にほんブログ村 競馬ブログへ

エリザベス女王杯 2016 クイーンズリング

「エリザベス女王杯 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。エリザベス女王杯の出走登録は20頭。ヴィブロスやスマートレイアーなどが出走予定です。秋の女王をかけた一戦。豪華牝馬の競演に酔いしれたい。

2017年11月12日(日) | 5回京都4日 | 15:40 発走
第42回 エリザベス女王杯(GI)芝・右・外 2200m
Queen Elizabeth II Cup (G1)

エリザベス女王杯」は芝2200mで行われる定量戦で、1着馬には9,300万円が贈られる。

配当的には1番人気は2勝・2着4回・3着2回と複勝率は8割。勝ち星こそ少ないものの馬券にはしっかり絡んでいる。
二桁人気の馬は10年間で79頭が出走して1勝を含む馬券圏内は3頭。勝利した一頭は2009年のクイーンスプマンテだ。

三連単が10万円以上の高配当を出したのは10年で2度と少ない。昨年久々に15万馬券と波乱になったが、波乱の立役者は12番人気で2着に飛び込んだシングウィズジョイだった。それでも1着(3番人気)、3着(2番人気)は人気馬が来たため大波乱とはならなかった。

先週の注目レース

アルゼンチン共和国杯 2017 スワーヴリチャード

【アルゼンチン共和国杯 2017】動画・結果/スワーヴリチャードが内から抜け出し圧勝

「アルゼンチン共和国杯 2017」の動画・結果です。アルゼンチン共和国杯の結果は1着:スワーヴリチャード、2着:ソールインパクト、3着:セダブリランテス。「スワーヴリチャード」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

出走予定馬・想定騎手

2017年のエリザベス女王杯に20頭が登録を済ませております。
フルゲートは18頭です。

賞金上位馬

  • クロコスミア(和田竜二)56.0kg

賞金上位馬

  • ヴィブロス(C.ルメール)56.0kg
  • スマートレイアー(武豊)56.0kg
  • クイーンズリング(C.デムーロ)56.0kg
  • ディアドラ(岩田康誠)54.0kg
  • リスグラシュー(福永祐一)54.0kg
  • ミッキークイーン(浜中俊)56.0kg
  • ルージュバック(R.ムーア)56.0kg
  • モズカッチャン(M.デムーロ)54.0kg
  • マキシマムドパリ(藤岡佑介)56.0kg
  • ウキヨノカゼ(横山典弘)56.0kg
  • トーセンビクトリー(A.アッゼニ)56.0kg
  • デンコウアンジュ(蛯名正義)56.0kg
  • クインズミラーグロ(藤岡康太)56.0kg
  • ジュールポレール(幸英明)56.0kg
  • エテルナミノル(未定)56.0kg
  • ハッピーユニバンス(池添謙一)56.0kg
  • プリメラアスール(未定)56.0kg
  • タッチングスピーチ(未定)56.0kg
  • プロレタリアト(未定)56.0kg

出走予定馬・ピックアップ

京都競馬場で行われる芝G1「エリザベス女王杯」。
今年は20頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・ヴィブロス(Vivlos)

秋華賞 2016 ヴィブロス

ヴィブロス・4歳牝馬
10戦4勝 [4-3-0-3]
父:ディープインパクト
母:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
馬名の由来:ギリシャの地名より
前走:府中牝馬ステークス・2着(1番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

世界を制した名女優「ヴィブロス」が秋のタイトルを狙いエリザベス女王杯に参戦する。
昨年の秋華賞を制し初のG1タイトルを獲得し、今年の春にはドバイ遠征。世界の強豪が集ったドバイターフでは戦前の下馬評こそ高くなかったものの並み居る牡馬を蹴散らし優勝。世界の中距離女王に輝いた。
その後は無理せず春は休養。休み明け初戦に挑んだ前走の府中牝馬ステークスではすこし窮屈なレースを強いられたが2着に入り力を見せてくれた。
舞台はG1を制した京都に戻る。再び日本のライバルを倒して女王の座を不動のものにできるのか。

・ディアドラ(Deirdre)

秋華賞 2017 ディアドラ

ディアドラ・3歳牝馬
14戦5勝 [5-3-2-4]
父:ハービンジャー
母:ライツェント
母父:スペシャルウィーク
馬名の由来:ケルト神話に登場する女性名
前走:秋華賞・1着(4番人気)
(鞍上予定:岩田康誠)

秋華賞を制し3歳を代表する馬に成長した「ディアドラ」。
ここ3連勝の勢いは本物で秋華賞でも出遅れながらの優勝だった。
秋華賞を制すまでに14戦を消化するなどタフネスぶりには頭が下がる(ヴィブロスは4歳ながらこれまで10戦しかしていない)。
叩き上げの若き女王が先輩牝馬たちに牙をむく。

・スマートレイアー(Smart Layer)

京都大賞典 2017 スマートレイアー

スマートレイアー・7歳牝馬
27戦9勝 [9-5-2-11]
父:ディープインパクト
母:スノースタイル
母父:ホワイトマズル
馬名の由来:冠名+層
前走:京都大賞典・1着(4番人気)
(鞍上予定:武豊)

7歳になっても輝き続ける「スマートレイアー」が悲願のG1タイトルを目指す。
前走の京都大賞典ではシュヴァルグランやミッキーロケットといった強豪牡馬を相手に上り最速の脚で差し切り快勝。京都コースの相性の良さを示した。
これまでに積み上げてきた重賞タイトルは4つ。ただ、G1は手にしていない。
残り少ない現役生活。絶好調の武豊騎手のエスコートで大輪を咲かす。

・ルージュバック(Rouge Buck)

【毎日王冠 2016】動画・結果/ルージュバックが見ごたえある競り合いを制する

ルージュバック・5歳牝馬
16戦6勝 [6-2-0-8]
父:マンハッタンカフェ
母:ジンジャーパンチ
母父:Awesome Again
馬名の由来:ブランデーをジンジャーエールで割ったカクテル名。母名より連想
前走:オールカマー・1着(5番人気)
(鞍上予定:R.ムーア)

強い「ルージュバック」に戻りつつある。
怪物牝馬を呼ばれた2、3歳時だったがオークス2着どまりでG1には手が届かなかった。その後もG2・G3こそ勝ってきたが本番ではあと一歩の成績。今年に入り金鯱賞、ヴィクトリアマイルで大敗しルージュバックは「終わった」との空気が流れ始めていた。そんな空気を一掃するように前走のオールカマーでは内から鋭い末脚で牡馬を一蹴。再び輝きを取り戻した。
今回は世界を股にかけ活躍するライアン・ムーア騎手が騎乗することとなった。世界の名手はどんなレースを見せてくれるのか。

他には2015年の秋華賞以来のG1制覇を狙う「ミッキークイーン」や昨年のエリザベス女王杯の覇者「クイーンズリング」、前哨戦の府中牝馬ステークスを制した「クロコスミア」なども出走予定となっています。

エリザベス女王杯は2017年11月12日(日)の15時40分発走予定です。

予想オッズ

2017年・エリザベス女王杯の予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. ヴィブロス(3.0)
  2. スマートレイアー(4.5)
  3. ミッキークイーン(5.0)
  4. ルージュバック(5.5)
  5. ディアドラ(6.5)
  6. モズカッチャン(10.0)
  7. リスグラシュー(15.0)
  8. クイーンズリング(18.0)
  9. クロコスミア(35.0)
  10. ジュールポレール(45.0)
  11. マキシマムドパリ(☆)
  12. デンコウアンジュ(☆)
  13. トーセンビクトリー(☆)
  14. クインズミラーグロ(☆)
  15. エテルナミノル(☆)
  16. ウキヨノカゼ(☆)
  17. プリメラアスール(☆)
  18. タッチングスピーチ(☆)
  19. ハッピーユニバンス(☆)
  20. プロレタリアト(☆)

☆印は50倍以上と予想

10年間の人気別データ

エリザベス女王杯 2017 オッズデータ

過去10年、1番人気は【2-4-2-2】と複勝率80%、2番人気は【1-2-3-4】で複勝率60%と、上位人気は安定している。ただ、ここ5年にかぎると、1番人気【0-3-0-2】、2番人気【1-0-1-3】と、成績は下降気味。
その分、穴っぽい馬の好走が目立つようになり、5~7番人気の好走馬6頭はすべて近5年から出ているように、近年は波乱の予感を感じさせるデータとなっている。

主な前哨戦

エリザベス女王杯に出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
下記の動画は参考レースが取り上げられてる動画です。

下のレース前に書いてある時間ごとにレース動画がご覧いただけます。

「00:00」京都大賞典

1着:スマートレイアー
9着:マキシマムドパリ
11着:プロレタリアト

勝ちタイム:2.23.0 馬場:良

「02:32」オールカマー

1着:ルージュバック

勝ちタイム:2.13.8 馬場:良

「04:53」府中牝馬ステークス

1着:クロコスミア
2着:ヴィブロス
4着:クイーンズリング

勝ちタイム:1.48.1 馬場:稍重

「06:47」秋華賞

1着:ディアドラ
2着:リスグラシュー
3着:モズカッチャン

勝ちタイム:2.00.2 馬場:重

「08:58」宝塚記念

3着:ミッキークイーン

勝ちタイム:2.11.4 馬場:稍重

「11:18」ヴィクトリアマイル

2着:デンコウアンジュ
3着:ジュールポレール
4着:スマートレイアー

勝ちタイム:1.33.9 馬場:稍重

「13:09」クイーンステークス

2着:トーセンビクトリー
3着:クインズミラーグロ
4着:クロコスミア

勝ちタイム:1.45.7 馬場:良

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2017年11月12日(日)15時40分発走予定

場所・距離
京都競馬場・芝・2200m


G1

1着賞金
9,300万円

エリザベス女王杯・プレイバック

2016年11月13日(日)エリザベス女王杯(GI)

1着:クイーンズリング
2着:シングウィズジョイ(クビ)
3着:ミッキークイーン(1-1/4馬身)
4着:パールコード(3/4馬身)
5着:プリメラアスール(1-1/4馬身)

勝ちタイム:2.12.9
勝利騎手:M.デムーロ
馬場:良

2016年・エリザベス女王杯

エリザベス女王杯 2016 クイーンズリング

【エリザベス女王杯 2016】動画・結果/クイーンズリングが馬群を捌いて差し切る

「エリザベス女王杯 2016」の動画・結果です。エリザベス女王杯の結果は1着:クイーンズリング、2着:シングウィズジョイ、3着:ミッキークイーン。「クイーンズリング」が勝利したエリザベス女王杯の詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年のエリザベス女王杯は15頭での争いとなった。
前評判では前年の覇者で春には宝塚記念を制したマリアライトが1番人気に支持された。

レースは、スタートで遅れ中団後方からとなった3番人気クイーンズリングが、直線で狭いところを割りながら脚を伸ばして、好位追走から一旦は抜け出した12番人気シングウィズジョイをゴール前で捕らえ、これにクビ差をつけ優勝。さらに1-1/4馬身差の3着に2番人気ミッキークイーンが入った。

勝ったクイーンズリングは前哨戦の府中牝馬ステークスに続く連勝で、悲願のGIタイトルを獲得した。重賞はこれで4勝目となった。

関連記事

・今週は他にデイリー杯2歳ステークスなどが開催される。

【デイリー杯2歳ステークス 2016】動画・結果/ジューヌエコールが差し切り無傷の3連勝

【デイリー杯2歳ステークス 2017】出走予定馬・予想オッズ/出世レースを制しG1へ

「デイリー杯2歳ステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。デイリー杯2歳Sの出走登録は10頭。フロンティアやジャンダルムなどが出走予定です。小頭数の一戦となるが素質を感じさせるメンバーたち。これからのG1で輝きそうな馬が揃った。

【武蔵野ステークス 2016】動画・結果/タガノトネールがレコードタイムで優勝

【武蔵野ステークス 2017】出走予定馬・予想オッズ/東京に揃いし強者たち

「武蔵野ステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。武蔵野Sの出走登録は21頭。ベストウォーリアやノンコノユメなどが出走予定です。G3の枠に収まらない豪華メンバー集結。見逃し厳禁の熱戦が開戦する。

・今年の凱旋門賞は3歳牝馬エネイブルが頂点に。サトノダイヤモンドは15着に敗れた。

凱旋門賞 2017 エネイブル

【凱旋門賞 2017】動画・結果/エネイブルが圧勝・サトノダイヤモンドは後方に沈む

「凱旋門賞 2017」の動画・結果です。フランスで行われた凱旋門賞の結果は1着:Enable(エネイブル)、2着:Cloth of Stars、3着:Ulysses。「エネイブル」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

・11月26日には日本対世界の馬がぶつかり合うジャパンカップが開催される。

キタサンブラック

【ジャパンカップ 2017】出走予定馬・日程・賞金/もはや世界に敵はいない

2017年11月26日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演する「ジャパンカップ」。ジャパンカップは2017年で第37回を迎え、高額賞金を求め馬が集う。昨年はキタサンブラックが制した。ジャパンCの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。