【オークス2018】データ・枠順/データから勝利の方程式を解く

桜花賞 2018 アーモンドアイ

オークス 2018のデータ・枠順の情報です。2018年・オークスのデータは枠順別や脚質別、種牡馬別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報からオークスでの激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

データから勝利の方程式を解く

2018年5月20日(日) | 2回東京10日 | 15:40 発走
第79回 オークス(GI)芝・左 2400m
Yushun Himba(Japanese Oaks) (G1)

枠順

オークス 2018 枠順

オークス」の枠順が発表されました。
一冠目の桜花賞を制したアーモンドアイは7枠13番、昨年の2歳女王で桜花賞2着のリベンジを狙うラッキーライラックは1枠2番、前哨戦のフローラステークスで破壊力抜群の末脚を披露したM.デムーロ騎手騎乗のサトノワルキューレは6枠11番、惜敗続きにピリオドを打ちたい桜花賞3着馬リリーノーブルは1枠1番に入った。

※トーセンブレスは左前挫石のため出走を取り消した。

出走予定馬・予想オッズ

2018年・オークスの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

オークス 2017 ソウルスターリング

【オークス2018】予想オッズ・出走予定馬/距離対応がカギ

オークス 2018の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。オークスの出走登録は20頭。出走予定馬にはアーモンドアイやラッキーライラックなどが名を連ねています。3歳牝馬には過酷な2400mの戦い。距離に対応できた馬に勝利の女神が微笑む。

データ

2018年・オークスのデータです。
黄色はいいデータ赤色は悪いデータに該当する馬名となっております。

関連記事
今週は他に平安ステークスが開催される。
【平安ステークス2018】予想オッズ・出走予定馬/世代交代の波

枠順別データ

オークス 2018 枠順別データ

(過去20年)

データからそこまで大きな内枠・外枠の差は見られない。
どちらかと言えば内枠の方がいいかな、といったレベル。
そこまで気にしなくてもよいかもしれない。

枠順別で好成績なのは「2枠」。
最多の5勝を挙げており、複勝率もトップの数字を残している。

逆に成績が良くないのは「4枠」。
複勝率は唯一1割を切っており、回収率もボロボロ。
割り引いて考えていきたい。

〇・2枠

  • マウレア
  • トーセンブレス

×・4枠

  • トーホウアルテミス
  • サトノワルキューレ

脚質別データ

オークス 2018 脚質別データ

(過去20年)
脚質的には差し馬が圧倒的に差しが優勢。
オークスが初の長距離戦という馬が多く、折り合いに苦労しがち。
うまくレースの流れに乗れそうな馬を選別したい。

種牡馬別データ

オークス 2018 種牡馬別データ

(東京競馬場の芝2400mで行われた過去5年)

東京芝2400mを特に得意としている種牡馬は「ディープインパクト」。
ほとんどの距離でトップに立つディープがこの距離でも勝率から複勝率まで傑出した成績を残している。
今年は産駒を大挙7頭送り込んでおり、しっかりチェックしておきたい。

他には勝率が二桁を超える「キングカメハメハ」や「ルーラーシップ」までチェックしておきたい。

〇・種牡馬別での好データ馬

  • マウレア(ディープインパクト)
  • トーセンブレス(ディープインパクト)
  • カンタービレ(ディープインパクト)
  • オールフォーラヴ(ディープインパクト)
  • サトノワルキューレ(ディープインパクト)
  • レッドサクヤ(ディープインパクト)
  • オハナ(ディープインパクト)
  • ウインラナキラ(キングカメハメハ)
  • リリーノーブル(ルーラーシップ)
  • シスターフラッグ(ルーラーシップ)
  • パイオニアバイオ(ルーラーシップ)
  • ロサグラウカ(ルーラーシップ)

通算出走数別データ

オークス 2018 通算出走数別データ

(過去10年)

これまでの通算出走別でみると特に活躍しているのは4戦~5戦の馬が良く馬券に絡んでいる。
多すぎなく少なすぎない、いいバランスなのがこのぐらいのキャリアなのだろう。

3戦以下の馬や7戦以上の馬は勝率がかなり低く、割り引いて考えてもよさそうだ。

〇・4戦~5戦

  • リリーノーブル
  • ラッキーライラック
  • トーセンブレス
  • カンタービレ
  • サトノワルキューレ
  • レッドサクヤ
  • アーモンドアイ
  • ランドネ
  • オハナ

×・3戦以下&7戦以上

  • オールフォーラヴ
  • トーホウアルテミス
  • シスターフラッグ
  • パイオニアバイオ
  • サヤカチャン
  • ウスベニノキミ
  • ウインラナキラ
  • ロサグラウカ

馬体重別データ

オークス 2018 馬体重別データ

(過去10年)

馬体重別でみると馬券に絡んだ馬のほとんどが420kgから479kgの馬だ。
小さすぎず、大きすぎない馬たちがよく馬券に絡んでいること頭に入れておこう。

※下に馬名が上がっているのは前走の馬体重の数字で掲載しています。当日の馬体重を見極めてください。

〇・420kgから479kg

  • マウレア
  • トーセンブレス
  • カンタービレ
  • オールフォーラヴ
  • トーホウアルテミス
  • サトノワルキューレ
  • レッドサクヤ
  • パイオニアバイオ
  • サヤカチャン
  • アーモンドアイ
  • ウスベニノキミ
  • ロサグラウカ

調教後の馬体重

オークス 2018 調教後の馬体重

JRAが発表したオークスに出走する馬の調教後に計測した馬体重です。
二桁を超える大きな増減はラッキーライラック(+16kg)、オールフォーラヴ(+18kg)、トーホウアルテミス(+14kg)、ウインラナキラ(+10kg)となっています。

調教後の馬体重の時点で前走より馬体重を減らしている馬はいません。
ここからレースまでに変動があると思いますので、当日の馬体重にもご注目ください。

前走の着順別データ

オークス 2018 前走の着順別データ

(過去10年)

前走で3着以内と結果を残していた馬がかなりの確率でオークスでも馬券に絡んでいるようだ。
前走の勢いそのままに本番でも好走する馬が多い。

前走で6着以下と大敗していた馬が馬券に絡んだ馬は5頭いるが、そのうち4頭は桜花賞での大敗だった。
他路線からの大敗組はかなり厳しい。

〇・前走1着から3着

  • リリーノーブル
  • ラッキーライラック
  • カンタービレ
  • オールフォーラヴ
  • トーホウアルテミス
  • サトノワルキューレ
  • パイオニアバイオ
  • アーモンドアイ
  • ランドネ
  • ロサグラウカ

×・桜花賞以外のレースで6着以下

  • サヤカチャン
  • ウスベニノキミ
  • ウインラナキラ
  • オハナ

前走の人気別データ

オークス 2018 前走の人気別データ

(過去10年)

過去10年の勝ち馬すべてが前走で5番人気以内だった。
さらに掘り下げると、勝率から複勝率まで飛びぬけて成績がいいのは前走1番人気だった馬。
半分近い馬がオークスでも馬券になっている。
前走で1番人気だった馬はラッキーライラック、オールフォーラヴ、サトノワルキューレの3頭。

〇・前走5番人気以内

  • リリーノーブル
  • ラッキーライラック
  • マウレア
  • カンタービレ
  • オールフォーラヴ
  • サトノワルキューレ
  • シスターフラッグ
  • アーモンドアイ
  • ランドネ
  • ロサグラウカ
  • オハナ

所属別データ

オークス 2018 所属別データ

(過去10回)

関西馬がわずかにリードしているものの大きな差はなし。
さほど気にする必要はなさそうだ。

前走のレース別データ

オークス 2018 前走のレース別データ

(過去10年)

オークスでは馬券に絡む前走レースがはっきりしている。
桜花賞と忘れな草賞とフローラステークスを使ってきた馬が馬券のほとんどを占めている。
これ以外のローテーションから来たのは皐月賞から挑んだバウンスシャッセ(3着)のみ。
今年は皐月賞からオークスに挑む馬はいないので、必然的に上で挙げた3つのレースに絞られる。

この路線以外の馬はバッサリいってもいいかもしれない。

〇・前走で桜花賞、忘れな草賞、フローラステークスを使ってきた馬

  • リリーノーブル
  • ラッキーライラック
  • マウレア
  • トーセンブレス
  • オールフォーラヴ
  • サトノワルキューレ
  • レッドサクヤ
  • パイオニアバイオ
  • アーモンドアイ
  • ウスベニノキミ
  • オハナ

出走馬の東京芝コース相性データ

(複勝率5割以上)
東京芝コースで複勝率が5割を超えている相性のいい馬をピックアップした。
特に東京芝コースを得意としているのは勝利こそないものの5戦して【0-4-1-0】と馬券内を外していないパイオニアバイオ。
穴に面白い一頭かもしれない。

東京芝コースが初めてなのはカンタービレとオールフォーラヴ、トーホウアルテミス、ウインラナキラ、ロサグラウカの5頭となっている。

〇・コース相性

  • リリーノーブル
  • ラッキーライラック
  • マウレア
  • サトノワルキューレ
  • パイオニアバイオ
  • サヤカチャン
  • アーモンドアイ
  • ランドネ

人気別データ

オークス 2018 オッズデータ

(過去10年)
オークスは過去10年、1番人気は【4-2-1-3】と連対率60%と上々の成績。
特に近4年は4頭すべて連対と安定感を増して来ている。
そしてその近4年は、他の好走馬もすべて6番人気以内と人気馬同士の決着となっている。
未知の距離に挑む牝馬たちの戦いにしては以外にも平穏な結果がよく見られる。

追い切り・コメント

2018年・オークスの追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後のコメントも書いております。

オークス 2018 追い切り

【オークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

オークス 2018の追い切り・コメントの情報です。オークスに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

関連記事
今週の他のレースの追い切り記事はこちら。
【平安ステークス2018】追い切り/各馬の状態を見極めろ

データから導かれる注目馬

上記のデータからオークスで注目したい三頭はこちらだ。

・ラッキーライラック(Lucky Lilac)

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 ラッキーライラック

ラッキーライラック・3歳牝馬
5戦4勝 [4-1-0-0]
父:オルフェーヴル
母:ライラックスアンドレース
母父:Flower Alley
馬名の由来:五弁のライラックの花(幸運のシンボル)
前走:桜花賞・2着(1番人気)
(鞍上予定:石橋脩)

最初に取り上げたいのは「ラッキーライラック」。
前走のレースで1番人気だった馬は過去10年で6勝と相性抜群。
桜花賞で1番人気を背負ったラッキーライラックには大きな期待が寄せられる。
種牡馬のデータでも父のオルフェーヴル自体はデータが少ないが、父父のステイゴールドは勝ち数2位につけており、血統は魅力的。
他にも通算出走数や前走のレース、コース相性などでも好データを獲得している。

無敗の2歳女王が前走で初の敗戦を経験した。
悔しさを糧に、オークスでの巻き返しを誓う。

・サトノワルキューレ(Satono Walkure)

フローラステークス 2018 サトノワルキューレ

サトノワルキューレ・3歳牝馬
4戦3勝 [3-0-1-0]
父:ディープインパクト
母:ヒアトゥウィン
母父:Roi Normand
馬名の由来:冠名+北欧神話の半神
前走:フローラステークス・1着(1番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

ディープインパクト産駒からは「サトノワルキューレ」に注目したい。
東京2400mでもディープインパクト産駒の強さは目立っており、軽視はできない。
他にも枠順こそよくないものの通算出走数や前走の人気、前走の着順、コース相性などほとんどの項目でサトノワルキューレの馬名が挙がった。

フローラステークスで見せた末脚は驚異的。
差し馬が多く活躍するオークスでも再び豪脚が見られるか。

・パイオニアバイオ(Pioneer Bio)

パイオニアバイオ

パイオニアバイオ・3歳牝馬
9戦1勝 [1-5-1-2]
父:ルーラーシップ
母:アニメイトバイオ
母父:ゼンノロブロイ
馬名の由来:開拓者、先駆者+冠名
前走:フローラステークス・2着(13番人気)
(鞍上予定:北村宏司)

少し穴っぽいところから「パイオニアバイオ」をピックアップしたい。
東京コースの経験が多くありながらも馬券外に飛んでいないのはプラス。
他にも種牡馬、前走の着順、馬格などもパイオニアバイオの好走を後押しする。

フローラステークスではオークスでも人気が予想されるサトノワルキューレとクビ差の接戦を演じた。
一発あるならこの馬か。

危険な人気馬

上記のデータから厳しいデータが揃ってしまった人気馬を1頭ピックアップした。

・カンタービレ(Cantabile)

フラワーカップ 2018 カンタービレ

カンタービレ・3歳牝馬
4戦2勝 [2-2-0-0]
父:ディープインパクト
母:シャンロッサ
母父:Galileo
馬名の由来:歌うように(音楽用語)
前走:フラワーカップ・1着(2番人気)
(鞍上予定:田辺裕信)

ここ2週連続で「危険な人気馬」に挙げた馬が馬券に絡んでしまい、申し訳ありませんでした。
今週はしっかり精査していきたい。

前走のフラワーカップを制した「カンタービレ」に危険信号が灯った。
オークスでは過去10年、フラワーカップから参戦して結果を残した馬がいない。
他にも東京コース経験がないのが不安点。

今回のオークスは人気馬にほとんど欠点がなく、上位から馬を厳選することが難しい。
あまり人気馬を無理に切らない方がいいのかもしれない。

過去5回の危険な人気馬の成績
  • 皐月賞 タイムフライヤー 10着(6番人気)
  • マイラーズカップ ヤングマンパワー 12着(5番人気)
  • 天皇賞春 アルバート 8着(6番人気)
  • NHKマイルカップ レッドヴェイロン 3着(9番人気)
  • ヴィクトリアマイル レッドアヴァンセ 3着(7番人気)
関連記事