にほんブログ村 競馬ブログへ

「共同通信杯 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。共同通信杯の出走登録は14頭。スワーヴリチャードやタイセイスターリーなどが出走予定です。共同通信杯は2017年2月12日(日)、東京競馬場・芝1800mで開催されます。

【共同通信杯 2017】出走予定馬・想定騎手/東京コースで輝く馬は

2017年2月12日(日) | 1回東京6日 | 15:45 発走
第51回 共同通信杯(GIII)芝・左 1800m
Kyodo News Service Hai(Tokinominoru Kinen) (G3)

共同通信杯は芝1800mで行われる別定戦で、ダービーと同じ東京が舞台のため注目馬が多く集まる。
1着馬には3,800万円が贈られる。

過去にはミスターシービーやナリタブライアンといった後の3冠馬が、他にもエルコンドルパサー(この年はダート戦)やアドマイヤムーン、リアルスティールといった世界のG1を制す名馬が勝ち馬に名を連ねる。昨年はメジャーエンブレムが優勝した。

2017年・共同通信杯

出走予定馬・想定騎手

賞金上位馬

  • タイセイスターリー(C.ルメール)56.0kg
  • スワーヴリチャード(四位)56.0kg
  • アサギリジョー(石川裕)56.0kg
  • ヴェルラヴニール(大野)56.0kg
  • エアウィンザー(武豊)56.0kg
  • エテレインミノル(石橋脩)56.0kg
  • エトルディーニュ(未定)56.0kg
  • コマノレジーナ(江田照)54.0kg
  • チャロネグロ(内田博)56.0kg
  • ディアシューター(田辺)56.0kg
  • ハナレイムーン(石橋脩)54.0kg
  • ビルズトレジャー(田中勝)54.0kg
  • ムーヴザワールド(戸崎)56.0kg

地方馬

  • サイバーエレキング(今野)56.0kg

登録馬が14頭のため除外対象馬はおりません。

共同通信杯 注目馬ピックアップ

東京競馬場で行われる芝G3・共同通信杯。
今年は14頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・スワーヴリチャード(Suave Richard)

スワーヴリチャード・3歳牡馬
3戦1勝 [1-2-0-0]
父:ハーツクライ
母:ピラミマ
母父:Unbridled’s Song
馬名の由来:冠名+人名より
前走:東スポ2歳S・2着(4番人気)
(鞍上予定:四位洋文)

ここまでの3戦は常に上位争いを演じており、特に前走の東京スポーツ杯2歳ステークスでは後方から追い込みブレスジャーニーをクビ差まで追いつめた。

2014年のセレクトセールで1億6000万円の値が付いた良血馬。そろそろ重賞制覇をみたい。

・エアウィンザー(Air Windsor)

エアウィンザー・3歳牡馬
3戦1勝 [1-2-0-0]
父:キングカメハメハ
母:エアメサイア
母父:サンデーサイレンス
馬名の由来:冠名+ウィンザー城より
前走:福寿草特別・2着(1番人気)
(鞍上予定:武豊)

兄に重賞2勝のエアスピネルを持ち、母は秋華賞を制したエアメサイアという一流血統のエアウィンザー。多くの期待を集める一頭だ。

前走の福寿草特別では断然人気を背負ったが2着と取りこぼしてしまった。ここらでしっかり賞金を積んで兄のようにクラシック路線に進みたいところだ。

・タイセイスターリー(Taisei Starry)

タイセイスターリー・3歳牡馬
3戦1勝 [1-1-0-1]
父:マンハッタンカフェ
母:スターアイル
母父:ロックオブジブラルタル
馬名の由来:冠名+星のように輝く
前走:シンザン記念・2着(4番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

前走のシンザン記念では急遽の乗り替わりで武豊騎手とコンビを組み2着と健闘した。今回も新コンビとなるC.ルメール騎手となる予定。

兄に先ほど引退したG1・2勝したミッキーアイルがいる血統。兄より上の活躍なるか。

・ムーヴザワールド(Move the World)

ムーヴザワールド・3歳牡馬
2戦1勝 [1-0-1-0]
父:ディープインパクト
母:リッスン
母父:Sadler’s Wells
馬名の由来:世界を動かす
前走:東スポ2歳S・3着(1番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

こちらはローズステークスを制したタッチングスピーチを姉に持つムーヴザワールド。2歳新馬戦では今回の共同通信杯に登録があるエアウィンザーとの良血馬対決を制しデビュー勝ちを収めた。その後の東京スポーツ杯2歳ステークスでは勝ち馬とタイム差なしの3着に健闘した。

期待の大きな馬。ここで賞金を加算しないと春路線の見通しが厳しくなる。何とか結果を。

他にはセントポーリア賞2着のエトルディーニュや、京成杯5着のアサギリジョーなども出走予定。

共同通信杯は2017年2月12日(日)の15時45分発走予定です。

追い切りタイム

共同通信杯に出走を予定している馬の追い切りタイムです。

アサギリジョー(2/8(水)美浦・南W・良)

5F 4F 3F 1F
65.2 50.5 38.0 13.5

ヴェルラヴニール(2/8(水)美浦・南W・良)

5F 4F 3F 1F
68.4 53.2 38.7 13.3

エアウィンザー(2/8(水)栗東・CW・不良)

6F 5F 4F 3F 1F
85.8 68.4 52.5 38.2 11.7

エテレインミノル(2/8(水)栗東・坂路・重)

800m 600m 400m 200m
57.2 41.1 26.6 13.2

エトルディーニュ(2/8(水)美浦・南W・良)

5F 4F 3F 1F
72.2 55.8 41.1 12.8

スワーヴリチャード(2/8(水)栗東・CW・不良)

6F 5F 4F 3F 1F
85.3 68.2 52.5 38.0 11.6

タイセイスターリー(2/8(水)栗東・CW・不良)

6F 5F 4F 3F 1F
82.5 66.5 52.2 38.8 12.2

チャロネグロ(2/8(水)美浦・南W・良)

5F 4F 3F 1F
70.0 54.6 39.3 13.6

ディアシューター(2/8(水)美浦・坂路・良)

800m 600m 400m 200m
52.7 38.1 24.5 12.1

ビルズトレジャー(2/8(水)美浦・南W・良)

5F 4F 3F 1F
69.8 55.1 41.1 13.3

ムーヴザワールド(2/8(水)栗東・坂路・重)

800m 600m 400m 200m
53.1 38.3 25.2 12.8

出走予定馬の対戦表

共同通信杯に出走予定馬たちの対戦表となっています。
()の中は今回の出走予定馬です。

2016年11月19日(土)・東京
第21回 東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII)芝・左 1800m
勝ち馬:ブレスジャーニー タイム:1.48.3
(2着スワーヴリチャード 3着ムーヴザワールド)

2016年11月20日(日)・東京
2歳新馬戦 芝・左 1600m
1着:ハナレイムーン タイム:1.36.8
(1着ハナレイムーン)

2016年11月26日(土)・東京
2歳未勝利戦 芝・左 1800m
勝ち馬:ヴェルラヴニール タイム:1.49.4
(1着ヴェルラヴニール)

2016年12月18日(日)・中山
2歳新馬戦 芝・右・外 1600m
勝ち馬:コマノレジーナ タイム:1.37.7
(1着コマノレジーナ)

2016年12月25日(日)・中山
第33回 ホープフルステークス(GII)芝・右 2000m
勝ち馬:レイデオロ タイム:2.01.3
(7着ビルズトレジャー 8着ディアシューター)

2017年1月7日(土)・京都
福寿草特別 芝・右 2000m
勝ち馬:サトノリュウガ タイム:2.00.3
(2着エアウィンザー)

2017年1月8日(日)・京都
第51回 シンザン記念(GIII)芝・右・外 1600m
勝ち馬:キョウヘイ タイム:1.37.6
(2着タイセイスターリー 8着エテレインミノル)

2017年1月21日(土)・中山
若竹賞 芝・右 1800m
勝ち馬:ウインブライト タイム:1.48.3
(5着ディアシューター)

2017年1月29日(日)・東京
セントポーリア賞 芝・左 1800m
1着:ダイワキャグニー タイム:1.47.7
(2着エトルディーニュ)

プレイバック

2016年2月14日(日)共同通信杯(GIII)
1着:ディーマジェスティ 牡3 蛯名 正義 1.47.4

2016年の共同通信杯は10頭での争いとなった。
前評判では2戦2勝でホープフルSを制しているハートレーが1番人気に支持された。

レースは、中団のインで進めた6番人気ディーマジェスティが、直線で外に持ち出しつつ脚を伸ばして、好位追走から一旦は先頭に立った5番人気イモータルを捕らえ、これに1-1/4馬身差をつけ優勝。さらに1/2馬身差の3着に3番人気メートルダールが入った。

勝ったディーマジェスティは、昨年11月の未勝利戦に続く連勝(ホープフルSは出走取消)で重賞制覇を果たした。