にほんブログ村 競馬ブログへ

【フローラルウォーク賞 2016】動画・結果/アストラエンブレムが人気にこたえる

「新潟記念 2017」のデータ・枠順の情報です。新潟記念のデータは枠順別や脚質別、種牡馬別成績のものなどを掲載。さまざまな情報から激走馬を導き出す!

2017年9月3日(日) | 2回新潟12日 | 15:45 発走
第53回 新潟記念(GIII)芝・左・外 2000m
Niigata Kinen (G3)

出走予定馬・予想オッズ

2017年・新潟記念の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

【新潟記念 2016】動画・結果/アデイインザライフが外ラチ沿いから差し切る

【新潟記念 2017】出走予定馬・予想オッズ/ハンデ差が波乱を巻き起こす

「新潟記念 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。新潟記念の出走登録は17頭。アストラエンブレムやルミナスウォリアーなどが出走予定です。人気馬が苦戦する新潟のハンデ戦。今年も荒れそうな気配が…。

枠順

新潟記念 2017 枠順

新潟記念の枠順が発表されました。
人気が予想されるアストラエンブレムは6枠11番、戸崎騎手とコンビを組むハッピーモーメントは3枠6番、前走の函館記念を勝利したルミナスウォリアーは1枠2番に入った。

新潟記念の気になるデータ

2017年・新潟記念のデータです。
青字はいいデータ、赤字は悪いデータに該当する馬名となっております。

枠順別データ

新潟記念 2017 枠順別データ

(過去10回)

「3枠」が飛び抜けた成績を残している。10年間で3枠から19頭が出走して8頭も馬券に絡んでいる。中には2008年のトウショウシロッコ(14番人気・3着)や2013年のコスモネモシン(10番人気・1着)など穴馬の激走も目に付く。昨年の3枠は2頭とも馬券に絡まなかっただけに、そろそろ今年は…と思わせる。

逆に成績が良くないのは「1枠」。10年でたった1頭(2012年トランスワープ・1着)しか馬券に絡めていない。毎年あまり人気がない馬が1枠に入るのも原因にあるかもしれないが、それにしても芳しくない成績だ。

〇・3枠

  • ロイカバード
  • ハッピーモーメント

×・1枠

  • タツゴウゲキ
  • ルミナスウォリアー

脚質別データ

新潟記念 2017 脚質別データ

(過去10年)
複勝率を見ると脚質関係なくまんべんなく馬券に絡んでいるのがわかる。
あまりこだわる必要はないように感じる。

種牡馬別データ

新潟記念 2017 種牡馬別データ

(2012年以降に行われた新潟芝2000m戦)

新潟芝2000m戦で勝ち数トップの種牡馬は「ディープインパクト」。勝ち数・複勝率など他を大きく引き離し独走状態。
今年はディープインパクト産駒が4頭出走している。目が離せない。
他にも3勝以上を挙げ、複勝率が3割近くだったり、単勝・複勝回収値が高い活躍を見せている種牡馬の産駒をピックアップした。

〇・種牡馬別での好データ馬

  • ロッカフラベイビー(キングカメハメハ)
  • ロイカバード(ディープインパクト)
  • ハッピーモーメント(ディープインパクト)
  • ソールインパクト(ディープインパクト)
  • ラストインパクト(ディープインパクト)

騎手別データ

新潟記念 2017 騎手別データ

(2012年以降に行われた新潟芝2000m戦)

今年参戦している騎手で注目したいのは戸崎圭太騎手だ。勝率・複勝率は高水準で、単勝・複勝回収値も高い。このコースでの信頼度は高い。
他には4勝以上していて複勝率が3割近くの騎手や単勝・複勝回収値の高い騎手をピックアップした。

〇・騎手別での好データ馬

  • ロッカフラベイビー(内田博幸)
  • ハッピーモーメント(戸崎圭太)
  • フルーキー(北村宏司)
  • アストラエンブレム(M.デムーロ)
  • マイネルスフェーン(丸田恭介)

馬体重別データ

新潟記念 2017 馬体重別データ

(過去10年)

好成績を残している馬体重は460~499kgの馬。毎年この馬体重の馬が2頭以上絡んでいる。
しっかりチェックしておきたい。

※下に馬名が上がっているのは前走の馬体重の数字で掲載しています。当日の馬体重を見極めてください。

〇・460~499kg

  • タツゴウゲキ
  • ルミナスウォリアー
  • シャドウウィザード
  • ロッカフラベイビー
  • ロイカバード
  • フルーキー
  • スピリッツミノル
  • ソールインパクト
  • アストラエンブレム
  • マイネルフロスト
  • トーセンバジル
  • ラストインパクト
  • トルークマクト

年齢別データ

新潟記念 2017 年齢別データ

(過去10年)
馬券の中心は5歳馬と7歳馬。馬券内の半数以上はこの世代の馬で決まっている。
中でも7歳馬は人気薄のケースも多いので注目したい。

〇・5歳馬、7歳馬

  • タツゴウゲキ
  • シャドウウィザード
  • ロッカフラベイビー
  • ハッピーモーメント
  • フルーキー
  • スピリッツミノル
  • ソールインパクト
  • トーセンバジル
  • ラストインパクト
  • トルークマクト

負担斤量別データ

新潟記念 2017 負担重量別データ

(過去10年)
軽量馬より実績があって負担斤量が重い馬のほうがよく走っている傾向にある。
ハンデが重いからと言って嫌ってはいけない。

〇・55.0kg以上

  • タツゴウゲキ
  • ルミナスウォリアー
  • ロイカバード
  • カフジプリンス
  • フルーキー
  • スピリッツミノル
  • アストラエンブレム
  • マイネルフロスト
  • トーセンバジル
  • ラストインパクト

前走のレース別データ

新潟記念 2017 前走のレース別データ

(過去10年)
前走のレース別でみていくと、小倉記念・七夕賞・札幌・函館のGIII戦を使ってきた馬たちが強い。
ここ条件のレースから10年間の勝ち馬の9頭を占める。
複勝率も高いので十分にマークしておきたい。

〇・小倉記念・七夕賞・札幌・函館のGIII戦

  • タツゴウゲキ
  • ルミナスウォリアー
  • カフジプリンス
  • スピリッツミノル
  • ソールインパクト
  • マイネルフロスト

出走馬の新潟芝相性データ

(複勝率5割以上)
札幌の芝で複勝率が5割を超えている相性のいい馬をピックアップした。
中でも特に好成績なのはアストラエンブレムで【2-0-0-0】と抜群の成績を残す。

〇・コース相性

  • タツゴウゲキ
  • ルミナスウォリアー
  • シャドウウィザード
  • ロッカフラベイビー
  • ロイカバード
  • フルーキー
  • ソールインパクト
  • アストラエンブレム
  • トーセンバジル
  • ラストインパクト
  • ウインガナドル

人気別データ

新潟記念 2017 オッズデータ

(過去10年)
過去10年、1~2番人気は計【3-2-0-15】で連対率25%と人気馬としては苦戦。さらに3~4番人気は計【0-0-3-17】と散々な結果に終わっている。
5番人気以下に好走馬が多く、中でも5番人気【3-1-0-6】や、9~10番人気【1-5-1-15】あたりは複勝率30%を超えてくる。狙ってみたい数字が並んでいる。

追い切り・コメント

2017年・新潟記念の追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後のコメントも書いております。

新潟記念 2017 追い切り

【新潟記念 2017】追い切り・コメント/各馬の状態を見極めろ

「新潟記念 2017」の追い切り・コメントの情報です。新潟記念に出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

データから導かれる注目馬

上記のデータから注目したい三頭はこちらだ。

・ソールインパクト(Sole Impact)

ソールインパクト

ソールインパクト・5歳牡馬
28戦4勝 [4-4-10-10]
父:ディープインパクト
母:クリームオンリー
母父:Exchange Rate
馬名の由来:唯一の衝撃。父名、母名より連想
前走:七夕賞・3着(7番人気)
(鞍上予定:大野拓弥)

最初に新潟芝2000mで抜群の成績を残すディープインパクト産駒から「ソールインパクト」をピックアップしたい。
父ディープインパクトの成績の良さの他にも馬格、年齢、前走のレース、新潟コースの相性など多くのデータで当馬の名前が挙がった。
近6走続けて馬券圏内の走りと安定した成績が魅力。格上挑戦でも十分にやれそうな気配。

・タツゴウゲキ(Tatsu Gogeki)

小倉記念 2017 タツゴウゲキ

タツゴウゲキ・5歳牡馬
17戦4勝 [4-1-2-10]
父:マーベラスサンデー
母:ニシノプルメリア
母父:シングスピール
馬名の由来:冠名+剛撃
前走:小倉記念・1着(4番人気)
(鞍上予定:秋山真一郎)

こちらも多くのデータがあてはまったタツゴウゲキ。
枠こそあまりよくないが、年齢、馬格、前走レース、コース相性などでも加点を得た。
前走の小倉記念は急遽の乗り替わりだったが、今回は引き続き秋山騎手とのコンビ。重賞連勝なるか。

・ロッカフラベイビー(Rock a Hula Baby)

ロッカフラベイビー

ロッカフラベイビー・5歳牝馬
22戦4勝 [4-3-3-12]
父:キングカメハメハ
母:シーディドアラバイ
母父:ジャングルポケット
馬名の由来:恋人はフラダンス娘。父名より連想
前走:佐渡S・1着(1番人気)
(鞍上予定:内田博幸)

3頭目にはロッカフラベイビーをピックアップしたい。
種牡馬のキングカメハメハはこのコースを得意としており、騎手、馬格、年齢、コース相性などでも好データを得た。
夏競馬の終わりを牝馬が締める。

予想

管理人が独断と偏見で予想した「新潟記念」!
◎・[最強]競馬ブログランキングへ
(競馬の魅力・ブログ紹介文に記載しています。)
〇・タツゴウゲキ
▲・アストラエンブレム
★・ロッカフラベイビー
△・ルミナスウォリアー・ハッピーモーメント・マイネルフロスト

本命は[最強]競馬ブログランキングに書かせていただきました。
脂がのった5歳馬のこの馬を本命にした。重賞勝ちこそないものの、いつでも勝てそうな走りを見せている。そろそろタイトルを取ってほしい。

対抗はタツゴウゲキ。前走の勝利はフロックではないはず。ここでもいいレースをして秋につなげたいところだろう。
他には新潟コース2戦2勝のアストラエンブレムや前走の勝ちっぷりを評価したいロッカフラベイビーなどを選出した。

関連記事

・今週は他に札幌2歳ステークスや小倉2歳ステークスが行われる。

【札幌2歳ステークス 2016】動画・結果/トラストが見事に逃げ切り勝ち

【札幌2歳ステークス 2017】出走予定馬・予想オッズ/北からクラシックへ向けて

「札幌2歳ステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。札幌2歳Sの出走登録は15頭。クリノクーニングやロックディスタウンなどが出走予定です。ここからクラシックを賑わす馬を多数輩出している。今年のメンバーにもいるはずだ。

札幌2歳ステークス 2017 追い切り

【札幌2歳ステークス 2017】追い切り・コメント/抜群の動きを見せたのは

「札幌2歳ステークス 2017」の追い切り・コメントの情報です。札幌2歳Sに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

【小倉2歳ステークス 2016】動画・結果/レーヌミノルがスピードの違いで突き放す

【小倉2歳ステークス 2017】出走予定馬・予想オッズ/スピード豊かな若駒たち

「小倉2歳ステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。小倉2歳Sの出走登録は19頭。アイアンクローやモズスーパーフレアなどが出走予定です。昨年の優勝馬・レーヌミノルは後に桜花賞を制した。今年もクラシックを賑わす馬が出てくるか?

小倉2歳ステークス 2017 追い切り

【小倉2歳ステークス 2017】追い切り・コメント/追い切りが結果につながる

「小倉2歳ステークス 2017」の追い切り・コメントの情報です。小倉2歳Sに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

・10月1日にはヨーロッパの芝・最強馬決定戦「凱旋門賞」が開催される。

【凱旋門賞 2016】動画・結果/ファウンドが優勝・マカヒキは馬群に沈む

【凱旋門賞 2017】出走予定馬・オッズ・賞金/サトノダイヤモンドが挑戦

2017年10月1日にフランス・シャンティイ競馬場で行われるヨーロッパの芝・最強馬決定戦「凱旋門賞」。2017年で第96回を迎える。昨年はファウンドが制した。今年は日本馬ではサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定。出走予定馬・オッズ・賞金・日程などをチェックしてみよう。

・10月29日の天皇賞秋には楽しみなメンバーがズラリ!大注目の一戦となる。

【天皇賞秋 2016】動画・結果/モーリスが名手に導かれG1・5勝目を挙げる

【天皇賞秋 2017】出走予定馬・日程・賞金/この秋最大のビックマッチ

2017年10月29日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦となる「天皇賞秋」。天皇賞秋は2017年で第156回を迎え、毎年熾烈な戦いが繰り広げられる。昨年はモーリスが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。