【オーシャンステークス2018】予想オッズ・出走予定馬/さらなる速さを求め

オーシャンステークス 2017 メラグラーナ

オーシャンステークス 2018の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。オーシャンSの出走登録は26頭。出走予定馬にはレーヌミノルやスノードラゴンなどが名を連ねています。高松宮記念へ向け重要な前哨戦。波乱多き一戦を制すのは。

2018年3月3日(土) | 2回中山3日 | 15:45 発走
第13回 オーシャンステークス(GIII)芝・右・外 1200m
Ocean Stakes (G3)

過去の傾向

オーシャンステークス」は芝1200mで行われる別定戦で、1着馬には4,100万円が贈られる。

配当的には1番人気は1勝・2着2回・3着1回と複勝率は4割。
別定戦にしては1番人気が馬券に絡まないことが多い。
ここ10年では2008年のサンアディユと2014年のハクサンムーンの2頭が単勝1倍台の断然支持を受けたがともに二桁着順。
過度な信頼は危険。

二桁人気の馬は10年間で70頭が出走して馬券圏内は3頭。
上位人気がコケるケースが多い割には大穴馬の激走も少ない。
狙いは中位人気馬となってくる。

三連単が10万円以上の高配当を出したのは10年で6度。良く荒れている。
100万以上の配当も2度あり、穴党にはおあつらえ向きのレースと言える。

先週の注目レース

出走予定馬

2018年のオーシャンステークスに26頭が登録を済ませております。
フルゲートは16頭となっています。

賞金上位馬
  • レーヌミノル(和田竜二)55.0kg
  • スノードラゴン(大野拓弥)57.0kg
  • ネロ(F.ミナリク)56.0kg
  • リエノテソーロ(吉田隼人)54.0kg
  • エポワス(田辺裕信)56.0kg
  • ラインミーティア(西田雄一郎)56.0kg
  • ジューヌエコール(北村友一)54.0kg
  • ラインスピリット(森一馬)56.0kg
  • ナックビーナス(横山典弘)54.0kg
  • アルティマブラッド(津村明秀)54.0kg
  • ビップライブリー(戸崎圭太)56.0kg
  • ロードクエスト(三浦皇成)56.0kg
  • フミノムーン(国分優作)56.0kg
  • キングハート(北村宏司)56.0kg
  • ダイメイフジ(M.デムーロ)56.0kg
地方馬
  • ブレイズアトレイル(森泰斗)56.0kg
除外対象馬
  • エイシンブルズアイ(内田博幸)56.0kg
  • トーキングドラム(田中勝春)56.0kg
  • シュウジ(未定)56.0kg
  • グレイトチャーター(未定)56.0kg
  • セカンドテーブル(水口優也)56.0kg
  • アレスバローズ(M.デムーロ)56.0kg
  • タイセイスターリー(松岡正海)56.0kg
  • アリンナ(未定)54.0kg
  • アイライン(勝浦正樹)54.0kg
  • ダイシンサンダー(武藤雅)56.0kg
関連記事
オーシャンステークスの1着馬には高松宮記念への優先出走権が与えられる。
【高松宮記念 2018】出走予定馬・日程・賞金/春の最速王が決まる

出走予定馬・ピックアップ

中山競馬場で行われる芝G3「オーシャンステークス」。
今年は26頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・レーヌミノル(Reine Minoru)

桜花賞 2017 レーヌミノル

レーヌミノル・4歳牝馬
12戦3勝 [3-2-1-6]
父:ダイワメジャー
母:ダイワエンジェル
母父:タイキシャトル
馬名の由来:女王(仏)+冠名
前走:阪神カップ・7着(4番人気)
(鞍上予定:和田竜二)

昨年の桜花賞を制した快速娘「レーヌミノル」。
マイルチャンピオンシップでも牡馬相手に4着に入るなどただの早熟馬ではないところを示した。

前走の阪神カップでは前半でいいポジションが取れず苦戦。
それでも最後は伸びてきていただけに力負けではないはず。

1200m戦は2戦2勝。彼女のスピードを生かす舞台は揃った。

・ネロ(Nero)

京阪杯 2017 ネロ

ネロ・7歳牡馬
37戦8勝 [8-8-1-20]
父:ヨハネスブルグ
母:ニシノタカラヅカ
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:ローマ皇帝名より
前走:京阪杯・1着(9番人気)
(鞍上予定:F.ミナリク)

京阪杯を連覇している韋駄天「ネロ」。
安定感には欠けるが、短距離重賞ではかかせない存在になりつつある。

オーシャンステークスは2016年に4着の経験あり。
スプリンターズステークスでは大敗続きも中山競馬場自体は相性がいい。

前走の京阪杯は58kgでの勝利。
今回は斤量が56kgになるのでさらなるスピードアップが期待できるぞ。

・ナックビーナス(Nac Venus)

【葵ステークス 2016】動画・結果/ナックビーナスが内から鋭く抜け出す

ナックビーナス・5歳牝馬
23戦6勝 [6-7-3-7]
父:ダイワメジャー
母:レディトゥプリーズ
母父:More Than Ready
馬名の由来:冠名+美の女神
前走:シルクロードステークス・5着(6番人気)
(鞍上予定:横山典弘)

中山1200mの舞台を待っていた「ナックビーナス」。
満を持しての参戦だ。

これまで中山のオープン特別戦では2勝・2着2回。
昨年のオーシャンステークスでも2着と抜群の成績を残している。

鞍上にも彼女の背中を最も知る横山典弘騎手が帰ってくる。
待望の重賞制覇は目前だ。

・スノードラゴン(Snow Dragon)

スノードラゴン

スノードラゴン・10歳牡馬
53戦8勝 [8-13-6-26]
父:アドマイヤコジーン
母:マイネカプリース
母父:タヤスツヨシ
馬名の由来:ユリ科の常緑多年草
前走:カペラステークス・2着(8番人気)
(鞍上予定:大野拓弥)

白い顔に黄色のシャドーロールがトレードマークの「スノードラゴン」。
10歳になっても元気に参戦だ。

オーシャンステークスには今回で4度目の挑戦。
2014年には2着、2016年は3着と結果も残している。

昨年もダートの重賞で2度の馬券圏内&スプリンターズステークスでも4着とまだまだやれるところを見せている。
おっさんになっても若い者には負けてられない。

他には久々の1200m戦に挑戦するNHKマイルカップ2着馬「リエノテソーロ」や前走の淀短距離ステークスを制した「ラインスピリット」、昨年キーンランドカップを制した「エポワス」なども出走予定馬に名を連ねています。

オーシャンステークスは2018年3月3日(土)の15時45分発走予定です。

予想オッズ

2018年・オーシャンステークスの予想オッズです。
カッコ内はオッズとなっています。

  1. レーヌミノル(3.0)
  2. ナックビーナス(4.0)
  3. ネロ(4.5)
  4. ビップライブリー(6.0)
  5. ロードクエスト(8.0)
  6. ダイメイフジ(10.0)
  7. リエノテソーロ(12.0)
  8. アルティマブラッド(16.0)
  9. ラインスピリット(19.0)
  10. スノードラゴン(22.0)
  11. エポワス(35.0)
  12. タイセイスターリー(40.0)
  13. キングハート(45.0)
  14. ジューヌエコール(☆)
  15. セカンドテーブル(☆)
  16. エイシンブルズアイ(☆)
  17. アレスバローズ(☆)
  18. ラインミーティア(☆)
  19. シュウジ(☆)
  20. フミノムーン(☆)
  21. アイライン(☆)
  22. アリンナ(☆)
  23. ブレイズアトレイル(☆)
  24. グレイトチャーター(☆)
  25. トーキングドラム(☆)
  26. ダイシンサンダー(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

10年間の人気別データ

オーシャンステークス 2018 オッズデータ

日程・賞金

【オーシャンステークス 2016】動画・結果/エイシンブルズアイが勝利し重賞初制覇

日程・発走予定時刻
2018年3月3日(土)15時45分発走予定

場所・距離
中山競馬場・芝・1200m


G3

1着賞金
4,100万円

プレイバック

2017年3月4日(土)オーシャンステークス(GIII)

1着:メラグラーナ
2着:ナックビーナス(1/2馬身)
3着:クリスマス(アタマ)
4着:ブレイブスマッシュ(ハナ)
5着:ブラヴィッシモ(1馬身)

勝ちタイム:1.08.3
勝利騎手:戸崎圭太
馬場:良

2017年・オーシャンステークス

オーシャンステークス 2017 メラグラーナ

【オーシャンステークス 2017】動画・結果/メラグラーナが人気に答え差し切る

「オーシャンステークス 2017」の動画・結果です。オーシャンステークスの結果は1着:メラグラーナ、2着:ナックビーナス、3着:クリスマス。「メラグラーナ」が勝利した2017年のオーシャンSの詳しい結果、動画をご覧ください。

2017年のオーシャンステークスは16頭での争いとなった。
前評判では同条件で行われたラピスラズリステークスを快勝してきたメラグラーナが1番人気に支持された。

レースは、中団で進めた1番人気メラグラーナが、直線で外から各馬を差し切り、内で脚を伸ばした3番人気ナックビーナスに1/2馬身差をつけ優勝。さらにアタマ差の3着に4番人気クリスマスが入った。

勝ったメラグラーナはこれが重賞初制覇となった。

レース後のコメント
1着 メラグラーナ(戸崎圭太騎手)
「前走も強い勝ち方でしたし、自信を持って乗りました。最初に乗ったときから力を感じていましたし、1200mでより強い競馬を見せていますから、いよいよだなと感じます。馬の成長を感じましたし、力強さも出ています。賢い馬で、どんな競馬にも対応できます。楽しみです」
関連記事