にほんブログ村 競馬ブログへ

鳴尾記念

「鳴尾記念 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。鳴尾記念の出走登録は12頭。スマートレイアーやバンドワゴンなどが出走予定です。ここを制して次のステップにつなげる馬は?

2017年6月3日(土) | 3回阪神1日 | 15:35 発走
第70回 鳴尾記念(GIII)芝・右 2000m
Naruo Kinen (G3)

鳴尾記念は芝2000mで行われる別定戦で、1着馬には4,100万円が贈られる。

2017年で70回目を迎え、楽しみな中距離馬が集結した。
過去の勝ち馬にはバブルガムフェローやルーラーシップ、ラブリーデイといった中距離G1で活躍した馬が名を連ねる。
レースレコードは2016年に優勝したサトノノブレス(1:57.6)が記録している。

配当的には1番人気が過去10年で2勝・2着2回・3着1回と半数が馬券に絡んでいる。最後の勝利は2014年のエアソミュール。
二桁人気の馬は10年で3着が3回あるのみで、頭数もあまりそろわないこともあり大荒れの展開は期待しづらい。

先週の注目レース

日本ダービー 2017 レイデオロ

【日本ダービー 2017】動画・結果/レイデオロが悲願のダービー制覇

「日本ダービー 2017」の動画・結果です。日本ダービーの結果は1着:レイデオロ、2着:スワーヴリチャード、3着:アドミラブル。「レイデオロ」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

出走予定馬・想定騎手

2017年の鳴尾記念に12頭が登録を済ませております。
フルゲートに達していないため、全頭出走可能です。

賞金上位馬

  • ラストインパクト(四位)56.0kg
  • スマートレイアー(M.デムーロ)54.0kg
  • デニムアンドルビー(福永)54.0kg
  • レッドソロモン(岩田)56.0kg
  • マイネルフロスト(丹内)56.0kg
  • スズカデヴィアス(横山典)56.0kg
  • スピリッツミノル(未定)56.0kg
  • バンドワゴン(C.ルメール)56.0kg
  • ステイインシアトル(武豊)56.0kg
  • ロンギングダンサー(未定)56.0kg
  • ミュゼエイリアン(松山)56.0kg
  • サイモンラムセス(未定)56.0kg

鳴尾記念 注目出走予定馬ピックアップ

阪神競馬場で行われる芝G3・鳴尾記念。
今年は12頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・スマートレイアー(Smart Layer)

【阪神牝馬ステークス 2016】動画・結果/スマートレイアーが後続を封じ込み重賞連勝

スマートレイアー・7歳牝馬
25戦8勝 [8-4-2-11]
父:ディープインパクト
母:スノースタイル
母父:ホワイトマズル
馬名の由来:冠名+層
前走:ヴィクトリアM・4着(4番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

7歳になった今年も京都記念2着、ヴィクトリアマイル4着と衰えがないところを見せている。
今回は3戦2勝・2着1回と抜群の相性の良さを見せるデムーロ騎手。
阪神コースは阪神牝馬ステークスを2度制している舞台。
G3なら堂々主役を張れる。

・バンドワゴン(Bandwagon)

バンドワゴン

バンドワゴン・6歳牡馬
8戦4勝 [4-1-0-3]
父:ホワイトマズル
母:ピラミマ
母父:Unbridled’s Song
馬名の由来:パレードの先頭の楽隊車
前走:但馬S・1着(3番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

2014年のきさらぎ賞2着以降長期休養していたバンドワゴン。
昨年条件戦で復帰して徐々に強さが戻ってきた。
前走の但馬ステークスでは前残りの展開を見事に差し切って見せた。今回と同距離・同コースでの勝利は大きい。
久しぶりの重賞の舞台で勝利なるか。

・ステイインシアトル(Stay in Seattle)

ステイインシアトル

ステイインシアトル・6歳牡馬
9戦4勝 [4-2-0-3]
父:ステイゴールド
母:シアトルサンセット
母父:Belong to Me
馬名の由来:父名、母系より連想
前走:福島民報杯・6着(2番人気)
(鞍上予定:武豊)

前走の福島民報杯では6着に敗れたが、今回は鞍上が武豊騎手に戻る。
6歳になったが次が10戦目とまだまだ馬は若い。
開幕週の馬場を活かし前目のポジションを取れれば十分にチャンスあり。

・デニムアンドルビー(Denim and Ruby)

ローズステークス 2013 デニムアンドルビー 動画・結果

デニムアンドルビー・7歳牝馬
23戦3勝 [3-5-1-14]
父:ディープインパクト
母:ベネンシアドール
母父:キングカメハメハ
馬名の由来:活発でお洒落なお嬢さんをイメージして
前走:阪神牝馬S・12着(6番人気)
(鞍上予定:福永 祐一)

昨年秋に復帰、そこから5戦したがまだ馬券圏内ゼロ。
ただ、最後の末脚は悪くなく、展開一つでやれそうな気配はある。
2歳のとき以来となる福永騎手とのコンビで復活Vを狙う。

・スズカデヴィアス(Suzuka Devious)

スズカデヴィアス

スズカデヴィアス・6歳牡馬
24戦4勝 [4-1-1-18]
父:キングカメハメハ
母:スズカローラン
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:冠名+近親馬ドクターデヴィアスより
前走:大阪杯・11着(12番人気)
(鞍上予定:横山典弘)

前走の大阪杯こそG1の壁に跳ね返されたが、白富士ステークス1着、金鯱賞3着の結果を見ればここでも通用しそう。
16度目の重賞挑戦でタイトル獲得なるか。

・ラストインパクト(Last Impact)

ラストインパクト

ラストインパクト・7歳牡馬
32戦7勝 [7-3-5-17]
父:ディープインパクト
母:スペリオルパール
母父:ティンバーカントリー
馬名の由来:大望のある
前走:平安S・8着(13番人気)
(鞍上予定:四位洋文)

重賞3勝、ジャパンカップ2着など芝の重賞で活躍していたラストインパクト。
ここ2戦はダートに挑戦するなどしたが結果が出なかった。
久々の芝G3戦。このメンバーなら。

他にはマイネルフロストやレッドソロモンといった重賞の常連なども出走予定。

鳴尾記念は2017年6月3日(土)の15時35分発走予定です。

主な前哨戦

鳴尾記念に出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
馬名は今回、鳴尾記念に出走する馬の中で上位3頭の馬名を掲載しています。

2017年3月11日(土)金鯱賞(GII)

金鯱賞 2017 ヤマカツエース

3着:スズカデヴィアス

タイム:1.59.2 馬場:良

【金鯱賞 2017】動画・結果/ヤマカツエースが差し切り連覇達成

2017年3月19日(日)但馬ステークス

但馬ステークス 2017 バンドワゴン

1着:バンドワゴン

タイム:1.59.7 馬場:良

2017/03/19 阪神10R 但馬S(1600万下)【バンドワゴン】

2017年4月16日(日)福島民報杯

福島民報杯 2017 マイネルミラノ

6着:ステイインシアトル

タイム:1.58.5 馬場:良

2017/04/16 福島11R 福島民報杯(OP)【マイネルミラノ】

2017年5月7日(日)新潟大賞典(GIII)

新潟大賞典 2017 サンデーウィザード

2着:マイネルフロスト
9着:ロンギングダンサー
13着:レッドソロモン

タイム:1.58.6 馬場:稍重

【新潟大賞典 2017】動画・結果/サンデーウィザードが叩き合いを制する

2017年5月14日(日)ヴィクトリアマイル(GI)

ヴィクトリアマイル 2017 アドマイヤリード

4着:スマートレイアー

タイム:1.33.9 馬場:稍重

【ヴィクトリアマイル 2017】動画・結果/アドマイヤリードが差し切りG1初制覇

スポンサーリンク

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2017年6月3日(土)15時35分発走予定

場所・距離
阪神競馬場・芝・2000m


G3

1着賞金
4,100万円

鳴尾記念・プレイバック

2016年6月4日(土)鳴尾記念(GIII)

1着:サトノノブレス
2着:ステファノス(クビ)
3着:プランスペスカ(クビ)
4着:パッションダンス(3/4馬身)
5着:マジェスティハーツ(3/4馬身)

勝ちタイム:1.57.6
勝利騎手:川田将雅
馬場:良

2016年・鳴尾記念

鳴尾記念

【鳴尾記念 2016】動画・結果/サトノノブレスがレコードタイムで重賞4勝目を飾る

「鳴尾記念 2016」の動画・結果です。鳴尾記念の結果は1着:サトノノブレス、2着:ステファノス、3着:プランスペスカ。「サトノノブレス」が勝利した2016年の鳴尾記念の詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年の鳴尾記念は14頭での争いとなった。
前評判では重賞を3勝しているヤマカツエースが1番人気に支持された。

レースは、好位で進め、3~4コーナーで前に並びかけていった3番人気サトノノブレスが、直線で先頭に立ってゴールまで押し切り、外から追い上げてきた2番人気ステファノスをクビ差退け優勝。さらにクビ差の3着に13番人気プランスペスカが入った。

勝ったサトノノブレスは、3月の中日新聞杯に続く重賞4勝目を挙げた。

関連記事

・6月末には春のG1総決算・宝塚記念が開催される。

【宝塚記念 2012】CM「The WINNER【宝塚記念】」

【宝塚記念 2017】出走予定馬・日程・賞金/春のグランプリは一強か

2017年6月25日に阪神競馬場で行われる春のグランプリホースを決める一戦「宝塚記念」。宝塚記念は2017年で第58回を迎え、豪華メンバーが予想される。昨年はマリアライトが制した。出走予定馬・賞金・日程などをチェックしてみよう。