にほんブログ村 競馬ブログへ

【京都大賞典 2016】動画・結果/キタサンブラックが完勝で秋初戦を飾る

「京都大賞典 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。京都大賞典の出走登録は15頭。シュヴァルグランやサウンズオブアースなどが出走予定です。昨年はキタサンブラックがここを勝って秋の飛躍につなげた。今年もここから秋の活躍馬が出てくるか。

2017年10月9日(月) | 4回京都3日 | 15:35 発走
第52回 京都大賞典(GII)芝・右・外 2400m
Kyoto Daishoten (G2)

京都大賞典」は芝2400mで行われる別定戦で、1着馬には6,700万円が贈られる。

配当的には1番人気は3勝・2着2回・3着1回と複勝率は6割。まずまずの成績を残している。
二桁人気の馬は10年間で21頭が出走して馬券圏内は1頭と少ない。大穴の激走はあまり期待できるデータではない。

三連単が10万円以上の高配当を出したのは10年で3度と多い。荒れるときは1番人気が飛び、中位人気の馬が馬券に絡んで荒れる構図になっている。

先週の注目レース

スプリンターズステークス 2017 レッドファルクス

【スプリンターズステークス 2017】動画・結果/レッドファルクスが連覇達成

「スプリンターズステークス 2017」の動画・結果です。スプリンターズSの結果は1着:レッドファルクス、2着:レッツゴードンキ、3着:ワンスインナムーン。「レッドファルクス」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

出走予定馬・想定騎手

2017年の京都大賞典に15頭が登録を済ませております。
フルゲートに満たないため全頭出走可能です。

賞金上位馬

  • サウンズオブアース(横山典弘)56.0kg
  • シュヴァルグラン(M.デムーロ)57.0kg
  • ラストインパクト(浜中俊)56.0kg
  • フェイムゲーム(C.ルメール)57.0kg
  • スマートレイアー(武豊)54.0kg
  • カレンミロティック(池添謙一)56.0kg
  • ヒットザターゲット(未定)56.0kg
  • マキシマムドパリ(藤岡佑介)54.0kg
  • ミッキーロケット(和田竜二)57.0kg
  • トーセンバジル(岩田康誠)56.0kg
  • ハッピーモーメント(藤岡康太)56.0kg
  • レコンダイト(北村友一)56.0kg
  • プロレタリアト(杉原誠人)54.0kg
  • バロンドゥフォール(古川吉洋)56.0kg
  • アクションスター(松若風馬)56.0kg

注目出走予定馬ピックアップ

京都競馬場で行われる芝G2・京都大賞典。
今年は15頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・シュヴァルグラン(Cheval Grand)

シュヴァルグラン

シュヴァルグラン・5歳牡馬
20戦6勝 [6-5-4-5]
父:ハーツクライ
母:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
馬名の由来:偉大な馬(仏)
前走:宝塚記念・8着(6番人気)
(鞍上予定:M.デムーロ)

これまでにG2を2勝しG1でも3度の馬券圏内の実績があり、今年の京都大賞典で人気が予想される「シュヴァルグラン」。
今年の春は阪神大賞典ではサトノダイヤモンドの2着、天皇賞春ではキタサンブラックの2着と日本が誇るトップホースに跳ね返されたものの接戦を演じてきた。
このメンバーに入れば十分に主役を張れる存在。今回は初コンビとなるM.デムーロ騎手が騎乗する。
悲願のG1取りのため、秋初戦をいい形でスタートしたいところ。

・ミッキーロケット(Mikki Rocket)

日経新春杯 2017 ミッキーロケット

ミッキーロケット・4歳牡馬
15戦4勝 [4-5-0-6]
父:キングカメハメハ
母:マネーキャントバイミーラヴ
母父:Pivotal
馬名の由来:冠名+ロケット
前走:宝塚記念・6着(8番人気)
(鞍上予定:和田竜二)

今年の日経新春杯を制している「ミッキーロケット」も参戦する。
京都大賞典と同距離・同コースで行われた日経新春杯では斤量が2kg軽かったシャケトラに競り勝って重賞初制覇を果たした。
その後の3戦は苦戦しているが、距離が少し足らなかった可能性がある。
芝2400m戦は神戸新聞杯でもサトノダイヤモンドとクビ差の接戦を演じている。
重賞を制した京都の舞台で再びタイトル取りを狙う。

・サウンズオブアース(Sounds of Earth)

サウンズオブアース

サウンズオブアース・6歳牡馬
22戦2勝 [2-8-1-11]
父:ネオユニヴァース
母:ファーストバイオリン
母父:Dixieland Band
馬名の由来:地球のサウンド
前走:札幌記念・4着(4番人気)
(鞍上予定:横山典弘)

現在日本の中の2勝馬でもっとも賞金を稼いでいる「サウンズオブアース」。
これまでにG1で2着3回、G2で2着4回と実に重賞で7度の2着を経験しているが、これだけの成績ながら最後の勝利は2014年・はなみずき賞(500万下)。
ドバイ帰国初戦となった前走の札幌記念ではジワジワ伸びて4着と休み明けとしては悪くない走りだった。叩き二戦目の今回は上昇が見込める。
京都大賞典は3年連続の出走。そろそろ勝利を!

・フェイムゲーム(Fame Game)

目黒記念 2017 フェイムゲーム

フェイムゲーム・7歳せん馬
25戦6勝 [6-2-1-16]
父:ハーツクライ
母:ホールオブフェーム
母父:アレミロード
馬名の由来:殿堂入りが決まった選手のセレモニーに開催されるNFLの試合より
前走:目黒記念・1着(8番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

重賞5勝を挙げメンバーでもトップクラスの実績の持ち主「フェイムゲーム」。
今年春の目黒記念では8番人気と低評価を覆しての勝利だった。
京都コースでは2015年の天皇賞春でゴールドシップの2着に入る活躍を見せている。
好走と凡走を繰り返すタイプでなかなか買いづらいタイプで、今回はどちらの番か?

・スマートレイアー(Smart Layer)

【阪神牝馬ステークス 2016】動画・結果/スマートレイアーが後続を封じ込み重賞連勝

スマートレイアー・7歳牝馬
26戦8勝 [8-5-2-11]
父:ディープインパクト
母:スノースタイル
母父:ホワイトマズル
馬名の由来:冠名+層
前走:鳴尾記念・2着(1番人気)
(鞍上予定:武豊)

7歳になった今年も京都記念と鳴尾記念で2着に入るなどまだまだ衰えを感じさせない「スマートレイアー」。
中でも京都記念ではマカヒキやミッキーロケットに先着した。
展開に左右されない自在な脚質を武器に男たちを返り討ちにする。

他には阪神大賞典で3着に入ったトーセンバジルや昨年のメルボルンカップ以来で約1年ぶりの出走となるカレンミロティックなども出走予定。

京都大賞典は2017年10月9日(月・祝)の15時35分発走予定です。

スポンサーリンク

予想オッズ

2017年・京都大賞典の予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. シュヴァルグラン(2.0)
  2. ミッキーロケット(4.0)
  3. サウンズオブアース(4.5)
  4. スマートレイアー(6.0)
  5. フェイムゲーム(11.0)
  6. トーセンバジル(15.0)
  7. マキシマムドパリ(25.0)
  8. カレンミロティック(40.0)
  9. ラストインパクト(☆)
  10. ヒットザターゲット(☆)
  11. ハッピーモーメント(☆)
  12. レコンダイト(☆)
  13. アクションスター(☆)
  14. プロレタリアト(☆)
  15. バロンドゥフォール(☆)

☆印は50倍以上と予想

10年間の人気別データ

京都大賞典 2017 オッズデータ

1、2番人気はどちらも複勝率60%でまずまずの成績を残している。
8番人気以下は40頭出走して1頭しか馬券に絡んでおらず、1~7番人気で決着する確率が高い。
あまり大波乱を期待できないレースと言えそうだ。

主な前哨戦

京都大賞典に出走予定馬たちの主な前哨戦となっています。
馬名は今回、京都大賞典に出走する馬の中で上位3頭の馬名を掲載しています。

2017年1月17日(火)日経新春杯(GII)

1着:ミッキーロケット
9着:アクションスター

タイム:2.25.7 馬場:稍重

2017年4月30日(日)天皇賞春(GI)

2着:シュヴァルグラン
8着:トーセンバジル
16着:プロレタリアト

タイム:3.12.5 馬場:良

2017年5月28日(日)目黒記念(GII)

1着:フェイムゲーム
3着:ハッピーモーメント
5着:レコンダイト

タイム:2.30.9 馬場:良

2017年6月3日(土)鳴尾記念(GIII)

2着:スマートレイアー
8着:ラストインパクト

タイム:1.59.4 馬場:良

2017年8月20日(日)札幌記念(GII)

4着:サウンズオブアース

タイム:2.00.4 馬場:良

日程・賞金

日程・発走予定時刻
2017年10月9日(月・祝)15時35分発走予定

場所・距離
京都競馬場・芝・2400m


G2

1着賞金
6,700万円

京都大賞典・プレイバック

2016年10月10日(月)京都大賞典(GII)

1着:キタサンブラック
2着:アドマイヤデウス(クビ)
3着:ラブリーデイ(3/4馬身)
4着:サウンズオブアース(3/4馬身)
5着:ヒットザターゲット(1馬身)

勝ちタイム:2.25.5
勝利騎手:武 豊
馬場:良

2016年・京都大賞典

【京都大賞典 2016】動画・結果/キタサンブラックが完勝で秋初戦を飾る

【京都大賞典 2016】動画・結果/キタサンブラックが完勝で秋初戦を飾る

「京都大賞典 2016」の動画・結果です。京都大賞典の結果は1着:キタサンブラック、2着:アドマイヤデウス、3着:ラブリーデイ。「キタサンブラック」が勝利した京都大賞典の詳しい結果、動画をご覧ください。

2016年の京都大賞典は10頭での争いとなった。
前評判では菊花賞や天皇賞春といった京都のG1を2つ勝っているキタサンブラックが1番人気に支持された。

レースは、2番手で進めた1番人気キタサンブラックが、直線で先頭に立ってゴールまで押し切り、好位追走から差を詰めた6番人気アドマイヤデウスにクビ差をつけ優勝。さらに3/4馬身差の3着に2番人気ラブリーデイが入った。

勝ったキタサンブラックは重賞はこれで5勝目。秋の主役候補が好スタートを切った。

関連記事

・今週は他にサウジアラビアロイヤルカップや毎日王冠が開催される。

【サウジアラビアロイヤルカップ 2016】動画・結果/ブレスジャーニーが外から鋭い決め手で差し切る

【サウジアラビアロイヤルカップ 2017】出走予定馬・予想オッズ/出世を誓う

「サウジアラビアロイヤルカップ 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。サウジアラビアRCの出走登録は21頭。ダブルシャープやステルヴィオなどが出走予定です。年末のG1や来春の大舞台へ向かうためにここで賞金を加算したい。

【毎日王冠 2016】動画・結果/ルージュバックが見ごたえある競り合いを制する

【毎日王冠 2017】出走予定馬・予想オッズ/秋を招く豪華G2戦

「毎日王冠 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。毎日王冠の出走登録は12頭。マカヒキやソウルスターリングなどが出走予定です。G1馬が5頭も出走する豪華メンバー。小頭数でも濃いメンバーが集結した。

・今年の凱旋門賞は3歳牝馬エネイブルが頂点に。サトノダイヤモンドは15着に敗れた。

凱旋門賞 2017 エネイブル

【凱旋門賞 2017】動画・結果/エネイブルが圧勝・サトノダイヤモンドは後方に沈む

「凱旋門賞 2017」の動画・結果です。フランスで行われた凱旋門賞の結果は1着:Enable(エネイブル)、2着:Cloth of Stars、3着:Ulysses。「エネイブル」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

・10月29日の天皇賞秋には楽しみなメンバーがズラリ!大注目の一戦となる。

【天皇賞秋 2016】動画・結果/モーリスが名手に導かれG1・5勝目を挙げる

【天皇賞秋 2017】出走予定馬・日程・賞金/この秋最大のビックマッチ

2017年10月29日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦となる「天皇賞秋」。天皇賞秋は2017年で第156回を迎え、毎年熾烈な戦いが繰り広げられる。昨年はモーリスが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。