【毎日杯2018】予想オッズ・出走予定馬/クラシックに間に合うか

毎日杯 2017

毎日杯 2018の予想オッズ・出走予定馬・想定騎手の情報です。毎日杯の出走登録は15頭。出走予定馬にはブラストワンピースやユーキャンスマイルなどが名を連ねています。皐月賞への最終便といわれる一戦を制し、クラシック路線に滑り込むのは?

クラシックに間に合うか

2018年3月24日(土) | 2回阪神1日 | 15:35 発走
第65回 毎日杯(GIII)芝・右・外 1800m
Mainichi Hai (G3)

過去の傾向

毎日杯」は芝1800mで行われる別定戦で、1着馬には3,800万円が贈られる。

配当的には1番人気は4勝・2着2回・3着2回と複勝率は8割。
馬券を外した2頭(2010年ルーラーシップ・5着、2014年ラングレー・4着)も掲示板には載っており、人気馬が崩れないのが特徴。
昨年は1.2倍と断然の支持を受けた1番人気サトノアーサーが2着になっている。

二桁人気の馬は10年間で41頭が出走して馬券圏内は2頭。
過去10年の間にフルゲートでの戦いになったのは1度のみと毎年そこまで頭数は揃わない。
10年間で馬券に絡んだ馬の中でもっとも人気のなかった馬は2009年に2着に入った12番人気ゴールデンチケット。
ゴールデンチケットは芝で勝ち上がれず船橋で行われたダートの交流戦を勝ち上がってからの参戦だった。

三連単が10万円以上の高配当を出したのは10年で2度。
10年の間で6度も三連単の配当が2万円を切るなど固い決着に収まることが多い。
穴党には不向きといえそうだ。

先週の注目レース

出走予定馬

2018年の毎日杯に15頭が登録を済ませております。
フルゲートは18頭となっています。

賞金上位馬
  • ファストアプローチ(未定)56.0kg
  • インディチャンプ(岩田康誠)56.0kg
  • ギベオン(D.バルジュー)56.0kg
  • シャルドネゴールド(川田将雅)56.0kg
  • テイエムディラン(田中健)56.0kg
  • ブラストワンピース(池添謙一)56.0kg
  • マイハートビート(松山弘平)56.0kg
  • ユーキャンスマイル(武豊)56.0kg
  • アルムフォルツァ(浜中俊)56.0kg
  • ウォーターパルフェ(酒井学)56.0kg
  • シメイ(未定)56.0kg
  • スズカテイオー(未定)56.0kg
  • ニコルハイウェイ(未定)56.0kg
  • ノストラダムス(和田竜二)56.0kg
  • レインボーナンバー(未定)56.0kg
関連記事

出走予定馬・ピックアップ

阪神競馬場で行われる芝G3「毎日杯」。
今年は15頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・ブラストワンピース(Blast Onepiece)

ゆりかもめ賞 2018 ブラストワンピース

ブラストワンピース・3歳牡馬
2戦2勝 [2-0-0-0]
父:ハービンジャー
母:ツルマルワンピース
母父:キングカメハメハ
馬名の由来:突風+母名の一部
前走:ゆりかもめ賞・1着(2番人気)
(鞍上予定:池添謙一)

無傷の2連勝で毎日杯に挑む「ブラストワンピース」が注目を集めている。
新馬戦ではスッと好位につけるスタートセンスを見せ、直線では前が壁になるアクシデントがあったものの外に持ち出されてからの伸び脚は際立っており、どこまでも伸びていきそうな脚でライバルを突き放した。

距離延長で挑んだ2戦目のゆりかもめ賞はさらなるインパクトを残した。
控える競馬となったが鞍上と喧嘩することなく中団で折り合う。
直線ではゴチャついたものの、内に切れ込んでスペースを見つけると一気に加速。
ライバルたちを一瞬で置き去りにし4馬身の差をつけトップでゴール板を駆け抜けた。

まだまだ連勝の勢いは止まりそうにない。
ここでつまずくようではクラシックは見えてこないぞ。

関連記事
・ユーキャンスマイル(You Can Smile)

つばき賞 2018 ユーキャンスマイル

ユーキャンスマイル・3歳牡馬
4戦2勝 [2-2-0-0]
父:キングカメハメハ
母:ムードインディゴ
母父:ダンスインザダーク
馬名の由来:笑ってごらん
前走:つばき賞・1着(3番人気)
(鞍上予定:武豊)

名手を手こずらせる癖馬「ユーキャンスマイル」も楽しみな存在。
これまで4戦すべて武豊騎手が手綱を取ってきたが、なかなかまっすぐ走ってくれない。
それでも大崩れせず、2勝を挙げているのは素質がある証拠。

母が古馬になってから重賞を制したように本格化は先かもしれないが、期待したくなる一頭だ。

関連記事
・ギベオン(Gibeon)

ギベオン

ギベオン・3歳牡馬
2戦2勝 [2-0-0-0]
父:ディープインパクト
母:コンテスティッド
母父:Ghostzapper
馬名の由来:ナミビアで発見された隕石の名で、発見場所の名
前走:フリージア賞・1着(1番人気)
(鞍上予定:D.バルジュー)

好調藤原英昭厩舎が送り込むのはディープインパクト産駒の「ギベオン」。
この馬もデビューから2戦2勝と底を見せていない。

勝った2戦とも着差は3/4馬身差と派手さはないものの、いずれも上り33.7秒と切れ味抜群の末脚で勝ち上がってきた。
前走のフリージア賞で2着だったマイネルファンロンはその後スプリングステークスで3着に入る実力馬。
この勝利は価値がある。

鞍上が固定できていないのは不安だが、それを超えるファンの期待に応えてほしいところだ。

関連記事
・シャルドネゴールド(Chardonnay Gold)

シャルドネゴールド

シャルドネゴールド・3歳牡馬
4戦2勝 [2-1-1-0]
父:ステイゴールド
母:セルフプリザヴェーション
母父:Lion Heart
馬名の由来:ブドウの品種名+父名の一部
前走:2歳500万下・1着(1番人気)
(鞍上予定:川田将雅)

ここまで多くの重賞馬と渡り合ってきた「シャルドネゴールド」。

新馬戦では後の札幌2歳ステークスを制すロックディスタウンとホープフルステークスを制すタイムフライヤーと接戦を演じ3着。
3戦目の葉牡丹賞では京成杯を勝つことになるジェネラーレウーノとハナ差の2着に健闘した。
前走は若葉ステークスを制したアイトーンに圧勝するなど、強豪馬との戦いを糧にここまで強くなってきた。

次はシャルドネゴールドが重賞を勝つ番。
もう他馬の後塵を拝すのは真っ平御免だ。

関連記事

他には新馬・500万下戦を連勝中の「インディチャンプ」や若駒ステークスで2着に入った「マイハートビート」、札幌2歳ステークス2着やシンザン記念4着と重賞でも好走している「ファストアプローチ」なども出走予定馬に名を連ねています。

毎日杯は2018年3月24日(土)の15時35分発走予定です。

予想オッズ

2018年・毎日杯の予想オッズです。
カッコ内はオッズとなっています。

  1. ブラストワンピース(3.0)
  2. ギベオン(3.5)
  3. ユーキャンスマイル(4.5)
  4. シャルドネゴールド(5.0)
  5. ファストアプローチ(6.5)
  6. インディチャンプ(10.0)
  7. スズカテイオー(20.0)
  8. マイハートビート(30.0)
  9. アルムフォルツァ(45.0)
  10. ウォーターパルフェ(☆)
  11. ノストラダムス(☆)
  12. レインボーナンバー(☆)
  13. シメイ(☆)
  14. テイエムディラン(☆)
  15. ニコルハイウェイ(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

10年間の人気別データ

毎日杯 2018 オッズデータ

日程・賞金

毎日杯 2016

日程・発走予定時刻
2018年3月24日(土)15時35分発走予定

場所・距離
阪神競馬場・芝・1800m


G3

1着賞金
3,800万円

プレイバック

2017年3月25日(土)毎日杯(GIII)

1着:アルアイン
2着:サトノアーサー(1/2馬身)
3着:キセキ(1/2馬身)
4着:プラチナムバレット(2馬身)
5着:トラスト(1-3/4馬身)

勝ちタイム:1.46.5
勝利騎手:松山弘平
馬場:良

2017年・毎日杯

毎日杯 2017

【毎日杯 2017】動画・結果/アルアインが早め抜け出しで粘り込む

「毎日杯 2017」の動画・結果です。毎日杯の結果は1着:アルアイン、2着:サトノアーサー、3着:キセキ。「アルアイン」が勝利した2017年の毎日杯の詳しい結果、動画をご覧ください。

2017年の毎日杯は8頭での争いとなった。
前評判ではきさらぎ賞で2着に入ったサトノアーサーが1番人気に支持された。

レースは、2番手で進めた2番人気アルアインが、直線で先頭に立ってゴールまで押し切り、最後方から追い上げてきた1番人気サトノアーサーに1/2馬身差をつけ優勝。さらに1/2馬身差の3着に7番人気キセキが入った。

勝ったアルアインは前走のシンザン記念は直線で不利を受けて6着だったが、ここでその鬱憤を晴らした。

レース後のコメント
1着 アルアイン(松山弘平騎手)
「調教から乗せてもらっていましたが、その時からいい馬だと思いました。返し馬でも雰囲気が良かったので、勝負できると思いました。最後も何とかしのいでくれという気持ちでしたし、頑張ってくれました。自在性があってどこからでも競馬ができて、最後の脚は良いものがあると思います。また一緒に頑張れれば良いですね」
関連記事