にほんブログ村 競馬ブログへ

クイーン賞 2016 トロワボヌール

「クイーン賞 2017」の予想オッズ・枠順・出走予定馬・登録馬の情報です。2017年のクイーン賞にはプリンシアコメータやララベルなどが出走を予定しています。JBCレディスクラシックで繰り広げられた牝馬の激戦が再びみられる。

2017年12月6日(水)船橋競馬場 ダート左回り 1,800m
第63回 クイーン賞・Queen Sho(JpnIII)

枠順

クイーン賞の枠順が発表されました。

1枠1番 タッチデュール(牝8、臼井健太郎)
2枠2番 プリンシアコメータ(牝4、岩田康誠)
3枠3番 タイムビヨンド(牝5、五十嵐冬樹)
4枠4番 アンデスクイーン(牝3、吉田隼人)
5枠5番 アンジュデジール(牝3、横山典弘)
6枠6番 ラインハート(牝6、笹川翼)
7枠7番 ティルヴィング(牝4、坂井英光)
8枠8番 タガノヴェローナ(牝3、松若風馬)
8枠9番 オヤジノハナミチ(牝3、桜井光輔)

JBCレディスクラシックで2着に入ったプリンシアコメータは2枠2番、横山典弘騎手が騎乗する3歳牝馬アンジュデジールは5枠5番、地方緒族馬の中で注目を集めるラインハートは6枠6番に入った。
クイーン賞は2017年12月6日(水)の20時10分発走予定です。

予想オッズ

2017年・クイーン賞の予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. プリンシアコメータ(1.5)
  2. アンジュデジール(3.0)
  3. ラインハート(5.0)
  4. タガノヴェローナ(7.5)
  5. アンデスクイーン(10.0)
  6. ティルヴィング(30.0)
  7. タイムビヨンド(☆)
  8. オヤジノハナミチ(☆)
  9. タッチデュール(☆)

☆印は50倍以上と予想

出走予定馬・登録馬

2017年・クイーン賞の出走予定馬たちです。最終的な出走馬は12月3日に決定となります。

JRA所属馬
(左から馬名、性齢、斤量、予定騎手)

  • アンジュデジール 牝3 54kg 横山典弘
  • アンデスクイーン 牝3 51kg 吉田隼人
  • タガノヴェローナ 牝3 51kg 松若風馬
  • プリンシアコメータ 牝4 55kg 岩田康誠

地方他地区所属馬

  • タイムビヨンド 牝5 51kg 五十嵐冬樹
  • タッチデュール 牝8 51kg 臼井健太郎

南関東地区所属馬

  • ティルヴィング 牝4 51kg 未定
  • プリンセスバリュー 牝7 51kg 未定
  • ラインハート 牝6 53kg 未定
  • ララベル 牝5 56kg 未定
  • リボンスティック 牝5 51kg 未定
  • ローレライ 牝3 51kg 未定
  • ビービースペース 牝3 51kg 未定
  • メモリーミネルバ 牝3 51kg 未定

補欠馬

  • オヤジノハナミチ 牝3 51kg 未定

2017年11月30日現在

有力馬情報

クイーン賞」の登録段階での有力馬情報となります。
下に名前がある馬は出走確定ではありません。

・ララベル(Lalabel)

・登録はあったものの回避しました。

JBCレディスクラシック 2017 ララベル

ララベル・5歳牝馬
父:ゴールドアリュール
母:ブリージーウッズ
母父:ティンバーカントリー

前走:JBCレディスクラシック・1着(5番人気)
(鞍上予定:未定)

前走のJBCレディスクラシックを制しG1馬の仲間入りした「ララベル」。
ララベルは2歳時から活躍を続けており、2歳の時と3歳の時にはともに世代別でのNARグランプリ最優秀牝馬のタイトルを獲得している。
5歳になった今年の活躍は特に目立っており交流重賞のマリーンカップ、スパーキングレディーカップでともに2着、そしてJBCレディスクラシックでは直線で他馬に迷惑をかけたものの接戦を制しうれしいG1初制覇を果たした。
今回はハンデキャップ戦なのでトップハンデの56kgを背負う予定。それでも無様な競馬は見せられない。

・プリンシアコメータ(Princia Cometa)

プリンシアコメータ

プリンシアコメータ・4歳牝馬
父:スパイキュール
母:ベルモントフェリス
母父:アジュディケーティング
馬名の由来:冠名(人名より)+彗星(伊)
前走:JBCレディスクラシック・2着(4番人気)
(鞍上予定:岩田康誠)

JRA所属馬の中では代表格の存在の「プリンシアコメータ」。
まだ条件馬の身で挑んだ前走のJBCレディスクラシックでは武豊騎手の素晴らしいエスコートに応え2着に健闘した。
直線で勝ち馬に寄られなければもしかしてと思わせる走りだった。
今回はララベルより1kg軽い斤量で出走できる。今年の瀬戸特別でコンビを組んだ岩田騎手と重賞初制覇を狙う。

・アンジュデジール(Ange Desir)

アンジュデジール

アンジュデジール・3歳牝馬
父:ディープインパクト
母:ティックルピンク
母父:フレンチデピュティ
馬名の由来:天使の欲望(仏)
前走:JBCレディスクラシック・5着(2番人気)
(鞍上予定:横山典弘)

スパーキングレディーカップを制している「アンジュデジール」にも注目したい。
ダート戦に転向してからは成績が安定しており勝ったスパーキングレディーカップだけではなく関東オークス2着やレディスプレリュードで3着など活躍を見せている。
前走のJBCレディスクラシックでは2番人気の支持に応えることはできなかったがまだ3歳馬。これからの成長に期待が持てる。
先輩牝馬たちにどのように立ち向かっていくか。

他には前走の3歳上1000万下を勝ち上がってきた「アンデスクイーン」やJBCレディスクラシックで3着に入った「ラインハート」なども出走予定となっています。

2017年・JBCレディスクラシック

JBCレディスクラシック 2017 ララベル

【JBCレディスクラシック 2017】動画・結果/ララベルが牝馬ダートの頂点に立つ

「JBCレディスクラシック 2017」の動画・結果です。JBCレディスクラシックの結果は1着:ララベル、2着:プリンシアコメータ、3着:ラインハート。「ララベル」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

日程・賞金

日程
2017年12月6日(水)

場所・距離
船橋競馬場・ダート・1800m


Jpn3

1着賞金
2,100万円

出走条件
3歳以上牝馬

プレイバック

トロワボヌールが抜け出し3馬身差の圧勝

2016年12月7日(水)船橋
第62回 クイーン賞(Queen Sho)JpnIII

1着:トロワボヌール
2着:タイニーダンサー(3馬身)
3着:タイムビヨンド(1/2馬身)
4着:リンダリンダ(5馬身)
5着:ノットオーソリティ(クビ)

勝ちタイム:1.53.8
勝利騎手:C.ルメール
馬場:稍重

2016年・クイーン賞

クイーン賞 2016 トロワボヌール2

【クイーン賞 2016】動画・結果/トロワボヌールが抜け出し3馬身差の圧勝

「クイーン賞 2016」の動画・結果です。クイーン賞の結果は1着:トロワボヌール、2着:タイニーダンサー、3着:タイムビヨンド。「トロワボヌール」が勝利したクイーン賞の詳しい結果、動画をご覧ください。