【黒船賞2018】予想オッズ・枠順/JRA勢の牙城を崩せるか

ブラゾンドゥリス

黒船賞 2018の予想オッズ・枠順・出走予定馬の情報です。2018年・黒船賞の出走予定馬にはブルドッグボスやキングズガードなどが名を連ねています。昨年までJRA勢が17連勝中。今年はどうなる?

JRA勢の牙城を崩せるか

2018年3月20日(火)高知 第5競走
ダート1400m(右)17:00発走

農林水産大臣賞典
第20回 黒船賞・Kurofune Sho(JpnⅢ)
(サラブレッド系 4歳以上 別定)賞金:1着 21,000,000円

枠順

黒船賞 2018 枠順

2018年・黒船賞の枠順が発表されました。

浦和競馬所属のブルドッグボスは5枠5番、昨年のコリアスプリントを制しG1馬となったグレイスフルリープは8枠10番、昨年2着のリベンジを狙うキングズガードは7枠8番に入った。
黒船賞は2018年3月20日(火)17時00分発走予定です。

出走予定馬

高知競馬場で行われるダートJpn3「黒船賞」。
今年は11頭が出走する。出走馬から注目したい馬をピックアップした。

・ブルドッグボス(Bulldog Boss)

【室町ステークス 2016】動画・結果/ブルドッグボスが1番人気に答える

ブルドッグボス・6歳牡馬
27戦9勝 [9-6-6-6]
父:ダイワメジャー
母:リファールカンヌ
母父:デインヒル
馬名の由来:犬の品種名+ボス
前走:根岸ステークス・5着(5番人気)
(鞍上:岩田康誠)

交流重賞の短距離路線で安定した成績を残している「ブルドッグボス」が参戦。
昨年地方に転厩してからもクラスターカップを勝ち、Jpn1のJBCスプリントでも3着と結果を残している。

前走の根岸ステークスでは前崩れの流れの中、4番手からしぶとく粘って5着。
悲観する内容ではなかった。

黒船賞は第1回で地元高知のリバーセキトバが制して以降17回連続でJRA勢が制している。
ブルドッグボスがJRA勢の勢いを止めることができるか。

関連記事
・キングズガード(King’s Guard)

キングズガード

キングズガード・7歳牡馬
32戦8勝 [8-8-8-8]
父:シニスターミニスター
母:キングスベリー
母父:キングヘイロー
馬名の由来:王の楯
前走:フェブラリーステークス・6着(12番人気)
(鞍上:藤岡佑介)

昨年の黒船賞2着の「キングズガード」。
上り最速の脚を使ったものの前を捕え切れなかった。
直線入り口で前が壁になってしまったのも悔やまれた。

その後はプロキオンステークスで重賞初制覇を果たし、マイルチャンピオンシップ南部杯で3着と着実に力をつけた。
ここ3戦こそ掲示板を外しているが、前走のフェブラリーステークスでも強豪相手に6着なら悪くない。

昨年はフェブラリーステークス11着からの黒船賞2着。
今年はさらなるステップアップを期待できそう。

関連記事
・グレイスフルリープ(Graceful Leap)

兵庫ゴールドトロフィー 2017 グレイスフルリープ

グレイスフルリープ・8歳牡馬
39戦10勝 [10-8-2-19]
父:ゴールドアリュール
母:ラビットフット
母父:Seeking the Gold
馬名の由来:優雅な跳躍
前走:兵庫ゴールドトロフィー・1着(4番人気)
(鞍上:武豊)

韓国でG1のタイトルを手にした「グレイスフルリープ」が今年も参戦する。
昨年は川田騎手とのコンビで3着に入っていた。

中央でのレースでは結果が出ていないものの、地方交流戦ではよく上位を賑わせている。
昨年末の兵庫ゴールドトロフィーでは4番人気とそこまで評価は高くなかったものの、G1を制した武豊騎手とのコンビで再び勝利を挙げた。

8歳となったグレイスフルリープは黒船賞が今年初戦となる。
得意の1400m戦で若い馬たちを蹴散らせ。

関連記事

予想オッズ

2018年・黒船賞の予想オッズです。カッコ内はオッズとなっています。

  1. ブルドッグボス(2.0)
  2. キングズガード(2.5)
  3. グレイスフルリープ(3.5)
  4. コパノマイケル(5.0)
  5. ラインシュナイダー(9.0)
  6. エイシンヴァラー(18.0)
  7. エイシンスパルタン(25.0)
  8. サトノキングリー(☆)
  9. ワイルドコットン(☆)
  10. ディアマルコ(☆)
  11. ヴィンテージイヤー(☆)

☆印は50倍以上と予想しています。

日程・賞金

2016 黒船賞

日程・発走時刻
2018年3月20日(火)17時00分発走予定

場所・距離
高知競馬場・ダート・1400m


Jpn3

1着賞金
2,100万円

出走条件
4歳以上

プレイバック

2017年の黒船賞を制したのは「ブラゾンドゥリス(Blason de Lis)」。連勝でうれしい重賞初制覇を果たした。

2017年3月14日(火)
黒船賞・Kurofune Sho(JpnⅢ)

1着:ブラゾンドゥリス
2着:キングズガード(3/4馬身)
3着:グレイスフルリープ(1-1/2馬身)
4着:ドリームバレンチノ(1馬身)
5着:ニシケンモノノフ(1馬身)

勝ちタイム:1.28.2
勝利騎手:内田博幸
馬場:重

レース後のコメント
1着 ブラゾンドゥリス(内田博幸)
「積極的に乗って、このメンバーでどれだけやれるかと思っていました。この馬の能力をすべて発揮したいという思いで強気に乗ったが、直線でも、まだ馬に余力が残っていましたね。だんだん競馬に慣れてきて、前走あたりはリズムがいい競馬ができていた。きょうは外枠だったけど、この馬が強いと思って、強気に競馬しました。このメンバーでこれだけやれれば、これからが楽しみです」
2017年・黒船賞

ブラゾンドゥリス

【黒船賞 2017】動画・結果/ブラゾンドゥリスが抜け出し重賞初制覇

「黒船賞 2017」の動画・結果です。黒船賞の結果は1着:ブラゾンドゥリス、2着:キングズガード、3着:グレイスフルリープ。「ブラゾンドゥリス」が勝利した2017年の黒船賞の詳しい結果、動画をご覧ください。