にほんブログ村 競馬ブログへ

「金鯱賞 2017」の出走予定馬・想定騎手の情報です。金鯱賞の出走登録は18頭。ステファノスやルージュバックなどが出走予定です。金鯱賞は2017年3月11日(土)、中京競馬場・芝2000mで開催されます。

【金鯱賞 2017】出走予定馬・想定騎手/大阪杯に向けての一戦

2017年3月11日(土) | 2回中京1日 | 15:25 発走
第53回 金鯱賞(GII)芝・左 2000m
Kinko Sho (G2)

金鯱賞は芝2000mで行われる別定戦で、1着馬には4月に行われる大阪杯への優先出走権が付与される。
1着馬には6,200万円が贈られる。

2017年で53回目を迎え、今年から開催時期を3月に変更となった。過去にはサイレンススズカやタップダンスシチーといったG1馬が勝ち馬に名を連ねており、昨年は今年も出走を予定しているヤマカツエースが優勝した。

2017年・金鯱賞

出走予定馬・想定騎手

賞金上位馬

  • ヌーヴォレコルト(岩田)54.0kg
  • サトノノブレス(秋山)56.0kg
  • ルージュバック(戸崎)55.0kg
  • ステファノス(川田)56.0kg
  • ヒットザターゲット(古川)56.0kg
  • ヤマカツエース(未定)57.0kg
  • フルーキー(松岡)56.0kg
  • ヒストリカル(高倉)56.0kg
  • ナスノセイカン(丸山)56.0kg
  • パドルウィール(松山)56.0kg
  • ロードヴァンドール(太宰)56.0kg
  • スズカデヴィアス(藤岡佑)56.0kg
  • プロディガルサン(田辺)56.0kg
  • ルミナスウォリアー(柴山)56.0kg
  • アングライフェン(藤岡康)56.0kg
  • リアファル(武豊)56.0kg
  • タッチングスピーチ(C.ルメール)54.0kg
  • トウシンモンステラ(未定)56.0kg

登録馬が18頭のため除外対象馬はおりません。

金鯱賞 注目出走予定馬ピックアップ

中京競馬場で行われる芝G2・金鯱賞。
今年は18頭が登録してきた。登録馬から注目したい馬をピックアップした。

・ステファノス(Staphanos)

ステファノス・6歳牡馬
20戦4勝 [4-4-4-8]
父:ディープインパクト
母:ココシュニック
母父:クロフネ
馬名の由来:冠(ギリシャ語)。母母名より連想
前走:香港C・3着(3番人気)
(鞍上予定:川田将雅)

天皇賞秋や香港で行われたクイーンエリザベス2世カップで2着に入るなどG1戦でも勝ち負けを演じているステファノス。ただ、勝利は2014年の富士ステークスまで遡る。重賞勝ちもこの1勝のみとやや寂しいタイトル数となっている。久々の勝利へ力が入る。

・ヤマカツエース(Yamakatsu Ace)

ヤマカツエース・5歳牡馬
22戦6勝 [6-1-2-13]
父:キングカメハメハ
母:ヤマカツマリリン
母父:グラスワンダー
馬名の由来:冠名+第一人者、最高、最高の存在
前走:有馬記念・4着(8番人気)
(鞍上予定:未定)

前々走の金鯱賞(昨年12月)ではクビ差の接戦を制し重賞4勝目を挙げた。その後の有馬記念でも強敵相手に4着に健闘。初の2500m戦をこなし成長を見せた。得意の中距離戦で大阪杯へ向けていいステップにしたいところ。

・ルージュバック(Rouge Buck)

ルージュバック・5歳牝馬
13戦5勝 [5-2-0-6]
父:マンハッタンカフェ
母:ジンジャーパンチ
母父:Awesome Again
馬名の由来:ブランデーをジンジャーエールで割ったカクテル名。母名より連想
前走:ジャパンC・9着(7番人気)
(鞍上予定:戸崎圭太)

牡馬混合の重賞を3つ勝っているルージュバック。3歳時には怪物牝馬とも呼ばれたが、G1タイトルには手が届いていない。初の中京コースとなるが、左回りは全5勝中4勝を挙げた舞台。春のG1戦へ向けどのようなレースができるか。

・プロディガルサン(Prodigal Son)

プロディガルサン・4歳牡馬
8戦2勝 [2-2-1-3]
父:ディープインパクト
母:ラヴズオンリーミー
母父:Storm Cat
馬名の由来:放蕩息子
前走:東京新聞杯・2着(5番人気)
(鞍上予定:田辺裕信)

強い4歳世代からプロディガルサンが出走してくる。重賞勝ちこそないものの東京スポーツ杯2歳ステークスや東京新聞杯で2着、セントライト記念でも3着と重賞級の実力の持ち主。距離もマイル~中距離が合いそうで、侮れない存在になる。

他にはG1勝ち経験のあるヌーヴォレコルトや、重賞4勝しているサトノノブレスなども出走予定。

金鯱賞は2017年3月11日(土)の15時25分発走予定です。

追い切りタイム

金鯱賞に出走を予定している馬の追い切りタイムです。

アングライフェン
(3/8(水)栗東・坂路・良・単走)

800m 600m 400m 200m
53.6 39.2 25.1 12.2

サトノノブレス
(3/8(水)栗東・CW・良・併せ・内)

4F 3F 1F
53.8 39.5 12.0

ステファノス
(3/8(水)栗東・CW・良・単走)

6F 5F 4F 3F 1F
77.8 62.3 48.5 36.0 12.1

タッチングスピーチ
(3/8(水)栗東・坂路・良・併せ)

800m 600m 400m 200m
53.2 38.5 25.0 12.3

ナスノセイカン
(3/8(水)美浦・南W・稍重・併せ・内)

5F 4F 3F 1F
70.3 54.4 40.1 12.8

ヌーヴォレコルト
(3/8(水)美浦・南W・稍重・単走)

5F 4F 3F 1F
68.1 52.1 37.5 13.3

パドルウィール
(3/8(水)栗東・CW・良・単走)

6F 5F 4F 3F 1F
79.0 64.3 51.1 38.3 12.3

ヒストリカル
(3/8(水)栗東・坂路・良・併せ)

800m 600m 400m 200m
51.2 37.7 25.0 12.7

ヒットザターゲット
(3/8(水)栗東・坂路・良・単走)

800m 600m 400m 200m
53.5 38.8 25.1 12.2

プロディガルサン
(3/8(水)美浦・南W・稍重・単走)

5F 4F 3F 1F
67.2 52.0 38.1 12.3

ヤマカツエース
(3/8(水)栗東・CW・良・単走)

6F 5F 4F 3F 1F
81.9 65.8 51.5 37.5 11.7

ルージュバック
(3/8(水)美浦・南W・稍重・併せ・内)

4F 3F 1F
50.6 36.4 12.4

ルミナスウォリアー
(3/8(水)美浦・南W・稍重・併せ・内)

5F 4F 3F 1F
70.1 54.4 39.7 13.3

出走予定馬の対戦表

金鯱賞に出走予定馬たちの対戦表となっています。
()の中は今回の出走予定馬です。

2016年12月3日(土)・中京
第52回 金鯱賞(GII)芝・左 2000m
勝ちタイム:1.59.7 馬場:良
(1着ヤマカツエース 2着パドルウィール 3着同着サトノノブレス 5着リアファル 10着スズカデヴィアス)

2016年12月10日(土)・阪神
第67回 チャレンジカップ(GIII)芝・右・外 1800m
勝ちタイム:1.59.7 馬場:良
(4着フルーキー 6着ヒストリカル 11着タッチングスピーチ)

2016年12月11日(日)・香港
香港カップ(GI)芝・右 2000m
勝ちタイム:2.00.95 馬場:良
(3着ステファノス)

2016年12月25日(日)・中山
第61回 有馬記念(GI)芝・右 2500m
勝ちタイム:2.32.6 馬場:良
(4着ヤマカツエース 12着ヒットザターゲット 13着サトノノブレス)

2017年1月22日(日)・中山
第58回 アメリカジョッキークラブカップ(GII)芝・右・外 2200m
勝ちタイム:2.11.9 馬場:良
(4着ルミナスウォリアー 6着ナスノセイカン 13着リアファル)

2017年1月28日(土)・東京
白富士ステークス 芝・左 2000m
勝ちタイム:2.00.6 馬場:良
(1着スズカデヴィアス)

2017年2月5日(日)・東京
第67回 東京新聞杯(GIII)芝・左 1600m
勝ちタイム:1.34.9 馬場:良
(2着プロディガルサン)

2017年2月12日(日)・京都
第110回 京都記念(GII)芝・右・外 2200m
勝ちタイム:2.14.1 馬場:稍重
(5着アングライフェン)

2017年2月19日(日)・小倉
第51回 小倉大賞典(GIII)芝・右 1800m
勝ちタイム:1.45.8 馬場:良
(2着ヒストリカル 4着ロードヴァンドール 6着フルーキー 15着パドルウィール)

プレイバック

2016年12月3日(土)金鯱賞(GII)
1着:ヤマカツエース 牡4 池添 謙一 1.59.7

2016年の金鯱賞は13頭での争いとなった。
前評判では前走のアルゼンチン共和国杯で3着に入ったヴォルシェーブが1番人気に支持された。

レースは、中団で進めた4番人気ヤマカツエースが、直線で脚を伸ばして、2番手追走から一旦は抜け出した9番人気パドルウィールをゴール前で捕らえ、これにクビ差をつけ優勝。さらに1-1/2馬身差の3着は、6番人気シュンドルボンが入った。

勝ったヤマカツエースは、前走の天皇賞秋の15着から見事巻き返し、4つ目の重賞タイトルを獲得した。