【鳴尾記念2018】追い切り/各馬の状態を見極めろ

鳴尾記念 2018 追い切り

鳴尾記念 2018の追い切り・コメントの情報です。鳴尾記念に出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

各馬の状態を見極めろ

2018年6月2日(土) | 3回阪神1日 | 15:35 発走
第71回 鳴尾記念(GIII)芝・右 2000m
Naruo Kinen (G3)

出走予定馬・予想オッズ

2018年・鳴尾記念の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや賞金などについても書いております。

鳴尾記念 2017 ステイインシアトル

【鳴尾記念2018】予想オッズ・出走予定馬/開幕馬場がカギを握る

鳴尾記念 2018の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。鳴尾記念の出走登録は12頭。出走予定馬にはトリコロールブルーやトリオンフなどが名を連ねています。G1や秋のレースに向けてここで賞金を加算できる馬は?

関連記事

追い切り

鳴尾記念に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイム・コメントです。

他のレースの追い切り
今週行われる他のレースの追い切り記事です。
【安田記念2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは
・サトノノブレス

前走時追い切り・大阪杯(15着)
栗東・CW・良
6F 84.2-68.0-52.2-37.6-11.5

最終追い切り
5月30日・栗東・CW・良
6F 86.8-69.3-53.6-39.5-12.3

池江師
「(併せた)ペルシアンナイトには一瞬の切れで劣ったが、この馬なりに動けていた。開幕週の馬場は合うと思う」
・ストレンジクォーク

前走時追い切り・小倉大賞典(11着)
小倉・ダート・重
5F 70.2-54.1-38.9-12.0

最終追い切り
5月30日・美浦・南W・良
5F 66.7-52.0-38.9-13.1

古賀慎師
「動きは良かったし、前向きさがある。ただ、レース間隔があいているし、(転厩で)環境が変わっての初戦だから」
・ストロングタイタン

前走時追い切り・都大路ステークス(9着)
栗東・坂路・不良
800m 53.3-39.0-12.3

最終追い切り
5月30日・栗東・坂路・良
800m 50.3-36.4-23.8-12.2

池江師
「前走からさらに、動きに磨きがかかった感じ。ペースが流れてくれた方がいい」
「抜群の動き。前走も動いていたけど、叩いたことでさらにシャープに動けていました。」
・タツゴウゲキ

前走時追い切り・新潟記念(1着)
栗東・CW・良
4F 51.3-37.7-12.1

最終追い切り
5月30日・栗東・坂路・良
800m 55.0-39.9-25.6-12.4

鮫島師
「単走でしまい重点だったけど、いい動き。丹念に乗り込んできたし、ポン駆けも利く」

野田助手
「帰厩後はここを目標に順調に追い切りを消化してきた。休養期間の割に仕上がっているけど、トモにまだ緩さは残っている」

・テイエムイナズマ

前走時追い切り・都大路ステークス(13着)
栗東・坂路・不良
800m 51.8-38.2-12.9

最終追い切り
5月30日・栗東・坂路・良
800m 54.4-39.6-25.4-12.6

武英師
「休み明け3走目で確実に状態は良くなっている。調教の動きはまずまず。調整に問題はないです」
・トリオンフ

前走時追い切り・新潟大賞典(4着)
栗東・坂路・良
800m 54.0-38.2-12.4

最終追い切り
5月30日・栗東・CW・良
6F 83.5-67.0-52.7-38.1-11.8

C.ルメール騎手
「元気いっぱい。自分から動いていったし、反応も良かった。2000メートルもピッタリ。大きなチャンス」

須貝師
「前走(新潟大賞典=4着)は上がりの速い競馬になって、納得のいくレースじゃなかった。前走後のダメージはなく状態は高いレベルで安定している。秋には大きいところを目指したい馬だし、別定戦になる今回は巻き返してほしい」

・トリコロールブルー

前走時追い切り・大阪城ステークス(1着)
栗東・CW・良
6F 83.6-67.9-53.1-38.8-12.3

最終追い切り
5月30日・栗東・CW・良
6F 85.0-68.5-53.3-39.0-11.9

友道師
「CWコースでしまいだけ。ようやく体もしっかりしてきました。仕上がりもいいですね。」
「まだまだ良くなる馬。札幌の2000メートルで走っているし、小回りは大丈夫。秋のためにも賞金加算を」

大江助手
「晩成血統ということもあり、ここにきて風格が出てきた感じ。重賞でも好勝負の期待が持てると思います」

・ナスノセイカン

前走時追い切り・新潟大賞典(3着)
美浦・南W・良
4F 53.5-39.2-13.0

最終追い切り
5月30日・美浦・南W・良
4F 54.6-39.5-12.8

矢野師
「関西までの輸送があるので、馬なりでサラッと。これまでで一番いいデキかも」
・マルターズアポジー

前走時追い切り・ダービー卿チャレンジトロフィー(9着)
美浦・南W・良
5F 67.4-52.7-38.4-12.4

最終追い切り
5月30日・栗東・CW・良
6F 81.8-65.2-50.6-36.8-11.8

米良助手
「美浦でもダートのAコースで乗って調整してますからね。オーバーワークにならないよう、うまく調整ができています。あとは展開に尽きる」
「しっかりと追い切れた。状態はいい。ベストは1800メートル。あと1ハロンがどうか」
・モンドインテロ

前走時追い切り・アンタレスステークス(15着)
美浦・南W・良
5F 68.4-53.1-39.3-13.2

最終追い切り
5月30日・美浦・南W・良
5F 67.8-52.9-38.7-12.5

手塚師
「ダートのここ2戦は度外視。動きはいいし、人気よりやれる」
・ヤマカツライデン

前走時追い切り・天皇賞春(10着)
栗東・坂路・不良
800m 50.6-37.8-13.2

最終追い切り
5月30日・栗東・CW・良
6F 79.0-64.2-50.1-37.0-12.1

池添兼師
「いい動きだったし、順調。2000メートルは大丈夫。同型との兼ね合いが鍵になる」
関連記事