にほんブログ村 競馬ブログへ

「マーチステークス 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。マーチステークスの出走登録は22頭。アスカノロマンやコスモカナディアンなどが出走予定です。マーチステークスは2017年3月26日(日)、中山競馬場・ダート1800mで開催されます。

【マーチステークス 2017】出走予定馬・想定騎手/人気薄の好走目立つハンデ戦

2017年3月26日(日) | 3回中山2日 | 15:30 発走
第24回 マーチステークス(GIII)ダート・右 1800m
March Stakes (G3)

マーチステークスはダート1800mで行われるハンデ戦で、1着馬には3,600万円が贈られる。

2017年で24回目を迎え、過去にはエスポワールシチーやテスタマッタといったG1を勝利する馬たちが勝っていた。
昨年は8番人気のショウナンアポロンが逃げ切り優勝した。

人気馬的にはハンデ戦らしく1番人気は過去10年で【1-1-2-6】と苦戦傾向。6~9番人気の馬が10年で6勝しているように人気薄の馬の活躍が多く出ている。

2017年・マーチステークス

出走予定馬・想定騎手

2017年のマーチステークスに22頭が登録を済ませております。
フルゲートは16頭のため、登録段階では6頭が除外対象になっております。

地方馬

  • ハッピースプリント(蛯名)56.0kg

賞金上位馬

  • インカンテーション(未定)57.5kg
  • アスカノロマン(津村)58.0kg
  • ショウナンアポロン(丸田)56.0kg
  • ストロングサウザー(北村宏)57.0kg
  • ロンドンタウン(柴山)57.0kg
  • メイショウスミトモ(和田)56.0kg
  • メイショウコロンボ(勝浦)56.0kg
  • マイネルクロップ(未定)56.0kg
  • リーゼントロック(松岡)55.0kg
  • コスモカナディアン(柴田大)56.0kg
  • ピットボス(柴田善)55.0kg
  • ディアデルレイ(木幡巧)55.0kg
  • アルタイル(田中勝)54.0kg
  • コクスイセン(未定)54.0kg
  • ディアドムス(江田照)54.0kg

除外対象馬

  • サングラス(吉田隼)53.0kg
  • シルクドリーマー(未定)53.0kg
  • センチュリオン(柴山)56.0kg
  • トップディーヴォ(横山典)55.0kg
  • バスタータイプ(柴田善)56.0kg
  • キクノソル(未定)54.0kg

マーチステークス 注目出走予定馬ピックアップ

中山競馬場で行われるダートG3・マーチステークス。
今年は22頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・アスカノロマン(Asukano Roman)

アスカノロマン・6歳牡馬
28戦7勝 [7-4-3-14]
父:アグネスデジタル
母:アスカノヒミコ
母父:タバスコキャット
馬名の由来:冠名+ロマン
前走:フェブラリーS・15着(9番人気)
(鞍上予定:津村明秀)

実績は今回のマーチステークス出走予定馬の中でもトップクラスのアスカノロマン。重賞2勝で、G1でも3着2回。トップハンデの58.0kgも仕方がないところ。
これまで28戦しているが、中山競馬場は初。坂のあるコースでの実績は十分なのでこなせる下地は十分。

・コスモカナディアン(Cosmo Canadian)

コスモカナディアン・4歳牡馬
19戦4勝 [4-4-5-6]
父:ロージズインメイ
母:カナディアンアプルーバル
母父:With Approval
馬名の由来:冠名+母名の一部
前走:仁川S・2着(2番人気)
(鞍上予定:柴田大知)

条件戦を勝ち上がったばかりの身で挑んだ川崎記念ではしぶとく粘り、馬券圏内の3着に入った。前走の仁川ステークスでもダート戦無敗のグレイトパールにこそ3/4馬身の差で2着に敗れたが、3着とは9馬身の大きな差があった。このハンデ差を活かし上位進出を狙う。

・ロンドンタウン(London Town)

ロンドンタウン・4歳牡馬
15戦5勝 [5-2-0-8]
父:カネヒキリ
母:フェアリーバニヤン
母父:Honour and Glory
馬名の由来:曲名
前走:佐賀記念・1着(1番人気)
(鞍上予定:柴山雄一)

前走の佐賀記念では初の地方遠征だったが、1番人気に答え初重賞制覇を果たした。前々走の東海ステークスでも7着に敗れたが、タイム差は0.4秒差とさほど差は広げられていない。
重賞連勝して、今後のローテーションに幅を持たせたいところ。

・ショウナンアポロン(Shonan Apollon)

ショウナンアポロン・7歳牡馬
48戦6勝 [6-5-5-32]
父:アドマイヤマックス
母:メジロアルドラ
母父:アフリート
馬名の由来:冠名+ギリシャ神話の太陽の神
前走:アルデバランS・7着(4番人気)
(鞍上予定:丸田恭介)

前年のマーチステークス覇者のショウナンアポロンが今年も参戦。好走と惨敗の差が激しく、予想する側にとっては難しいタイプ。
今年も激走か、それとも・・・。

他には復活を期す重賞3勝馬のインカンテーションや、昨年のマーチステークス2着のバスタータイプなども出走予定。

マーチステークスは2017年3月26日(日)の15時30分発走予定です。

追い切りタイム

マーチステークスに出走を予定している馬の追い切りタイムです。

(※今週の追い切りは3月22日・23日に更新予定です)

出走予定馬の対戦表

マーチステークスに出走予定馬たちの対戦表となっています。
()の中は今回の出走予定馬です。レース名をクリックするとリンク先でレースをご覧いただけます。

2017年1月7日(土)・中山
ポルックスステークス ダート・右 1800m
勝ちタイム:1.52.9 馬場:良
(2着センチュリオン 4着メイショウスミトモ 5着バスタータイプ 6着ピットボス)

2017年1月22日(日)・中京
第34回 東海ステークス(GII)ダート・左 1800m
勝ちタイム:1.53.2 馬場:良
(4着ショウナンアポロン 7着ロンドンタウン 8着アスカノロマン 10着マイネルクロップ 12着インカンテーション)

2017年2月7日(火)・佐賀
第44回 佐賀記念(JpnIII)ダート・右 2000m
勝ちタイム:2:06:7 馬場:不良
(1着ロンドンタウン 3着ストロングサウザー)

2017年2月12日(日)・京都
アルデバランステークス ダート・右 1900m
勝ちタイム:1.57.7 馬場:重
(2着マイネルクロップ 7着ショウナンアポロン)

2017年2月19日(日)・東京
第34回 フェブラリーステークス(GI)ダート・左 1600m
勝ちタイム:1.35.1 馬場:重
(13着インカンテーション 15着アスカノロマン)

2017年2月25日(土)・中山
総武ステークス ダート・右 1800m
勝ちタイム:1.52.6 馬場:稍重
(3着センチュリオン 4着メイショウスミトモ 5着ディアデルレイ 6着バスタータイプ 11着ディアドムス 14着リーゼントロック)

2017年3月11日(土)・阪神
仁川ステークス ダート・右 2000m
勝ちタイム:2.03.4 馬場:良
(2着コスモカナディアン 8着コクスイセン)

マーチステークス・プレイバック

2016年3月27日(日)マーチステークス(GIII)
1着:ショウナンアポロン 牡6 松岡 正海 1.52.7
2着:バスタータイプ 牡4 内田 博幸 1.52.8 3/4馬身
3着:ドコフクカゼ 牡6 石川 裕紀人 1.52.9 3/4馬身
4着:イッシンドウタイ 牡7 田辺 裕信 1.53.0 クビ
5着:クリノスターオー 牡6 三浦 皇成 1.53.2 1-1/4馬身

[blogcard url=”https://www.keibanomiryoku.com/article/%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9-2016-%e5%8b%95%e7%94%bb.html"]

2016年のマーチステークスは15頭での争いとなった。
前評判では中山・ダート1800m戦を3連勝中のバスタータイプが1番人気に支持された。

レースは、好スタートから先手を取った8番人気ショウナンアポロンが、そのままゴールまで逃げ切り、好位追走から脚を伸ばした1番人気バスタータイプに3/4馬身差をつけ優勝。さらに3/4馬身差の3着に2番人気ドコフクカゼに入った。

勝ったショウナンアポロンは、デビューから通算40戦目で初めての重賞制覇を果たした。

関連記事

・同週には高松宮記念やドバイワールドカップなど楽しみなG1が開催される。

[b[blogcard url=”https://www.keibanomiryoku.com/article/takamatsunomiya-kinen-2017-entry.html"]p>

[blo[blogcard url=”https://www.keibanomiryoku.com/%e3%83%89%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97"]