【中山記念2018】データ・枠順/データから勝利の方程式を解く

スポンサーリンク

マイルチャンピオンシップ 2017 ペルシアンナイト

中山記念 2018のデータ・枠順の情報です。2018年・中山記念のデータは枠順別や脚質別、種牡馬別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報から中山記念での激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

データから勝利の方程式を解く

2018年2月25日(日) | 2回中山2日 | 15:45 発走
第92回 中山記念(GII)芝・右 1800m
Nakayama Kinen (G2)

スポンサーリンク

枠順

中山記念 2018 枠順

中山記念」の枠順が発表されました。
2018年の初戦を迎えるG1馬ペルシアンナイトは4枠4番、内田騎手が手綱を取るヴィブロスは3枠3番、昨年のNHKマイルカップを勝っているアエロリットは8枠10番、前走の中山金杯で2着の悔しさを晴らすウインブライトは5枠5番に入った。

出走予定馬・予想オッズ

2018年・中山記念の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

中山記念 2017

【中山記念2018】予想オッズ・出走予定馬/国内外のG1を見据え

中山記念 2018の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。中山記念の出走登録は10頭。出走予定馬にはヴィブロスやペルシアンナイトなどが名を連ねています。登録馬10頭ながらG1馬3頭を含む8頭が重賞馬と濃いメンバー。アツい戦いが期待される。

データ

2018年・中山記念のデータです。
黄色はいいデータ赤色は悪いデータに該当する馬名となっております。

今週の注目レース

枠順別データ

中山記念 2018 枠順別データ

(過去20年)

20年で好成績を挙げているのは「内枠」。
1コーナーまでの直線が短いため、外枠の馬は欲しいポジションをとるタイミングが難しい。
さらに4つのコーナーを回るコース設定。外を回される展開では直線の脚が残らない。

ここでは複勝率が3割を超える1枠と2枠、さらに2・3着の多い5枠までを好成績の枠として取り上げる。

対照的に外枠は苦戦が続く。
中でも「6枠」は20年で勝ち馬ゼロ。複勝率も最低の数字となっている。
今年はデータを覆せるか。

〇・1枠、2枠、5枠

  • マイネルサージュ
  • サクラアンプルール
  • ウインブライト

×・6枠、7枠

  • マイネルハニー
  • ディサイファ
  • マルターズアポジー

脚質別データ

中山記念 2018 脚質別データ

(過去20年)
逃げ・先行脚質の馬がかなり好成績を残す。
直線の途中にスタートゲートが設置してあるためスタートでそこまでスピードに乗れない。
これによりそこまで極端なハイペースにはなりにくい。
よほど力が抜けていないと差し、追い込み脚質には厳しい展開が予想される。

種牡馬別データ

中山記念 2018 種牡馬別データ

(中山競馬場の芝1800mで行われた過去5年)

中山芝1800m戦を特に目立って得意としている種牡馬は見当たらない。
ディープインパクト産駒は勝ち数こそ1位であるものの単勝・複勝回収率などを見るとかなり低く、そこまで得意としているとは言えない。
今回は複勝回収率の高い種牡馬の「ステイゴールド」と「ハービンジャー」を取り上げたい。
中山コース全般を得意としている「ステイゴールド」はここでもきっちり数字を残している。
「ハービンジャー」は単勝回収率こそ低めながら複勝回収率はディープやキンカメを上回る。狙ってみたい一頭。

〇・種牡馬別での好データ馬

  • ウインブライト(ステイゴールド)
  • ショウナンバッハ(ステイゴールド)
  • マイネルサージュ(ハービンジャー)
  • ペルシアンナイト(ハービンジャー)

年齢別データ

中山記念 2018 年齢別データ

(過去10回)

勝ち馬は4歳から7歳以上まで幅広く出ている。
高齢のベテランの馬たちも頑張っている。

もっとも成績を残しているのは4歳馬
複勝率は32%とかなり高い数字を残している。

〇・4歳馬

  • ペルシアンナイト
  • ウインブライト
  • アエロリット

前走のレース別データ

中山記念 2018 前走のレース別データ

(過去10回)

ここでは前走G1を使ってきた馬の活躍が目立つ。
ビッグレースで強豪たちと戦ってきた経験が生きているようだ。

最低でも重賞を使ってきた馬でないと厳しいぞ。

〇・前走G1組

  • サクラアンプルール
  • ヴィブロス
  • ペルシアンナイト
  • マルターズアポジー
  • アエロリット

×・前走オープン組

  • マイネルサージュ
  • マイネルハニー

所属別データ

中山記念 2018 所属別データ

(過去10回)

勝ち数こそ関東馬が多いものの連対率・複勝率は関西馬の方が高い。
遠征を考慮しても関西馬を多めにピックアップしたい。

〇・関西馬

  • ヴィブロス
  • ペルシアンナイト

出走馬の中山芝コース相性データ

(複勝率5割以上)
中山芝コースで複勝率が5割を超えている相性のいい馬をピックアップした。
注目なのは中山競馬場で3勝を挙げるサクラアンプルール。馬券外に飛んだのは昨年の有馬記念のみ。
コース相性は抜群だ。

他にも中山で5戦4連対のウインブライトにも注目が集まる。

〇・コース相性

  • サクラアンプルール
  • ペルシアンナイト
  • ウインブライト
  • マイネルハニー
  • アエロリット

人気別データ

中山記念 2018 オッズデータ

(過去10年)
過去10年、優勝馬10頭中9頭は3番人気以内と上位人気馬が優位。
ただ、連対率・複勝率は2~4番人気がいずれも40%・60%と1番人気を上回る結果を残しており、妙味があるのはこの2~4番人気になる。
特に近年の1番人気は好走1頭のみ(一昨年のドゥラメンテ1着)と不振だ。
一方、2桁人気もほとんど来ない。好走馬は8番人気まで。
あまり大振りな予想は危ない。

追い切り・コメント

2018年・中山記念の追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後のコメントも書いております。

中山記念 2018 追い切り

【中山記念2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

中山記念 2018の追い切り・コメントの情報です。中山記念に出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

データから導かれる注目馬

上記のデータから中山記念で注目したい三頭はこちらだ。

・ウインブライト(Win Bright)

福島記念 2017 ウインブライト

ウインブライト・4歳牡馬
11戦4勝 [4-2-0-5]
父:ステイゴールド
母:サマーエタニティ
母父:アドマイヤコジーン
馬名の由来:冠名+輝かしい
前走:中山金杯・2着(2番人気)
(鞍上予定:松岡正海)

最初に取り上げたいのはステイゴールド産駒「ウインブライト」だ。
中山コースでのステイゴールド産駒の強さはもはや語る必要はないだろう。
枠順、年齢、コース相性などでもウインブライトの名前が挙がった。
重賞を制しているコース舞台。G1馬を倒して光輝く。

・ペルシアンナイト(Persian Knight)

アーリントンカップ

ペルシアンナイト・4歳牡馬
9戦4勝 [4-2-1-2]
父:ハービンジャー
母:オリエントチャーム
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:ペルシャの騎士
前走:マイルチャンピオンシップ・1着(4番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

4歳馬で古馬混合のG1を制している「ペルシアンナイト」からも目が離せない。
勢いある4歳馬が良く絡むのが中山記念。若さが大きな武器になる。
他にも種牡馬、所属、前走のレース、コース相性などでもペルシアンナイトの名前が挙がった。
目標はこの先だろうがG1馬が無様なレースは見せられない。

・サクラアンプルール(Sakura Empereur)

札幌記念 2017 サクラアンプルール

サクラアンプルール・7歳牡馬
22戦6勝 [6-3-1-12]
父:キングカメハメハ
母:サクラメガ
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:冠名+皇帝(仏)
前走:有馬記念・16着(13番人気)
(鞍上予定:蛯名正義)

昨年の中山記念2着の実績がある「サクラアンプルール」もデータ的には軽視できない。
好枠の内枠をゲットし、前走のレース、コース相性でも名前が挙がった。

有馬記念では勝負所で致命的な不利を受け惨敗。
リベンジの時来たる。

危険な人気馬

上記のデータから厳しいデータが揃ってしまった人気馬を1頭ピックアップした。

・ヴィブロス(Vivlos)

秋華賞 2016 ヴィブロス

ヴィブロス・5歳牝馬
11戦4勝 [4-3-0-4]
父:ディープインパクト
母:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
馬名の由来:ギリシャの地名より
前走:エリザベス女王杯・5着(1番人気)
(鞍上予定:内田博幸)

今年の中山記念で危険な人気馬は「ヴィブロス」。
このコースではディープ産駒はそこまで相性はよくなく、ヴィブロス自体も昨年の中山記念で5着。

ドバイ遠征の前哨戦。どこまで仕上げてきているのか…。

関連記事

コメント