にほんブログ村 競馬ブログへ

「中山金杯 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。中山金杯の出走登録は15頭。クラリティスカイやツクバアズマオーなどが出走予定です。中山金杯は2017年1月5日(木)、中山競馬場・芝2000mで開催されます。

中山金杯 2017】出走予定馬・想定騎手/新しい1年を占う

2017年1月5日(木) | 1回中山1日 | 15:30 発走
第66回 中山金杯(GIII)芝・右 2000m
Nikkan Sports Sho Nakayama Kimpai (G3)

2017年・中山金杯

出走予定馬・想定騎手

賞金上位馬

  • クラリティスカイ(田辺)57.5kg
  • マイネルハニー(未定)56.0kg
  • ツクバアズマオー(吉田豊)56.5kg
  • シャイニープリンス(江田照)56.5kg
  • ストロングタイタン(川田)54.0kg
  • ダノンメジャー(小牧)55.0kg
  • マイネグレヴィル(丹内)52.0kg
  • マイネルフロスト(松岡)57.0kg
  • シャドウパーティー(内田博)54.0kg
  • グァンチャーレ(未定)55.0kg
  • カムフィー(蛯名)54.0kg
  • ロンギングダンサー(大野)54.0kg
  • ライズトゥフェイム(吉田隼)55.0kg
  • ドレッドノータス(戸崎)55.0kg
  • トミケンスラーヴァ (未定)51.0kg

登録馬が15頭のため除外対象馬はおりません。

中山金杯 注目馬ピックアップ

中山競馬場で行われる芝G3・中山金杯。
今年は15頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

ツクバアズマオー

ツクバアズマオー・6歳牡馬
26戦6勝 [6-4-5-11]
父:ステイゴールド
母:ニューグランジ
母父:Giant’s Causeway
馬名の由来:冠名+東の王様
前走:ディセンバーS・1着(1番人気)
(鞍上予定:吉田豊)

全6勝中4勝を中山競馬場で挙げる。前走のディセンバーステークスでも他馬をねじ伏せるように差し切り勝ちで、相性の良さを見せつけた。得意の舞台で重賞初制覇を狙う。

クラリティスカイ

クラリティスカイ・5歳牡馬
16戦3勝 [3-1-2-10]
父:クロフネ
母:タイキクラリティ
母父:スペシャルウィーク
馬名の由来:澄み切った空
前走:ディセンバーS・5着(4番人気)
(鞍上予定:田辺裕信)

NHKマイルカップを勝利して以降、成績が低迷中。ただここ3走は復調気味で掲示板を確保している。ただ今回の中山金杯ではトップハンデの57.5kg。攻略できるか。

ストロングタイタン

ストロングタイタン・4歳牡馬
7戦4勝 [4-1-0-2]
父:Regal Ransom
母:タイタンクイーン
母父:Tiznow
馬名の由来:強い+母名の一部
前走:修学院S・1着(1番人気)
(鞍上予定:川田将雅)

2歳の時は3戦1勝とパッとしない成績だったが、充電明けの3歳夏からグッと成績を上げた。休み明け初戦こそ接戦を取りこぼしたが、その後は3連勝。一気にオープンクラスまで上り詰めた。勢いは十分。一気にタイトル取りを目指す。

マイネルフロスト

マイネルフロスト・6歳牡馬
27戦4勝 [4-1-2-20]
父:ブラックタイド
母:スリースノーグラス
母父:グラスワンダー
馬名の由来:冠名+氷結、霜
前走:ディセンバーS・7着(7番人気)
(鞍上予定:松岡正海)

昨年の中山金杯2着馬。前目につけられればしぶとい脚が使える。勝ち星は2015年4月の福島民報杯から遠ざかっている。久々の勝ち星を目指し、新年一発目の重賞に挑む。

他にも前走のディセンバーSで3着のシャイニープリンスや、休み明け3走目となるドレッドノータスなども出走予定。

中山金杯は2017年1月5日(木)の15時30分発走予定です。

出走予定馬の参考レースを振り返る

2016年11月13日(日)・京都
修学院ステークス 芝・右 2000m
(1着ストロングタイタン)
2016/11/13 京都10R 修学院S(1600万下)【ストロングタイタン】

2016年11月19日(土)・京都
アンドロメダステークス 芝・右 2000m
(2着ドレッドノータス 3着マイネルフロスト)
2016/11/19 京都11R アンドロメダS(OP)【レッドソロモン】

2016年12月3日(土)・中山
第50回 ステイヤーズステークス(GII)芝・右・内2周 3600m
(8着カムフィー)
【ステイヤーズステークス 2016】動画・結果/アルバートが得意舞台で連覇

2016年12月10日(土)・阪神
第67回 チャレンジカップ(GIII)芝・右・外 1800m
(1着マイネルハニー 8着ダノンメジャー)
【チャレンジカップ 2016】動画・結果/マイネルハニーが驚異の粘りで重賞初制覇

2016年12月17日(土)・阪神
リゲルステークス 芝・右・外 1600m
(3着グァンチャーレ)
2016/12/17 阪神11R リゲルS(OP)【マイネルアウラート】

2016年12月18日(日)・中山
ディセンバーステークス 芝・右 2000m
(1着ツクバアズマオー 3着シャイニープリンス 5着クラリティスカイ 7着マイネルフロスト 10着ライズトゥフェイム 11着ロンギングダンサー 12着シャドウパーティー)
2016/12/18 中山11R ディセンバーS(OP)【ツクバアズマオー】

プレイバック

2016年1月5日(火)中山金杯(GIII)
1着:ヤマカツエース 牡4 池添 謙一 2.01.2

中山金杯 2016 ヤマカツエース 動画・結果 | 競馬の魅力

「中山金杯 2016」の動画・結果です。中山金杯の結果は1着:ヤマカツエース、2着:マイネルフロスト、3着:フルーキー。「ヤマカツエース」が勝利した2016年の中山金杯の詳しい結果、動画をご覧ください。 中山金杯 2016 ヤマカツエース 動画・結果 2016年1月5日(火) | 1回中山1日 | 15:30発走 第65回 中山金杯(GIII)芝・右 2000m Nikkan Sports Sho Nakayama Kimpai (G3)

2016年の中山金杯は13頭での争いとなった。
前評判ではチャレンジCで初の重賞制覇を果たしたフルーキーが1番人気に支持された。

レースは、5番手で進めた3番人気ヤマカツエースが、直線で脚を伸ばして、スローペースの逃げに持ち込んだ5番人気マイネルフロストを捕らえ、これに3/4馬身差をつけ優勝。さらに3/4馬身差の3着に1番人気フルーキーが入った。

勝ったヤマカツエースは、前走の福島記念に続く連勝で、2016年の重賞勝ち一番乗りを果たした。