にほんブログ村 競馬ブログへ

菊花賞 2017 追い切り

「菊花賞 2017」の追い切り・コメントの情報です。菊花賞に出走する有力馬中心に追い切りタイム・コメントをまとめてあります。状態の把握が馬券的中のカギとなる!

2017年10月22日(日) | 4回京都7日 | 15:40 発走
第78回 菊花賞(GI)芝・右・外 3000m
Kikuka Sho (G1)

出走予定馬・想定騎手

2017年・菊花賞の出走予定馬・想定騎手に関する記事を公開しました。記事には注目馬ピックアップや参考レースも書いております。

【菊花賞 2016】動画・結果/サトノダイヤモンドが最後の一冠で最高の輝きを放つ

【菊花賞 2017】出走予定馬・予想オッズ/菊の大輪を咲かすのは

「菊花賞 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。菊花賞の出走登録は24頭。アルアインやミッキースワローなどが出走予定です。ダービー馬不在の菊花賞。距離の壁を超えビッグタイトルを手にする馬は?

追い切りタイム

菊花賞に出走を予定している馬たちの最終追い切りタイムなどです。

・アダムバローズ

最終追い切り
10月18日・栗東・CW・稍重
6F 81.9-65.6-51.2-37.9-12.6

角田師
「稽古はいつも動きますからね。1回使って息の入りも良くなっているし、状態は上がっています。道悪でスタミナ勝負になった方が良さそう」

・アドマイヤウイナー

最終追い切り
10月18日・栗東・CW・稍重
6F 78.4-62.5-49.6-37.7-12.8

・アルアイン

前走時追い切り・セントライト記念(2着)
栗東・CW・良
4F 50.9-36.7-11.6

1週前追い切り
10月12日・栗東・CW・良
6F 82.9-67.6-52.4-39.1-11.7

池江師
「全体的に良かった。上積みはある。前走は距離ではなく、久々の分でしょう」

最終追い切り
10月18日・栗東・CW・稍重
6F 81.6-65.1-50.7-37.4-12.1

ルメール騎手
「とても良かった。走りが柔らかくて反応も良かった。休み明けを使って状態が良くなっている(初の3000メートルについても)とても乗りやすい馬。オートドライブで行けるので距離は大丈夫」

・アルムチャレンジ

最終追い切り
10月18日・栗東・坂路・稍重
800m 57.1-41.0-13.3

・ウインガナドル

最終追い切り
10月18日・美浦・南W・稍重
4F 54.4-39.9-13.0

上原師
「物見をしたりソワソワする面が解消。精神的に成長した今なら、体形的にも長丁場は問題ないはず」

・キセキ

前走時追い切り・神戸新聞杯(2着)
栗東・CW・良
5F 67.2-51.8-38.5-11.6

1週前追い切り
10月12日・栗東・CW・良
6F 86.1-69.5-54.4-40.5-12.3

辻野助手
「元気いっぱいですね。体調面の不安はありません」

最終追い切り
10月18日・栗東・芝・稍重
6F 82.2-66.4-51.1-36.9-11.9

M・デムーロ騎手
「いつも通りの動きだったネ。夏からレースを使っている馬だし、そんなにやらないでもダイジョウブ。(距離に関しては)少しかかるけど、問題ない程度。3000メートルは皆初めてで同じ条件。こなせないことはないと思う。できれば、ミドルペース(以上)である程度流れてくれたほうが競馬はしやすいね」

・クリノヤマトノオー

最終追い切り
10月18日・栗東・CW・稍重
6F 90.0-72.6-57.2-42.4-13.1

高橋忠師
「中1週なのでそんなにやる必要もなかった。こちらが思う以上に回復が早い。まだ発展途上の馬だけど、いい方に向いてきたよ」

・クリンチャー

最終追い切り
10月18日・栗東・坂路・稍重
800m 54.8-39.9-12.8

宮本師
「ジョッキーが『行きっぷりが良くなった』と言っていた。久々の前走を使って気配は良化している。ヨーイドンの競馬は厳しい。平均的なラップを刻む競馬をつくりたい」

・サトノアーサー

前走時追い切り・神戸新聞杯(3着)
栗東・CW・良
6F 83.1-67.0-51.8-38.5-11.7

1週前追い切り
10月12日・栗東・CW・良
6F 81.9-66.6-52.2-38.3-11.6

池江師
「動きはいい。テンションの高い馬なのでカギは折り合いでしょう」

最終追い切り
10月18日・栗東・CW・稍重
6F 85.0-67.5-52.3-38.6-11.5

川田騎手
「具合はすごくいいですね。あとは3000メートルの距離と週末の雨予報がどうかでしょう」

・サトノクロニクル

前走時追い切り・セントライト記念(3着)
栗東・CW・良
4F 53.4-39.2-12.6

1週前追い切り
10月12日・栗東・CW・良
6F 83.6-68.2-52.9-39.5-11.7

池江師
「調教も動けるようになっている。距離は延びて良さそう」

最終追い切り
10月18日・栗東・CW・稍重
6F 85.6-68.1-52.9-39.0-11.6

福永騎手
「調子の良さを感じる切れのいい動きだった。調教では鈍いという感じはなかったし、いい馬だと思った」

・サンデームーティエ

最終追い切り
10月18日・美浦・南W・稍重
5F 70.7-55.5-40.7-13.6

・スティッフェリオ

最終追い切り
10月18日・栗東・坂路・稍重
800m 52.6-38.7-12.6

・ダンビュライト

前走時追い切り・神戸新聞杯(4着)
栗東・坂路・良
800m 50.9-38.0-25.5-12.8

1週前追い切り
10月12日・栗東・坂路・良
800m 54.4-39.9-26.3-13.1

音無師
「前走で増えた馬体重は成長分。上積みはありそうだし、あとは騎手がうまく乗ってくれるだろう」

最終追い切り
10月18日・栗東・坂路・稍重
800m 53.0-38.9-12.8

音無調教師
「ひと叩きしての上積みはあると思う。あとはジョッキー(武豊)がこの距離でどういう競馬をするか」

・トリコロールブルー

1週前追い切り
10月12日・栗東・CW・良
7F 98.2-81.8-66.3-51.7-38.5-13.3

友道師
「あまりやり過ぎると良くないので単走で。落ち着きがあっていい感じ。」

最終追い切り
10月18日・栗東・坂路・稍重
7F 97.7-65.3-50.9-38.1-12.5

戸崎圭騎手
「反応は良かった。青葉賞(7着)の時はテンションが高かったけど、500万下を勝った時は落ち着いていた。あの時の雰囲気でいければ」

・プラチナヴォイス

最終追い切り
10月18日・栗東・CW・稍重
6F 82.0-66.4-51.4-38.3-12.6

・ブレスジャーニー

前走時追い切り・東京スポーツ杯2歳ステークス(1着)
美浦・南P・良
5F 67.0-52.1-38.5-11.9

1週前追い切り
10月12日・栗東・CW・良
6F 80.7-66.7-53.4-40.2-12.9

佐々木師
「もうやっておかないと、と思って攻めはきっちりとやった。引っ掛かる感じはなかった。」

最終追い切り
10月18日・栗東・CW・稍重
6F 84.4-68.3-53.3-39.1-12.5

佐々木師
「長めを十分に乗り込んだし、限られた時間の中で好状態にまで仕上げられた。マイラー色の濃い切れ味を持っているが、気負うところはないから長距離にも対応してほしい」

・ポポカテペトル

最終追い切り
10月18日・栗東・CW・稍重
7F 99.7-66.1-51.8-39.0-12.7

友道氏
「2頭(ポポカテペトルと一緒に追い切ったトリコロールブルー)はまったくタイプが違う。今日はトリコが勝ったね。2頭がともに持ち味を発揮した、いい追い切りだったと思う」

・マイスタイル

最終追い切り
10月18日・栗東・CW・稍重
7F 97.2-66.7-52.6-39.2-12.8

四位騎手
「元気だね。先週も結構やっているからこれでいい。距離は未知数だし、強気なことは言えないけど、状態はいい」

・マイネルヴンシュ

最終追い切り
10月18日・栗東・CW・稍重
4F 52.0-38.8-12.5

水野師
「先週ビッシリやっているので、今週はサラッとで十分。切れる脚はないけど、しぶといタイプ。引っ掛かる馬ではないので距離ももつと思います」

・ミッキースワロー

前走時追い切り・セントライト記念(1着)
美浦・南W・稍重
5F 67.4-52.8-39.3-12.8

1週前追い切り
10月12日・美浦・南W・良
6F 86.5-70.6-55.2-40.6-12.5

菊沢師
「疲れもなく、前走後も順調そのもの。いい動きでしたよ。3000メートルでも折り合えると思うし、京都コースは春に経験済み。あとは最後どれだけ脚を使えるかでしょう」

最終追い切り
10月18日・美浦・南W・稍重
5F 67.7-52.8-39.3-13.3

菊沢師
「ずいぶんと落ち着いていましたね。重い馬場で少し走りづらそうでしたし、馬場入り時に他馬がバーッと行く場面もありましたけど、テンションが上がることはありませんでした。追い切り前にゲートの駐立の確認もしたんですが、スムーズでした」

・メイショウテンシャ

最終追い切り
10月18日・栗東・CW・稍重
6F 86.8-70.0-53.8-39.1-12.1

関連記事

・今週は他に富士ステークスが行われる。

【富士ステークス 2016】動画・結果/ヤングマンパワーがマイル前哨戦を制する

【富士ステークス 2017】出走予定馬・予想オッズ/メンバーがそろった注目のマイル戦

「富士ステークス 2017」の出走予定馬・予想オッズ・想定騎手の情報です。富士Sの出走登録は15頭。イスラボニータやエアスピネルなどが出走予定です。今年の富士ステークスは好メンバーがそろった。G1へいい形で歩を進めるのは誰だ?

・今年の凱旋門賞は3歳牝馬エネイブルが頂点に。サトノダイヤモンドは15着に敗れた。

凱旋門賞 2017 エネイブル

【凱旋門賞 2017】動画・結果/エネイブルが圧勝・サトノダイヤモンドは後方に沈む

「凱旋門賞 2017」の動画・結果です。フランスで行われた凱旋門賞の結果は1着:Enable(エネイブル)、2着:Cloth of Stars、3着:Ulysses。「エネイブル」が勝利したレースの詳しい結果、動画をご覧ください。

・10月29日の天皇賞秋には楽しみなメンバーがズラリ!大注目の一戦となる。

【天皇賞秋 2016】動画・結果/モーリスが名手に導かれG1・5勝目を挙げる

【天皇賞秋 2017】出走予定馬・日程・賞金/この秋最大のビックマッチ

2017年10月29日に東京競馬場で行われる秋の中距離王決定戦となる「天皇賞秋」。天皇賞秋は2017年で第156回を迎え、毎年熾烈な戦いが繰り広げられる。昨年はモーリスが制した。出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。