にほんブログ村 競馬ブログへ

【毎日王冠 2016】動画・結果/ルージュバックが見ごたえある競り合いを制する

「毎日王冠 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。毎日王冠の出走登録は12頭。マカヒキやソウルスターリングなどが出走予定です。G1馬が5頭も出走する豪華メンバー。小頭数でも濃いメンバーが集結した。

2017年10月8日(日) | 4回東京2日 | 15:45 発走
第68回 毎日王冠(GII)芝・左 1800m
Mainichi Okan (G2)

「毎日王冠」は芝1800mで行われる別定戦で、1着馬には6,700万円が贈られる。

配当的には1番人気は4勝・2着2回・3着1回と複勝率は7割。上々な成績を残している。
二桁人気の馬は10年間で39頭が出走して馬券圏内は5頭と多めな数字。頭数の割には大きい配当が狙えるケースが多い。

三連単が10万円以上の高配当を出したのは10年で4度と多い。ガチガチの決着は少なく、穴党にも楽しめるレースといえる。

先週の注目レース

スプリンターズステークス 2017 レッドファルクス

【スプリンターズステークス 2017】動画・結果/レッドファルクスが連覇達成

「スプリンターズステークス 2017」の動画・結果です。スプリンターズSの結果は1着:レッドファルクス、2着:レッツゴードンキ、3着:ワンスインナムーン。「レッドファルクス」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

出走予定馬・想定騎手

2017年の毎日王冠に12頭が登録を済ませております。
フルゲートに満たないため全頭出走可能です。

賞金上位馬

  • リアルスティール(M.デムーロ)57.0kg
  • ソウルスターリング(C.ルメール)53.0kg
  • サトノアラジン(川田将雅)58.0kg
  • マカヒキ(内田博幸)57.0kg
  • ヤングマンパワー(石橋脩)56.0kg
  • ワンアンドオンリー(横山典弘)57.0kg
  • ウインブライト(松岡正海)55.0kg
  • ヒストリカル(田中勝春)56.0kg
  • アストラエンブレム(戸崎圭太)56.0kg
  • グレーターロンドン(田辺裕信)56.0kg
  • ダイワキャグニー(北村宏司)54.0kg
  • マッチレスヒーロー(吉田隼人)56.0kg

注目出走予定馬ピックアップ

東京競馬場で行われる芝G2・毎日王冠。
今年は23頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・マカヒキ(Makahiki)

【ニエル賞 2016】動画・結果/マカヒキが海外初戦を勝利で飾る

マカヒキ・4歳牡馬
9戦5勝 [5-1-1-2]
父:ディープインパクト
母:ウィキウィキ
母父:フレンチデピュティ
馬名の由来:ハワイの収穫祭
前走:大阪杯・4着(2番人気)
(鞍上予定:内田博幸)

2016年のダービー馬「マカヒキ」が毎日王冠から再スタートする。
今年初戦の京都記念では断然人気に支持されるも3着、大阪杯ではキタサンブラックらに敗れ4着と苦杯をなめた。
その後は宝塚記念などをパスし、思い切って休養にあてた。
リフレッシュし、目標通りのスタートとなる今回は無様な競馬はできない。再び頂点を目指す戦いが始まる。

・ソウルスターリング(Soul Stirring)

オークス 2017 ソウルスターリング

ソウルスターリング・3歳牝馬
6戦5勝 [5-0-1-0]
父:Frankel
母:スタセリタ
母父:Monsun
馬名の由来:魂を揺すぶる様な。そんな走りに期待して
前走:オークス・1着(1番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

昨年の2歳女王で今年のオークスも制し、三歳牝馬トップクラスの実力の持ち主の「ソウルスターリング」が異例のローテーションで毎日王冠に参戦する。
通常の三歳牝馬なら秋華賞へと向かうところだが、ソウルスターリングは毎日王冠から天皇賞秋へ向かうことが発表されている。
東京コースはオークスの勝利を合わせて2戦2勝と抜群の相性を誇る。ここでは斤量の軽さが魅力。
あえて選んだいばらの道。怪物牝馬が新たな道をこじ開ける。

・サトノアラジン(Satono Aladdin)

安田記念 2017 サトノアラジン

サトノアラジン・6歳牡馬
25戦8勝 [8-4-3-10]
父:ディープインパクト
母:マジックストーム
母父:Storm Cat
馬名の由来:冠名+人名より
前走:安田記念・1着(7番人気)
(鞍上予定:川田将雅)

春のマイル王「サトノアラジン」が距離を超えて中距離路線に挑戦する。
安田記念では前年の覇者ロゴタイプやスプリンターズステークスを連覇することになるレッドファルクスらを相手に極限の末脚で差し切り勝ちを収めた。
1600mを超える距離は2015年の香港カップ(11着)以来となる。
G1馬として無様なレースは見せられない。

・リアルスティール(Real Steel)

リアルスティール

リアルスティール・5歳牡馬
13戦3勝 [3-5-1-4]
父:ディープインパクト
母:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat
馬名の由来:アメリカのSFアクション映画名
前走:中山記念・8着(2番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

2月の中山記念以来のレースとなる「リアルスティール」。
中山記念では2番人気に支持されるも伸びきれず8着と大敗。その後はドバイ遠征を敢行するも、鼻出血により出走を取りやめていた。
昨年のドバイターフでは世界のライバルを蹴散らし中距離王に輝いている。
中間の調教ではいい動きを見せており、昨年の走りを期待してもよさそうだ。

・グレーターロンドン(Greater London)

東風ステークス 2017 グレーターロンドン

グレーターロンドン・5歳牡馬
8戦6勝 [6-1-0-1]
父:ディープインパクト
母:ロンドンブリッジ
母父:ドクターデヴィアス
馬名の由来:大+母名の一部。母ロンドンブリッジをしのぐ活躍を願って
前走:安田記念・4着(6番人気)
(鞍上予定:田辺裕信)

安田記念で見せ場十分の走りを見せた「グレーターロンドン」も参戦する。
5連勝の勢いで挑んだ前走の安田記念では勝ち馬と0.1秒差の大接戦を演じた。
初の重賞挑戦で4着は収穫のある内容だったといえる。
1800m戦は2015年の3歳上500万下戦以来となるが、今の充実度なら不安要素にはならないだろう。
今後のレースの幅を広げるためにも賞金を加算したいところだ。

他には重賞で連続2着に入っているアストラエンブレムや2014年の日本ダービー馬ワンアンドオンリー、重賞3勝の実績馬ヤングマンパワーなども出走予定。

毎日王冠は2017年10月8日(日)の15時45分発走予定です。

予想オッズ

2017年・毎日王冠の予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. ソウルスターリング(2.5)
  2. グレーターロンドン(4.5)
  3. マカヒキ(5.0)
  4. リアルスティール(6.0)
  5. サトノアラジン(8.0)
  6. アストラエンブレム(10.0)
  7. ダイワキャグニー(30.0)
  8. ヤングマンパワー(40.0)
  9. ウインブライト(☆)
  10. ヒストリカル(☆)
  11. ワンアンドオンリー(☆)
  12. マッチレスヒーロー(☆)

☆印は50倍以上と予想

10年間の人気別データ

毎日王冠 2017 オッズデータ

過去10年、1番人気は複勝率70%と上々の成績を残す。ただ、過去7年では【4-0-0-3】と、勝てなければ馬券圏外と、両極端の成績になっている。不安が残るデータとなっている。
2番人気以下は広く好走馬が分散しており、9~10番人気の下位人気の馬でも複勝率は20%。買い目が絞れなく、データからも難しさが伝わってくる。

主な前哨戦

毎日王冠に出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
馬名は今回、毎日王冠に出走する馬の中で上位3頭の馬名を掲載しています。

2017年3月19日(日)スプリングステークス(GII)

1着:ウインブライト

タイム:1.48.4 馬場:良

2017年4月2日(日)大阪杯(GI)

4着:マカヒキ

タイム:1.58.9 馬場:良

2017年5月6日(土)プリンシパルステークス

1着:ダイワキャグニー

タイム:1.58.3 馬場:良

2017年5月21日(日)オークス(GI)

1着:ソウルスターリング

タイム:2.24.1 馬場:良

2017年6月4日(日)安田記念(GI)

1着:サトノアラジン
4着:グレーターロンドン
16着:ヤングマンパワー

タイム:1.31.5 馬場:良

2017年6月11日(日)エプソムカップ(GIII)

2着:アストラエンブレム
12着:ヒストリカル

勝ちタイム:1.45.9 馬場:良

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2017年10月8日(日)15時45分発走予定

場所・距離
東京競馬場・芝・1800m


G2

1着賞金
6,700万円

毎日王冠・プレイバック

2016年10月9日(日)毎日王冠(GII)

1着:ルージュバック
2着:アンビシャス(クビ)
3着:ヒストリカル(3馬身)
4着:ロンギングダンサー(1-1/4馬身)
5着:ステファノス(1/2馬身)

勝ちタイム:1.46.6
勝利騎手:戸崎 圭太
馬場:良

2016年・毎日王冠

【毎日王冠 2016】動画・結果/ルージュバックが見ごたえある競り合いを制する

【毎日王冠 2016】動画・結果/ルージュバックが見ごたえある競り合いを制する

「毎日王冠 2016」の動画・結果です。毎日王冠の結果は1着:ルージュバック、2着:アンビシャス、3着:ヒストリカル。「ルージュバック」が勝利した毎日王冠の詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年の毎日王冠は12頭での争いとなった。
前評判ではエプソムカップなど重賞2勝を挙げているルージュバックが1番人気に支持された。

レースは、後方2番手に構えた1番人気ルージュバックが、直線で外から脚を伸ばして、中団追走から一旦は先頭に出た3番人気アンビシャスと競り合い、最後はこれをクビ差下して優勝。さらに3馬身差の3着に11番人気ヒストリカルが入った。

勝ったルージュバックは強豪牡馬を見事に下し、6月のエプソムCに続く重賞連勝を飾った。

関連記事

・今週は他にサウジアラビアロイヤルカップや京都大賞典が開催される。

【サウジアラビアロイヤルカップ 2016】動画・結果/ブレスジャーニーが外から鋭い決め手で差し切る

【サウジアラビアロイヤルカップ 2017】出走予定馬・予想オッズ/出世を誓う

「サウジアラビアロイヤルカップ 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。サウジアラビアRCの出走登録は21頭。ダブルシャープやステルヴィオなどが出走予定です。年末のG1や来春の大舞台へ向かうためにここで賞金を加算したい。

【京都大賞典 2016】動画・結果/キタサンブラックが完勝で秋初戦を飾る

【京都大賞典 2017】出走予定馬・日程・賞金/秋の主役になるために

2017年10月9日に京都競馬場で行われる有力馬の始動戦となる「京都大賞典」。2017年で第52回を迎え、秋のG1戦線の中心となっていく馬が出走してくる。昨年はキタサンブラックが制した。京都大賞典の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

・今年の凱旋門賞は3歳牝馬エネイブルが頂点に。サトノダイヤモンドは15着に敗れた。

凱旋門賞 2017 エネイブル

【凱旋門賞 2017】動画・結果/エネイブルが圧勝・サトノダイヤモンドは後方に沈む

「凱旋門賞 2017」の動画・結果です。フランスで行われた凱旋門賞の結果は1着:Enable(エネイブル)、2着:Cloth of Stars、3着:Ulysses。「エネイブル」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

・10月29日の天皇賞秋には楽しみなメンバーがズラリ!大注目の一戦となる。

【天皇賞秋 2016】動画・結果/モーリスが名手に導かれG1・5勝目を挙げる

【天皇賞秋 2017】出走予定馬・日程・賞金/この秋最大のビックマッチ

2017年10月29日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦となる「天皇賞秋」。天皇賞秋は2017年で第156回を迎え、毎年熾烈な戦いが繰り広げられる。昨年はモーリスが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。