にほんブログ村 競馬ブログへ

「クイーンカップ 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。クイーンカップの出走登録は23頭。レーヌミノルやフローレスマジックなどが出走予定です。クイーンカップは2017年2月11日(土)、東京競馬場・芝1600mで開催されます。

【クイーンカップ 2017】出走予定馬・想定騎手/近年はここからG1馬を輩出

2017年2月11日(土) | 1回東京5日 | 15:45 発走
第52回 クイーンカップ(GIII)芝・左 1600m
Daily Hai Queen Cup (G3)

クイーンカップは芝1600mで行われる別定戦で、桜花賞へ向かう若き牝馬が集う。
1着馬には3,500万円が贈られる。

過去にはヒシアマゾンやダイワエルシエーロ、ヴィルシーナなどがクイーンカップを制し、後にG1を制した。昨年はメジャーエンブレムが優勝した。

2017年・クイーンカップ

出走予定馬・想定騎手

賞金上位馬

  • レーヌミノル(浜中)55.0kg
  • アエロリット(横山典)54.0kg
  • フローレスマジック(戸崎)54.0kg
  • アドマイヤミヤビ(C.ルメール)54.0kg
  • スズカゼ(大野)54.0kg
  • トーホウアイレス(柴田善)54.0kg

地方馬

  • ヴィーナスアロー(吉原)54.0kg

抽選対象馬(9/16)

  • アルミューテン(勝浦)54.0kg
  • カウントオンイット(未定)54.0kg
  • キャナルストリート(田辺)54.0kg
  • コマノレジーナ(江田照)54.0kg
  • サクセスライン(未定)54.0kg
  • シンボリバーグ(四位)54.0kg
  • スズカグラーテ(長岡)54.0kg
  • セイウンキラビヤカ(北村宏)54.0kg
  • ディアドラ(岩田)54.0kg
  • ディアパヴォーネ(石川裕)54.0kg
  • ディヴァインハイツ(内田博)54.0kg
  • ニシノストーリー(松岡)54.0kg
  • ハナレイムーン(石橋脩)54.0kg
  • パフォーム(柴田大)54.0kg
  • ビルズトレジャー(田中勝)54.0kg
  • モリトシラユリ(吉田豊)54.0kg

登録馬は23頭に対し、フルゲートは16頭です。

クイーンカップ 注目馬ピックアップ

東京競馬場で行われる芝G3・クイーンカップ。
今年は23頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・レーヌミノル(Reine Minoru)

レーヌミノル・3歳牝馬
4戦2勝 [2-1-1-0]
父:ダイワメジャー
母:ダイワエンジェル
母父:タイキシャトル
馬名の由来:女王(仏)+冠名
前走:阪神JF・3着(3番人気)
(鞍上予定:浜中俊)

小倉2歳ステークスを制し、初のマイル戦となった阪神ジュベナイルフィリーズでもよく食い下がり3着に粘った。

左回りも京王杯2歳ステークスで経験済みで死角は少ない。実績的にはこのメンバーでトップ。内容あるレースをしたいところ。

・フローレスマジック(Flawless Magic)

フローレスマジック・3歳牝馬
3戦1勝 [1-2-0-0]
父:ディープインパクト
母:マジックストーム
母父:Storm Cat
馬名の由来:完璧なマジック
前走:アルテミスS・2着(2番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

初の重賞挑戦となったアルテミスステークスでは後の阪神JF2着に入るリスグラシュー相手に半馬身差まで迫った。上がりタイムは最速で見せ場十分の2着だった。

姉にラキシス、兄にサトノアラジンがいる良血一家。クラシック路線に乗るためにも賞金加算を。

・アドマイヤミヤビ(Admire Miyabi)

アドマイヤミヤビ・3歳牝馬
3戦2勝 [2-1-0-0]
父:ハーツクライ
母:レディスキッパー
母父:クロフネ
馬名の由来:冠名+優雅な
前走:百日草特別・1着(1番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

デビュー戦こそ2着に敗れたものの、その後は未勝利戦・百日草特別を連勝した。中でも百日草特別ではカデナ(その後京都2歳Sを勝利)、アウトライアーズ(その後ひいらぎ賞を勝利)といった骨っぽい牡馬相手に勝利した。初重賞挑戦となるが、戦ってきた相手を考えるとここでも十分に通用する。

・アエロリット(Aerolithe)

アエロリット・3歳牝馬
3戦1勝 [1-2-0-0]
父:クロフネ
母:アステリックス
母父:ネオユニヴァース
馬名の由来:隕石(仏)
前走:フェアリーS・2着(1番人気)
(鞍上予定:横山典弘)

1番人気で挑んだフェアリーステークスでは人気薄のライジングリーズンに足元をすくわれたが、2着は確保。最低限の賞金を加算できた。
ただ、春のクラシック路線に確実に乗るためにはもう少し加算しておきたいところ。デビュー戦で勝利した東京コースで巻き返しを狙う。

他にも新馬戦を快勝したハナレイムーンや、菜の花賞で1・2着のスズカゼとシンボリバーグなども出走予定。

クイーンカップは2017年2月11日(土)の15時45分発走予定です。

追い切りタイム

クイーンカップに出走を予定している馬の追い切りタイムです。

アエロリット(2/8(水)美浦・坂路・良)

800m 600m 400m 200m
54.0 39.4 25.5 12.5

アドマイヤミヤビ(2/8(水)栗東・坂路・重)

800m 600m 400m 200m
54.8 39.6 26.0 13.0

アルミューテン(2/8(水)美浦・坂路・良)

800m 600m 400m 200m
53.4 38.1 24.3 12.4

コマノレジーナ(2/8(水)美浦・南W・良)

5F 4F 3F 1F
69.0 54.0 39.9 13.4

サクセスライン(2/8(水)美浦・南W・良)

5F 4F 3F 1F
69.1 53.5 39.2 13.1

スズカグラーテ(2/8(水)美浦・坂路・良)

800m 600m 400m 200m
52.9 38.9 25.8 13.2

スズカゼ(2/8(水)美浦・坂路・良)

800m 600m 400m 200m
51.7 37.6 24.3 11.9

セイウンキラビヤカ(2/8(水)美浦・坂路・良)

800m 600m 400m 200m
52.0 37.9 24.8 12.3

ディヴァインハイツ(2/8(水)栗東・坂路・重)

800m 600m 400m 200m
53.8 39.0 25.8 12.9

トーホウアイレス(2/8(水)美浦・坂路・良)

800m 600m 400m 200m
51.5 37.6 25.0 12.8

ハナレイムーン(2/8(水)美浦・南W・良)

5F 4F 3F 1F
69.7 54.4 38.9 12.5

パフォーム(2/8(水)美浦・南W・良)

5F 4F 3F 1F
70.7 55.2 41.7 14.0

フローレスマジック(2/8(水)美浦・南W・良)

4F 3F 1F
53.0 39.0 12.8

モリトシラユリ(2/8(水)美浦・南W・良)

5F 4F 3F 1F
69.1 54.7 40.0 13.6

レーヌミノル(2/8(水)栗東・CW・不良)

6F 5F 4F 3F 1F
85.3 68.8 54.2 40.8 12.6

出走予定馬の対戦表

クイーンカップに出走予定馬たちの対戦表となっています。
()の中は今回の出走予定馬です。

2016年10月29日(土)・東京
第5回 アルテミスステークス(GIII)芝・左 1600m
勝ち馬:リスグラシュー タイム:1.35.5
(2着フローレスマジック 12着トーホウアイレス 15着パフォーム)

2016年11月6日(日)・東京
百日草特別 芝・左 2000m
勝ち馬:アドマイヤミヤビ タイム:2.03.4
(1着アドマイヤミヤビ)

2016年11月20日(日)・東京
2歳新馬戦 芝・左 1600m
1着:ハナレイムーン タイム:1.36.8
(1着ハナレイムーン)

2016年12月11日(日)・阪神
第68回 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)芝・右・外 1600m
勝ち馬:ソウルスターリング タイム:1.34.0
(3着レーヌミノル 10着スズカゼ)

2016年12月18日(日)・中山
2歳新馬戦 芝・右・外 1600m
勝ち馬:コマノレジーナ タイム:1.37.7
(1着コマノレジーナ)

2016年12月25日(日)・阪神
2歳新馬戦 芝・右・外 1600m
勝ち馬:ディヴァインハイツ タイム:1.36.9
(1着ディヴァインハイツ)

2017年1月8日(日)・中山
第33回 フェアリーステークス(GIII)芝・右・外 1600m
勝ち馬:ライジングリーズン タイム:1.34.7
(2着アエロリット 3着モリトシラユリ 5着アルミューテン 7着パフォーム)

2017年1月14日(土)・中山
菜の花賞 芝・右・外 1600m
勝ち馬:スズカゼ タイム:1.36.1
(1着スズカゼ 2着シンボリバーグ)

2017年1月22日(日)・中山
3歳新馬戦 芝・右・外 1600m
1着:セイウンキラビヤカ タイム:1.36.3
(1着セイウンキラビヤカ)

プレイバック

2016年2月13日(土)クイーンカップ(GIII)
1着:メジャーエンブレム 牝3 C.ルメール 1.32.5

2016年のクイーンカップは16頭での争いとなった。
前評判では前走の阪神JFを制し2歳女王の座を射止めたメジャーエンブレムが1番人気に支持された。

レースは、好スタートから先手を取った1番人気メジャーエンブレムが、そのまま直線に入って楽々と後続を突き放し、2着の7番人気フロンテアクイーンに5馬身差をつけ優勝。さらに1/2馬身差の3着に6番人気ロッテンマイヤーが入った。

勝ったメジャーエンブレムは、2歳女王の貫禄を見せつける圧勝で、クラシックへ向けて弾みをつけた。