にほんブログ村 競馬ブログへ

「中山記念 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。中山記念の出走登録は12頭。リアルスティールやアンビシャスなどが出走予定です。中山記念は2017年2月26日(日)、中山競馬場・芝1800mで開催されます。

【中山記念 2017】出走予定馬・想定騎手/豪華メンバーの楽しみな共演

2017年2月26日(日) | 2回中山2日 | 15:45 発走
第91回 中山記念(GII)芝・右 1800m
Nakayama Kinen (G2)

中山記念は芝1800mで行われる別定戦で、1着馬には今年からG1に昇格した大阪杯への優先出走権が贈られる。
1着馬には6,200万円が贈られる。

過去にはハイセイコーや サイレンススズカといった名馬が勝ち馬に名を連ねており、近年はヴィクトワールピサやジャスタウェイ、ドゥラメンテなどが中山記念をステップに世界へと活躍の場を広げた。

2017年・中山記念

出走予定馬・想定騎手

賞金上位馬

  • リアルスティール(戸崎)58.0kg
  • ロゴタイプ(田辺)58.0kg
  • ヌーヴォレコルト(岩田)54.0kg
  • ヴィブロス(内田)54.0kg
  • アンビシャス(C.ルメール)57.0kg
  • ツクバアズマオー(吉田豊)56.0kg
  • ネオリアリズム(M.デムーロ)57.0kg
  • マイネルミラノ(柴田大)56.0kg
  • クリールカイザー(石川)56.0kg
  • サクラアンプルール(横山典)56.0kg
  • ヒラボクディープ(北村宏)56.0kg
  • カオスモス(未定)56.0kg

登録馬が12頭のため除外対象馬はおりません。

中山記念 注目馬ピックアップ

中山競馬場で行われる芝G2・中山記念。
今年は12頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・リアルスティール(Real Steel)

リアルスティール・5歳牡馬
12戦3勝 [3-5-1-3]
父:ディープインパクト
母:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat
馬名の由来:アメリカのSFアクション映画名
前走:ジャパンC・5着(2番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

昨年の中山記念で3着に入ったリアルスティールが今年も参戦する。昨年はその後にドバイターフへ挑み、見事海外で初のG1タイトルを獲得した。秋には天皇賞秋でモーリスの2着に入るなど中距離では強さを見せている。
今年もドバイ遠征の予定。今年は勝って遠征したい。

・アンビシャス(Ambitious)

アンビシャス・5歳牡馬
13戦5勝 [5-2-2-4]
父:ディープインパクト
母:カーニバルソング
母父:エルコンドルパサー
馬名の由来:大望のある
前走:天皇賞秋・4着(4番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

重賞2勝するも未だG1タイトルには手が届いていないアンビシャス。昨年の中山記念ではドゥラメンテをクビ差まで追いつめた。大阪杯がG1に昇格し、本番は次走ながらここでもチャンスは十分。ドゥラメンテがいない今年こそは。

・ツクバアズマオー(Tsukuba Azuma O)

ツクバアズマオー・6歳牡馬
27戦7勝 [7-4-5-11]
父:ステイゴールド
母:ニューグランジ
母父:Giant’s Causeway
馬名の由来:冠名+東の王様
前走:中山金杯・1着(1番人気)
(鞍上予定:吉田豊)

全7勝中5勝を中山競馬場で挙げている中山巧者のツクバアズマオーが参戦する。前走の中山金杯では余裕たっぷりの競馬で差し切り勝ちだった。
斤量差を活かして大物食いを。

・ネオリアリズム(Neorealism)

ネオリアリズム・6歳牡馬
16戦6勝 [6-1-2-7]
父:ネオユニヴァース
母:トキオリアリティー
母父:Meadowlake
馬名の由来:新現実主義。父、母名より連想
前走:香港マイル・9着(3番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

昨年の札幌記念でモーリスを破り重賞初制覇を果たした。その後のマイルチャンピオンシップでも3着に入るなど本格化した印象。
中山競馬場では3戦して2着が最高と結果が出ていないが、先週G1を制したデムーロ騎手とのコンビで飛躍を狙う。

他には昨年の秋華賞を制したヴィブロスや、安田記念で波乱を演出したロゴタイプなども出走予定。

中山記念は2017年2月26日(日)の15時45分発走予定です。

追い切りタイム

中山記念に出走を予定している馬の追い切りタイムです。

アンビシャス
(2/22(水)栗東・坂路・重・併走)

800m 600m 400m 200m
52.3 38.3 24.8 12.7

ヴィブロス
(2/22(水)栗東・坂路・重・併走)

800m 600m 400m 200m
53.9 40.0 26.0 12.5

クリールカイザー
(2/22(水)美浦・坂路・良・単走)

800m 600m 400m 200m
53.0 37.8 24.6 12.1

サクラアンプルール
(2/22(水)美浦・南W・良・併走(内))

6F 5F 4F 3F 1F
82.5 67.2 52.9 38.9 13.8

ツクバアズマオー
(2/22(水)美浦・北C・良・単走)

5F 4F 3F 1F
67.0 51.9 38.5 12.7

ヌーヴォレコルト
(2/22(水)美浦・南W・良・単走)

5F 4F 3F 1F
66.8 52.0 38.0 12.9

ヒラボクディープ
(2/22(水)美浦・坂路・良・併走)

800m 600m 400m 200m
52.6 38.3 25.3 12.9

マイネルミラノ
(2/22(水)美浦・南W・良・併走(内))

6F 5F 4F 3F 1F
82.9 67.0 52.6 39.0 13.8

リアルスティール
(2/22(水)栗東・坂路・重・単走)

800m 600m 400m 200m
51.6 37.6 24.4 12.2

ロゴタイプ
(2/22(水)美浦・南W・良・単走)

6F 5F 4F 3F 1F
82.5 66.7 51.7 37.6 12.9

出走予定馬の対戦表

中山記念に出走予定馬たちの対戦表となっています。
()の中は今回の出走予定馬です。

2016年10月9日(日)・東京
第67回毎日王冠(GII)芝・左 1800m
勝ちタイム:1.46.6 馬場:稍重
(2着アンビシャス 8着ロゴタイプ 11着同着マイネルミラノ)

2016年10月16日(日)・京都
第21回秋華賞(GI)芝・右 2000m
勝ちタイム:1.58.6 馬場:良
(1着ヴィブロス)

2016年10月30日(日)・東京
第154回 天皇賞秋(GI)芝・左 2000m
勝ちタイム:1.59.3 馬場:良
(2着リアルスティール 4着アンビシャス 5着ロゴタイプ)

2016年11月20日(日)・京都
第33回 マイルチャンピオンシップ(GI)芝・右・外 1600m
勝ちタイム:1.33.1 馬場:良
(3着ネオリアリズム)

2017年1月5日(木)・中山
第66回 中山金杯(GIII)芝・右 2000m
勝ちタイム:2.00.6 馬場:良
(1着ツクバアズマオー)

2017年1月22日(日)・中山
第58回 アメリカジョッキークラブカップ(GII)芝・右・外 2200m
勝ちタイム:2.11.9 馬場:良
(12着クリールカイザー)

2017年1月28日(土)・東京
白富士ステークス 芝・左 2000m
勝ちタイム:2.00.6 馬場:良
(2着サクラアンプルール 6着ヒラボクディープ)

プレイバック

2016年2月28日(日)中山記念(GII)
1着:ドゥラメンテ 牡4 M.デムーロ 1.45.9

2016年の中山記念は11頭での争いとなった。
前評判では前年の皐月賞・日本ダービーを制したドゥラメンテが1番人気に支持された。

レースは、5番手でレースを進めた1番人気ドゥラメンテが、直線に入って堂々と抜け出し、後方2番手から猛追してきた4番人気アンビシャスをクビ差振り切り優勝。さらに1/2馬身差の3着に2番人気リアルスティールが入った。

勝ったドゥラメンテは、日本ダービー以来となった骨折明けの一戦を見事に制した。