にほんブログ村 競馬ブログへ

日本ダービー 2017 レイデオロ

「神戸新聞杯 2017」のデータ・枠順の情報です。2017年・神戸新聞杯のデータは枠順別や脚質別、種牡馬別や騎手別データなど多くの情報を掲載しています。さまざまな情報から神戸新聞杯での激走馬を導き出す。予想の参考にどうぞ!

2017年9月24日(日) | 4回阪神7日 | 15:35 発走
第65回 神戸新聞杯(GII)芝・右・外 2400m
Kobe Shimbun Hai(Japanese St. Leger Trial) (G2)

出走予定馬・予想オッズ

2017年・神戸新聞杯の出走予定馬・予想オッズに関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

【神戸新聞杯 2016】動画・結果/サトノダイヤモンドが見ごたえある叩き合いを制する

【神戸新聞杯 2017】出走予定馬・予想オッズ/実績馬か上り馬か

「神戸新聞杯 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。神戸新聞杯の出走登録は16頭。レイデオロやカデナなどが出走予定です。ダービー馬参戦で楽しみなメンバー構成。春の実績馬か、夏の上り馬か。

枠順

神戸新聞杯 2017 枠順

神戸新聞杯の枠順が発表されました。
人気が予想されるレイデオロは5枠8番、デムーロ騎手とコンビを組むキセキは4枠5番、皐月賞で3着に入ったダンビュライトは3枠3番に入った。

神戸新聞杯・データ

2017年・神戸新聞杯のデータです。
青字はいいデータ、赤字は悪いデータに該当する馬名となっております。

枠順別データ

神戸新聞杯 2017 枠順別データ

(過去10回)

成績がいい枠は「5枠」。人気馬が多く入っているため回収値は高くないものの、多くの馬が期待に応えている。5枠の馬で1~3番人気に支持されていた馬の成績は【2-3-1-2】となっている。今年は大本命のレイデオロが5枠に入った。期待してもよさそう。

成績が良くないのは「2枠」。2枠から17頭が出走して馬券に絡んだのはわずか1頭(2013年サトノノブレス・2番人気3着)。過度な期待は禁物。

〇・5枠

  • タガノシャルドネ
  • レイデオロ

×・2枠

  • サトノアーサー

脚質別データ

神戸新聞杯 2017 脚質別データ

(過去10年)
差し・追い込み馬の活躍が目立つ。じっくり構えられる馬を選びたい。

前走の4コーナーの通過順別データ

神戸新聞杯 2017 前走の4コーナーの通過順別データ

(過去10年)
前走のレースを前目から押し切った馬は成績がよろしくない。優勝を果たしたのは2015年のリアファルだけ。

〇・前走の4コーナーの通過順が5番手以下

  • メイショウテンシャ
  • サトノアーサー
  • ダンビュライト
  • ベストアプローチ
  • キセキ
  • アダムバローズ
  • ホウオウドリーム
  • カデナ
  • タガノヤグラ
  • アドマイヤウイナー

種牡馬別データ

神戸新聞杯 2017 種牡馬別データ

(2012年以降に行われた阪神芝2400m戦)

阪神芝2400m戦で勝ち数トップの種牡馬で今年産駒が出走するのは「ディープインパクト」と「キングカメハメハ」。日本を代表する2頭の種牡馬の産駒が良く活躍している舞台。目が離せない。
他にも3勝以上を挙げ、複勝率が3割近くだったり、単勝・複勝回収値が高い活躍を見せている種牡馬の産駒をピックアップした。

〇・種牡馬別での好データ馬

  • メイショウテンシャ(ディープインパクト)
  • サトノアーサー(ディープインパクト)
  • カデナ(ディープインパクト)
  • レイデオロ(キングカメハメハ)
  • アダムバローズ(ハーツクライ)
  • マイスタイル(ハーツクライ)

騎手別データ

神戸新聞杯 2017 騎手別データ

(2012年以降に行われた阪神芝2400m戦)

今年参戦している騎手で注目したいのは勝ち数トップ3の3騎手。いずれも複勝率がずば抜けてよく、複勝回収値も素晴らしい。このコースでの信頼度はとても高い。
他には3勝以上していて複勝率が3割近くの騎手や単勝・複勝回収値の高い騎手をピックアップした。

〇・騎手別での好データ馬

  • カデナ(福永祐一)
  • レイデオロ(C.ルメール)
  • キセキ(M.デムーロ)
  • サトノアーサー(川田将雅)

馬体重別データ

神戸新聞杯 2017 馬体重別データ

(過去10年)

好成績を残している馬体重は460~519kgの馬。ある程度しっかりした馬格の馬が活躍している。
しっかりチェックしておきたい。

※下に馬名が上がっているのは前走の馬体重の数字で掲載しています。当日の馬体重を見極めてください。

〇・460~519kg

  • メイショウテンシャ
  • サトノアーサー
  • ダンビュライト
  • ベストアプローチ
  • キセキ
  • アダムバローズ
  • タガノシャルドネ
  • レイデオロ
  • マイスタイル
  • ホウオウドリーム
  • エテレインミノル
  • アドマイヤウイナー

前走レース別データ

神戸新聞杯 2017 前走のレース別データ

(過去10年)
前走重賞を使ってきた馬たちが馬券内の多くを占める。重賞での経験がレースで生きるようだ。
条件組では1000万下組がある程度馬券に絡む程度。500万下組はかなり厳しいデータとなっている。

〇・前走重賞組

  • サトノアーサー
  • ダンビュライト
  • ベストアプローチ
  • アダムバローズ
  • レイデオロ
  • マイスタイル
  • カデナ

所属別データ

神戸新聞杯 2017 所属別データ

(過去10年)
関西馬が圧倒している。有力な関東馬はほぼ出走しないのが一因。今年は関東のダービー馬が参戦。どうなる?

×・関東馬

  • レイデオロ

出走馬の阪神芝コース相性データ

(複勝率5割以上)
阪神の芝コースで複勝率が5割を超えている相性のいい馬をピックアップした。
中でもサトノアーサーとキセキは阪神コースで3戦していずれも馬券内の走りを見せている。

〇・コース相性

  • サトノアーサー
  • ベストアプローチ
  • キセキ
  • アダムバローズ
  • マイスタイル
  • カデナ

人気別データ

神戸新聞杯 2017 オッズデータ

(過去10年)
過去10年、1番人気馬はすべて前走でダービーに出走していた。このうち、ダービーを1番人気で勝ってきた馬か、ダービー2番人気以下の馬なら連対を外していない。
馬券圏外敗退の2頭は、ダービー1番人気で7着だったフサイチホウオー(07年)と、12着だったアンライバルド(09年)。
今年はレイデオロが1番人気濃厚。データ通りなら連対を外さないだろう。

追い切り・コメント

2017年・神戸新聞杯の追い切り・コメントに関する記事を公開しました。記事には追い切りタイムや追い切り後のコメントも書いております。

神戸新聞杯 2017 追い切り

【神戸新聞杯 2017】追い切り・コメント/抜群の動きを見せたのは

「神戸新聞杯 2017」の追い切り・コメントの情報です。神戸新聞杯に出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

データから導かれる注目馬

上記のデータから注目したい三頭はこちらだ。

・サトノアーサー(Satono Arthur)

【2歳新馬戦】動画・結果/スズカフロンティアとサトノアーサーが同着で優勝

サトノアーサー・3歳牡馬
5戦2勝 [2-2-0-1]
父:ディープインパクト
母:キングスローズ
母父:Redoute’s Choice
馬名の由来:冠名+人名より
前走:日本ダービー・10着(5番人気)
(鞍上予定:川田将雅)

阪神芝コースの相性の良さからピックアップしたのは「サトノアーサー」。
3戦3連対と阪神コースは得意舞台。他にも馬格、種牡馬、騎手、脚質でも好データを得た。
ダービーではペースに泣いた。流れる展開なら末脚が活きる。

・カデナ(Cadenas)

2016 京都2歳ステークス カデナ

カデナ・3歳牡馬
7戦3勝 [3-2-0-2]
父:ディープインパクト
母:フレンチリヴィエラ
母父:フレンチデピュティ
馬名の由来:南京錠(仏)
前走:日本ダービー・11着(8番人気)
(鞍上予定:福永祐一)

このコースを大得意にする福永騎手が騎乗する「カデナ」からも目が離せない。
2人の外国人騎手を抜いてこのコースで一番勝ち星を挙げている。ほかにもカデナは馬格、種牡馬、脚質、前走レースなどでも加点された。
春のクラシックの舞台では苦しんだが、阪神コースで復活を期待したい。

・レイデオロ(Rey de Oro)

ホープフルステークス 2016 レイデオロ

レイデオロ・3歳牡馬
5戦4勝 [4-0-0-1]
父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
馬名の由来:黄金の王(西)。父名、母名より連想
前走:日本ダービー・1着(2番人気)
(鞍上予定:C.ルメール)

3頭目にはダービー馬「レイデオロ」をピックアップしたい。
所属や前走の脚質などで減点材料もあるが、種牡馬、騎手、前走のレース、馬格など多くのプラス材料もある。
そしてこのレースは1番人気が強いレースというのも推奨理由だ。
ダービー馬が休み明けでも無様なレースは許されない。

関連記事

・神戸新聞杯の1着から3着馬にはG1・菊花賞への優先出走権が与えられる。

【菊花賞 2016】動画・結果/サトノダイヤモンドが最後の一冠で最高の輝きを放つ

【菊花賞 2017】出走予定馬・日程・賞金/長く厳しい最後の栄冠

2017年10月22日に京都競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦「菊花賞」。2017年で第78回を迎える。昨年はサトノダイヤモンドが優勝した。菊花賞の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。

・今週は他にオールカマーが行われる。

【オールカマー 2016】動画・結果/ゴールドアクターが得意の舞台で勝利を挙げる

【オールカマー 2017】出走予定馬・予想オッズ/飛躍の足がかりに

「オールカマー 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。オールカマーの出走登録は17頭。アルバートロやステファノスなどが出走予定です。中山コースを得意とする馬の活躍が目立つ。秋への飛躍をここで誓う。

オールカマー 2017 追い切り

【オールカマー 2017】追い切り・コメント/各馬の状態を見極めろ

「オールカマー 2017」の追い切り・コメントの情報です。オールカマーに出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

・10月1日にはヨーロッパの芝・最強馬決定戦「凱旋門賞」が開催される。

【凱旋門賞 2016】動画・結果/ファウンドが優勝・マカヒキは馬群に沈む

【凱旋門賞 2017】出走予定馬・オッズ・賞金/サトノダイヤモンドが挑戦

2017年10月1日にフランス・シャンティイ競馬場で行われるヨーロッパの芝・最強馬決定戦「凱旋門賞」。2017年で第96回を迎える。昨年はファウンドが制した。今年は日本馬ではサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定。出走予定馬・オッズ・賞金・日程などをチェックしてみよう。

・10月29日の天皇賞秋には楽しみなメンバーがズラリ!大注目の一戦となる。

【天皇賞秋 2016】動画・結果/モーリスが名手に導かれG1・5勝目を挙げる

【天皇賞秋 2017】出走予定馬・日程・賞金/この秋最大のビックマッチ

2017年10月29日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦となる「天皇賞秋」。天皇賞秋は2017年で第156回を迎え、毎年熾烈な戦いが繰り広げられる。昨年はモーリスが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。