【マイラーズカップ2018】データ・枠順/データから勝利の方程式を解く

富士ステークス 2017 エアスピネル

マイラーズカップ 2018のデータ・枠順の情報です。2018年・マイラーズカップのデータは枠順別や脚質別、種牡馬別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報から桜花賞での激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

データから勝利の方程式を解く

2018年4月22日(日) | 3回京都2日 | 15:35 発走
第49回 マイラーズカップ(GII)芝・右・外 1600m
Milers Cup (G2)

枠順

マイラーズカップ 2018 枠順

マイラーズカップ」の枠順が発表されました。
円熟味を増した昨年のマイラーズカップ2着馬・エアスピネルは3枠4番、ルメール騎手を背に重賞初制覇を狙うモズアスコットは6枠9番、京都コースで行われたG2・スワンステークスを制しているサングレーザーは4枠5番、連勝の勢いで重賞2勝目を狙うロジクライは5枠8番に入った。

出走予定馬・予想オッズ

2018年・マイラーズカップの出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

マイラーズカップ 2017 イスラボニータ

【マイラーズカップ2018】予想オッズ・出走予定馬/マイル界の覇権取りへ

マイラーズカップ 2018の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。マイラーズカップの出走登録は15頭。出走予定馬にはエアスピネルやサングレーザーなどが名を連ねています。安田記念の最重要ステップレースで良い結果を残すのは。

データ

2018年・マイラーズカップのデータです。
黄色はいいデータ赤色は悪いデータに該当する馬名となっております。

関連記事
今週は他にフローラステークスなどが開催される。
【フローラステークス2018】予想オッズ・出走予定馬/樫の舞台への挑戦権

枠順別データ

マイラーズカップ 2018 枠順別データ

(過去6年)

複勝率が3割を大きく超える好成績を残しているのは「2枠」。
スタートから3コーナーまでの距離があるものの、マイラーズカップが京都の開幕週で行われるため、前目のポジション欲しさにペースが上がりやすい。
外枠より内枠の方がポジションが取りやすいため、内目の方が成績が良いと考えられる。
ここでは「2枠」と3割近い複勝率の「3枠」もピックアップしておく。

対照的に不発なのは「5枠」。
人気のある馬が5枠に入ったことがあるものの、過去6年間はまったく馬券になっていない。
減点しておきたいデータとなった。

〇・2枠、3枠

  • ガリバルディ
  • ベルキャニオン
  • エアスピネル

×・5枠

  • ダッシングブレイズ
  • ロジクライ

脚質別データ

マイラーズカップ 2018 脚質別データ

(過去6年)
ここにも開幕週開催の影響が出ており、前に行く馬たちがなかなか止まらないようだ。
逃げ・先行馬が馬券内に多く顔を出し、追い込み馬はほとんど届かない。
ある程度ポジションを取れる馬を狙っていきたい。

種牡馬別データ

マイラーズカップ 2018 種牡馬別データ

(京都競馬場の芝1600mで行われた過去5年)

京都2000mを特に得意としている種牡馬は「ディープインパクト」。
勝率から複勝率までさすがの成績を残している。
ただ、回収率はさほど高くなく、人気馬が人気通りに来ている印象。
穴のディープインパクト産駒は多少選びにくい。

他には複勝率が高い「アドマイヤムーン」や単勝・複勝回収率の高さが目立つ「キングカメハメハ」や「ハーツクライ」までチェックしておきたい。

〇・種牡馬別での好データ馬

  • ガリバルディ(ディープインパクト)
  • ベルキャニオン(ディープインパクト)
  • サングレーザー(ディープインパクト)
  • カデナ(ディープインパクト)
  • ムーンクレスト(アドマイヤムーン)
  • ブラックムーン(アドマイヤムーン)
  • エアスピネル(キングカメハメハ)
  • ロジクライ(ハーツクライ)

年齢別データ

マイラーズカップ 2018 年齢別データ

(過去6年)

5歳馬が強いレース。
6年間で馬券になった18頭中8頭が5歳馬だった。
4歳馬は人気の割にはあまり馬券にはなっていない印象。
減点するほどではないが、あまり過度に期待しない方がいいかもしれない。

8歳以上はかなり厳しい。

〇・5歳

  • エアスピネル
  • ロジクライ

×・8歳以上

  • テイエムイナズマ

前走の着順別データ

マイラーズカップ 2018 前走の着順別データ

(過去6年)

前走で二桁着順と大敗からの巻き返しはかなり厳しい。

×・前走10着以下

  • ヤングマンパワー
  • ガリバルディ
  • ムーンクレスト
  • テイエムイナズマ
  • カデナ

通算出走数別データ

マイラーズカップ 2018 通算出走数別データ

(過去5年)

ここではマイラーズカップまでの通算出走数別のデータを見てみる。
馬券に絡んだ15頭中13頭がこれまで23戦以下と比較的出走回数が少なめの馬だった。
あまり使い減りしていない馬を選ぶのがよさそうだ。

〇・23戦以下

  • ヤングマンパワー
  • ベルキャニオン
  • エアスピネル
  • サングレーザー
  • ダッシングブレイズ
  • ロジクライ
  • モズアスコット
  • カデナ

前走との間隔別データ

マイラーズカップ 2018 前走との間隔別データ

(過去10年)

前走とのレース間隔についてのデータを参考にした。
過去10年で中4週以内にレース間隔を詰めて出走してきた馬は1頭も勝利していない。

ある程度、ゆったりとしたローテーションを組んできた馬を上位に取りたい。

×中4週以内

  • ロジクライ
  • ピークトラム
  • グァンチャーレ

前走が国内のレースだった馬の、そのレースでの単勝人気別データ

マイラーズカップ 2018 前走が国内のレースだった馬の、そのレースでの単勝人気別データ

(過去10年)

前走でしっかり評価を受けていた馬たちが、その結果を問わずしてマイラーズカップでは好走している。
前走人気で、今回評価を落としているようなら狙ってみたくなるデータとなった。

〇・前走4番人気以内

  • エアスピネル
  • サングレーザー
  • ムーンクレスト
  • ロジクライ
  • モズアスコット
  • ブラックムーン
  • ピークトラム
  • グァンチャーレ

所属別データ

マイラーズカップ 2018 所属別データ

(過去6回)

関西馬が圧倒的に強い。
関東からの遠征組は割り引いて考えたい。

×・関東馬

  • ヤングマンパワー
  • ベルキャニオン

出走馬の京都芝コース相性データ

(複勝率5割以上)
京都芝コースで複勝率が5割を超えている相性のいい馬をピックアップした。
特に京都芝コースを得意としているのは5戦して馬券内を外していないエアスピネルと3勝しているブラックムーン。
2頭ともに京都コースでは重賞を制している強者だ。

〇・コース相性

  • ガリバルディ
  • エアスピネル
  • サングレーザー
  • ロジクライ
  • モズアスコット
  • ブラックムーン
  • カデナ
  • グァンチャーレ

人気別データ

マイラーズカップ 2018 オッズデータ

(過去10年)
マイラーズカップでは過去10年、1番人気は【2-2-2-4】とまずまずの成績だが、2番人気が【1-0-1-8】と不振傾向。
3番人気が【4-1-2-3】で複勝率70%と好走確率が高い。

二桁人気は【0-1-1-65】とほぼ来ないといっていい数字となっている。

追い切り・コメント

2018年・マイラーズカップの追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後のコメントも書いております。

マイラーズカップ 2018 追い切り

【マイラーズカップ2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

マイラーズカップ 2018の追い切り・コメントの情報です。マイラーズカップに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

関連記事

データから導かれる注目馬

上記のデータからマイラーズカップで注目したい三頭はこちらだ。

・エアスピネル(Air Spinel)

エアスピネル

エアスピネル・5歳牡馬
15戦4勝 [4-3-3-5]
父:キングカメハメハ
母:エアメサイア
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:冠名+タイに伝わる伝説の竜の形をした馬
前走:マイルチャンピオンシップ・2着(2番人気)
(鞍上予定:武豊)

最初に取り上げたいのは「エアスピネル」。
ほとんどの好走データでエアスピネルが当てはまっており、枠も好走率が高い3枠が引けた。
かなり死角が少ないようだ。

昨年のマイルチャンピオンシップでは惜しくも2着と涙をのんだ。
悲願のG1タイトルへ好スタートを切りたいところ。

・サングレーザー(Sungrazer)

サングレーザー

サングレーザー・4歳牡馬
12戦5勝 [5-1-4-2]
父:ディープインパクト
母:マンティスハント
母父:Deputy Minister
馬名の由来:太陽の近くをかすめるように通る彗星
前走:阪神カップ・3着(3番人気)
(鞍上予定:福永祐一)

このコースでも強さを見せるディープインパクト産駒からは「サングレーザー」に注目したい。
やはりマイルでのディープ産駒は軽視できず、中でも人気になりそうなサングレーザーは外せない。
他にも前走の着順、前走との間隔、コース相性などでもサングレーザーの名前が挙がった。

ここ2走は惜しい3着が続いている。
惜敗続きにピリオドを。

・ブラックムーン(Black Moon)

京都金杯 2018 ブラックムーン

ブラックムーン・6歳牡馬
24戦8勝 [8-3-4-9]
父:アドマイヤムーン
母:ロイヤルアタック
母父:ジェネラス
馬名の由来:黒い月
前走:京都金杯・1着(4番人気)
(鞍上予定:秋山真一郎)

今年の京都金杯勝ち馬「ブラックムーン」もデータ的には一押しだ。
アドマイヤムーン産駒は京都マイルコースを得意としており、ブラックムーン自身も結果を残している。
他にも前走の着順、前走との間隔、前走の人気などでも加点を得た。

京都金杯では武豊騎手がうまく勝利に導いてみせた。
初コンビとなる秋山騎手がどのようにブラックムーンをエスコートするかに注目が集まる。

危険な人気馬

上記のデータから厳しいデータが揃ってしまった人気馬を1頭ピックアップした。

・ヤングマンパワー(Young Man Power)

関屋記念

ヤングマンパワー・6歳牡馬
22戦5勝 [5-2-4-11]
父:スニッツェル
母:スナップショット
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:若者の力
前走:マイルチャンピオンシップ・14着(12番人気)
(鞍上予定:岩田康誠)

昨年マイラーズカップ3着の「ヤングマンパワー」に危険信号が灯った。
昨年は成績のいい5歳での参戦だったが、6歳はそこまで成績は良くない。
他にも所属、前走の着順、前走の人気など多くのデータで減点を得てしまった。
G1以外では大敗が少ない馬ではあるが、今回は割引が必要かもしれない。

過去5回の危険な人気馬の成績

  • 阪神大賞典 アルバート 4着(2番人気)
  • 高松宮記念 ダンスディレクター 4着(4番人気)
  • 大阪杯 ミッキースワロー 5着(5番人気)
  • 桜花賞 レッドレグナント 15着(7番人気)
  • 皐月賞 タイムフライヤー 10着(6番人気)
関連記事

シェアする

フォローする