にほんブログ村 競馬ブログへ

【みやこステークス 2016】動画・結果/アポロケンタッキーが粘り込み接戦を制する

「みやこステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。みやこSの出走登録は16頭。エピカリスやテイエムジンソクなどが出走予定です。なかなか世代交代が進まないダート路線。新興勢力が出てくるか。

2017年11月5日(日) | 5回京都2日 | 15:45 発走
第8回 みやこステークス(GIII)ダート・右 1800m
Miyako Stakes (G3)

みやこステークス」はダート1800mで行われる別定戦で、1着馬には3,800万円が贈られる。

配当的には1番人気は2勝・2着2回・3着1回と複勝率は7割越え。昨年はグレンツェントが1番人気で2着に入った。
二桁人気の馬は10年間で43頭が出走して馬券圏内はゼロ。大穴馬の激走は少ないレース。

三連単が10万円以上の高配当を出したのは7年で1度と少ない。唯一10万円を超えたのは2015年(180,390円)。この年は不良馬場での開催だった。馬場が特殊な状態じゃないと荒れないのかもしれない。

先週の注目レース

【天皇賞秋 2017】動画・結果/キタサンブラックが雨中の激戦を制する

【天皇賞秋 2017】動画・結果/キタサンブラックが雨中の激戦を制する

「天皇賞秋 2017」の動画・結果です。天皇賞秋の結果は1着:キタサンブラック、2着:サトノクラウン、3着:レインボーライン。「キタサンブラック」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

出走予定馬・想定騎手

2017年のみやこステークスに16頭が登録を済ませております。
フルゲートに満たないため全頭出走可能です。

賞金上位馬

  • モルトベーネ(秋山真一郎)57.0kg
  • テイエムジンソク(古川吉洋)56.0kg
  • キングズガード(藤岡佑介)57.0kg
  • エピカリス(C.ルメール)54.0kg
  • ローズプリンスダム(木幡巧也)55.0kg
  • モンドクラッセ(未定)56.0kg
  • アスカノロマン(和田竜二)57.0kg
  • トップディーヴォ(横山典弘)56.0kg
  • マイネルクロップ(未定)56.0kg
  • タガノディグオ(藤岡康太)56.0kg
  • タムロミラクル(川田将雅)56.0kg
  • シャイニービーム(未定)56.0kg
  • ルールソヴァール(幸英明)56.0kg
  • タガノヴェリテ(荻野極)56.0kg
  • サルサディオーネ(丸山元気)52.0kg
  • リーゼントロック(中谷雄太)56.0kg
追い切り・コメント

2017年・みやこステークスの追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後の関係者のコメントを書いております。

みやこステークス 2017 追い切り

【みやこステークス 2017】追い切り・コメント/追い切りが結果につながる

「みやこステークス 2017」の追い切り・コメントの情報です。みやこSに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

出走予定馬・ピックアップ

京都競馬場で行われるダートG3「みやこステークス」。
今年は16頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・エピカリス(Epicharis)

【北海道2歳優駿 2016】動画・結果/エピカリスが2.4秒の大差をつけ圧勝

エピカリス・3歳牡馬
6戦4勝 [4-1-1-0]
父:ゴールドアリュール
母:スターペスミツコ
母父:カーネギー
馬名の由来:魅力的な(ギリシャ語)。父名より連想
前走:レパードステークス・3着(1番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

世界にも果敢に挑戦した注目の若手「エピカリス」。
2歳時にはぶっちぎりのレースを連発し、3歳になった今年初戦もヒヤシンスステークスを快勝したエピカリスはドバイ遠征を敢行。世界の強豪を相手に2着と大健闘を見せた。
その後はアメリカのG1へ向かうも故障で無念の帰国。帰国初戦となったレパードステークスでは1.5倍とダントツの人気を集めるも直線でいつもの勢いが見られず3着に敗れた。
ここは仕切り直しの一戦。大一番へ向け強いエピカリスが帰ってくることを願う。

・テイエムジンソク(T M Jinsoku)

テイエムジンソク

テイエムジンソク・5歳牡馬
22戦7勝 [7-5-4-6]
父:クロフネ
母:マイディスカバリー
母父:フォーティナイナー
馬名の由来:冠名+迅速
前走:エルムステークス・2着(1番人気)
(鞍上予定:古川吉洋)

夏の北海道開催で輝きを見せた「テイエムジンソク」。
今年の5月の東大路ステークスを勝ち条件クラスを卒業。函館で行われた大沼ステークスとマリーンステークスでは他馬を寄せ付けない圧倒的な走りで勝ち上がった。
勢いそのままに挑んだ前走のエルムステークス。1.5倍の支持を受けたが結果は2着。後の韓国G1をぶっちぎるロンドンタウンに半馬身及ばなかったもののらしさは十分に見せてくれた。
京都コースは4勝を挙げる得意舞台。しっかり結果を残しG1の舞台へ駆けあがりたい。

・モルトベーネ(Molto Bene)

門司ステークス 2016 モルトベーネ 動画・結果

モルトベーネ・5歳牡馬
26戦7勝 [7-3-2-14]
父:ディープスカイ
母:ノーブルエターナル
母父:アフリート
馬名の由来:とても良い(伊)
前走:シリウスステークス・11着(4番人気)
(鞍上予定:秋山真一郎)

重賞勝ち馬の「モルトベーネ」も参戦してくる。
昨年のみやこステークスは6着に敗れているがそこから大きく成長を見せた。
今年初戦となった東海ステークスで2着に入るとオープン特別のアルデバランステークスを勝ち、4月にはG3・アンタレスステークスを制してみせた。
秋初戦となった前走のシリウスステークスは11着に敗れたものの叩いて状態は上がってくるはず。
久々となる秋山真一郎騎手とのコンビで重賞2勝目を狙う。

他には古豪で3つ目の重賞タイトルを狙う「アスカノロマン」や距離延長に挑戦する「キングズガード」、レパードステークスで波乱を呼んだ「ローズプリンスダム」なども出走予定となっています。

みやこステークスは2017年11月5日(日)の15時45分発走予定です。

予想オッズ

2017年・みやこステークスの予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. エピカリス(2.5)
  2. テイエムジンソク(3.0)
  3. モルトベーネ(7.0)
  4. アスカノロマン(8.5)
  5. キングズガード(10.0)
  6. ローズプリンスダム(20.0)
  7. タガノディグオ(25.0)
  8. トップディーヴォ(30.0)
  9. シャイニービーム(40.0)
  10. モンドクラッセ(45.0)
  11. タガノヴェリテ(☆)
  12. サルサディオーネ(☆)
  13. タムロミラクル(☆)
  14. リーゼントロック(☆)
  15. ルールソヴァール(☆)
  16. マイネルクロップ(☆)

☆印は50倍以上と予想

7年間の人気別データ

みやこステークス 2017 オッズデータ

1番人気が【2-2-1-2】で2番人気が【3-0-0-4】と過去7年で5勝している。ある程度上位人気は信頼していい。
二桁人気は全滅で、極端な人気薄の出番はなさそう。大波乱の展開は予想しづらい。

主な前哨戦

みやこステークスに出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
馬名は今回、みやこステークスに出走する馬の中で上位3頭の馬名を掲載しています。

2017年8月6日(日)レパードステークス(GIII)

1着:ローズプリンスダム
2着:サルサディオーネ
3着:エピカリス

勝ちタイム:1.52.9 馬場:良

2017年8月13日(日)エルムステークス(GIII)

2着:テイエムジンソク
10着:モンドクラッセ
13着:リーゼントロック

勝ちタイム:1.40.9 馬場:重

2017年9月30日(土)シリウスステークス(GIII)

4着:トップディーヴォ
6着:タムロミラクル
11着:モルトベーネ

勝ちタイム:2.03.9 馬場:良

2017年10月7日(土)平城京ステークス

1着:タガノヴェリテ

勝ちタイム:1.48.9 馬場:不良

2017年10月9日(月)マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)

3着:キングズガード

勝ちタイム:1.34.9 馬場:稍重

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2017年11月5日(日)15時45分発走予定

場所・距離
京都競馬場・ダート・1800m


G3

1着賞金
3,800万円

みやこステークス・プレイバック

2016年11月6日(日)みやこステークス(GIII)

1着:アポロケンタッキー
2着:グレンツェント(クビ)
3着:ロワジャルダン(3/4馬身)
4着:モンドクラッセ(3-1/2馬身)
5着:メイショウヒコボシ(1/2馬身)

勝ちタイム:1.50.1
勝利騎手:松若 風馬
馬場:良

2016年・みやこステークス

【みやこステークス 2016】動画・結果/アポロケンタッキーが粘り込み接戦を制する

【みやこステークス 2016】動画・結果/アポロケンタッキーが粘り込み接戦を制する

「みやこステークス 2016」の動画・結果です。みやこステークスの結果は1着:アポロケンタッキー、2着:グレンツェント、3着:ロワジャルダン。「アポロケンタッキー」が勝利したみやこステークスの詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年のみやこステークスは16頭での争いとなった。
前評判では3歳トップクラスの力の持ち主でレパードステークスを制したグレンツェントが1番人気に支持された。

レースは、中団で進めた4番人気アポロケンタッキーが、直線で先行各馬を交わして先頭に立ち、さらに外から脚を伸ばしてきた1番人気グレンツェントの追撃をクビ差凌いで優勝。さらに3/4馬身差の3着に7番人気ロワジャルダンが入った。

勝ったアポロケンタッキーは8着に敗れた前走のブラジルカップから見事巻き返しての重賞初制覇となった。

関連記事

・今週は大井でJBC競争が開催される。

【JBCレディスクラシック 2016】動画・結果/ホワイトフーガが人気に答え連覇達成

【JBCレディスクラシック 2017】出走予定馬・日程・賞金/女の熾烈な争い

2017年11月3日に大井競馬場で行われる秋の砂の女王を決める一戦「JBCレディスクラシック」。JBCレディスクラシックは2017年で第7回を迎える。昨年はホワイトフーガが制した。JBCレディスクラシックの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

【JBCスプリント 2016】動画・結果/ダノンレジェンドが勝利し悲願のビッグタイトルを獲得

【JBCスプリント 2017】出走予定馬・日程・賞金/砂のスピードキング争い

2017年11月3日に大井競馬場で行われる秋の短距離ダート王を決める一戦「JBCスプリント」。JBCスプリントは2017年で第17回を迎える。昨年はダノンレジェンドが制した。JBCスプリントの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

【JBCクラシック 2016】動画・結果/アウォーディーが6連勝で頂点に上り詰める

【JBCクラシック 2017】出走予定馬・日程・賞金/集いしダートの強豪たち

2017年11月3日に大井競馬場で行われる秋の中距離ダートG1戦「JBCクラシック」。JBCクラシックは2017年で第17回を迎える。昨年はアウォーディーが優勝した。JBCクラシックの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

・今年の凱旋門賞は3歳牝馬エネイブルが頂点に。サトノダイヤモンドは15着に敗れた。

凱旋門賞 2017 エネイブル

【凱旋門賞 2017】動画・結果/エネイブルが圧勝・サトノダイヤモンドは後方に沈む

「凱旋門賞 2017」の動画・結果です。フランスで行われた凱旋門賞の結果は1着:Enable(エネイブル)、2着:Cloth of Stars、3着:Ulysses。「エネイブル」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

・11月26日には日本対世界の馬がぶつかり合うジャパンカップが開催される。

キタサンブラック

【ジャパンカップ 2017】出走予定馬・日程・賞金/もはや世界に敵はいない

2017年11月26日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演する「ジャパンカップ」。ジャパンカップは2017年で第37回を迎え、高額賞金を求め馬が集う。昨年はキタサンブラックが制した。ジャパンCの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。