来:冠名+人名愛称
前走:オークス・2着(6番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

フローラステークスを12番人気で制し、勢いそのままに挑んだオークスでもソウルスターリングに食い下がり2着に入った。
3歳になって一気に成長した。
今回はここ3戦でコンビを組んでいた和田騎手ではなくデムーロ騎手が手綱を取る。
この乗り替わりに本気度がうかがえる。トライアルから全力勝負。

・ファンディーナ(Fan Dii Na)

フラワーカップ 2017 ファンディーナ

ファンディーナ・3歳牝馬
4戦3勝 [3-0-0-1]
父:ディープインパクト
母:ドリームオブジェニー
母父:Pivotal
馬名の由来:良い夢を(タイ語)。母名より連想
前走:皐月賞・7着(1番人気)
(鞍上予定:岩田康誠)

3連勝でフラワーカップを制し、春のクラシックは皐月賞に挑戦したファンディーナ。結果こそ7着に敗れたものの0.5秒差なら悲観する内容ではない。
今回は牝馬の一級戦と初の対戦となる。
牡馬との激闘を糧に同世代の乙女たちを蹴散らす。

・リスグラシュー(Lys Gracieux)

【アルテミスステークス 2016】動画・結果/リスグラシューが直線抜け出し重賞初制覇を飾る

リスグラシュー・3歳牝馬
7戦2勝 [2-3-1-1]
父:ハーツクライ
母:リリサイド
母父:American Post
馬名の由来:優美な百合(仏)。母名より連想
前走:オークス・5着(3番人気)
(鞍上予定:武豊)

春のクラシック戦では2着、5着とあと一歩のところで栄冠を逃した。
線が細く、休み明けでも馬体重が気になる所。
成長力ありそうな血統で、いろいろ注目の一戦となる。

・アドマイヤミヤビ(Admire Miyabi)

【2歳未勝利戦】動画・結果/アドマイヤミヤビが断然人気に答え快勝

アドマイヤミヤビ・3歳牝馬
6戦3勝 [3-1-1-1]
父:ハーツクライ
母:レディスキッパー
母父:クロフネ
馬名の由来:冠名+優雅な
前走:オークス・3着(2番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

桜花賞では12着大敗となったが、距離が延びたオークスで上り最速タイムの脚で3着に巻き返した。
今回は3戦ぶりにルメール騎手に戻る。長い直線を活かして末脚勝負に懸ける。

他にはフィリーズレビューを制したカラクレナイやダート重賞の関東オークスを制したクイーンマンボなども出走予定。

ローズステークスは2017年9月17日(日)の15時35分発走予定です。

2017年・秋華賞

・ローズステークスの1着から3着馬にはG1・秋華賞への優先出走権が与えられる。

【秋華賞 2016】動画・結果/ヴィブロスが外からまとめて差し切る

【秋華賞 2017】出走予定馬・日程・賞金/きれいな華を咲かすのは

2017年10月15日に京都競馬場で行われる3歳牝馬の三冠レース最終戦「秋華賞」。秋華賞は2017年で第22回を迎える。昨年はヴィブロスが制した。秋華賞の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

予想オッズ

2017年・ローズステークスの予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. ファンディーナ(2.5)
  2. アドマイヤミヤビ(3.0)
  3. リスグラシュー(4.0)
  4. モズカッチャン(5.0)
  5. ミリッサ(8.0)
  6. レーヌミノル(14.0)
  7. カラクレナイ(30.0)
  8. ブラックスビーチ(40.0)
  9. ミスパンテール(☆)
  10. カワキタエンカ(☆)
  11. クイーンマンボ(☆)
  12. ハローユニコーン(☆)
  13. ヤマカツグレース(☆)
  14. メイズオブオナー(☆)
  15. ラビットラン(☆)
  16. アロマドゥルセ(☆)
  17. ブライトムーン(☆)
  18. サトノアリシア(☆)
  19. アロンザモナ(☆)
  20. メイショウオワラ(☆)
  21. ディメンシオン(☆)
  22. ベルカプリ(☆)
  23. レッドコルディス(☆)

☆印は50倍以上と予想

10年間の人気別データ

1番人気は連対率70%と好成績、2番人気も複勝率40%とまずまずの結果を残している。ただ、3~6番人気がやや苦戦している傾向にあり、各人気とも1連対または連対なしといった状況。特に近5年は、3~6番人気が【0-0-2-18】に対し、1~2番人気が【4-2-1-3】、7番人気以下が【1-3-2-41】となっていて、連対馬が1~2番人気か穴馬かに分散している傾向にある。

スポンサーリンク

主な前哨戦

ローズステークスに出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
馬名は今回、ローズステークスに出走する馬の中で上位3頭の馬名を掲載しています。

2017年3月20日(月)フラワーカップ(GIII)

1着:ファンディーナ
12着:ブライトムーン

タイム:1.48.7 馬場:良

【フラワーカップ 2017】動画・結果/ファンディーナがモノの違いをみせ圧勝

2017年4月9日(日)桜花賞(GI)

1着:レーヌミノル
2着:リスグラシュー
4着:カラクレナイ

タイム:1.34.5 馬場:稍重

【桜花賞 2017】動画・結果/レーヌミノルが桜の舞台で花咲かす

2017年4月23日(日)フローラステークス(GII)

1着:モズカッチャン
2着:ヤマカツグレース
5着:レッドコルディス

タイム:2.01.3 馬場:良

【フローラステークス 2017】動画・結果/モズカッチャンが波乱を演出

2017年5月21日(日)オークス(GI)

2着:モズカッチャン
3着:アドマイヤミヤビ
5着:リスグラシュー

タイム:2.24.1 馬場:良

【オークス 2017】動画・結果/ソウルスターリングが馬場の真ん中から突き抜け優勝

2017年7月9日(日)有松特別

1着:ミリッサ

タイム:1.32.7 馬場:良

2017/07/09 中京10R 有松特別(1000万下)【ミリッサ】

2017年7月29日(土)TVh賞

3着:サトノアリシア

タイム:1.46.1 馬場:良

2017/07/29 札幌11R TVh賞(1600万下)【ハッピーユニバンス】

2017年8月27日(日)五頭連峰特別

1着:メイショウオワラ

タイム:1.34.5 馬場:良

2017/08/27 新潟9R 五頭連峰特別(1000万下)【メイショウオワラ】

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2017年9月17日(日)15時35分発走予定

場所・距離
阪神競馬場・芝・1800m


G2

1着賞金
5,200万円

ローズステークス・プレイバック

2016年9月18日(日)ローズステークス(GII)

1着:シンハライト
2着:クロコスミア(ハナ)
3着:カイザーバル(1/2馬身)
4着:デンコウアンジュ(1-3/4馬身)
5着:アットザシーサイド(3馬身)

勝ちタイム:1.46.7
勝利騎手:池添 謙一
馬場:重

2016年・ローズステークス

【ローズステークス 2016】動画・結果/シンハライトが外からまとめて差し切る

【ローズステークス 2016】動画・結果/シンハライトが外からまとめて差し切る

「ローズステークス 2016」の動画・結果です。ローズステークスの結果は1着:シンハライト、2着:クロコスミア、3着:カイザーバル。「シンハライト」が勝利したローズステークスの詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年のローズステークスは15頭での争いとなった。
前評判では桜花賞2着、オークス1着と春のクラシックで活躍したシンハライトが1番人気に支持された。

レースは、中団後方で進めた1番人気シンハライトが、直線で外から一気に脚を伸ばして、逃げ粘る11番人気クロコスミアをゴール寸前で捕らえ、これにハナ差をつけ優勝。さらに1/2馬身差の3着に6番人気カイザーバルが入った。

勝ったシンハライトはオークス以来の休み明け・重馬場のここでも強烈な末脚を発揮し、2冠制覇に向け弾みをつけた。

関連記事

・今週は他にセントライト記念が開催される。

【セントライト記念 2016】動画・結果/ディーマジェスティが断然人気に答え快勝

【セントライト記念 2017】出走予定馬・日程・賞金/皐月賞馬がここから始動

2017年9月18日に中山競馬場で行われる菊花賞へつながる一戦「セントライト記念」。2017年で第71回を迎え、多くのG1馬を輩出している。昨年はディーマジェスティが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

・10月1日にはヨーロッパの芝・最強馬決定戦「凱旋門賞」が開催される。

【凱旋門賞 2016】動画・結果/ファウンドが優勝・マカヒキは馬群に沈む

【凱旋門賞 2017】出走予定馬・オッズ・賞金/サトノダイヤモンドが挑戦

2017年10月1日にフランス・シャンティイ競馬場で行われるヨーロッパの芝・最強馬決定戦「凱旋門賞」。2017年で第96回を迎える。昨年はファウンドが制した。今年は日本馬ではサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定。出走予定馬・オッズ・賞金・日程などをチェックしてみよう。

・10月29日の天皇賞秋には楽しみなメンバーがズラリ!大注目の一戦となる。

【天皇賞秋 2016】動画・結果/モーリスが名手に導かれG1・5勝目を挙げる

【天皇賞秋 2017】出走予定馬・日程・賞金/この秋最大のビックマッチ

2017年10月29日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦となる「天皇賞秋」。天皇賞秋は2017年で第156回を迎え、毎年熾烈な戦いが繰り広げられる。昨年はモーリスが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。