【大阪杯2018】データ・枠順/驚くほどデータは正直

スワーヴリチャード

大阪杯 2018のデータ・枠順の情報です。2018年・大阪杯のデータは枠順別や脚質別、種牡馬別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報から大阪杯での激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

驚くほどデータは正直

2018年4月1日(日) | 2回阪神4日 | 15:40 発走
第62回 大阪杯(GI)芝・右 2000m
Osaka Hai (G1)

枠順

大阪杯 2018 枠順

大阪杯」の枠順が発表されました。
初G1取りを狙うスワーヴリチャードは8枠15番、戸崎騎手と初コンビを組む2016年の有馬記念馬サトノダイヤモンドは4枠8番、皐月賞をレースレコードタイムで制しているアルアインは4枠8番、今年初戦を三浦騎手と向かえるシュヴァルグランは2枠4番に入った。

出走予定馬・予想オッズ

2018年・大阪杯の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

大阪杯 2017 キタサンブラック

【大阪杯2018】予想オッズ・出走予定馬/混戦から新王者が生まれる

大阪杯 2018の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。大阪杯の出走登録は17頭。出走予定馬にはスワーヴリチャードやシュヴァルグランなどが名を連ねています。昨年の王者キタサンブラックに替わる新たな王者は誰だ。

データ

2018年・大阪杯のデータです。
黄色はいいデータ赤色は悪いデータに該当する馬名となっております。

関連記事
今週は他にダービー卿チャレンジトロフィーが開催される。
【ダービー卿チャレンジトロフィー2018】予想オッズ・出走予定馬/混戦マイルを突き抜けろ

枠順別データ

大阪杯 2018 枠順別データ

(過去20年)

複勝率が3割を超える好成績を残しているのは「3枠」と「5枠」。
中でも3枠は複勝率が4割に迫るハイアベレージで、複勝回収率も100を超えている。
今年の3枠には乗り替わりの2頭が入った。
どんな競馬を見せるのか。

対照的に不発なのは「1枠」。
複勝率は1割にも満たない。
経済コースを通れてプラスに働くように見られがちだが、大阪杯では苦戦している。
割引が必要なようだ。

〇・3枠、5枠

  • ペルシアンナイト
  • スマートレイアー
  • トリオンフ
  • サトノノブレス

×・1枠

  • ミッキースワロー
  • サトノダイヤモンド

脚質別データ

大阪杯 2018 脚質別データ

(過去20年)
内回りの2000mでの開催なので前有利な感じがあるが、差しでも十分に届く。
先行、差し脚質の馬を狙っていきたい。

種牡馬別データ

大阪杯 2018 種牡馬別データ

(阪神競馬場の芝2000mで行われた過去5年)

阪神2000mを特に得意としている種牡馬は「ディープインパクト」と「キングカメハメハ」だ。
ともに複勝率3割を超え、単勝回収率も100を超えており、素晴らしいコース適性を見せている。
他には複勝率がいい「ハーツクライ」、「ハービンジャー」、複勝回収率の高い「ステイゴールド」、「ゼンノロブロイ」まで抑えておきたい。

〇・種牡馬別での好データ馬

  • サトノダイヤモンド(ディープインパクト)
  • スマートレイアー(ディープインパクト)
  • アルアイン(ディープインパクト)
  • サトノノブレス(ディープインパクト)
  • ヤマカツエース(キングカメハメハ)
  • シュヴァルグラン(ハーツクライ)
  • スワーヴリチャード(ハーツクライ)
  • ペルシアンナイト(ハービンジャー)
  • ウインブライト(ステイゴールド)
  • メートルダール(ゼンノロブロイ)

前走のレース別データ

大阪杯 2018 前走のレース別データ

(過去10回)

さすがにG1・G2を使ってきた強者たちが上位を独占している。
G3組は買っても紐までに抑えたほうがデータ的にはよさそうだ。

×・G3組

  • トリオンフ
  • マサハヤドリーム

年齢別データ

大阪杯 2018 年齢別データ

(過去10回)

4歳馬が10年間で5勝と半数を占めており、4歳&5歳馬で9勝とこの2世代が特に強い。
若さが武器になっている。
年齢を重ねるごとに成績が下がっていき、7歳を超えるとガクッと成績が落ちる。
高齢馬には厳しいデータとなっている。

〇・4歳&5歳

  • ミッキースワロー
  • サトノダイヤモンド
  • ペルシアンナイト
  • アルアイン
  • トリオンフ
  • ウインブライト
  • ダンビュライト
  • スワーヴリチャード
  • メートルダール

×・7歳以上

  • スマートレイアー
  • ゴールドアクター
  • サトノノブレス

前走の馬体重別データ

大阪杯 2018 馬体重別データ

(過去10回)

馬体重ではそこまで大きなデータ差は見られない。
大きな馬も小さな馬もまんべんなく馬券に絡んでいる印象を受ける。

調教後の馬体重

大阪杯 2018 調教後の馬体重

JRAが発表した大阪杯に出走する馬の調教後に計測した馬体重です。
二桁を超える大きな増減はダンビュライト(+20kg)、マサハヤドリーム(+12kg)となっています。

調教後の馬体重の時点で前走より馬体重を減らしているのはゴールドアクター(-2kg)、ミッキースワロー(-4kg)。
ここからレースまでに変動があると思いますので、当日の馬体重にもご注目ください。

前走の着順別データ

大阪杯 2018 前走の着順別データ

(過去10回)

データからみると前走で5着以内に入っていないと大阪杯で馬券に絡むのは厳しい。
とくに二桁着順からの巻き返しは全くない。
前哨戦でもきっちり結果を残している馬を抑えなければならない。

〇・前走5着以内

  • ミッキースワロー
  • サトノダイヤモンド
  • ヤマカツエース
  • シュヴァルグラン
  • ペルシアンナイト
  • スマートレイアー
  • アルアイン
  • トリオンフ
  • サトノノブレス
  • ウインブライト
  • マサハヤドリーム
  • ダンビュライト
  • スワーヴリチャード

所属別データ

大阪杯 2018 所属別データ

(過去10回)
関西圏で行われるレースなだけあって関西馬の強さが目立つ。
勝ち馬は関西馬からしか出ていない。

×・関東馬

  • ミッキースワロー
  • ゴールドアクター
  • ウインブライト
  • メートルダール

出走馬の阪神芝コース相性データ

(複勝率5割以上)
阪神芝コースで複勝率が5割を超えている相性のいい馬をピックアップした。
特に阪神芝コースを得意としているのは3戦3勝のサトノダイヤモンドと6勝をマークしているスマートレイアー。

右回りに不安のあるスワーヴリチャードも2歳時とはいえ2戦して1勝・2着1回。
結果を残している。

阪神コースが初めてなのはミッキースワローとウインブライト、メートルダールの関東馬3頭となっている。

〇・コース相性

  • サトノダイヤモンド
  • シュヴァルグラン
  • ペルシアンナイト
  • スマートレイアー
  • ゴールドアクター
  • アルアイン
  • トリオンフ
  • サトノノブレス
  • ヤマカツライデン
  • スワーヴリチャード

人気別データ

大阪杯 2018 オッズデータ

(過去10年)
大阪杯では1番人気が連対率70%、複勝率90%と安定し、昨年もキタサンブラックが1番人気で優勝した。
好走馬を2頭以上出すのは7番人気までで、昨年2着のステファノスがその7番人気だったことからも、穴ならこのあたりまでが目安になりそうだ。
今年はフルゲートとなったものの、あまり大穴狙いは危険な気配。

追い切り・コメント

2018年・大阪杯の追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後のコメントも書いております。

大阪杯 2018 追い切り

【大阪杯2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

大阪杯 2018の追い切り・コメントの情報です。大阪杯に出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

関連記事
今週の他のレースの追い切り記事はこちら。
【ダービー卿チャレンジトロフィー2018】追い切り/各馬の状態を見極めろ

データから導かれる注目馬

上記のデータから大阪杯で注目したい三頭はこちらだ。

・アルアイン(Al Ain)

皐月賞 2017 アルアイン

アルアイン・4歳牡馬
9戦4勝 [4-2-0-3]
父:ディープインパクト
母:ドバイマジェスティ
母父:Essence of Dubai
馬名の由来:UAE東部にある遺跡群で、ユネスコ世界遺産。アラビア語で泉の意
前走:京都記念・2着(3番人気)
(鞍上予定:川田将雅)

最初に取り上げたいのは「アルアイン」。
ディープインパクト産駒は阪神2000mを得意としており、昨年7番人気で2着に入ったステファノスもディープインパクト産駒だった。
他にも年齢、前走レース、前走の着順などのデータでもアルアインは加点を得た。
レースレコードタイムで皐月賞を優勝しているように2000mは得意な距離。
2つ目のG1タイトルはすぐそこにある。

・スワーヴリチャード(Suave Richard)

スワーヴリチャード

スワーヴリチャード・4歳牡馬
9戦4勝 [4-3-0-2]
父:ハーツクライ
母:ピラミマ
母父:Unbridled’s Song
馬名の由来:冠名+人名より
前走:金鯱賞・1着(1番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

前哨戦の金鯱賞を制した「スワーヴリチャード」からも目が離せない。
どのデータでもスワーヴリチャードの名前が挙がり、スキはない。
ファンの心配は右回り適性だろう。
阪神コース自体は2歳時の条件戦で結果を残しているがビッグレースでは未知数。
他のデータを追い風にG1タイトルを奪取できるか。

・ペルシアンナイト(Persian Knight)

マイルチャンピオンシップ 2017 ペルシアンナイト

ペルシアンナイト・4歳牡馬
10戦4勝 [4-2-1-3]
父:ハービンジャー
母:オリエントチャーム
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:ペルシャの騎士
前走:中山記念・5着(1番人気)
(鞍上予定:福永祐一)

昨年のマイルチャンピオンシップ覇者「ペルシアンナイト」もデータからは買いだ。
大阪杯でもっとも成績を残している3枠に入ったのは大きなプラス要因。
血統的にもハービンジャー産駒は阪神2000mでしっかり結果を残しているし、他のデータでもペルシアンナイトの名前が挙がっている。
前走の敗戦で人気を落とすようならおいしい配当をプレゼントしてくれそうだ。

危険な人気馬

上記のデータから厳しいデータが揃ってしまった人気馬を1頭ピックアップした。

・ミッキースワロー(Mikki Swallow)

セントライト記念 2017 ミッキースワロー

ミッキースワロー・4歳牡馬
8戦3勝 [3-1-1-3]
父:トーセンホマレボシ
母:マドレボニータ
母父:ジャングルポケット
馬名の由来:冠名+ツバメ
前走:アメリカジョッキークラブカップ・2着(1番人気)
(鞍上予定:横山典弘)

期待の関東馬「ミッキースワロー」に危険信号が灯った。
関東馬は大阪杯では10年間勝てていない。
枠順も1枠は鬼門の枠で、初の阪神遠征も心配材料。
データを超越する走りを見せられるか。

過去5回の危険な人気馬の成績
  • 中山記念 ヴィブロス 8着(3番人気)
  • 弥生賞 オブセッション 7着(3番人気)
  • フィリーズレビュー アンヴァル 4着(3番人気)
  • 阪神大賞典 アルバート 4着(2番人気)
  • 高松宮記念 ダンスディレクター 4着(4番人気)
関連記事