【桜花賞2018】予想オッズ・出走予定馬/散りゆく桜に思いを寄せて

桜花賞 2017 レーヌミノル

桜花賞 2018の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。桜花賞の出走登録は25頭。出走予定馬にはラッキーライラックやマウレアなどが名を連ねています。桜の女王にふさわしき乙女の走りを見せるのは?

散りゆく桜に思いを寄せて

2018年4月8日(日) | 2回阪神6日 | 15:40 発走
第78回 桜花賞(GI)芝・右・外 1600m
Oka Sho(Japanese 1000 Guineas) (G1)

スポンサーリンク

過去の傾向

桜花賞」は芝1600mで行われる定量戦で、1着馬には1億500万円が贈られる。

配当的には1番人気は3勝・2着1回・3着1回と複勝率は5割。
先週の大阪杯の複勝率が9割だったことを考えると悪さが目立つ。
今年はラッキーライラックが断然の支持を受けそう。
過去10年で1倍台の支持を受けた馬は5頭でその内2頭は馬券外に飛んでいる(2015年ルージュバック・9着、2016年メジャーエンブレム・4着)。
少し迷ってしまうデータとなっている。

二桁人気の馬は10年間で78頭が出走して馬券圏内は1勝を含む4頭。
二桁人気で優勝したのは2008年のレジネッタ。
12番人気で勝利し大波乱を演出した。

三連単が10万円以上の高配当を出したのは10年で3度。
1番人気があまり来ていない割にはそこまで荒れておらず、あまり大振りな予想は危険。

先週の注目レース

出走予定馬

2018年の桜花賞に25頭が登録を済ませております。
フルゲートは18頭となっています。

優先出走馬
  • ラッキーライラック(石橋脩)55.0kg
  • マウレア(武豊)55.0kg
  • リリーノーブル(川田将雅)55.0kg
  • リバティハイツ(北村友一)55.0kg
  • アンコールプリュ(藤岡康太)55.0kg
  • デルニエオール(池添謙一)55.0kg
  • ハーレムライン(大野拓弥)55.0kg
  • レッドレグナント (M.デムーロ)55.0kg
賞金上位馬
  • アーモンドアイ(C.ルメール)55.0kg
  • プリモシーン(戸崎圭太)55.0kg
  • モルトアレグロ(田辺裕信)55.0kg
  • アンヴァル(藤岡佑介)55.0kg
  • コーディエライト(和田竜二)55.0kg
  • レッドサクヤ(松山弘平)55.0kg
  • アマルフィコースト(浜中俊)55.0kg
  • ツヅミモン(秋山真一郎)55.0kg
抽選対象馬(3頭中2頭が出走可能)
  • スカーレットカラー(岩田康誠)55.0kg
  • トーセンブレス(柴田善臣)55.0kg
  • フィニフティ(福永祐一)55.0kg
除外対象馬
  • サヤカチャン(幸英明)55.0kg
  • アリア(国分恭介)55.0kg
  • イサチルルンルン(未定)55.0kg
  • シグナライズ(未定)55.0kg
  • ラブカンプー(未定)55.0kg
  • ファストライフ(未定)55.0kg
関連記事

出走予定馬・ピックアップ

阪神競馬場で行われる芝G1「桜花賞」。
今年は25頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・ラッキーライラック(Lucky Lilac)

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 ラッキーライラック

ラッキーライラック・3歳牝馬
4戦4勝 [4-0-0-0]
父:オルフェーヴル
母:ライラックスアンドレース
母父:Flower Alley
馬名の由来:五弁のライラックの花(幸運のシンボル)
前走:チューリップ賞・1着(1番人気)
(鞍上予定:石橋脩)

ここまで4戦4勝と無敗で桜花賞に駒を進めてきた「ラッキーライラック」。
2歳女王の座を射止め、今年初戦のチューリップ賞も制している。

これまで欠点らしい欠点が見当たらない。
コース&距離は克服済みで、休み明けを叩いて1週前追い切りもCWコースで6F 82.7-38.3-11.6と抜群の動きを見せている。
なかなか粗が見つからない。

2004年のダンスインザムード以来の無敗の桜花賞馬に挑むラッキーライラック。
素直に彼女を評価したほうがよさそうだ。

関連記事
・リリーノーブル(Lily Noble)

リリーノーブル

リリーノーブル・3歳牝馬
4戦2勝 [2-1-1-0]
父:ルーラーシップ
母:ピュアチャプレット
母父:クロフネ
馬名の由来:百合+気品。百合の花言葉は純潔、威厳
前走:チューリップ賞・3着(2番人気)
(鞍上予定:川田将雅)

桜花賞でリベンジを誓う一頭の「リリーノーブル」。
阪神ジュベナイルフィリーズでは2着、チューリップ賞3着といずれもラッキーライラックの後塵を拝してきた。

前哨戦のチューリップ賞ではマウレアにも敗れ3着となったが道中ずっと外を回った影響もあったか直線では伸びあぐねた。
ただ休み明けの一戦という点を考えればそこまで悲観する内容でもないだろう。
中間の調教ではびっしり追われており、先週も坂路で好時計をマークしているように気配は上昇中。

2歳女王との戦いは3度目。
3度目の正直となるか。

・マウレア(Mau Lea)

マウレア

マウレア・3歳牝馬
5戦2勝 [2-1-1-1]
父:ディープインパクト
母:バイザキャット
母父:Storm Cat
馬名の由来:永遠の喜び(ハワイ語)
前走:チューリップ賞・2着(3番人気)
(鞍上予定:武豊)

こちらも打倒ラッキーライラックに燃える「マウレア」。

リリーノーブルのように阪神ジュベナイルフィリーズで3着、チューリップ賞で2着と上位争いには絡んでいるが勝てていない。
マウレアにとって気がかりなのはクイーンカップを挟んでいることだ。
クイーンカップで賞金を加算できなかったためチューリップ賞を挟むこととなり、レース間隔が狭まった。
元々440kg前後とそこまで馬格がある馬ではないため、これ以上の馬体減は厳しい。

中間は栗東に滞在して調整されており、調教師のコメントではプラス体重で出走できそうとのこと。
当日の気配をしっかりチェックしたい一頭だ。

関連記事
・アーモンドアイ(Almond Eye)

シンザン記念 2018 アーモンドアイ

アーモンドアイ・3歳牝馬
3戦2勝 [2-1-0-0]
父:ロードカナロア
母:フサイチパンドラ
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:美人とされる顔の目の形
前走:シンザン記念・1着(1番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

別路線組から注目を集めているのは「アーモンドアイ」。
シンザン記念では牡馬相手に一頭別次元の末脚で他馬を差し切り重賞初制覇を果たした。
多少メンバーが手薄だったとは言え、あの切れ味は魅力的。

シンザン記念から直行して桜花賞で好走した馬は皆無。
データを打ち破る走りに期待したい。

関連記事
・リバティハイツ(Liberty Heights)

フィリーズレビュー 2018 リバティハイツ

リバティハイツ・3歳牝馬
4戦2勝 [2-1-1-0]
父:キングカメハメハ
母:ドバウィハイツ
母父:Dubawi
馬名の由来:映画名
前走:フィリーズレビュー・1着(8番人気)
(鞍上予定:北村友一)

桜花賞トライアル・フィリーズレビューの勝ち馬「リバティハイツ」も決して劣っていない。
フィリーズレビューでは500万も勝っていなかったため8番人気と決して評価は高くなかったものの混戦を抜け出し重賞制覇を果たした。

1600m戦では勝利も挙げており距離に不安はない。
チューリップ賞組に注目が集まっている隙をついて一発を狙う。

関連記事
・デルニエオール(Dernier Or)

デルニエオール

デルニエオール・3歳牝馬
4戦2勝 [2-0-1-1]
父:ステイゴールド
母:オリエンタルアート
母父:メジロマックイーン
馬名の由来:最後の金(仏)
前走:フィリーズレビュー・3着(5番人気)
(鞍上予定:池添謙一)

フィリーズレビューで3着に入り滑り込みで出走権を獲得した「デルニエオール」。
なんといってもこの馬の魅力は血統だろう。
兄にオルフェーヴルやドリームジャーニーといった名馬がズラリと並ぶ良血馬だ。
鞍上も今回は兄たちの背中を知る池添騎手に戻る。

何かを起こしてくれそうな狂気の血統に期待したい。

・ハーレムライン(Harlem Line)

ハーレムライン

ハーレムライン・3歳牝馬
7戦3勝 [3-1-2-1]
父:マンハッタンカフェ
母:マクリス
母父:グルームダンサー
馬名の由来:マンハッタンの鉄道路線名
前走:アネモネ賞・1着(1番人気)
(鞍上予定:大野拓弥)

3連勝と勢いに乗って桜花賞に挑む「ハーレムライン」。
1番人気で挑んだアネモネ賞では2番手から上り最速タイムで駆け上がり勝利を収めた。

アネモネ賞組が馬券に絡んだのは2008年のソーマジック(5番人気・3着)までさかのぼる。
常識を覆せるか。

関連記事

他には優先出走権を得ている「アンコールプリュ」や「レッドレグナント」、フェアリーステークスを制した「プリモシーン」やエルフィンステークス勝ち馬の「レッドサクヤ」なども出走予定馬に名を連ねています。

桜花賞は2018年4月8日(日)の15時40分発走予定です。

予想オッズ

2018年・桜花賞の予想オッズです。
カッコ内はオッズとなっています。

  1. ラッキーライラック(1.8)
  2. アーモンドアイ(3.5)
  3. リリーノーブル(5.5)
  4. マウレア(6.0)
  5. レッドレグナント(15.0)
  6. フィニフティ(18.0)
  7. アンコールプリュ(25.0)
  8. デルニエオール(30.0)
  9. リバティハイツ(33.0)
  10. プリモシーン(37.0)
  11. レッドサクヤ(☆)
  12. ハーレムライン(☆)
  13. トーセンブレス(☆)
  14. アマルフィコースト(☆)
  15. アンヴァル(☆)
  16. スカーレットカラー(☆)
  17. モルトアレグロ(☆)
  18. ツヅミモン(☆)
  19. コーディエライト(☆)
  20. サヤカチャン(☆)
  21. シグナライズ(☆)
  22. イサチルルンルン(☆)
  23. ラブカンプー(☆)
  24. ファストライフ(☆)
  25. アリア(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

10年間の人気別データ

桜花賞 2018 オッズデータ

プレゼンター

桜花賞の表彰式プレゼンターには2018年JRA CM「HOT HOLIDAYS!」に出演中の柳楽優弥さんが登場予定となっています。
さらにレース回顧にも出演される予定です。

日程・賞金

桜花賞

日程・発走予定時刻
2018年4月8日(日)15時40分発走予定

場所・距離
阪神競馬場・芝・1600m


G1

1着賞金
1億500万円

プレイバック

2017年4月9日(日)桜花賞(GI)

1着:レーヌミノル
2着:リスグラシュー(1/2馬身)
3着:ソウルスターリング(クビ)
4着:カラクレナイ(クビ)
5着:アエロリット(クビ)

勝ちタイム:1.34.5
勝利騎手:池添謙一
馬場:稍重

2017年・桜花賞

桜花賞 2017 レーヌミノル

【桜花賞 2017】動画・結果/レーヌミノルが桜の舞台で花咲かす

「桜花賞 2017」の動画・結果です。桜花賞の結果は1着:レーヌミノル、2着:リスグラシュー、3着:ソウルスターリング。「レーヌミノル」が勝利した2017年の桜花賞の詳しい結果、動画をご覧ください。

2017年の桜花賞は17頭での争いとなった。
前評判ではここまで4戦無敗の2歳女王・ソウルスターリングが1番人気に支持された。

レースは、好位で進めた8番人気レーヌミノルが、直線で先頭に立ってゴールまで押し切り、中団から追い上げてきた3番人気リスグラシューに1/2馬身差をつけ優勝。さらにクビ差の3着に1番人気ソウルスターリングが入った。

勝っレーヌミノルは昨夏の小倉2歳ステークスを圧勝して以降は勝ち星を挙げられないでいたが、この大舞台で見事栄冠を掴みとった。

レース後のコメント
1着 レーヌミノル(池添謙一騎手)
「一週前の追い切りで初めて乗りました。率直にいい馬だと思いましたし、チャンスのある馬を依頼していただいたと思いました。スタートが速い馬で、まずリズム良く自分の呼吸をしっかりと取ろうと思い、後ろの馬は気にしないように乗りました。手応えはしっかりありました。いい反応でしたが、先頭に立ってからが長かったです。踏ん張ってくれと思いながら追いました。何とかしのいでくれましたし、力を発揮してくれました。去年は2センチ差で負けたので、ゴール前はそれが頭をよぎりましたが、最後はレーヌミノルと頑張りました」
関連記事
スポンサーリンク

シェアする

フォローする