にほんブログ村 競馬ブログへ

マイルチャンピオンシップ 2016 ミッキーアイル

「マイルチャンピオンシップ 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。マイルCSの出走登録は22頭。エアスピネルやレッドファルクスなどが出走予定です。秋のマイル王をかけた一戦。混戦マイル界を制すのは。

2017年11月19日(日) | 5回京都6日 | 15:40 発走
第34回 マイルチャンピオンシップ(GI)芝・右・外 1600m
Mile Championship (G1)

データ・枠順

マイルチャンピオンシップ 2017 枠順

【マイルチャンピオンシップ 2017】データ・枠順/データでレースを攻略!

「マイルチャンピオンシップ 2017」のデータ・枠順の情報です。2017年・マイルCSのデータは枠順別や脚質別、種牡馬別や騎手別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報からマイルチャンピオンシップでの激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

マイルチャンピオンシップ」は芝1600mで行われる定量戦で、1着馬には10,300万円が贈られる。

配当的には1番人気は2勝・2着3回・3着2回と複勝率は7割。勝ち星こそ少ないものの馬券にはしっかり絡んでいる。ただ、1番人気は現在7連敗中。連敗を止められるか。
二桁人気の馬は10年間で79頭が出走して1勝を含む馬券圏内は3頭。勝利した一頭は2010年のエーシンフォワード(13番人気)だ。

三連単が10万円以上の高配当を出したのは10年で4度と多め。ここ2年は固い決着になっているが、そろそろ荒れそうな気配に満ちている。

先週の注目レース

エリザベス女王杯 2017 モズカッチャン

【エリザベス女王杯 2017】動画・結果/モズカッチャンが接戦を制し新女王に輝く

「エリザベス女王杯 2017」の動画・結果です。エリザベス女王杯の結果は1着:モズカッチャン、2着:クロコスミア、3着:ミッキークイーン。「モズカッチャン」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

出走予定馬・想定騎手

2017年のマイルチャンピオンシップに22頭が登録を済ませております。
フルゲートは18頭です。

優先出走馬

  • エアスピネル(R.ムーア)57.0kg ※5
  • サングレーザー(福永祐一)56.0kg

賞金上位馬

  • ネオリアリズム(未定)57.0kg ※1
  • レッドファルクス(C.デムーロ)57.0kg
  • サトノアラジン(川田将雅)57.0kg
  • イスラボニータ(C.ルメール)57.0kg
  • レーヌミノル(和田竜二)54.0kg
  • ディサイファ(未定)57.0kg ※2
  • ウインガニオン(津村明秀)57.0kg
  • マルターズアポジー(武士沢友治)57.0kg
  • ペルシアンナイト(M.デムーロ)56.0kg
  • メラグラーナ(未定)55.0kg ※3
  • グランシルク(田辺裕信)57.0kg
  • アメリカズカップ(松山弘平)56.0kg
  • ダノンメジャー(北村友一)57.0kg
  • ブラックムーン(A.アッゼニ)57.0kg
  • ジョーストリクトリ(武豊)56.0kg ※5
  • ヤングマンパワー(石橋脩)57.0kg

除外対象馬 ※4

  • ガリバルディ(岩田康誠)57.0kg
  • ムーンクレスト(藤岡佑介)57.0kg
  • クルーガー(未定)57.0kg
  • グァンチャーレ(古川吉洋)57.0kg

※1:ネオリアリズムはマイルチャンピオンシップを回避し香港カップ(12月10日)に挑戦することが発表されています。
※2:ディサイファはジャパンカップ(11月26日)に出走予定となってます。
※3:メラグラーナは京阪杯(11月26日)に出走予定となってます。
※4:賞金上位馬の中で3頭が出走回避を表明しており、除外対象馬から上位3頭が出走可能です。(14日現在)
※5:エアスピネルはR.ムーア騎手に、ジョーストリクトリに武豊騎手が乗ることが決定。

追い切り・コメント

2017年・マイルチャンピオンシップの追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後の関係者のコメントを書いております。

マイルチャンピオンシップ 2017 追い切り

【マイルチャンピオンシップ 2017】追い切り・コメント/抜群の動きを見せたのは

「マイルチャンピオンシップ 2017」の追い切り・コメントの情報です。マイルCSに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

出走予定馬・ピックアップ

京都競馬場で行われる芝G1「マイルチャンピオンシップ」。
今年は22頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・レッドファルクス(Red Falx)

スプリンターズステークス 2017 レッドファルクス

レッドファルクス・6歳牡馬
23戦10勝 [10-2-3-8]
父:スウェプトオーヴァーボード
母:ベルモット
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:冠名+ラテン語で「鎌」の意味を持つ両手剣
前走:スプリンターズS・1着(1番人気)
(鞍上予定:C.デムーロ)

2年連続でスプリンターズステークスを制したトップスプリンター「レッドファルクス」が再びマイル界に殴り込む。
昨年の夏ごろからの充実度は素晴らしく、スプリンターズステークス連覇をはじめG2、G3を1勝ずつ、春の高松宮記念でも3着に入っている。
マイル戦は春の安田記念以来となる。安田記念では距離不安から3番人気どまりだったものの3着に健闘した。
直線半ばまで進路がなく、追い出すのに時間がかかってしまった。追われてからの伸びは素晴らしいものがあり、スムーズだったらもっと着差は際どかったはず。
叩き2走目で上積みはあるはず。2階級制覇へ、ファルクスの挑戦は続く。

・エアスピネル(Air Spinel)

富士ステークス 2017 エアスピネル

エアスピネル・4歳牡馬
14戦4勝 [4-2-3-5]
父:キングカメハメハ
母:エアメサイア
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:冠名+タイに伝わる伝説の竜の形をした馬
前走:富士ステークス・1着(2番人気)
(鞍上予定:R.ムーア

未完の大器「エアスピネル」が悲願のG1制覇に挑戦する。
2歳時から非凡なレースセンスを見せておりG2・G3こそ勝利していたがG1タイトルには手が届かなかった。
中でも春の安田記念では直線入り口から進路がなく追い出しを待たされてしまい届き切らなかった。コースを見つけてからの脚を見る限り十分にG1に届くだけの力はある。
前走の富士ステークスでは不良馬場をものともせずライバルたちを蹴散らした。
得意の京都コースで春のリベンジと行こう!
※15日に武豊騎手からR.ムーア騎手に騎乗変更が発表された。

・サトノアラジン(Satono Aladdin)

安田記念 2017 サトノアラジン

サトノアラジン・6歳牡馬
27戦8勝 [8-5-3-11]
父:ディープインパクト
母:マジックストーム
母父:Storm Cat
馬名の由来:冠名+人名より
前走:天皇賞秋・18着(5番人気)
(鞍上予定:川田将雅)

春のマイル王「サトノアラジン」が春秋マイル制圧を目指す。
2歳の時から大きな期待を受けていたもののなかなか結果を出せずにいたが安田記念でついにビッグタイトルを獲得した。
この秋は毎日王冠で復帰しクビ差の2着と好スタートを切った。その後に挑んだ天皇賞秋では極悪馬場でパニックになりレースにならなかった。
ただ、ほとんど疲労しておらず度外視してよさそう。逆にあの大敗で人気を落とすようならおいしいのかもしれない。
ことしで3年連続でのマイルチャンピオンシップの挑戦となる。3度目の正直となるか。

・イスラボニータ(Isla Bonita)

マイラーズカップ 2017 イスラボニータ2

イスラボニータ・6歳牡馬
23戦7勝 [7-6-4-6]
父:フジキセキ
母:イスラコジーン
母父:Cozzene
馬名の由来:美しい島(西)
前走:富士ステークス・2着(4番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

近年のマイル界をけん引する「イスラボニータ」が今年も参戦する。
マイルチャンピオンシップは昨年が3着、去年が2着とあと少しのところまで来ている。京都コースも3戦してマイラーズカップの勝利を含め【1-1-1-0】と常に馬券内の走りを見せている。
前走の富士ステークスでもエアスピネルには敗れたものの2着を確保。斤量差を考えれば上々の内容だ。
G1タイトルは2014年の皐月賞以来手にできていない。G1善戦マンにピリオドを打つ。

・サングレーザー(Sungrazer)

サングレーザー

サングレーザー・3歳牡馬
10戦5勝 [5-1-2-2]
父:ディープインパクト
母:マンティスハント
母父:Deputy Minister
馬名の由来:太陽の近くをかすめるように通る彗星
前走:スワンステークス・1着(2番人気)
(鞍上予定:C.デムーロ)

マイル界に彗星のように現れた「サングレーザー」からも目が離せない。
今年の春の時点では500万下を走っていたが一気に開花した。5月の500万下を勝利するとそこから連勝街道が始まる。
道新スポーツ賞、仲秋ステークスを勝ち、前走のスワンステークスでは歴戦の古馬相手に上り最速タイムで差し切り重賞初制覇を果たした。
距離に多少の不安を残すものの勢いは本物。3歳馬のマイルチャンピオンシップ制覇は2000年のアグネスデジタルまでさかのぼる。
歴史に名を刻むことができるか。

他には今年の桜花賞を制した「レーヌミノル」やG1で絶好調のM.デムーロ騎手が騎乗する「ペルシアンナイト」、展開のカギを握る逃げ馬「マルターズアポジー」なども出走予定となっています。

2015年の絶対王者モーリスや昨年の覇者ミッキーアイルらが引退し、マイル戦線は混沌としている。若さを武器に3・4歳馬が勝つのか、キャリアを武器に5歳以上の馬たちが強さを見せるのか見どころが多いレースになりそうです。

上の「出走予定馬・想定騎手」の注意書きでも触れましたが賞金上位馬の3頭(ネオリアリズム、ディサイファ、メラグラーナ)が出走回避を表明をしています。ご注意ください。

マイルチャンピオンシップは2017年11月19日(日)の15時40分発走予定です。

予想オッズ

2017年・マイルチャンピオンシップの予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. エアスピネル(3.0)
  2. イスラボニータ(3.5)
  3. レッドファルクス(4.5)
  4. サトノアラジン(5.5)
  5. ペルシアンナイト(7.0)
  6. サングレーザー(11.0)
  7. マルターズアポジー(18.0)
  8. グランシルク(20.0)
  9. ウインガニオン(25.0)
  10. レーヌミノル(40.0)
  11. クルーガー(☆)
  12. ヤングマンパワー(☆)
  13. ガリバルディ(☆)
  14. ネオリアリズム(☆)
  15. アメリカズカップ(☆)
  16. ブラックムーン(☆)
  17. ダノンメジャー(☆)
  18. グァンチャーレ(☆)
  19. メラグラーナ(☆)
  20. ディサイファ(☆)
  21. ムーンクレスト(☆)
  22. ジョーストリクトリ(☆)

☆印は50倍以上と予想

10年間の人気別データ

マイルチャンピオンシップ 2017 オッズデータ

過去10年、1番人気は【2-3-2-3】と安定した成績だが、ここ4年は【0-0-2-2】で連対なしに終わっている。しかしその分、2~3番人気が計【2-4-0-2】と、いずれにしても上位人気は安定している。勢いは2~3番人気にあり。
穴っぽい馬の好走が目立っており、5~7番人気の好走馬6頭はすべて近5年から出ているように、近年は波乱の予感を感じさせるデータとなっている。
絶対的な本命馬がいないだけに波乱の展開も十分に予想できる。

主な前哨戦

マイルチャンピオンシップに出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
下記の動画は参考レースが取り上げられてる動画です。

下のレース前に書いてある時間ごとにレース動画がご覧いただけます。

「00:06」スワンステークス
勝ちタイム:1.22.4 馬場:重

「01:02」富士ステークス
勝ちタイム:1.34.8 馬場:不良

「02:05」毎日王冠
勝ちタイム:1.45.6 馬場:良

「03:08」スプリンターズステークス
勝ちタイム:1.07.6 馬場:良

「04:06」京成杯オータムハンデ
勝ちタイム:1.31.6 馬場:良

「04:58」関屋記念
勝ちタイム:1.32.2 馬場:良

「05:51」中京記念
勝ちタイム:1.33.2 馬場:良

「06:44」安田記念
勝ちタイム:1.31.5 馬場:良

「07:50」京王杯スプリングカップ
勝ちタイム:1.23.2 馬場:重

「08:43」マイラーズカップ
勝ちタイム:1.32.2 馬場:良

「09:39」皐月賞
勝ちタイム:1.57.8 馬場:良

「10:46」桜花賞
勝ちタイム:1.34.5 馬場:稍重

日程・賞金

モーリス

日程・発走予定時刻
2017年11月19日(日)15時40分発走予定

場所・距離
京都競馬場・芝・1600m


G1

1着賞金
10,300万円

マイルチャンピオンシップ・プレイバック

2016年11月20日(日)マイルチャンピオンシップ(GI)

1着:ミッキーアイル
2着:イスラボニータ(アタマ)
3着:ネオリアリズム(3/4馬身)
4着:ダノンシャーク(3/4馬身)
5着:サトノアラジン(アタマ)

勝ちタイム:1.33.1
勝利騎手:浜中 俊
馬場:良

2016年・マイルチャンピオンシップ

マイルチャンピオンシップ 2016 ミッキーアイル 直線

【マイルチャンピオンシップ 2016】動画・結果/ミッキーアイルが逃げ切りV

「マイルチャンピオンシップ 2016」の動画・結果です。マイルチャンピオンシップの結果は1着:ミッキーアイル、2着:イスラボニータ、3着:ネオリアリズム。「ミッキーアイル」が勝利したマイルチャンピオンシップの詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年のマイルチャンピオンシップは18頭での争いとなった。
前評判では前哨戦のスワンステークスを快勝したサトノアラジンが1番人気に支持された。

レースは、先手を取った3番人気ミッキーアイルが、直線で外に斜行して審議対象になる場面があったものの、2番手追走から並んできた7番人気ネオリアリズムを振り切り、さらに中団から猛然と追い上げてきた2番人気イスラボニータも退け優勝。2着はアタマ差でイスラボニータ、3着はさらに3/4馬身差でネオリアリズムが入った。

勝ったミッキーアイルは3歳時のNHKマイルカップ以来、約2年6か月ぶりのGI制覇を果たした。NHKマイルカップとマイルチャンピオンシップの両制覇は史上初だった。

関連記事

・今週は他に東京スポーツ杯2歳ステークスなどが開催される。

【東京スポーツ杯2歳ステークス 2016】動画・結果/ブレスジャーニーが接戦を制し重賞連勝

【東京スポーツ杯2歳ステークス 2017】出走予定馬・予想オッズ/激突する未来のスターホース

「東京スポーツ杯2歳ステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。東スポ2歳Sの出走登録は9頭。ワグネリアンやルーカスなどが出走予定です。小頭数ながら輝く原石が揃った。光り輝く未来へ向けて。

・今年の凱旋門賞は3歳牝馬エネイブルが頂点に。サトノダイヤモンドは15着に敗れた。

凱旋門賞 2017 エネイブル

【凱旋門賞 2017】動画・結果/エネイブルが圧勝・サトノダイヤモンドは後方に沈む

「凱旋門賞 2017」の動画・結果です。フランスで行われた凱旋門賞の結果は1着:Enable(エネイブル)、2着:Cloth of Stars、3着:Ulysses。「エネイブル」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

・11月26日には日本対世界の馬がぶつかり合うジャパンカップが開催される。

キタサンブラック

【ジャパンカップ 2017】出走予定馬・日程・賞金/もはや世界に敵はいない

2017年11月26日に東京競馬場で行われる日本と世界の強豪馬が共演する「ジャパンカップ」。ジャパンカップは2017年で第37回を迎え、高額賞金を求め馬が集う。昨年はキタサンブラックが制した。ジャパンCの出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。